qxeayape_400x400




1: 2018/12/18(火) 08:42:30.63 _USER9
私が語る「日本サッカー、あの事件の真相」第8回
マイアミの奇跡に隠されたエースの苦悩~前園真聖(1)

「内容的には(ブラジルの)10-0。でも、勝っちゃったんだよね」

 前園真聖は、アトランタ五輪のブラジル戦での勝利(1-0)を振り返って、そう言った。

 1996年7月21日、1968年メキシコ五輪以来、28年ぶりに五輪出場を果たしたサッカー日本代表の初戦は、”サッカー王国”ブラジルが相手だった。DFロベルト・カルロス、MFジュニーニョ、FWサヴィオ、FWロナウドら、すでにA代表にも名を連ねる面々に、1994年アメリカW杯の優勝メンバーであるFWベベットとDFアウダイール、さらにMFリバウドがオーバーエイジ枠として加わったチームは、まさに”最強軍団”。大会直前の世界選抜とのチャリティーマッチにも勝利し、優勝候補筆頭と言える存在だった。

 日本は、その断トツの優勝候補に1-0で勝った。それは「マイアミの奇跡」と称され、今なお語り継がれる”世紀のアップセット”となった。

 その日本代表チームのキャプテンであり、”エース”だったのが、前園だ。

 アトランタ五輪のアジア最終予選では、出場権がかかったサウジアラビア戦で2得点を挙げ、五輪出場に大きく貢献した。無論、アトランタ五輪でも躍動し、「世界をあっと言わせてくれるだろう」と多くのファンが期待していた。

 もちろん、前園本人も自らに期待していた。そして、見事にブラジルを下したのだ。

 しかしその翌日、前園の表情は冴えなかった。しかも、歴史的な勝利を挙げて以降、前園から発せられる言葉が失われていったのである――。

「監督、今までどおり、攻撃的なサッカーをやりましょうよ。どこまでやれるか、やってみましょうよ」

 ブラジル戦前、前園はチームを率いる西野朗監督にそう訴えた。

 というのも、西野監督は試合の数日前からブラジル戦は「守備的に戦う」と選手たちに告げていたからだ。

 西野監督は、ブラジルに対して事前に偵察隊を送って、チームのシステムや選手個々の細かい情報を収集し、ウィークポイントを探していた。だが、試合の映像を見る限り、ブラジルの強さばかりが目立ち、付け入る隙はほとんどなかった。そんなチームを相手に、最終予選と同じように攻撃的な戦い方をしたら、痛い目をみるのは明らかだった。

 前園は、その方針に異を唱えたのである。アジアを突破してきた力を「世界でも試してみたい」と思っていた。チームは結成以来、攻撃的に戦ってきた。最終予選のサウジアラビア戦も押し込まれて劣勢になったが、そのときも決して守備的に戦うことはなかったからだ。

 しかし、前園の「攻撃的に」という直訴に対して、西野監督の答えは「ノー」だった。

「試合直前まで、西野さんに言い続けた。『自分たちの戦いをやろうよ』って。

 でも、西野さんは当時41歳で、今の俺の年齢(45歳)よりも若いなか、初めて世界大会で指揮することになった。若い俺らがいろいろと勝手なことを言っていたけど、西野さんはチームのことを考えて、勝つためにどうしたらいいかを考えなければいけなかった。

 今では西野さんの言うこともよくわかるけど、当時は(自分も)若かったからね。ただいつもどおり、攻撃的なサッカーをやって、ガチンコ勝負をして、自分たちの力を試したい――それしか考えていなかった」

 一方で守備陣の選手たちは、前園をはじめ、城彰二、中田英寿ら前線の熱い思いを理解しながらも、務めて冷静で、西野監督の考えも素直に受け入れていた。

「ハット(服部年宏)とか(川口)能活とかは(自分の訴えに)反対していたね。俺らの思いはわかるけど、『相手はブラジルだぞ』って。

 たしかに(自分も)スカウティングのビデオを見て、(ブラジルは)『強すぎる』と思った。普通に戦っても、押し込まれる時間が長くなるだろうな、と。それは、自分も納得していた。

 だからといって、最初から守備的にするのはどうかなって、思っていた。だから、攻撃に入ったときは『みんなで攻めようよ』っていう話をしたんだけど……。(みんなの)同意を得るのは難しかった」

つづきはこちら

2018年12月17日 7時15分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15750219/


スポンサード リンク

3: 2018/12/18(火) 08:46:54.02
西野、中田、城、服部、川口はワールドカップ出てるけど、前園さんは格子園出場

20: 2018/12/18(火) 09:03:34.32
>>3
松田と輝ドーナも忘れないでやって下さい
伊東輝は試合には出てないけど

4: 2018/12/18(火) 08:47:59.30
戦いは、全て守備優先

6: 2018/12/18(火) 08:49:04.93
前園さんの言う通りやが

8: 2018/12/18(火) 08:50:13.58
マイアミは本当交通事故だけど
ロンドンのスペイン戦の戦術永井はあの試合直後に
何度か見返した

9: 2018/12/18(火) 08:53:05.38
五輪で監督無視して勝手なサッカーをやったのは、
アトランタと、北京だからなw

前園とアホンダw

10: 2018/12/18(火) 08:53:26.89
1996年から1998年の間に劣化したのが惜しい。
マイアミの状態でフランスに挑ませてあげたかった。

12: 2018/12/18(火) 08:56:54.90
日本の攻撃的サッカーはDFも攻撃しろ、されど守備は6人でやれだもんな。

13: 2018/12/18(火) 08:57:41.30
前園がこんな安っぽいタレントになるとはな

14: 2018/12/18(火) 08:58:29.16
ナイツ「マイアミのまぐれ」

15: 2018/12/18(火) 08:59:32.27
確か五輪の直後numberかなんかで西野のことボロカスに言ってたな

17: 2018/12/18(火) 09:01:24.71
あの時の川口には
「GKってこんなにもシュートを止められるものなのか…」
とビビったものだw

18: 2018/12/18(火) 09:02:08.14
Jリーグクラブチームの中でも
ヴェルディ川崎軍団と前園は反面教師で
語り継がれてるだろう。

19: 2018/12/18(火) 09:03:15.42
>一方で守備陣の選手たちは、前園をはじめ、城彰二、中田英寿ら前線の熱い思いを理解しながらも、務めて冷静で、西野監督の考えも素直に受け入れていた

そりゃ攻撃陣は玉砕覚悟の特攻するだけで満足だろうけど
それにつきあわされる守備陣はたまったもんじゃないしな

30: 2018/12/18(火) 09:26:39.81
>>19
遠藤路木の両WBが猛烈に疲弊して、その後使い物にならなかったんだよな

21: 2018/12/18(火) 09:03:46.56
西野さん41だったか
そりゃ若いよなあ
でもあの経験があってこその
その後の攻撃サッカーだからな

22: 2018/12/18(火) 09:04:23.85
この試合って、こないだのヴェルディとジュビロの入れ替戦あったじゃん。あれより一方的だったの?

26: 2018/12/18(火) 09:09:49.11
>>22
比べ物にならんよ。

24: 2018/12/18(火) 09:08:23.86
試合に勝って勝負に負けた( *`ω´)

25: 2018/12/18(火) 09:09:18.65
0-10はないな
圧倒されてたけど決定機自体は大量にあるわけじゃなかった

27: 2018/12/18(火) 09:14:24.24
中田も攻撃的に戦いたかったと言ってたな確か
相手に合わせて戦い方を変えるのは長い目で見たら成長につながらないとか

28: 2018/12/18(火) 09:16:01.11
10点も入らんが力の差は圧倒的だった
得点もブラジルのミスだから奇跡と呼ばれてるわけでな
そして実は最強と言われたブラジルよりナイジェリアの方が強かったという

29: 2018/12/18(火) 09:16:58.06
ロナウジーニョがいた2000年の0-1のほうが素晴らしかったね。
俊輔がキレキレでほぼ互角の内容だったと思う。

33: 2018/12/18(火) 09:30:12.04
>>29
あれも立ち上がり一気に来られて失点
その後もカウンターでピンチあって
日本は決定機あんまり作れない感じで
実力差はあったアトランタとは比較にならないけど

31: 2018/12/18(火) 09:26:57.15
前園さんの言う通り

32: 2018/12/18(火) 09:29:01.64
「28年目のハーフタイム」に書いてあったことを今さら書かれても

34: 2018/12/18(火) 09:35:30.46
実質川口のおかげだからな

35: 2018/12/18(火) 10:00:51.60
あの試合はブラジルをゼロに抑えた事が凄いんやで

36: 2018/12/18(火) 10:10:50.33
中田は自分でボール奪えたからな奪うってのはカウンター気味に入るわけでどフリーで前を向いて相手の守備が整ってない所へ攻守が切り替わるわけで…一対一ではいどうぞのドリブルでは抜けない中田はそこで違いを作ってた

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1545090150/







スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ