20181218-00010003-sportiva-000-1-view

スポンサード リンク




 Jリーグは毎年、各クラブの経営情報を開示している。資金潤沢なクラブ、そうではないクラブは、これに目をやれば一目瞭然。18のクラブが横一線に並んで戦っているわけではないことがわかる。

 昨季J2で2位に入り、今季初めてJ1を戦ったV・ファーレン長崎。2017年の営業収入は11億2000万円だった。今季のJ1リーグを戦った18チームの平均は40億8200万円で、17番目の湘南ベルマーレは15億6600万円だった。長崎の営業収入は際だって低い。

 今季、勝ち点30で最下位に終わり、J2に転落したが、コストパフォーマンスに照らせば悪い話ではない。J2にも営業収入で長崎を上回るクラブは多く、その額はJクラブ全体で30位になる。J1で勝ち点30はむしろ大健闘と称賛されていい。

 だが、監督を務めた高木琢也氏は解任の憂き目に遭った。契約満了に基づく退任という説明だが、これは監督のクビをすげ変えれば解決する問題ではない。「数年でJ1優勝を狙うチームに」と、長崎の高田明社長は述べたそうだが、そのためには予算規模を示す営業収入を、せめてJ1の平均レベルまで上昇させる必要があるだろう。

 Jリーグの戦いには、成績とは別の視点がある。それぞれの組織の大小と、それに基づくコスパである。こちらの方が重要に思える場面にも多々、遭遇する。だが、視点の9割は成績に頼る現実がある。ひと言でいえば表面的だ。

 余談だが、日本代表の報道もそうだ。テレビから聞こえてくる「森保ジャパンの通算成績はここまで5戦して4勝1分けと好調です」というニュース原稿に対戦相手の情報はない。キルギス、ベネズエラ、ウルグアイ、パナマ、コスタリカ。この5カ国と日本との潜在的な力関係は置き去りにされている。しかもすべてホーム戦だ。負けが許されるのはウルグアイのみだが、そのウルグアイとて人口350万人の小国である。

 2018年のJ1リーグに話を戻せば、最終順位は以下のとおりだった。

1)川崎フロンターレ、2)サンフレッチェ広島、3)鹿島アントラーズ、4)コンサドーレ札幌、5)浦和レッズ、6)FC東京、7)セレッソ大阪、8)清水エスパルス、9)ガンバ大阪、10)ヴィッセル神戸、11)ベガルタ仙台、12)横浜F・マリノス、13)湘南ベルマーレ、14)サガン鳥栖、15)名古屋グランパス、16)ジュビロ磐田、17)柏レイソル、18)V・ファーレン長崎

 一方、前年の営業収入の順に18チームを並べると以下のようになる。必ずしも前年の営業収入=今年の年間予算というわけではないが、ある程度、クラブの予算規模を類推できる順位と言っていいだろう。

1)浦和(79.71億円)、2)神戸(52.37億円)、3)鹿島(52.28億円)、4)川崎F(51.23億円)、5)G大阪(49.66億円)、6)横浜FM(47.65億円)、7)名古屋(45.94億円)、8)東京(45.88億円)、9)清水(40.10億円)、10)C大阪(39.76億円)、11)磐田(38.28億円)、12)柏(34.54億円)、13)広島(34.24億円)、14)鳥栖(33.50億円)、15)仙台(27.09億円)、16)札幌(26.76億円)、17)湘南(15.66億円)、18)長崎(11.20億円)

 この2つの順位を合わせてみることで、浮き彫りになるのはコスパだ。営業収入と成績の関係を順位化してみると、以下のようになる(カッコ内は成績の順位と営業収入の順位との差)。

1)札幌(+12位)、2)広島(+11)、3)仙台、湘南(+4)、5)川崎F、C大阪(+3)、7)東京(+2)、8)清水(+1)、9)鹿島、鳥栖、長崎(±0)、12)浦和、G大阪(-4)、14)磐田、柏(-5)、16)横浜FM(-6)、17)神戸、名古屋(-8)

 この順位が高ければ高いほど、コストパフォーマンスがいいことを意味する。

 たとえば、スペインリーグでレアル・マドリードとバルセロナは、年間予算的に1、2を争う関係にある。3位アトレティコ・マドリードとの差は大きい。したがって、両チームは3位以下に沈むわけにはいかない。欧州内でも予算的に同様に1、2を争う関係にあるので、チャンピオンズリーグ(CL)でも常に優勝争いに絡むことが求められる。評価の分かれ目は、予算に基づく適正なポジションに収まっているか否かになる。

 予算的に優位に立つ金満クラブといえば、Jリーグでは浦和だ。営業収入で首位の座を守り続けて10数年。しかしJ1のリーグ戦に限って言えば、優勝を飾ったのは過去に1度きり(2006年)だ。今季の順位も5位だった。コスパの悪いクラブと指摘されても仕方がないが、浦和に対してそうした指摘は、外国のようには聞こえてこない。評価の基準は成績のみだ。

 浦和と双璧を成すのが名古屋だ。昨季の予算規模は7位ながら成績は15位。だが、2017年はJ2暮らしだったので、営業収入は通常より少なめになる。本来は3位以内にいて不思議はない金満クラブだ。しかし優勝したのは浦和同様一度きり(2010年)。J2転落や降格争いをする姿は、正直言って、あまり格好よくない。コスパの悪さを曝け出している状態だ。

 その名古屋と今季、コスパの悪さで最下位を争ったのは神戸だった。ルーカス・ポドルスキ、アンドレス・イニエスタを獲得。そして終盤、フアン・マヌエル・リージョを新監督に迎えながら、J2降格の危機から脱したのはラスト1週を残した33節という有様だった。

 2014年はJ1の営業収入で14位だった神戸だが、15年、16年は8位。そして2017年、一気に2位へと急上昇した。首位浦和とは27億円強の差。近い将来、浦和を脅かす存在になるのか。営業収入より先に成績で浦和を上回らないと、コスパの悪い、格好のよくない金満クラブになる。

 近年のJリーグで”2強時代”を形成しつつある川崎Fと鹿島は、コスパ的に見ても問題ない。J1リーグで2連覇を達成した川崎Fはこの結果、賞金を総額37億円(18.5億円×2年)得た。3年の分割払いなので、すでに全額を手にしたわけではないが、資金はどのクラブより潤沢だ。17年2位、18年3位の鹿島も賞金を総額12億円以上、手にした計算になる。

 ちなみにこの12億円強という金額は、先述のように長崎の2017年1年分の営業収入を上回る。そう考えれば大金だ。その使い道は明示されるべきだろう。こちらは試合で得た賞金でもある。スタンドを埋めたファンとともに勝ち取ったものだ。できれば彼らに見える形で返したい。内部留保は避け、大物選手の獲得資金に回すべきではないか。

 だが両クラブは特段、大物を獲得していない。鹿島がテクニカルディレクターのジーコにどれほど支払っているか定かではないが、地元のメディアが、獲得賞金の使い道に迫る報道をしたという話は聞かない。このあたりについてうるさい欧州の地元メディアとの大きな違いを見る気がする。

 名古屋のメディアは、グランパスの成績はもちろん、コスパについても、もっと厳しい目を向けるべきだろう。それがサッカー的な視点というものだ。

 真の優良クラブはどこなのか。駄目クラブはどこなのか。名古屋は15位で残留し、長崎は18位で降格した。だが、これが逆になっていた方が、そうした視点の広がりには貢献した気がする。

杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181218-00010003-sportiva-socc



1 2018/12/18(火)
すごい浅い。
昨年の収入と成績でコスパを論じてる時点でコスパの定義すらわかっとらん。
しかも単なる順位。
今年の経費/今年の勝ち点→勝ち点1獲得にかかった金額で比較ならまだわかるけど。さすがおすぎ。


2018/12/18(火)
すごく内容が薄くて驚く。昨年の収入と今年の順位で総括する意味が分からない。単純に各クラブの選手総年俸と順位の対比ならばわかりやすいのに。営業利益は人件費を含め様々な原価が生じた結果であるため、クラブの成績と対比できないと思うが。


2018/12/18(火)
単年度の営業収益と次年度の順位だけでコスパを云々するのは確かに乱暴ではあるが、中長期トレンドや指標の多層化、変数の加味などによってこういう視点をもつことはJリーグクラブのサポーターには絶対に重要でしょう。

そして巨額投資にも関わらず残留争いに巻き込まれてた名古屋や神戸がここ数年でどう投資効果を出すかはやはり注目せざるを得ない。

順位だけでクラブの優位性や監督の手腕を評価したがる単純バカが多すぎることは、彼らのサポートするクラブのフロントや現場にとっても、長期的にはサポーター自身にとっても不幸なことである。

その意味でクラブの経営指標や適正な経営目標をサポに可視化して伝達し、オープンな経営を目指している湘南や札幌はJリーグに新たなスタイルを導入していて素晴らしい。

地域、クラブの経済格差の拡大はJリーグの地方クラブに、規模に応じた鮮明なクラブのカラーを求めていることは間違いない。


2018/12/18(火)
結局何が言いたいのか…と思って読んで行ったら最後の最後で杉山だと分かりがっかり。道理で中身が無いただのイメージ論な訳だ。
チームやリーグを語るのにコスパって…。
それと、鹿島の賞金の使い道として『内部留保は避け、大物選手の獲得資金に回すべきではないか』ってあるけど、鹿島は有名では無いけどいい選手を獲得するのが上手であり、そこにもジーコ効果は表れてる。そしてそのやり方に鹿島サポは不満を抱いてない。ベベトで失敗した時から有名なだけの選手を望んでないと思うよ。


2018/12/18(火)
こんなの杉山さんよりもローカルメディアとかの方がもっとちゃんと書くよ。というかね野々村芳和の方がもっと明確な説明をすると思う。
実際今年の強化費は来年になってみないと正確な数字が出ないからその時にはなってみないと改めて評価出来ない。

札幌に関して言えば
16年が7億(J2で7位規模)で優勝・J1昇格
17年が12億(J1で16位規模)で下馬評覆しての11位でJ1残留
18年が野々村社長情報で約15億(J1で15位規模)で惜しくもACL逃すも過去最高位の4位
3年連続で強化費順位よりも実際の順位が良いというのは本当に凄いこと。これはクラブに関わる人がみんなよくやってるということなのよ。サポーターの雰囲気作りも含めて素晴らしい。


2018/12/18(火)
デロイト トーマツのクラブ経営効率の分析の方が、ずっと説得力がある。
まだ、2018年は出ていないからヴィッセル以外の広告効果も含めて大規模投資した神戸をどう分析するか楽しみだ。
それに比べて、この記事は上っ面だけ。

思った通り、杉山の記事だった。
背伸びしてカッコつけた記事書かなくても良いのに。


2018/12/18(火)
プロは結果だから、最終順位の判断でいい。
逆に選手、監督スタッフ、施設維持などの総コストと順位で判断した方が、投資効果、費用対効果がわかる。コストをかけて企業的に利益を上げても、純粋にスポーツチームとして順位が低ければ、どうなんだということ。

企業として利益を上げる事とチームとして勝つことは少し次元が違う。サッカーをダシにして金を稼ぐのが目標なら、多く稼いだ企業が優れているけどね。


10 2018/12/18(火)
手にした賞金の内部留保は避けるべきってのは同意
でも、大物選手の獲得もいいですけど
やはり若手育成にこそ重点的に投資して欲しいですね
短期の視点ではなく先を見据えた投資をした方が
それこそコスパが良いと思います


12 2018/12/18(火)
安くショボい記事。
前年の収益に関連付けするなら、今季の強化費を関連付けするべき。無理な先行投資をして結果がどうなったのかを議論すべき。
名古屋が降格したところで、日本の場合は監督が悪かったで終わるだけ。


13 2018/12/18(火)
的外れの記事だね
色々なクラブカラーがあってアプローチが違うから面白いのであって『コストパフォーマンス至上主義』ではJ1でイニエスタやジョーを見る事は出来ない

浦和や名古屋を『金満クラブ』と言っているがクラブやサポーターの努力なくして収益は上がらない

来シーズンに向けて短いオフシーズンになったがJ1王者川崎やACL王者の鹿島に他のクラブが挑む図式は変わらない


14 2018/12/18(火)
この記事は、皆さんがおっしゃる通り全く響いてきません。
そもそもコスパを争うリーグではないし、勝ち続ければコスパは低下していきます。

それよりも、数字のみ参考にさせて頂けば、地域に根付いたJリーグなんて言っても、結局は上位数球団で争われていることは鮮明。
本当にこのままで良いのでしょうか?
個人的には、戦力の均衡なんて言わずにJ1を縮小してハードルをあげる事が必要だと感じるのですが。


16 2018/12/18(火)
たとえ収入が多くても施設の改修や下部組織への投資や自前スタジアム設立のために貯めてたりと色々あるだろうに単に順位と照らし合わせてコスパが良いとか悪いとかって一概に言えないはず。なんかズレてる人だなと思って執筆者見たら納得しました。ある意味流石ですよ…


17 2018/12/18(火)
この記事の結論って『鹿島と川崎は賞金あるんだから大物を連れてくるべき』と『名古屋神戸のコスパの悪さを批判すべき』って事?

鹿島川崎に入る理念分配金は直接選手獲得には使えないって大義名分があるし、名古屋神戸のコスパ批判なんて色々な人がやってる。

ここ何年かのコスパの問題でクラブを批判してたら、それこそ大物を獲得しようとするクラブが無くなるんじゃないか?


18 2018/12/18(火)
視点の方向性は良かったと思いますが、せっかくここまで調べたのにコスパの悪い面だけを協調せず、良い例の札幌・広島・仙台・湘南などの事例を解説すれば少しは参考になる部分も出てきたかもしれませんね~。


20 2018/12/18(火)
何この手抜き記事。営業収入と順位比べただけじゃない。中学生の自由研究レベル。プロの物書きなら両者を比べてなぜ札幌がここまでコスパがいいのか掘り下げてその要因からコスパが悪いクラブの指摘をする構成にするべきなんじゃないの?
札幌、広島について1行も割かれてないあたりに悪意を感じる。


21 2018/12/18(火)
予算がわからないなら選手の総年俸のほうがまだ説得力あったのでは?
と思ったらやっぱ総ツッコミ食らってるな


22 2018/12/18(火)
優勝をかけて勝負するプロスポーツにおいてコスパの良い悪いなんて語るのはナンセンス。
予算が低いわりに頑張った、順位が良かった、なんてものの見方には価値は無い。


23 2018/12/18(火)
レッズに関してはリーグ戦優勝は一度だけだけど、ルヴァンや天皇杯やACLを取ってるしね。

記者が言う金満のレッズや名古屋が神戸みたいな補強をして毎年優勝争いすればコスパが悪くないということか?
むしろレッズは0円移籍とかで選手取ってきてACLやルヴァン、天皇杯を取ってるわけだし、コスパ良いんじゃない?
まあ、マルティノスみたいな例もあるけど。(苦笑)


25 2018/12/18(火)
長崎のコスパはそんなに悪くないと言っても、お金かけずにJ2降格したら何の意味も無い。
湘南はお金かけずに、ギリギリJ1残留 ルヴァン杯なので良いと思う。


26 2018/12/18(火)
営業収入ではなく人件費で勝ち点を割ったほうがいいのでは?


28 2018/12/18(火)
最初の数行で誰の文章かわかった。凄い才能だ。中身的には解るものもあるけど、お金の使い方は、ハード面ソフト面クラブによって多様であって良いと思う。


29 2018/12/18(火)
>名古屋のメディアは、グランパスの成績はもちろん、コスパについ
>ても、もっと厳しい目を向けるべきだろう。それがサッカー的な
>視点というものだ。

日本のサッカーファンは、自称評論家の記事はもちろん、コスパについても、もっと厳しい目を向けるべきだろう。それがサッカー的な視点というものだ。
by杉山大先生


30 2018/12/18(火)
記事の内容が浅すぎて笑った
営業収益が全部トップチームの人件費、運営費に使ってるわけじゃないから。
それに去年の営業成績と今年の順位を同じグラフで見ても意味わかんないし。


32 2018/12/18(火)
まっ、そういう気にせず目の前のプレーを楽しむのがスポーツだと思いますけどね。
気にしなきゃいけないのはファンではなくて経営側ですよね。


33 2018/12/18(火)
記事の題名からいって、札幌と広島をもっと誉めてやってほしい。全く触れてないやん?
特に札幌の躍進は目を見張ったんじゃないか?
監督だけじゃない、フロントの頑張りだと思うよ。


34 2018/12/18(火)
記事の内容自体に目新しさはない
ただ、実際投資に成績が伴わないなら投資する意味がないとなりかねない
高年俸貰ってる選手はその自覚を待ってプレーしてもらわないとね


36 2018/12/18(火)
浦和と名古屋が予算規模の割には成績が伴っていないのは一目瞭然。

ただ名古屋は営業努力で観客を増やし、積極補強も行っているので、そのうち花開く可能性はある。

浦和は保守傾向が年々強まり魅力も減退。社長やフロントはクラブの行く末をどう考えているのか、サポーターはまずそこを問題点として捉えたい。

二連覇した川崎の賞金の使い途は、確かにもっと問われて然るべき。何も大型補強でなく、環境整備に使うのも有効活用だが、食堂やバスだけではサポーターを馬鹿にしている。


37 2018/12/18(火)
コスパも時には必要だが、チームの投資もやるべきだと思う。


38 2018/12/18(火)
札幌が凄いのはわかるけど裏付けが全く出来てないし、素人と同レベル。
無理やり根拠を作ったとしか思えない


39 2018/12/18(火)
アラブのオーナーがついてポンと金がつくわけじゃあるまいし、むしろ財政難をよみがえらせた長崎の高田オーナーの手腕を賞賛するべき。叩くのはもう少し先でよいのでは?











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ