20181202-00151691-soccermzw-000-10-view

スポンサード リンク




◆下位は主にJ3勢が占めるなか、J2勢で苦戦を強いられた讃岐と愛媛

 Jリーグは2日、J1からJ3まですべてのカテゴリーが最終節を終えた。J1は川崎フロンターレ、J2は松本山雅FC 、J3はFC琉球の優勝で幕を閉じたなか、Jリーグ公式サイトでは各チームのホーム試合における1試合平均観客数を発表。そのデータを基に、今季Jリーグに参戦した全57チームの1試合平均観客数をランキング化した。



■2018年Jリーグ「1試合平均観客動員数」 
57位~41位

57位:1,005人 J3 YS横浜 【16試合/16,077人】
56位:1,112人 J3 C大阪U-23 【16試合/17,784人】
55位:1,216人 J3 盛岡 【16試合/19,461人】
54位:1,273人 J3 藤枝 【16試合/20,360人】
53位:1,382人 J3 G大阪U-23 【16試合/22,107人】
52位:1,576人 J3 福島 【16試合/25,214人】
51位:1,723人 J3 FC東京U-23 【16試合/27,564人】
50位:2,657人 J3 鳥取 【16試合/42,519人】
49位:2,670人 J3 富山 【16試合/42,718人】
48位:2,839人 J3 秋田 【16試合/45,420人】
47位:2,857人 J3 沼津 【16試合/45,716人】
46位:3,073人 J2 讃岐 【21試合/64,532人】
45位:3,146人 J3 琉球 【16試合/50,330人】
44位:3,161人 J2 愛媛 【21試合/66,382人】
43位:3,346人 J3 群馬 【16試合/53,531人】
42位:3,458人 J3 相模原 【16試合/55,331人】
41位:3,554人 J3 長野 【16試合/56,869人】

 最下位はY.S.C.C.横浜(J3・15位)で1005人。その他で1500人を下回ったのは、セレッソ大阪U-23(J3・7位)、グルージャ盛岡(J3・13位)、藤枝MYFC(J3・16位)、ガンバ大阪U-23(J3・6位)の4チームだった。J3優勝のFC琉球は集客に苦戦し、全体では45位となった。

 下位は主にJ3のチームが占めているなか、J2チーム最下位がカマタマーレ讃岐だ。讃岐は今季J2で最下位に沈み、来季のJ3降格が決まったが、そうした低迷が観客動員数にもダイレクトに影響したと見られる。またJ2勢では18位で残留を果たした愛媛FCも観客動員数が伸び悩んだクラブの一つと言える。

◆今季J3で低迷も…観客動員数はリーグ最多でJ2に匹敵 1万人まであと一歩は2チーム

■2018年Jリーグ「1試合平均観客動員数」 
40位~21位

40位:4,040人 J3 鹿児島 【16試合/64,642人】
39位:4,501人 J3 北九州 【16試合/72,014人】
38位:4,528人 J2 金沢 【21試合/95,093人】
37位:4,915人 J2 町田 【21試合/103,215人】
36位:4,938人 J2 水戸 【21試合/103,698人】
35位:4,997人 J2 徳島 【21試合/104,941人】
34位:5,269人 J2 熊本 【21試合/110,643人】
33位:5,657人 J2 栃木 【21試合/118,805人】
32位:5,663人 J2 京都 【21試合/118,931人】
31位:5,936人 J2 東京V 【21試合/124,654人】
30位:6,123人 J2 山口 【21試合/128,579人】
29位:6,141人 J2 横浜FC 【21試合/128,959人】
28位:6,766人 J2 山形 【21試合/142,094人】
27位:6,858人 J2 岐阜 【21試合/144,011人】
26位:7,384人 J2 甲府 【21試合/155,054人】
25位:8,599人 J2 岡山 【21試合/180,586人】
24位:8,873人 J2 福岡 【21試合/186,323人】
23位:8,907人 J2 大分 【21試合/187,052人】
22位:9,224人 J2 大宮 【21試合/193,711人】
21位:9,858人 J2 千葉 【21試合/207,025人】

 J3勢トップは、意外にもリーグ戦で最下位に沈んだギラヴァンツ北九州で、全体で39位の4501人となった。J3・2位で昇格を決めた鹿児島ユナイテッドFCを461人上回り、J3最多の観客動員力を示している。2017年シーズンから新スタジアムを使用しているが、その効果も一因にあると言えそうだ。

 5000人台と6000人台はJ2勢による団子状態で、ロアッソ熊本(J2・21位)、栃木SC(J2・17位)、京都サンガF.C.(J2・19位)、東京ヴェルディ(J2・6位)、レノファ山口FC(J2・8位)、横浜FC(J2・3位)、モンテディオ山形(J2・12位)、FC岐阜(J2・20位)が乱立している。

 1万人までわずかに届かず、9000人台止まりだったのが大宮アルディージャ(J2・5位)とジェフユナイテッド千葉(J2・14位)の2クラブだ。10年ぶりの昇格を目指した千葉だが苦戦を強いられ、大宮はJ1参入プレーオフ圏に食い込んだが、1回戦で東京Vの前に苦杯を嘗めた。

◆J2勢トップはJ1級の集客力、リーグ連覇の川崎は意外にも… 上位に食い込んだのは?

■2018年Jリーグ「1試合平均観客動員数」 
20位~1位

20位:11,225人 J1 長崎 【17試合/190,827人】
19位:11,402人 J1 柏 【17試合/193,833人】
18位:12,120人 J1 湘南 【17試合/206,039人】
17位:13,283人 J2 松本 【21試合/278,948人】
16位:14,346人 J1 広島 【17試合/243,874人】
15位:14,913人 J2 新潟 【21試合/313,180人】
14位:14,991人 J1 清水 【17試合/254,844人】
13位:15,000人 J1 鳥栖 【17試合/255,004人】
12位:15,408人 J1 仙台 【17試合/261,943人】
11位:15,474人 J1 磐田 【17試合/263,060人】
10位:18,223人 J1 札幌 【17試合/309,798人】
9位:18,811人 J1 C大阪 【17試合/319,782人】
8位:19,434人 J1 鹿島 【17試合/330,376人】
7位:21,630人 J1 神戸 【17試合/367,716人】
6位:21,788人 J1 横浜FM 【17試合/370,401人】
5位:23,218人 J1 川崎 【17試合/394,709人】
4位:23,485人 J1 G大阪 【17試合/399,242人】
3位:24,660人 J1 名古屋 【17試合/419,218人】
2位:26,432人 J1 FC東京 【17試合/449,338人】
1位:35,502人 J1 浦和 【17試合/603,534人】

 20位から1万人台に突入するとともに、J1勢が登場する。今季J1最下位に沈んだV・ファーレン長崎は、1試合平均観客動員数でもJ1最少となり、ピッチ内外で苦戦を強いられた。長崎とともに降格の憂き目に遭った柏レイソルが続いており、今季の成績と連動する形となった。J2勢トップは、昨季J1から降格したアルビレックス新潟だ。J1・2位の好成績を残したサンフレッチェ広島をわずかに上回っており、J1並みの集客力を誇った。

 元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが加入したサガン鳥栖は13位、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが加入したヴィッセル神戸は7位となったなか、リーグ連覇を果たした川崎フロンターレは意外にも5位。宮本恒靖監督の下で後半戦リーグ9連勝のガンバ大阪、J2から1年で舞い戻った名古屋グランパス、長谷川健太監督の下で前半戦好調だったFC東京が続く。全57チームで最多は、唯一の3万人台に乗せた浦和レッズ。リーグ戦は5位ながら、圧倒的な“赤のパワー”を見せつけている。

Football ZONE web編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181202-00151691-soccermzw-socc



1 2018/12/03(月)
名古屋は監督も観客動員数意識してたし、色々イベント行ってたから、結果下位でもサポーターは離れず、むしろJ2の時から増えている。
無料でユニフォーム配ったりだとか営業面で大変だったと思うけど、結果残留できて良かった。
名古屋の運営さん、社長さん、選手達、ありがとう。
来年は上位目指しましょう!


2018/12/03(月)
岐阜の健闘ぶりが素晴らしいと思いました。しっかりと地元に根付いてきているんでしょうね。着実に動員数が増えているように感じました。
逆に京都が心配です。今年は特に成績が低迷したので余計かもしれませんが、それにしても岐阜や山口の後塵を拝しているとは思いませんでした。
新スタジアム、大丈夫でしょうか?


2018/12/03(月)
YSCCは仕方ないだろう、既存2クラブがあるのはハンデとして大きすぎる
しかも、今年はホームのたびに雨ばかりだった印象がある。
屋根皆無の三ツ沢では雨の中、試合は見たくはない。

J2、J3でも比較的入るところは、やはり屋根が大きくて雨の日でも安心して見に行けるのが大きいだろう。どんなに球技場で見やすくても、雨を避けられないのは見に行く面ではハンデになる。


2018/12/03(月)
今年のJ1は10年ぶりに平均19000人を超えた。
また、J2も10年ぶりに平均7000人を超えた。
DAZNの影響でネットでサッカー観戦していた層が
Jリーグ見に行こうかという人が少なからず増えたのかもしれない。
J1はイニエスタとトーレスの恩恵に与ったクラブもあったと思う。
全国津々浦々でJリーグを見てくれる方が増えてくれることは
サッカーファンとして喜ばしいこと。
バスケや卓球もプロ化したことに加え、少子高齢化が進むことで
動員数が右肩上がりで増やしていくことは今後難しいが、
各クラブ創意工夫を凝らしたイベントと
将来の日本を背負う選手を数多くJリーグから輩出されること、
その選手たちでW杯8強以上の結果を残すことが
今後重要になると思う。


2018/12/03(月)
スタジアムはキャパも大事だが立地が何よりも客入りを左右するかな。
固定ファンはともかく、新規客を取り込むには交通の便はよい方がいい。
最寄駅から徒歩20分程度なら歩ける距離だが、それ以上かかるならシャトルバス乗るのに長いこと待つようであれば、もういいかなとなってしまうでしょう。
とはいえ、最近はバス運転手も人手不足が言われている業界だけに、「足」の整備は各チームなかなか頭の痛いことかもしれないね。


2018/12/03(月)
川崎や湘南、柏などはキャパシティの影響ありそうやね。
等々力チケット買えないし。
ガンバはスタジアム大きくした効果あった。万博のキャバ超えてる。
名古屋も瑞穂のキャパ超えてる。豊田の試合が動員成功してるのか。
マリノスはキャパ考えたら苦戦してる?
東京も武藤人気のときよりは減ってるね。

キャパシティに対する動員率なら川崎が一位かな?

新潟や大分はキャパを活かしきれてない。


2018/12/03(月)
あえて言うなら
各チームのホームスタジアムの最大観客席数も併記すると
何故こうなっているのか、もっと分かり易いと思う。

新潟は全体の15位で
今季J2下位に沈んだ成績とは裏腹で大健闘のように見えるが
J1にいた昨年は確か全体の6位か7位くらいだった訳で実は激減している。
平均1万5千人程度でもガラガラ。ホームスタジアムのキャパは4万人。

逆にいつも満員状態でもキャパの少ないスタジアムのチームも多くある。


2018/12/03(月)
うちはキャパが大きい埼スタを使用してるのもあるけど、金Jが無かったのもデカい。
ただ、かつてに比べて客減りしてるのも事実。昨日の最終節でも五万いかなかったしね。


2018/12/03(月)
ガンバはクルピで迷走してた頃はかなり空席が目立つ試合もあったからそこがなければもっと多かっただろう
讃岐は単に成績低迷だけではなく地元に受け入れられていないのがマイナス要因、それはクラブの姿勢に問題がある
愛媛は成績も内容もパッとしない上スタが僻地すぎる
広島も広島市内からスタが遠すぎることが動員の足を引っ張っているな


11 2018/12/03(月)
新潟はJ1の頃から観客数は多かった!新潟サポではないが観客数の多いチームはJ1にいるべき!当然わかっているとは思うが選手、フロントはよく考えるべき。J2で結果を出しても上に上がれない町田の選手はそれでも頑張ってるのだから!


12 2018/12/03(月)
サンフレッチェに関しては、ホームグラウンドの広島ビッグアーチの立地の悪さもあるが、シーズン後半が別チームになったかの如く負け続きだったから、サポーターがスタジアムまで足を運ぶのをやめたのが観客動員数が伸びなかったと思う。
熱し易く冷め易い広島県人だから、強い時は応援に行くけど、弱かったら応援やめたり、自宅応援が増えるから、サンフレッチェの観客動員数を伸ばすのは、とりあえず勝つことが絶対条件になってくると思う。


13 2018/12/03(月)
愛媛県人ですが、愛媛のホームははっきり言って行く気がしません。

①アクセスはほぼ車のみ。
 駐車場が動物園と共用なので、停めるのも大変だし、出るだけで1時間以上かかる時も。
②松山市内からでも車で30分以上かかる。
 他の町からだとなおさらで、日曜日のナイターはほぼ観戦不可能。
 一応シャトルバスは出ているが、バスで行くには遠すぎる。
③しかも去年の国体に合わせて観客席を増やしたから、余計に空席が目立つ。

もっと便利な場所に新スタジアムを作らない限り、観客は増えないと思いますが、
チームも行政もサポーターも全くその気がないようです。

FC今治に追い抜かれちゃうかも。


14 2018/12/03(月)
J3に降格した讃岐よりも残留した愛媛の方がやばいかも
スタジアムへのアクセスの悪さ、目玉選手の不在、フロントの努力不足などいろいろ理由があるけど、根底にあるのは愛媛県民のサッカー熱が低すぎる事かもしれない。
チームが頑張っているのだからもっと地元民が応援しないと。


15 2018/12/03(月)
人数ではなくスタジアムの満席に対しての観客数とか、ほんまの有料入場者数とかのデータがあった方が比較できると思う。

人数だけではなんとも


17 2018/12/03(月)
僕はFC東京サポーターですが、浦和サポーターの皆さんには感謝しています。FC東京のホームの味スタでの試合では、沢山の浦和サポーターの皆さんが足を運んでくださったお陰で、ほぼ満席といえる程埋まりました。僕は正直浦和レッズが羨ましいと思います。ホームの埼玉スタジアムは大勢の浦和サポーターの皆さんで埋め尽くされ、三万人以上は必ずというほど観客動員数がナンバーワン。凄いなぁといつも思っています。味スタも観客動員数増えてくれればいいなと思います。


18 2018/12/03(月)
名古屋はトヨタスタジアムでの試合を増やしたら2位になれるかな??


19 2018/12/03(月)
北九州はまず成績を上げて、J2復帰を目指しましょう。そうすればJ1昇格争いした時に1万近くは行くはずです。フロンターレは平均こそ5位ですが、スタジアムのキャパが小さいことを考えると凄いですね♪


21 2018/12/03(月)
J1とJ3の試合を見てきたけど、やっぱ、J3のサッカーの方が親近感があって楽しい。
例えば、音楽バンドで、知名度が高いバンドがコンサート会場でやるのと
今は知名度が低いバンドがライブハウスやるみたいなもの?
J3の選手とサポータが密着しているって感じがする。
J1は選手とサポータに距離がある感じかな。


22 2018/12/03(月)
札幌は4位でしたが、観客動員は10位ですか。来期は観客動員数も上げたいところ。全チームが今期より上がることを願います。全体でリーグを盛り上げる事が発展に繋がりますからね。


23 2018/12/03(月)
自前の専用スタジアムは柏と磐田だけで、多分中村効果で満席率高かった、集客数が柏より高かったのは少しやった!と言うのは有るかも?
これ上限低い平均出はなく、満席率だとヤマハスタジアムは結構な上位、平日開催を除けば空席余り目立たなかったし、かと言って席数増やすと今のままでは、どうかね?まあ来年もJ1で出来る事願うよ!


24 2018/12/03(月)
観客動員数は、人口の多い都市のほうが多くなるのは当然のこと。
周辺人口との比率で出してくれると、その地域のクラブへの熱がわかるので、そういうデータも作ってください。


26 2018/12/03(月)
ガンバは、去年今年はスタジアムを見に行く目的の客も結構いたのではないかな。自分の周りだけでも、応援してるチームの試合じゃないけど行ったってのが何人もいる。


27 2018/12/03(月)
名古屋は普通に多いんだよな


29 2018/12/03(月)
鹿島は試合数こそ多かったが平日開催が多すぎて平均の観客数伸びなかったな


30 2018/12/03(月)
新潟はJ1昇格頃からの基本路線が限界に来ていて、来年からシンガポールをV字回復させた是永さんがトップになる。これまでの既存サポーター頼み&招待券ドーピング多用からマーケティングによる新規開拓と選手・スタッフ総動員の地域密着路線のリスタートを始めるから、これから再び上昇に転じるよ。


31 2018/12/03(月)
サンフレは立地も悪いけど重ねて集客が見込めたゴールデンウィークに雨10月には台風の影響があるのに開催。WCによる平日開催など悪条件が重なったと思う。他のグラフも一緒かも知れませんが。


33 2018/12/03(月)
キャパ率を入れず考えてもね。
柏、川崎が少ないとあるが、キャパ率は1位2位


34 2018/12/03(月)
川崎の意外にも5位て書いてあるけど、23000人入ればほぼ満席でしょ。
それぞれ箱も違うし、人数よりも席数に対する率で集計した方が参考になると思う。


35 2018/12/03(月)
名古屋は色々イベントしたり攻めてたから報われましたね。選手だけでなく尽力したスタッフも多少は何かあると良いな。


36 2018/12/03(月)
新潟はもっと本当に地域を大切にしてちゃんと地域活動を一生懸命やれば強くなるぞ











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ