20181209-00010000-nishispo-000-2-view

スポンサード リンク




 「神の子」からのご神託!! J1サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンドトーレス(34)が西日本新聞社の独占インタビューに応じた。クラブによると7月の来日以降、国内の新聞社、テレビ局の単独取材に応じたのは初めて。来季の残留を明言している世界的ストライカーは14位で苦しみながら残留した現状を踏まえ、クラブにチームの課題や今後について提言する考えを明かした。ワールドカップ(W杯)と欧州チャンピオンズリーグ(CL)を制した実績と経験を積極的にクラブに注入し、日本サッカーのレベル向上にも貢献する覚悟だ。


 謙虚なストライカーがついに動く。残留の救世主となったフェルナンドトーレスが来季は積極的にチームづくりに関与する意欲を明かした。7月に途中加入して3得点をマーク。攻守に献身的なプレーを見せた今季は「シーズン中だったので、チームの戦い方や目指すものに早く適応しなければいけなかった」と我慢を重ねたが、来季はクラブの飛躍のために意見を惜しまずに出していく。

 「鳥栖にはたくさん改善しないといけないことがある。社長やスタッフとのミーティングを通じ、どうすればトップのチームになれるか相談したい」

 具体的に挙げた課題は、二つ。一つは後半の戦い方だ。鳥栖に限らずJリーグでは後半に攻守が目まぐるしく入れ替わる「オープンゲーム」になることが多い。この傾向を問題視した。

 「日本の選手たちは技術に自信を持ってプレーするが、技術を信じすぎてチームの戦術を忘れがち。特に試合後半では攻撃をする人と守備をする人に分かれ、中盤に誰もいないことがある。戦術は守備だけでなく、得点のチャンスを増やす上で大切なんだ」

 今夏、スペイン代表でともにプレーしたイニエスタ(神戸)と同じタイミングでJリーグに移籍。2人の世界的スタープレーヤーのJクラブ入りは大きな話題を呼んだ。試合での問題点について「イニエスタも私と同じように感じていたよ」と明かした。

 さらに敗戦後も悔しさをあらわにしない希薄さにも「怒らないなんて理解しづらい」と首をかしげる。常に厳しい目を向けられる欧州でプレーし続けてきたベテランFWは野球人気が高い日本で本格的に初めてプレーし、Jリーガーの覚悟不足が目に映ったようだ。

 「1試合負けたのが原因で、タイトルを取れなくなるかもしれない。たとえ1ポイントの勝ち点でも命綱と感じなければ選手として問題だ。時間がたてば、欧州のように周りからの重圧を感じなければいけない状況になる。そうすれば、Jリーグの選手はもっと強くなる」

 イニエスタが在籍する神戸に、来季は元同国代表で2010年W杯得点王のビジャが加入する。「Jリーグにはこれからもっとうまい選手が日本に来て、年々厳しいリーグになる。神戸のようなチームと競り合いたいならば、鳥栖も早く準備を進めないと」と危機感を示した。ピッチの内外で世界基準の考えを鳥栖に注ぎ込む。

 ◆フェルナンドトーレス 1984年3月20日生まれ。スペイン出身。背番号9。2000~07年にアトレチコ・マドリードでプレー。リバプール(イングランド)やチェルシー(同)、ACミラン(イタリア)に移籍し、15年にアトレチコ・マドリードへ復帰。今年7月鳥栖へ加入した。スペイン代表にもU-15(15歳以下)からフル代表まで選ばれ続けた。主な獲得タイトルは欧州チャンピオンズリーグ1回(11~12年、チェルシー)やワールドカップ1回(10年)、欧州選手権2回(08、12年)など。愛称は「神の子」。186センチ、78キロ。

西日本スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181209-00010000-nishispo-socc



1 2018/12/09(日)
真剣に考えてくれているのが伝わる。特に敗北に対する希薄さなんていうのは、改善しなきゃならない。ハングリーさに欠けることが最悪な結果を招きかねないということをトーレスは教えてくれた。


2018/12/09(日)
問題は鳥栖は補強する金があるかどうかだね。トーレス引き留めるだけの資金があるかどうかじゃ、また残留争いだろうね。他の資金力あるクラブは拡大した外国人枠使ってさらに補強の構えだし、いくらトーレスが意見言っても、サポートする体制が鳥栖にあるのかどうか。


2018/12/09(日)
サッカーはニュースでの談話しか見ていませんが、トーレスの気持ちは理解できました。
全試合に真剣に望み、試合の結果を積み重ねることの大切さが必要なことが言葉に表れています。
気を抜いたり、油断した時の一つのミスが結果につながらず、そのミス一つが最後の優勝につながらない時の後悔する気持ちは常に優勝を考えて仕事した人でないと理解できないかもしれません。
チームのメンバーの意識改革も含めてレベルアップ後、毎試合で観客を沸かせて、今以上に楽しませてくれるチームを期待しています。
せっかく、世界のサッカーを経験している人が身近にいるので、いろいろ技術面、精神面で学ぶことでレベルアップにつながり、チームにはとても良かったのではないか。
全サポーターを熱狂させるくらい、メンバーの皆さんにも頑張って欲しいと思います。
Yahooニュースに毎回載るような活躍を楽しみにしています。


2018/12/09(日)
日本に来たトップチームで活躍した外国人選手が必ず言うこと。
よほど物足りないんだと思う。
技術はあるとも必ず言われる。
てことは、練習云々で埋まらない気持ちの面での強さが不足してるってことだから練習方法だけ変えてもどうにもならないのかもな。
選手も昔よりは体格も良くて体感も強い選手が出て来てるけど、それでも限界があるんだろう。


2018/12/09(日)
残留争いや上手く行かない事がおおく相当なストレスを感じていたと思いますが、その中でもトーレス選手は勝つことにこだわり、守備にも回り献身的なプレーでサガン鳥栖に勇気をつけてくれました!
本物のプロ選手だと思います!
マリノス戦のトーレス選手の逆転弾はカッコ良かったです!


2018/12/09(日)
トーレスの動き出しをうまく使えるパサーが鳥栖には必要に思う。金崎とトーレスの2トップを上手く機能させる事ができれば面白そう。


2018/12/09(日)
鳥栖に限らず、リーグ全体に言えることなんだと思う。特に今年は降格争いが激化、上位はACL権利獲得競争が激しく、トーレスの感じたようになってるから、余計説得力がある。リーグ全体が強くなることでより、高いレベルでの試合が増えていくのを期待したい


10 2018/12/09(日)
サッカーってチームで成り立つ競技だけど、そのなかでも自己主張も大事な能力だと思う。

試合の中でも正当な主張はするべきで、仕方ないか等の曖昧な態度は、対戦相手になめられる事になる。上を目指せば、目指すほどそれが強くなる。トーレスはそれを「試合への執念」と感じているんだと思う。
ヨーロッパでもイギリス、スペイン、ドイツ、イタリア等のリーグはあっても、試合に対する自己主張はみんなかなり強い。

そんな中で戦ってきたら、日本の代表クラスにいけない選手はユルく見えるのかもしれないね。
光ってる選手は試合で本気で怒るし、へたなファールはしないし、貰わないよね。

一流とは、そういう選手の事だと思う。


12 2018/12/09(日)
運営側もこういう声を積極的に取り入れて欲しい

DAZNマネーが絡み出してから格差が激しくなり下位チームの戦力増強はかなり難しくならざるを得ない状況下です

選手及び審判個々の意識向上を祈ります

サガン鳥栖においてはもう一段階特に中盤の補強をお願いしたい


13 2018/12/09(日)
「日本の選手たちは技術に自信を持ってプレーするが、技術を信じすぎてチームの戦術を忘れがち。特に試合後半では攻撃をする人と守備をする人に分かれ、中盤に誰もいないことがある。」の部分は、本当にその通りだなーって思ったw
焦って点を取りに行こうとしすぎて気持ちが前に行き過ぎるところがあるから、そこがなくなって点を取りに行くための準備をチームとしてできるようになれば自然と良くなっていくとは思うけど、より一層攻守の切り替えが激しいペースのつかめないリーグになっていきそうw


14 2018/12/09(日)
「日本の選手たちは技術に自信を持ってプレーするが、技術を信じすぎてチームの戦術を忘れがち。特に試合後半では攻撃をする人と守備をする人に分かれ、中盤に誰もいないことがある。戦術は守備だけでなく、得点のチャンスを増やす上で大切なんだ」

↑これはサッカーに疎い自分でも、なんとなくイメージわくなあ。
ただ、これはこれで肯定派の「理屈」もあろうかと思う。このあたりの議論とか見てみたい。


15 2018/12/09(日)
日本人全てに言える事。他国じゃ暴動が起きてもおかしくない事でも日本では何も起こらない。そこが日本人のよいところだと思っているけど、本当に怒らないとならない時は一致団結して何かすべきだとは思う。


17 2018/12/09(日)
それはあるね。
怒ると言うよりは、思ってる事をはっきりとぶつけるって意味にもなるかな。


18 2018/12/09(日)
昨年の札幌は敗戦後、
札幌の選手同士がピッチ上で胸ぐら掴み合って、
周りの選手が止めに入って。
あわやチーム内乱闘起こるところだった。

ところが、チームはこれをマイナスと捉えておらず、
「馴れ合いになるよりは、こうしてお互いの気持ちをぶつけ合った方が良い」
と前向きに。

こういうのも、一体感の一つなんだなと。


20 2018/12/09(日)
昔にラモスやジーコが特にその部分を指摘していたが未だに改善されていないんだね!

そういう意味では海外組が代表の中心になるのも頷ける。

トーレスは戦術理解度が高いスペイン、イタリアでの経験があるからJの後半の中盤が空く所が気になっていたんだね。

得点は取れていなかったけど良く中盤に降りてきていたのもそこのケアをしていたんだな!

彼等の意見は貴重だしJの選手、関係者は真剣にこの問題を取り組んで欲しい。


21 2018/12/09(日)
国民性もあると思う。レベルを上げるにはいろんな問題がこれから出てくる。資金力も一つだが、神戸は楽天にはお金はあるが、野球にももう少しお金をかけるべきだし、神戸市がいろんな問題を抱えているので、受け入れの問題もある。J側に協力金を出せと言うかも知れない。その時にパンクしないか心配。


22 2018/12/09(日)
よくわかります。ただ、鳥栖に資金があるかどうか。金崎選手は優勝するためには、サブの突き上げがないといけないと言っていた。安く買い活躍したら高く売る。そして、得た資金で更に補強する。これができたらいいんだろうが。ユース上がりの覚醒を期待したいが、まずは弱いところの補強を。


23 2018/12/09(日)
>1試合負けたのが原因で、タイトルを取れなくなるかもしれない。たとえ1ポイントの勝ち点でも命綱と感じなければ選手として問題だ。

まさにその通り。
気付いたら残留崖っぷちだったチーム、気付いたら手遅れだったチームがあったよね。


25 2018/12/09(日)
>敗戦後も悔しさをあらわにしない希薄さにも「怒らないなんて理解しづらい」と首をかしげる。

またこれ言われたねー
やっぱここ
ここなんだよ…
もう磐田にドゥンガが居た頃あたりからずっと言われ続けてるよね

鳥栖に限らず、選手たちがワンプレーワンプレーの重みとそれを失敗したとりかえしのつかない罪の大きさを未だよく理解してない

よく見るのは、決定的シーンでシュートの枠外してニヤニヤ

自身に対してはある程度呵責も出来てるのかもしれないが、本当にとりかえしのつかないミスだと理解してるなら味方のミスにも怒れる筈

ましてや敗戦後…
こうした技術以上に重要な理解度を上げてくれる選手や指導者が日本にはまだまだ足りてない


27 2018/12/09(日)
日本という国は謙虚にとか勤勉な所とか一見いいと思われる所がありますが、戦いの中ではそういったものは邪魔になると思います。
元々の日本人はそうではなかったと思いますが牙を抜かれる教育をされたという感じがします。表現が難しいけれどそう思う。トーレスはとても大事な事を言ってくれたと思います。


28 2018/12/09(日)
ハングリー精神に関しては日本の社会システムが影響しているでしょうね。

日本ではサッカーでプロになれなくても、普通の生活レベルであれば十分やっていけますから。(真面目に働けば相応の賃金をもらえる職が多い)

プロでやっている以上は勝つために真剣に取り組む姿勢を見せてもらいたいというのはサポーターの共通の認識でしょうね。


30 2018/12/09(日)
「1試合負けたのが原因で、タイトルを取れなくなるかもしれない。たとえ1ポイントの勝ち点でも命綱と感じなければ選手として問題だ。時間がたてば、欧州のように周りからの重圧を感じなければいけない状況になる。そうすれば、Jリーグの選手はもっと強くなる」

これは選手というより、メディアやサポーター、プロモーションなども含めた環境に向けられた課題なんじゃないだろうか。


31 2018/12/09(日)
後半に「オープンな戦いになる」。鳥栖に限らずリーグ全体がこの形が多い。鳥栖はホームの札幌戦、仙台戦、湘南戦はその典型で攻め急ぎすぎてカウンターでやられている。エキサイティングではあるが、毎回これじゃ大味な感じもするな。外から来た人はよく見えるんだろうな。説得力あるな。ここを改善できたチームは上位にいけるかも。


32 2018/12/09(日)
怒りはパワーやスピードだけでなくやる気に繋がるしそこに頭の中に冷静さをおいておけば最高のパフォーマンスを発揮する源です。成長の源でも有ります。残念な事に日本では怒ると実力も無い奴が何怒ってんだよと逆に怒られてしまいます。才能が有っても萎縮した奴は脱落してきます。ここが1つの別れ道です。スケートの羽生なんかは怒る時は怒りをあらわにして怒ってますよね。語り出したらキリが無いので終わりにします。子供達には良い指導者と分かり会える友達にめぐり会いますように。


33 2018/12/09(日)
どんどん意見を仰いだ方がいい、なにもトーレスだけじゃなく
神戸に来てくれた3人やそれにレジェンドたる鹿島のジーコ
昔カズが日本も世界と言ったけど、事実としていまだ差があると思う
その差を少しでも縮めるために、そしていつかは凌ぐために
本物のタレントたちに学ぶ機会を逃しちゃいけない


36 2018/12/09(日)
トーレスの記事を読むたびに
サガンが本当に羨ましいと思うと同時に
彼がJに来てくれた事に対する感謝の気持ちが大きくなる。
サガンサポじゃないけど、トーレスに見限られない世に
サガンには頑張ってもらいたい。


37 2018/12/09(日)
特に怒りを表す部分に関しては、国民性があるから、根本的にヨーロッパに合わせるのは難しいと思う。個人個人で多少の差はあるが、ビジネスの世界でも欧米人はガツガツ、日本人は謙虚・穏やか。どちらが良い悪いの話しではなく。


38 2018/12/09(日)
ラテン系の人は勝負事にはシビアで手抜きしない。
腰かけで鳥栖にきたわけじゃないんだと言ってるようにも聞こえる。
今の鳥栖の関係者大半はJ1に上がって満足でギリギリ残留できて安堵してるといったところか。
でも彼はもっと上に行こうと本気で考えている。
鳥栖のどれだけの人が彼と同じ気持ちになれるか、来期も残留争いなんかしてたら申し訳ないよ。


42 2018/12/09(日)
代表やビッグクラブで長年プレーしてきた
トーレスの言葉には説得力がある。
来季もぜひ、日本でプレーしてもらいたい!


43 2018/12/09(日)
外国人枠を増やすのはどうかと当初思っていましたけど
勝負にあまり熱を入れない選手や向上心がない、危機感を持たない日本人選手が多いみたいなので、増やしても良いかなと思います。


44 2018/12/09(日)
トーレスさん、Jリーグをもっと面白いリーグに変えて下さい。
サガン鳥栖が優勝争いしたら、今以上のすっごく面白いリーグになるよ。鳥栖はトーレスの言葉を謙虚に受け止めるべき。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ