20181126-00000004-goal-000-3-view

スポンサード リンク




マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督に対し、イギリス『スカイスポーツ』の識者数人が苦言を呈した。

24日に行われたプレミアリーグ第13節で、マンチェスター・Uはホームでクリスタル・パレスと対戦。しかし相手に押し込まれる時間帯もあり、さらに攻撃陣もゴールが遠く、スコアレスドローに終わった。この結果、同チームと首位マンチェスター・シティの勝ち点差は14ポイントにまで広がっている。

この試合の前にモウリーニョ監督は、意図は定かではないものの、ルーク・ショー、アントニー・マルシャル、マーカス・ラッシュフォード、ジェシー・リンガードを名指しで「甘やかされた子供たち」と苦言。さらに試合後にも「チームの心や信念に疑問を感じた」と公の場で発言している。

そんな中、25日に『スカイスポーツ』の番組に出演した『デイリー・スター』のジェレミー・クロス記者は、「ドレッシングルーム内は亀裂が入っているようだ。それに、チームを非難するのが監督自身だ。自分の振る舞いによって不穏な雰囲気を作り出している。さらに、彼は4人の若手に苦言を呈していたが、この行為は大きな危険性をはらんでいる」と指摘。

『デイリー・メール』のオリヴァー・ホルト記者も、「彼は選手たちの状況をさらに難しいものにしている。彼は若手を信頼しない指揮官になってしまった。対照的に(サー・アレックス)ファーガソンは、時代に合わせて若い選手からベストを引き出す能力を持っていた」とクラブのレジェンドを引き合いに出して比較している。

続けて「モウリーニョは若い選手たちで成功を掴んできたクラブにいるんだ。それにもかかわらず彼らを蔑むような発言を残している。ピッチ内外での振る舞いを見る限り、モウリーニョは過去の男のようだ」と話した。

チェルシーやインテル、ポルトなどで数々の栄光を築いた“スペシャル・ワン”だが、その栄華は両氏の言う通り過去のものになってしまったのだろうか。

GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181126-00000004-goal-socc



1 2018/11/26(月)
対戦相手だけでなく対フリスク主審、対ベニテス、対協会等々モウリーニョが繰り広げた舌戦については批判も多かったけれどそれでも彼が監督として評価されたのはチームを第一に考え選手を守ろうとしたからこそ。
その矛先が選手やチームスタッフなどチーム内部に向けば監督としての評価が崩れるのも当然だろう。


2018/11/26(月)
昔は選手を守ってくれる頼れる兄貴って感じだったけどね。今では成功は俺の功績、失敗は選手審判スタッフの責任じゃあソッポ向かれるわな。ベースとなる戦術を持たず相手の対策練るだけではビッグクラブは不向き


2018/11/26(月)
元々“スペシャル・ワン”って自分で言ったんだよ。
自信過剰でしょ。弱いチームがやる戦法を強いチームに持ち込んで、とにかく勝つサッカーをしてきたのが、攻撃のアイデアの無さが露呈して上手くいかなくなってきただけでしょ。


2018/11/26(月)
ある意味ではまだスペシャルワンだけどな。次はメガクラブじゃなくて中堅クラブを率いて欲しい。甘やかされたのはどっちだ?


2018/11/26(月)
モウリーニョの師匠で前任者だったファンハールも成績こそ振るわないがラッシュフォード、ロホ、マルシャルら若手の育成という点では貢献したし過去のクラブでも多くの若手を育てた
でもモウリーニョはプラスの要素がまるでないし師匠のような若手の発掘も過去を含めてほぼない


2018/11/26(月)
いままで支えてもらってた助監督も
いなくなってるし、

監督としての賞味期限は切れた、
ってことだと思ってる。

何をしてもうまくいくときがあるけど、
何をしてもうまくいかないときもある。

いまはモウリーニョにとって後者。

一旦、足を洗って、出直して方がいいよ


2018/11/26(月)
以前はメディアと相手チームに四六時中挑発的な発言をしていたが、自チームの選手のことは徹底的に守っていた。
確かに今のマンチェスターUの若手は才能、気概両面で頼りないけどそれを外に向かって言ってはダメだ。


2018/11/26(月)
チェルシーでの一件がかなりダメージでかいんじゃないかなぁ。
良くも悪くも毒を吐きつつ、崇拝に近い位の強烈な信頼度、リーダーシップがあったのに。
最近は選手を信頼してないのか、裏切られるのが怖いのか、全くオーラがなくなってしまった。


2018/11/26(月)
ずっと「結果がすべて」のサッカーをやってきたから、結果が出なくなると叩かれるのも早いな。


11 2018/11/26(月)
賛否両論あるけど、過去の成功は消えない。
ただ選手を育たり、長期政権を築く事が出来ない監督だとは思ってる。


12 2018/11/26(月)
最近サッカー観始めた人が彼を見たら多くのタイトルを勝ち取った監督だとは思わないだろう。


14 2018/11/26(月)
自分の批判をかわしたいから選手を批判してる様にしか見えんわ。ホンマに最近は


15 2018/11/26(月)
こういう発言はどうでもいい。
実際の関係は、そこにいる選手や当人達にしか分からない。
活字で印象なんてどうとでもなる。

問題は監督の能力がビッグ6の中でどの位置にあるかということだ。
ファギーがいた頃のプレミアリーグではないからな。

それと、何よりの問題が社長がエドということだ。
チームの強さよりビジネス的強さを可能な限り優先しているこいつが移籍の全権利を掌握しているのが問題だ。


16 2018/11/26(月)
一度、充電期間・研究期間をとったらどうかな?
そして、またスペシャル・ワンとして戻って来てほしい。


18 2018/11/26(月)
試合を見てるとモウリーニョが選手を信頼してないのがよくわかる。それじゃあ、選手も信頼しないよ。もう修復不可能なチーム状態なのが伝わってくるよ。


20 2018/11/26(月)
インテル時代が最盛期だったのかな?


21 2018/11/26(月)
三年目にボロが出るスペシャルワン。


22 2018/11/26(月)
今やルーピーワン

短期政権のスペシャリスト


24 2018/11/26(月)
お金使っても勝てないとは、まずいね。


25 2018/11/26(月)
ペップとエライ差がついたよね。

常に新しい戦術を模索しているペップ

昔からの進歩が見られないモウリーニョ

ポゼッションだのカウンターだのの二極論じゃなく、それをベースに進化させているか否か。

変化の激しい現代サッカーのトレンドに、モウリーニョはついていけないのか、ただただ意固地なのか。


27 2018/11/26(月)
監督の発言や選手たちの言動からすると信頼関係はないのかなって思えてくるよね。


29 2018/11/26(月)
ラッシュフォードやマルシャルもザネやGジェズス並みのポテンシャルはあるんだけど
今のユナイテッドじゃ能力引き出せない


31 2018/11/26(月)
モウリーニョは2年契約で契約すべき


32 2018/11/26(月)
実績のある監督である事は万人が認めるところなれども、この方の性格は如何なものか?


33 2018/11/26(月)
賞味期限切れの不良在庫
処分したほうがいいと思うよ


35 2018/11/26(月)
ユナイテッドに渡ったワールドクラスは軒並み
あぐらかいてる
巨人に行った他チームの有力選手のように


36 2018/11/26(月)
もはや只の偏屈なお爺ちゃん。
インテルや第一政権時のチェルシーを率いてた頃は魅力的だったんだけどなぁ。


38 2018/11/26(月)
昔から彼のロッカールームは3年もったことがないんだよ。


40 2018/11/26(月)
ファーガソン監督の凄さはその時代その時代に合わせて戦術や選手に対する対応を変えた事
モウリーニョ監督はいつの時代も全て一緒


2018/11/26(月)
何か、モウリーニョは補強を希望通りにしてもらえないからこうなってるっての最近、ちょくちょく見るが希望通りにしてもらえなかったの今季が初めてじゃねーの?
過去二年はほぼ丸呑みでモウリーニョの希望通りに金を使ってた気がするけどね











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ