d974015b-624c-9306-0822-3a18bb5e1bd3




1: 2018/12/14(金) 06:00:04.48 _USER9
チームが求めるのは「攻守に活躍できる選手」。スペシャリストが生きる場所は思うほど多くない

https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/51381_ext_04_0_1544610305.webp?v=1544699069

得点王を獲得したジョーの残留は濃厚だという。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)
プレーオフでのJ1昇格から、最終節でのJ1残留を決めたチームにとって、風間八宏監督のチームスタイルの浸透以上に重要になってくるのが、来季への補強の成否である。
 
 開幕前にジョーやランゲラックなどの大物獲得には成功したものの、全体的な戦力の底上げが不足していたのは、前半戦で勝点10しか獲得できなかった惨状を見るに明らか。夏の移籍市場で“仕入れた”実力者たちの助力を得て、どうにかJ1の舞台に踏みとどまったことを思えば、名古屋の強化部は昨季の二の轍を踏むことなく2019年への準備を進めたいところだ。
 
 強化方針の第一歩は、大ナタと言って差し支えない刷新人事にあった。リーグ戦終了から5日後にまず玉田圭司の契約満了を発表。今季の後半戦を支えた主力の放出はサポーターを中心に波紋を呼んだが、大森征之スポーツダイレクターは「彼のようなベテランの存在は大きく、真摯にプロフェッショナルなところを見せてくれた」と一定以上の評価をしながらも「来年もプレーする時、試合に出続けてほしかった。彼の将来を考え、グランパスを中長期的に見た時にこのタイミングだった」と若返りの意味も込めた判断だったと説明している。玉田だけでなく、チーム在籍20年の楢崎正剛や昨季からキャプテンを務める佐藤寿人も移籍が濃厚とされており、決まれば名古屋はまさしく一時代を終えることになる。

 新たなチームが求める人材は単純明快だ。攻撃に関与できるDFや、守備に貢献できるFWといった、「攻守に活躍できる選手」(大森SD)である。ポジションはあってないようなもの、フォーメーションは守備位置を示すものとする風間監督のスタイルにおいて純粋なスペシャリストが生きる場所は思うほど多くはない。

前述のジョーやランゲラックはその“希少種”であり、両ゴール前で最後の仕事をするプレーヤーにはその専門性が認められるという傾向はある反面、それ以外のポジションにはある種のポリバレント性が求められる。
 
 例えば今季、ガブリエル・シャビエルは持ち前のテクニックを押し出すプレーよりも、身体を張って時間を作るタフなプレーを選択することが多かったが、それも「テクニックだけでなく根気強く、より走ることを求められるシーズンだった」ことがその理由だった。J2を席巻したファンタジスタでさえ攻守への貢献が必須とあらば、万能性は新たな選手補強における大前提であることは間違いない。
 
 具体的な補強ポイントについて名古屋の強化部は特に言及をしなかったが、2018年の戦いを見ればいくつかのポジションにテコ入れが必要なのは火を見るよりも明らかだ。

つづく

12/13(木) 19:49 サッカーダイジェスト
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=51381


スポンサード リンク

3: 2018/12/14(金) 06:01:16.39 _USER9
大森SDは「ACLを狙っていかなければいけない」と明言

https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/51381_ext_04_1_1544610305.webp?v=1544699106

まず、ここ2年間を不動の右サイドバックとして過ごした宮原和也の“確保”は最優先課題で、さらに彼ひとりしかいない同ポジションの拡充も欠かせない。エドゥアルド・ネット、小林裕紀、長谷川アーリアジャスールと揃うボランチのポジションにもまだまだ競争力が欲しく、玉田がいなくなった前線にゲームメイカーも補充したいところだ。

 また、終盤に攻撃的MFの和泉竜司が最終ラインに入ったことは、組み立てのできるセンターバックの頭数不足も感じさせる。万一の備えとしてジョーのバックアップも一考すべきで、やはり土壇場の最終節で15位残留を決めたチームに、補強すべき穴は多いと言わざるを得ない。

 大森SDは「我々のクラブ規模では、今後はACLを狙っていかなければいけない」と明言している。現状ではジョー、G・シャビエル、E・ネット、そしてランゲラックの残留は濃厚と見られており、5枠に増える外国籍枠の残る1枠も最大限に活用すると同SDは語り、今季話題を呼んだ2種登録や特別指定の活用も含めた多角的な戦力増強も継続される見通し。しかし、それもコアメンバーたるトップチームが良好な状態を保ってこそだ。チームの新たな“顔”が誰になるのかも注目だが、それも含めて今季の失敗を繰り返さないためにも、名古屋は冬の補強戦略を滞りなく進めたいところだ。
 
取材・文●今井雄一朗(フリーライター)

4: 2018/12/14(金) 06:02:20.03
>>1
まずは風間を切れよ

56: 2018/12/14(金) 12:50:37.00
>>4
でも風間で昇格、残留やで

59: 2018/12/14(金) 12:53:11.50
>>56
風間じゃなきゃストレートに昇格してたし楽に残留できてたろwww
あれだけJ2の他のクラブから選手とって途中からシャビエルなんてJ2じゃ反則外人とってんだから

2: 2018/12/14(金) 06:00:59.09
飯倉にチャレンジすべき

5: 2018/12/14(金) 06:03:06.19
迷走しているようにしか見えない

13: 2018/12/14(金) 06:24:19.15
>>5
グランパス、それは迷走の歴史

数年後「新監督、鬼木」になるだけ、そして結果は出ない

71: 2018/12/14(金) 14:20:55.35
>>13
川崎フロンターレみたいに日本人選手の質が良いわけじゃないからな

6: 2018/12/14(金) 06:03:51.71
玉田も一番重要な最終節をスタメンで使っといて
切られるとは思わなかっただろう。

7: 2018/12/14(金) 06:05:09.48
あれだけ金使えるのに残留争いやってるとかフロント弱すぎだろ

8: 2018/12/14(金) 06:07:28.52
まず玉田圭司のような攻守のつなぎ目になれる男の上位互換は必要でしょうね
何なら玉田でいいような気もしますが

14: 2018/12/14(金) 06:29:52.03
>>8
上位互換はガブシャビなんだけどね
劣化ガブシャビの玉田がいてこそガブシャビも仕事しやすくなったのは明らかだし置いときゃ良いのにと思う
あと年齢で切るのはよくない傾向
中堅若手を入れて競争させてから放出しないと補強は自ら穴空けにいっちゃいけない
穴空いたら補強じゃなくて補弱になっちゃう

9: 2018/12/14(金) 06:10:09.43
「攻守を指導出来る監督」だろ、必要なのは

守備放置の風間残すとかアホ

10: 2018/12/14(金) 06:11:36.55
名古屋は守備がひどすぎるからなあ。
解説者に毎試合ディスられるしw

11: 2018/12/14(金) 06:12:41.48
まず大森をだなあ

15: 2018/12/14(金) 06:33:22.97
玉田クラスの名古屋レジェンドをここまで軽く扱ったらクラブにとって良くないよ。
阿部を今年でイラネっていったらレッズファン激怒するだろ。

16: 2018/12/14(金) 06:40:03.12
守備構築にさ
鬼木をコーチに呼ぶのが一番だろ

17: 2018/12/14(金) 06:41:46.65
素人が見ても点とられすぎだと思うわ

【得点上位】
57 川崎
56 横浜、清水
52 名古屋
51 浦和
50 鹿島

【失点下位】
52 神戸
54 仙台、柏
56 横浜FM
59 名古屋、長崎

18: 2018/12/14(金) 06:46:47.49
アジア枠なくなったからランゲラックが普通の外国人枠になっちゃったか

55: 2018/12/14(金) 12:22:52.91
>>18
アジア枠も提携国枠もあるよ
つまり最大7人まで外国人をだせる

63: 2018/12/14(金) 13:01:06.59
>>55
「ホームグロウン制度」の導入と「外国籍選手枠」の変更について
を見ると分かる

65: 2018/12/14(金) 13:12:04.85
>>55
オーストラリアは提携枠じゃない。

19: 2018/12/14(金) 06:47:59.66
>大森征之スポーツダイレクター
こいつを切るのが最大の補強だと思うの

20: 2018/12/14(金) 06:50:17.19
風間の下ごしらえした食材を料理する監督が必要

21: 2018/12/14(金) 06:51:09.47
小倉にチャンスを

25: 2018/12/14(金) 07:31:29.42
>>21>>24
よそで勝手にチャンス掴んでくれ

何の実績もないくせにGM引き受けた上に監督まで兼務するとか
まともな責任感あったらどちらかは断れたはずだしそうすべきだった

野球ならともかく局面がコロコロ変わるサッカーで5人目の動きとか馬鹿すぎる
もう二度と見たくない

22: 2018/12/14(金) 06:57:23.39
ほしいのは攻守に活躍できる選手、ポジションはあってないようなもの、フォーメーションは守備位置を示すもの
あのさぁ、そんな選手が、平気で人をリストラする名古屋に来ると思ってんのかな

29: 2018/12/14(金) 07:48:36.22
>>22
2016年から言ってる人いるけど普通に集まってるよね
玉田への対応は許し難いが選手が来る来ないにはあんまり関係ないでしょ
ファンの思い描く世代交代や退団や選手のクラブ愛と実際に仕事にしてる選手のそれは違う

35: 2018/12/14(金) 07:55:42.31
>>29
何が許しがたいのかわからん
主力の人数は適正数があって、強くなるためにいい選手獲ろうとしたら誰かを放出しなければならない
玉田を残すべきと言うなら青木を出すことになるが、構成やこの先考えたら玉田が順当
残ってても今の寿人の立ち位置になるだけだからね

24: 2018/12/14(金) 07:22:06.78
小倉見たいなあw

26: 2018/12/14(金) 07:31:53.84
いまのグランパスは上からの制約があっていろいろやりにくいチームだからな
こういったチームが上位にいくのは無理

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1544734804/







スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ