20181209-00414762-nksports-000-6-view

スポンサード リンク




<ベルギーリーグ:シントトロイデン1-1スタンダール>◇8日◇シントトロイデン

シントトロイデンの日本代表DF冨安健洋(20)は、196センチ、94キロの巨漢FWウラレとのマッチアップに臨機応変の対応を見せて封じ込めた。


日本代表の森保監督が視察に訪れた試合で、20歳の若者が柔軟な対応で、「ベルギーリーグでも1番強くて、デカイんじゃないか」と話す大型FWをシャットアウトした。

3バックの右で先発し、ファーストコンタクトでは空中戦で圧倒され「ちょっとビックリした。普通にやっても勝てないと思った」と厳しいスタートとなった。だが、ここから思考を変える。真っ向から当たらずに、積極的にウラレの前に出てインターセプトや、トラップ際を狙ってボールを奪うやり方に変更。その後はウラレを完璧に封じ込めた。試合後に「体を当てるタイミングをズラしたりとか。相手の前でカットする回数は多かったと思う」とコメント。ベテランような立ち回りを見せ、森保監督にアピールした。

後半は「僕の方に来なかったので」と、ウラレが冨安とのマッチアップを避ける形となった。前半しか戦っていないが「ああいった選手とやるのも経験になると思う」。自身も188センチと大型だが、8センチも長身で、体重では16キロ(冨安は78キロ)も上回る相手との対戦で輝きを放った。冨安とのマッチアップを避けたウラレは後半に1得点を挙げている。

完璧なパフォーマンスを示したかに見えたが「相手の前でカットする回数は多かったと思いますが、その分、後ろ(のスペース)が空いているわけですし。要はたまたま(ボールがウラレの)前に来ただけかもしれません。そういうポジショニングはバランスですが、考えながらやらないといけない」と慢心せず。今回のウラレとの対戦では、自分の考えたような展開で抑えられただけだと主張。喜ぶそぶりはしなかった。

森保監督が見守る中、1月に開催されるアジア杯のメンバー入りへ向けて好プレーを見せた。「選んでもらうことが出来れば、まずはピッチに立てるように練習からアピールしたいと思います。チャレンジャーという気持ちを忘れずにやりたいとなと思います」。南野拓実(ザルツブルク)、中島翔哉(ポルティモネンセ)、堂安律(フローニンゲン)の攻撃陣3人に注目が集まる日本代表。守備陣の中でも冨安が確実な成長を遂げている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181209-00414762-nksports-socc



1 2018/12/09(日)
CBほど経験が大切で、出場機会が恵まれないポジションはないと思う。このまま順調にステップアップして欧州5大リーグに挑戦してほしい。


2018/12/09(日)
最近の日本サッカーは弁慶の泣き所だったCBが充実し始めてて凄い。

冨安は元々ボランチもこなすぐらい技術も豊富な選手だし、欧州レベルで更に揉まれれば怖い物知らずになれそう。


2018/12/09(日)
若いのに、なかなか老練な動きが出てきましたよ。チームの意識統一も素晴らしく、フレキシブルな動きで、前線まで顔を出して攻撃参加もできる(ボランチのカバーが入るから)ので、サイドバックのようなクロスを上げていたね。そしてなんといっても日本人特有のアジリティの高さで、抜こうとする相手FWに上手に対応していた。


2018/12/09(日)
ディフェンスラインとゴールキーパーは経験が求められるポジションだから、リーグのレベルとか関係なく、まずは出場機会の多いところに行くべき。富安はいいタイミングでいいチームに移籍したと思う。ベルマーレの杉岡とかレイソルの中村航輔や中山雄太なんかも似たようなチームからオファーがあれば移籍してもいいんじゃないかな??


2018/12/09(日)
海外とフル代表で経験を積んでいる堂安、富安中心の東京五輪が今から楽しみ。


2018/12/09(日)
CBは人材が薄いから冨安の様な成長株が出て来るのは有難い。


2018/12/09(日)
ボランチ経験、身長、若くして海外挑戦。
吉田にすごく似ている。
吉田がピークで出来るのはあと4年が限界と思うので、その期間で冨安を育てて欲しい。


10 2018/12/09(日)
ワールドカップでベスト8の壁を破るにはキーパーは193㎝以上、CB2人とボランチの1人は190㎝級、SBの1人は185cm以上ないと空中戦でやられる。
ベルギー戦も高さの点で長谷部の所でミスマッチが起こっていた。一箇所ミスマッチが起こると、そのフォローに高さのある選手が行かなければならず、次々と穴が生まれてくる。
野球でもセンターラインが重要。サッカーも同じ。ボランチに188㎝くらいの日本人出てこないかな〜。


11 2018/12/09(日)
本当に楽しみで仕方ない選手。
焦らず怪我なく着実に成長してほしい。


12 2018/12/09(日)
このサイズの選手国内には中々いないもんな、貴重な経験ではないかと。植田や昌子も同じように経験積んでほしい。

しかし188の冨安でも、まともにやったら勝てない!って、凄まじい強さと高さなんでしょうね。


14 2018/12/09(日)
冨安、立田、橋岡、杉岡、中山、板倉、この辺りは所属クラブでレギュラーでしかも若い、高い、上手い、強いが揃ってる選手が多い。

日本人は久保や中井など不確定要素で踊らずにこっちで踊れないと強くならないよ


15 2018/12/09(日)
最近は各ポジションに若い才能が出てきて楽しみだ。後は長友を脅かす選手とGKが出てくれれば。


16 2018/12/09(日)
パナマ戦だったかな
ゴールかと思われたのをスーパーブロックしたのは本当に凄かった


17 2018/12/09(日)
富安選手がいればベルギーのフェライニを抑えることができたのかもしれないね。
日本が大型DFを揃えれば、アジアでは敵なし!
…韓国のソンフンミンがいるか。


19 2018/12/09(日)
冨安はもう少し体重増やした方がいいね
上背は日本人としては申し分ないけどまだ線が細いね


21 2018/12/09(日)
ベルギーででかいFW相手に良い経験してるな

冨安はもうブンデスからオファー来るまでになった
20歳で主力としてチームを押し上げてるからかなり評価が高い


22 2018/12/09(日)
冨安はサイズもあって尚且つ若い

最近はCBの海外組が増えて嬉しいけど、前まで層が厚かったSBが薄くなってる


23 2018/12/09(日)
日本のCB陣が充実しているワールドカップはちゃんとグループリーグ突破できてる印象。

やはり後方からの守備、ビルドアップがしっかりできるレベルじゃないと勝ち上がるのは厳しいってことだな。


25 2018/12/09(日)
この直接対決は見てみたいな。


27 2018/12/09(日)
吉田の後継者は彼かな。昌子とのCBコンビで日本代表を引っ張っていってほしいね。


28 2018/12/09(日)
この攻撃の3人に、どこどこのクラブが興味、打診という欧州の情報には敏感に反応して記事にする日本のマスゴミが、冨安のラツィオ、ウディネーゼが興味を示していることにはスルーしているのに驚きですw


30 2018/12/09(日)
まあ、ネイマールを室屋と対応した時から注目してる。ロシアW杯に間に合っていればなあ。フェライニは194cmだったわけだし。


31 2018/12/09(日)
重さも大事。長身でもガリガリだったら吹っ飛ばされる。
身長よりも重量級のタンク型センターバックが1人でもいたらなぁ。


32 2018/12/09(日)
こう言う大型選手との対戦は海外行かないと体験出来ない


33 2018/12/09(日)
日本のセンターバックで吉田のスペックも奇跡かと思ったけど、続くね〜。


35 2018/12/09(日)
福岡時代には199センチのシモビッチを骨折したまま完璧に封じてみせたからな。

なんちゃないでしょう。さすがです。


36 2018/12/09(日)
大相撲に挑戦してほしい、横綱になれます。


38 2018/12/09(日)
冨安はスピードを落とさずにあと10キロ体重増やしたらビッグクラブから声かかるな


39 2018/12/09(日)
SBにも富安のような将来有望な若者、早く出て欲しいなぁ


40 2018/12/09(日)
韓国代表にうどの大木がいるから、パワープレーになれば出てくるはず。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ