Dsb6TONU0AAYp0r

スポンサード リンク




“プランB”を用意できるか――。キルギス戦で問われるのは、これだろう。

 これまで戦ってきた4つの親善試合は互いに長所をぶつけ合う展開だったから、「自分たちのことにフォーカスしている」と遠藤航(シント・トロイデン)が語ったように、日本は相手を研究したうえで、自分たちのよさをいかに発揮するかが問われていた。

 だが、キルギス戦の様相はこれまでとは異なることになりそうだ。

 来年1月のアジアカップへ初出場を決めたように、近年力を付けてきているのは間違いないが、FIFAランクは50位の日本よりもはるかに下の90位。先日の鹿島アントラーズのサブ組との練習試合に0-2で敗れたのは参考にならないとしても、日本との力の差は歴然としている。必然的に日本がほぼ一方的に押し込む展開になるはずだ。

 これまでの4試合とは異なり、自陣ゴール前で人海戦術を採られた時に、どうこじ開けるのか――。

 アジアカップ前最後のテストマッチとなるキルギス戦は、アジアカップで同グループのウズベキスタン、トルクメニスタンの中央アジア勢対策になると同時に、対アジアにおける永遠のテーマである”引いた相手の崩し方”を試す格好のゲームになる。

 思えば、過去のアジアカップも引いた相手の攻略に関して手を焼いた印象がある。

 アルベルト・ザッケローニ監督のもと、大会4度目の優勝を飾った2011年大会も、初戦はヨルダンと1-1のドローに終わっている。吉田麻也(サウサンプトン)のオウンゴールで先制を許すと、ゴール前に”バスを停車させた”ヨルダンを攻め崩せず、後半アディショナルタイムの土壇場でセットプレーから吉田が決めて、辛うじて追いついた。

 引いた相手の攻略として、セットプレーは有効な手段のひとつ。もっとも、かつては中村俊輔(ジュビロ磐田)、遠藤保仁(ガンバ大阪)と優れた蹴り手がいたが、それ以降、キッカーのスペシャリストが現れていない。

 ベネズエラ戦では中島翔哉(ポルティモネンセ)のキックを酒井宏樹(マルセイユ)が決めたが、酒井、吉田、冨安健洋(シント・トロイデン)、大迫勇也(ブレーメン)、三浦弦太(ガンバ大阪)、杉本健勇(セレッソ大阪)と受け手には長身選手が揃っているだけに、中島が蹴るにせよ、堂安律(フローニンゲン)が蹴るにせよ、精度とパターンを磨いておきたい。

 また、ミドルシュートを打って相手を引き出すことはもちろん、原口元気(ハノーファー)や伊東純也(柏レイソル)といったワイドアタッカーをサイドに張らせて相手の最終ラインを広げたり、中盤でのショートパスで相手を食いつかせ、背後に生まれたスペースを素早く突いたり、その際のカウンターに対するリスク管理も含め、賢い戦い方が求められる。

 もっとも、”プランB”とはそうした戦い方の話だけではない。

 10月のウルグアイ戦、先日のベネスエラ戦に出場したメンバーが”プランA”なら、現状、控えに回っている選手たちこそ”プランB”となる。

 2列目に並ぶ3人の若者たち、南野拓実(ザルツブルク)、中島、堂安と1トップの大迫の連係は試合を重ねるごとに高まってきたが、では、それに代わる選手たちはどうか。ロシア・ワールドカップに出場した原口を除けば、どこまでやれるか未知数だ。

 とりわけ替えが利かないのは1トップの大迫だろう。その存在感は「大迫は非常にいい選手ですし、彼に代わる選手が現状いない」と森保一監督も求めるほどだ。現チームで”ポスト大迫”と言えるのは、杉本ただひとり。「サコ君を脅かすというか、向かっていく選手が出てこないといけないと自分でも思っている」と意気込む杉本に、キルギス戦ではチャンスを与えたい。

 1月に開催されるアジアカップはUAEでのセントラル開催となるが、セントラル開催のトーナメント戦として思い出されるのは、16年1月にドーハで行なわれたリオ五輪アジア最終予選である。

 準々決勝のイラン戦は延長戦にもつれ込み、準決勝のイラク戦は後半のアディショナルタイムも決勝ゴールで振り切り、決勝の韓国戦は0-2のビハインドをひっくり返すなど、苦しみながらアジアの頂点に辿り着いたこの大会で輝いたのは、スーパーサブの存在だった。

 イランとの準々決勝では途中出場の豊川雄太(オイペン)が先制ゴールを決め、韓国との決勝では同じく途中出場の浅野拓磨(ハノーファー)が2ゴールの活躍を見せた。そのときも10番を背負っていた中島は「あのときは、途中から入った選手とか、いろいろな選手が得点した。それはサッカーでは必要なこと」と、選手層の厚みの重要性を説く。

 10月のウルグアイ戦、先日のベネズエラ戦に出場したメンバーがアジアカップのレギュラーと考えられているのは確かだろう。だが、集中開催の大会では出場停止や負傷などで常にレギュラーを送り出せるわけではなく、途中から出場して流れを変える選手も必要だ。

 つまりは、チームの総合力、起用の幅が問われることになる。杉本だけではない。伊東、北川航也(清水エスパルス)、三竿健斗(鹿島)、室屋成(FC東京)といった代表経験の浅いサブ組の底上げをどれだけ図れるか――。キルギス戦でしっかりと確認したい。

飯尾篤史●取材・文 text by Iio Atsushi
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181120-00010002-sportiva-socc&p=1



1 2018/11/20(火)
杉本には期待してない。怪我で離脱した鈴木と小林がいればなぁ。
個人的にはへディングとデュエルが強く、ACLを勝ち抜いた経験のある三竿には期待してる。
オスカルを体でふっ飛ばしてボール奪ったシーンを見てスゲーと思った


2018/11/20(火)
大迫のバックアップとして期待された小林と鈴木優磨、そしてタイプは違うけど浅野。この3人がいないから入った杉本…それでも全然期待出来ない。逆にこれまで何度テストしても、そして今シーズンの出来を見てもFWに杉本をチョイスせざるを得ない状況ならそれは日本代表の危機的状況だと思う。
キルギス相手に活躍しても即代表定着にはならないしキルギス相手に活躍出来ないなら今後呼ぶ必要はない。


2018/11/20(火)
大迫いない状態の時は違う戦術を考えた方が良いのでは?

ただでさえ体を張り怪我をしやすいポジションなんだから。

日本のサッカー世界に行けば通用しなくなるんだからもっと引き出しを増やさないと。

先ずは世界のどの辺りを狙うのか。

その為にはどうするのかを考えるべき。

常に大迫がいる訳では無いんだから。

次のワールドカップには大迫が絶対に代表メンバーに居るのかも分からないし。

中盤にタレント揃ってるからツートップも良いと思うけど。

まぁ結果が全ての世界だからプロの監督に期待します。

そろそろアジアは圧倒して貰いたいです。


2018/11/20(火)
杉本は背高いだけだから、動きの質とかポストプレーとか守備とか全てにおいてレベルアップしない限りは無いだろう。
鈴木の怪我治るまでの代替だろう。
ただ、鈴木が招集された所で大迫の役割ができるわけでもないから、代わる選手がいないのも事実。
J見ても若手のCFはほとんど活躍していないし、得点ランキングも外国人とベテランが占めてる。
鎌田がFWにポジション変えてベルギーで結果出してるけど、
CFじゃなくてシャドーとかセカンドトップに近いポジションだから招集しても南野のポジションになるだろうから大迫の代わりにはならないからな。南野と競争させれば面白い存在になるだろうけど。
もう、大迫の代わりなんてそんな簡単に出てこないだろうから、大迫がいない時のプランBの戦術は用意した方が早いと思う。


2018/11/20(火)
大迫選手の代わりは恐らくいないので、違う戦い方を見せて欲しいというのが個人的な感想です。国内でプレーしていて海外の強靭なDFと渡り合えるとなると、やはり普段からそのレベルの中でプレーしていないと難しいと思います。
そういった意味でFWには海外に挑戦してほしいというのが個人的な見解です。
今回選ばれていませんが、久保裕也選手もワントップは出来そうですけどね。まぁここは監督がサイズを求めているという事なので口を挟む事ではないと思いますけど(笑)
とりあえず森保ジャパンのプランBを見守ってみたいと思います。


2018/11/20(火)
今回招集されている杉本や北川では、大迫を脅かす存在には成りきれない。

残念だが現状では大迫に代わる選手は見当たらないのが現実である。

今回は杉本ではなく金崎を試して置きたかったし、来年1月のアジアカップには武藤と小林を大迫のサブとして招集して置くべきだろう。


11 2018/11/20(火)
大迫の代わりはいない。あのポストプレーは世界レベル。だからチームでもレギュラー。大迫下がったときは南野を前上げて中島を中盤にして原口を左サイドで起用したらいい気がする。

杉本、あなたにはみんな期待してない気がする。クラブ戻れば別だけど。


12 2018/11/20(火)
フェライニに長谷部が吹っ飛ばされて失点したシーンが忘れられない。

大型のボランチも必要だ。三竿の成長やCBからのコンバートを期待したい。


13 2018/11/20(火)
酒井宏樹(マルセイユ)が決めたが、酒井、吉田、冨安健洋(シント・トロイデン)、大迫勇也(ブレーメン)、三浦弦太(ガンバ大阪)、杉本健勇(セレッソ大阪)と受け手には長身選手が揃っているだけに…

長身っていうけど、そこまで大きくないし、線も細いから難しいよね。
大迫は身体が強いというより、身体の使い方やぶつけるタイミングが上手いし、身長は高くても重心はかなり低くして上手く背負ってる。
足元のスキルや、相手の逆をつくアイデアが備わってるからこそのポストプレーの上手さがあるわけで、杉本にはない。
川又とか、杉本くらいのスキルでわざわざ長身を置くくらいなら、0トップみたいな形で前線を流動的に動かした方が良い気がするんだけどね。


14 2018/11/20(火)
大迫選手の代わりができる選手はいまのところいないでしょう
南野選手を一つ上げてツートップにするのが現実的な気がします
南野・鈴木選手のツートップを見たかった
今回のメンバーなら南野・北側選手コンビがいいかも知れません

サブ組中心になるかのような記事ですが、アジアカップ前最後の試合なのでフルメンバーでやるのではないでしょうか

前線4人は変わらず、まだ不調の柴崎選手を三竿選手に変えそうです
(クラブW杯など過密日程なのでできれば出て欲しくないのですが、せっかく合流したのですから本人は出たいでしょう)
左SBも良くなかったので変えてくるでしょう(以前代表で左SBの経験のある槙野選手を試して欲しいですが、若手にチャンスを与えそうです)

格下相手ですので、気持ちよく勝って終わって欲しいものです


16 2018/11/20(火)
杉本に期待しているサポはもう居ないでしょ。
今回は怪我で招集できなかった鈴木優磨には可能性を感じる。
キルギスとは杉本使う位ならプランBで南野のトップとかゼロトップで良いと思う。


18 2018/11/20(火)
杉本入れるぐらいだったらゼロトップでいいって。


19 2018/11/20(火)
まず大迫の代役の問題と、引いた相手をどう崩すかは問題は別問題だろ。

日本が引いた相手にいつも手こずるのは相手の陣形を崩す前に無理やりシュートの形に持ち込むから。
引いた相手の崩し方は実はパターン化されてる。
まず、全体として幅を取ること。左右に揺さぶること。横と縦と斜めのパスを織り交ぜること。陣形が崩れた時に相手の裏を取ること。
強豪チームが下位チームとやる時はだいたいこれ。
日本の場合は選手が中央に固まりすぎる。だからスペースがない。
この状態でクロスを上げても弾き返されるし、ミドルシュート打ってもパスコースないから入らないんだよ。

杉本は言うまでもなく大迫の代役にはなり得ない。というか代表のレベルではない。


21 2018/11/20(火)
現状は大迫が一番手、二番手三番手争いに、小林悠、鈴木優磨、北川航也、川又堅碁、杉本健勇がいる感じか、これまでの試合を見る限りだと小林悠、北川航也、川又堅碁が有力かな。鈴木優磨はアジアでの国際経験が大きいから、代表として未知数だが呼ばれる可能性はある。アジアカップ後は武藤や西村拓真といったメンバーも呼ばれる可能性もあるからJリーグ勢は今が正念場になる。俺がエースになるくらいの勢いで頑張ってほしいです。


22 2018/11/20(火)
替えの効かない選手になった大迫は単純にスゴイと思うけれど、その選手がいないとチームが立ち行かなくなる様だと先が無い。
今のチームはとても見ていて楽しい攻めをしてくれるけれど、やっぱり別のパターンでのチーム構成も作っておいてほしいな。


23 2018/11/20(火)
海外でもそれなりの実績を残し、年齢的にも今が盛りのはずの武藤は何故呼ばれないのか?現状では杉本よりはるかに上だと思うのは私だけではないでしょう。残念ながら国内でポスト大迫の期待が出来るのは鈴木優磨だけでは?


24 2018/11/20(火)
正直、アジアカップまででいいなら大迫のバックアップは杉本ではなく興梠でいいと思うのですよ。
鹿島出身のFWは万能性が高いので鈴木はこれからそちら方面に伸びていくかもしれないので、杉本よりは彼に期待したいところです。


27 2018/11/20(火)
大迫の代わりはまずいないでしょう。
代わりを探すのではなく、大迫不在のときにどう戦うのかを考えるべき。
まずは2トップを試すのが近道な気がするな~
でも杉本と北川では北川の良さを出せないまま終わりそう…


28 2018/11/20(火)
海外組で無理させるのは可哀想かもだけど大迫出して欲しい。個人的に北川に期待してるけど正直杉本相方だと収まり悪いし、走らないしやりずらい。杉本が大迫の代わりにならないのは前の試合で分かったから大迫と北川で組み合わせて出して欲しいなぁ。そうすりゃ北川の良さ出るのに。


29 2018/11/20(火)
アジアカップ仕様なら良いと思うけどこれからを考えるなら杉本は不要。小林、鈴木、武藤あたりが大迫のサブとして考えられるかな。
他の人も言うとおりプランBって言うなら0トップでやってほしい。代役入れるだけではプランBにならない。


31 2018/11/20(火)
実際の所…大迫の代わりが杉本って落差が大きすぎる…
なんだかんだでこれまで何度もテストされてきて結果を残せなかった杉本を怪我人が居たとしても呼ばざるを得ない日本サッカーのFWの人材不足は酷すぎる…


32 2018/11/20(火)
なんか記者もサポーターも頭固いよな。

日本の得点パターンがトップに当てて落とした所を二列目がみたいな事だけになってるよな。

それだけじゃ駄目でしょってのが今回の森保の選出なわけで。

選ばれた選手はガツガツやってくれればポジションを奪えるから頑張って欲しいよね。別にここは日本であってブラジルやフランスのレギュラーの座を奪う訳じゃないんだからさ。

北川と三竿に期待。


33 2018/11/20(火)
大迫に依存しすぎのような気がします。
いない時は確実にあるはずなので、いないならいないでツートップを試すなりパターンを増やさないと。
大迫のようなタイプはいなくても、前線にタレントは揃ってるはず。


34 2018/11/20(火)
大迫はいつぞやの前田みたいなことを求められてるね
ポスト、キープ、プレッシング、エリア付近での2列目に向けたパス
その2列目のフィニッシュがこぼれ球になった時に詰める動き
前田の方が守備面では上かもしれないけど他はもう、どの代表FWより
器用にこなして、替えが効かないというのは言い得て妙
ただ他のパターンを考えないとこの先どん詰まりだと思う
そして辛らつな言い方になるけど杉本にはその期待が出来そうにもない


36 2018/11/20(火)
大迫の代わりを探したいなら、2列目の3人が揃った中で試さないと意味はないなではないかと
その中でどう連携がとれるか
前の4人総とっかえでは結局個人の技量しか見られないのではないか


38 2018/11/20(火)
ベネズエラ戦を見たら杉本は使えないと思うだろうが、呼んだら使うのが森安流。そこが植田を飼い殺しにしたハリルとの大きな違い。今夜は先発もある。ただし、結果を出さなければもう呼ばれないと思ったほうがいい。


40 2018/11/20(火)
大迫の代わりになる選手なんて、当分現れないよ。そもそも「代わり」を探すというのが戦術ありきで選手をはめ込む発想なので、実現できる選手がいなければ無い物ねだりにおわるだけ。大迫が居ないときは、システム含めた全体の戦術をイチから見直すべき。あくまで、そのときに出場出来る選手の能力を最大限に引き出せる戦術、いわゆる最適解を臨機応変に考え出して欲しい。


41 2018/11/20(火)
正直、キルギスとホームで試合をする意味が分からない。
できれば年内にアウエーで強いとこと強化試合を組んで欲しかった。
今のホームでのパフォーマンスは、今度のアジアカップではあてにならない。


42 2018/11/20(火)
今夜の試合に対して、メンバーを変えてのプランBというが、大迫は代替えがいないと結論して、大迫の代わり探しではなく、別の攻め方という意味での『プランB』を見せてほしい。


44 2018/11/20(火)
杉本は口だけで世界には全く通用しないことはもうわかった。
もっと若い新戦力に経験させる方が日本の将来に繋がる。
貴重な枠を浪費しないで欲しい。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ