speed-800x512




1: 2018/12/02(日) 08:41:23.22 _USER9
🌑ロッベン、セスク、あるいはバロテッリが日本へ?

https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/51002_ext_04_0_1543704590.webp?v=1543704975
左からバロテッリ、セスク、ロッベン、岡崎。いずれも来夏に“ボスマン・プレーヤー”となりそうな名手たちで、その去就が注目されている

 2018年シーズンのJ1リーグ最終節(12月1日)は、全国各地で活況を呈した。

 もつれにもつれた「3位&16位」を巡る争いは熾烈なバトルが展開され、ともに劇的な幕切れ。全9試合14時の一斉キックオフ前には、元スペイン代表FWダビド・ビジャのヴィッセル神戸入団が“フライング発表”されるなど、話題に事欠かない一日となった。

 ビジャは昨年のルーカス・ポドルスキ(神戸)、今年のフェルナンド・トレース(鳥栖)、アンドレス・イニエスタ(神戸)と同様、移籍金ゼロ円でJリーグ参戦を果たした。つまりは前所属クラブとの契約がちょうど切れるタイミングでの移籍のため、獲得に際していわゆる違約金が一銭も発生しないケースだ。このルール制定に深く関与した選手の名を冠し、シーズンいっぱいで契約切れとなる選手を“ボスマン・プレーヤー”と呼ぶ場合もある。

 30代半ばとはいえ、そこはワールドクラスの大物たち。移籍金を支払うとなればそれなりの出費を覚悟しなければいけないが、それがゼロ円ですむ。つまりは強化資金を選手の報酬やボーナスのほうに思い切って奮発することができるわけで、1~2年の短めの契約で成立する場合が少なくない。昨年には本田圭佑が“ボスマン”でACミランからメキシコへ渡ったが、1年契約で多額のサラリーを保証されていた。Jクラブ勢がベテランの大物を一本釣りで狙うなら、やはりそこは“ボスマン”ということになる。

 今回のビジャはMLS(メジャーリーグサッカー)のニューヨーク・シティFC所属で、現行契約が12月末で切れるがゆえの「移籍金ゼロ円」だった。アメリカは日本と同じ春秋制のシーズンで、ほかにも北欧や中国、韓国、中東など多くのアジア諸国がこの暦を採用している。とはいえ、このタイミングで契約満了となる大物となると、ビジャ以外にはなかなか見当たらない。MLSモントリオールの元フランス代表DFバカリ・サーニャ(36歳)、同じくMLSのLAギャラクシーの元イングランド代表DFアシュリー・コール(37歳)のふたりくらいだ。

 やはり神戸を筆頭としたJクラブの(そしてDAZNの)視線は欧州に注がれているだろう。来夏(2019年6月末)に“ボスマン”となる注目のビッグネームを見ていこう。

つづく

12/2(日) 8:03 サッカーダイジェスト
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=51002


スポンサード リンク

2: 2018/12/02(日) 08:42:20.29 _USER9
🌑バルサ化を進める神戸の次なるターゲットは?

https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/51002_ext_04_1_1543704591.webp?v=1543705322
ロシアW杯の日本戦にも出場したデンベレ(左)もアジアに針路をとりそうな気配。ベルギー代表ではほかにヴェルトンゲン、コンパニ、アルデルワイレルドがみな“ボスマン”だ。

 2019年シーズンから外国籍選手の出場枠が「5」に拡大されるJリーグ。まだまだ今後の動向が気になるのが、三木谷浩史会長が「バルセロナ化」を推進する神戸だ。

 去就の行方を追っているとされるのが、チェルシーのスペイン代表MFセスク・ファブレガス(31歳)。このバルサ育ちの名手も来夏には“ボスマン”となるため、現在はミランや中国クラブが引き抜くのではと噂されており、神戸がリストアップしていても不思議はない。神戸の周辺ではそのほか、同じく“ボスマン”で元バルサ、元ブラジル代表の左SBアドリアーノ(34歳)にも強い関心を寄せているとの報道がある。

 この夏にも某Jクラブが獲得目前に迫ったと言われているのが、元オランダ代表FWのアリエン・ロッベン(34歳)。結局はバイエルン・ミュンヘンとの契約を1年延長したが、いよいよシーズン終了後の退団が現実的で、日本に針路をとってもおかしくないか。バイエルンで僚友の元フランス代表MFフランク・リベリ(35歳)も夏にフリートランスファーとなる。

 面白いところでは、イタリア代表FWマリオ・バロテッリ(28歳)にも日本行きの噂がある。圧倒的な存在感と破天荒なキャラクターの持ち主で、Jリーグ入りすれば特大の話題をさらいそうだが、はたして──。トッテナムのベルギー代表MFムサ・デンベレ(31歳)はイタリアだけでなく中国行きの可能性も低くなく、Jクラブ勢もチェックしておきたい重鎮だ。

 ビジャやイニエスタの母国であるスペイン籍では、ほかにMFファン・マヌエル・マタ(30歳)、アンデル・エレーラ(29歳)、DFナチョ・モンレアル(32歳)らがいて、プレミアリーグだとエクアドル代表DFのアントニオ・バレンシア(33歳)、ブラジル代表DFのダビド・ルイス(31歳)、フランス代表FWのオリビエ・ジルー(32歳)といった面々が“ボスマン”になる。このうちひとりでもJクラブ入りすれば、ファンにとっては嬉しいサプライズとなるだろう。

 日本人選手の欧州組では、岡崎慎司(32歳)と小林祐希(26歳)、そして長谷部誠(34歳)らが来夏に所属クラブとの契約が満了となる。欧州でのプレー続行が基本路線ながら、こちらも今後、Jクラブを絡めたなにかしらのアクションがあってもおかしくないだろう。

 なお現時点で無所属の大物も少なくない。元ブルガリア代表FWディミタール・ベルバトフ(37歳)、元イングランド代表DFグレン・ジョンソン(34歳)、元イタリア代表FWジュゼッペ・ロッシ(31歳)が現役続行の意思を示している。元フランス代表MFサミア・ナスリ(31歳)も無所属だが、現在はウェストハム・ユナイテッドの練習に参加中だ。

つづく

5: 2018/12/02(日) 08:43:48.76 _USER9
🌑リーガ挑戦を目論む岡崎。前日本代表主将の先行きは──

https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/51002_ext_04_2_1543704591.webp?v=1543705135
はたして長谷部はフランクフルトとの契約を延長するのか。まだまだ欧州での活躍が望めそうだ。
 

以下が、動向の気になる“ボスマン”の大物たちの一覧だ。右記の推定市場価格と年齢は2018年12月1日現在の数値(1ユーロ=約130円)。

【2019年6月末で現行契約が切れる主なビッグネームたち】
ダビド・デ・ヘア(GK/28歳/マンチェスター・U/スペイン代表) 7000万ユーロ
アントニー・マルシアル(FW/22歳/マンチェスター・U/フランス代表) 6000万ユーロ
エイドリアン・ラビオ(MF/23歳/パリSG/フランス代表) 5000万ユーロ
アーロン・ラムジー(MF/27歳/アーセナル/ウェールズ代表) 4500万ユーロ
トビー・アルデルワイレルド(DF/29歳/トッテナム/ベルギー代表) 4000万ユーロ
ヤン・ヴェルトンゲン(DF/31歳/トッテナム/ベルギー代表) 3200万ユーロ
アンデル・エレーラ(MF/29歳/マンチェスター・U/スペイン代表) 3000万ユーロ
ディエゴ・ゴディン(DF/32歳/A・マドリー/ウルグアイ代表) 3000万ユーロ
ファン・マヌエル・マタ(MF/30歳/マンチェスター・U/元スペイン代表) 3000万ユーロ
ダビド・ルイス(DF/31歳/チェルシー/ブラジル代表) 2500万ユーロ
セスク・ファブレガス(MF/チェルシー/元スペイン代表) 2500万ユーロ
マリオ・バロテッリ(FW/28歳/ニース/イタリア代表) 2400万ユーロ
オリビエ・ジルー(FW/32歳/チェルシー/フランス代表) 1800万ユーロ
ムサ・デンベレ(MF/31歳/トッテナム/ベルギー代表) 1800万ユーロ
ナチョ・モンレアル(DF/32歳/アーセナル/スペイン代表) 1300万ユーロ
ガリー・ケイヒル(DF/32歳/チェルシー/イングランド代表) 1000万ユーロ
ヴァンサン・コンパニ(DF/32歳/マンチェスター・C/ベルギー代表) 1000万ユーロ
アントニオ・バレンシア(DF/33歳/マンチェスター・U/エクアドル代表) 800万ユーロ
アリエン・ロッベン(MF/34歳/バイエルン/元オランダ代表) 700万ユーロ
岡崎慎司(FW/32歳/レスター/日本代表) 600万ユーロ
フランク・リベリ(MF/35歳/バイエルン/元フランス代表) 400万ユーロ
小林祐希(MF/26歳/ヘーレンフェーン/日本代表) 200万ユーロ
アドリアーノ(DF/34歳/ベジクタシュ/元ブラジル代表) 175万ユーロ
長谷部誠(MF/34歳/フランクフルト/元日本代表) 100万ユーロ

3: 2018/12/02(日) 08:42:44.54
ダゾーンさまさま

4: 2018/12/02(日) 08:43:26.79
バロテッリ見たい。

27: 2018/12/02(日) 09:08:09.51
>>5
リベリ激安じゃん

30: 2018/12/02(日) 09:10:22.00
>>27
これたぶんTransfermarktに出てる金額でしょ
高齢かつ契約年数が短いからこうなってるだけで実質ここの人ら全員来年夏に買うなら0円だよ

6: 2018/12/02(日) 08:44:09.08
バレンシアとかええなあ。

7: 2018/12/02(日) 08:45:45.66
今年の成功はジョー一択でいいよね?
実力は申し分無いしブラジルでの広告効果と名古屋の観客動員記録でトヨタもニッコリ
上位は金入るんだから安物ガチャはもう止めてジョーみたいに価格と実力の伴った選手を獲るべき

42: 2018/12/02(日) 09:31:48.50
>>7
ジョーは凄いね
あれだけの個人能力を持った選手がチームのために働くのだから凄い戦力だ

それでもギリギリ残留だけど

60: 2018/12/02(日) 10:05:48.83
>>42
そりゃ革命家がチームを率いているからなw

64: 2018/12/02(日) 10:13:24.53
>>7
名古屋にジョーを慕うブラジルの大型ボランチとDF来てくれないかなぁ・・・
チェルシーのダビド・ルイスなんかが来てくれたら最高なんだが。

8: 2018/12/02(日) 08:46:23.51
トヨタ様も三木谷も今季は取らないから大物はこないやろ

9: 2018/12/02(日) 08:46:38.55
バロテッリが来たら面白いんだけどな

10: 2018/12/02(日) 08:47:43.56
ロッベンとかリベリ見たいなぁ

11: 2018/12/02(日) 08:50:54.02
関東圏にもスター選手集まるようなクラブあると最高なんだけどな
瓦斯はロベリーとってよ

12: 2018/12/02(日) 08:51:04.79
>(1ユーロ=約130円)
ユーロ表記にこれいらねえだろ

13: 2018/12/02(日) 08:52:38.46
連覇してDAZNマネー40億入った川崎ウンコターレの補強

食堂新設!トイレ改築!

21: 2018/12/02(日) 09:00:13.48
>>13
今年はメニューも増やすよ

66: 2018/12/02(日) 10:18:11.57
>>21
対戦相手のサポとしてはちゃんこやをもう一軒ぐらいと
スタジアム帰りの動線をもう少しなんとか
いや、自転車を押して帰る人の出口を歩きの人と分けて欲しいぐらいでいいんだが

68: 2018/12/02(日) 10:28:42.34
>>13
連覇クラブがこんな事続けてたらダゾーンもマジで切れるかもよ。なんのための賞金なのかと。

14: 2018/12/02(日) 08:54:12.17
セスク来ないかな

15: 2018/12/02(日) 08:54:49.18
ドスサントス兄弟連れてこいよ

16: 2018/12/02(日) 08:54:57.75
リベリとロッベンお願いします

17: 2018/12/02(日) 08:56:48.85
ロッベン見たいなぁ
俺の中ではイニエスタ越える

18: 2018/12/02(日) 08:56:54.92
ベルバトフはもうそんな歳なのか

19: 2018/12/02(日) 08:58:09.19
Jリーグの日本人の年俸は絶望的に低すぎる
どんな大物取ろうと外人と日本人の年俸差が埋まらない限り
神戸みたいなことやってもいつまでも強くならん
鹿島みたいなチームには勝てない

20: 2018/12/02(日) 08:59:35.30
川崎サーン、大物頼みます
山村と取ってる場合やなーい

23: 2018/12/02(日) 09:03:08.44
神戸が可能性あるぐらいで、鳥栖には金ない
浦和はセコイし川崎は大物は獲る気はない
鹿島はブラジル専用、他は資金も夢もない。
よって大物はほぼほぼ打ち止め

48: 2018/12/02(日) 09:40:06.16
>>23
浦和・川崎がセコ過ぎてリーグが盛り上がらん
トヨタが本気になったりソフバンが参入したりするような
アジアから注目を集めるリーグを作らないといけないのに

24: 2018/12/02(日) 09:04:40.95
どう見ても取れないやつらばっか載ってるじゃねーか

25: 2018/12/02(日) 09:05:05.53
ジルーとトレースの2トップ頼むwww
実現したらマジで東京から鳥栖まで行くぞ

26: 2018/12/02(日) 09:07:19.80
デヘアはPSG行きだろ
ラビオは使えないけど一応争奪戦だろ

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1543707683/







スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ