20181118-00010001-sportiva-000-1-view

スポンサード リンク




 今夏に行なわれたワールドカップで、もっともインパクトを放った日本代表選手は誰か?

“半端ない”ゴールを決めた大迫勇也(ブレーメン)はそのひとりだろう。ベルギー戦で先制弾を奪った原口元気(ハノーファー)も候補者に含まれる。2ゴール・1アシストと最高の結果を示した乾貴士(ベティス)だという人もいるだろう。ただ個人的には、卓越したパスワークと視野の広さを生かし、華麗にタクトをふるった柴崎岳(ヘタフェ)だと考える。

 長く遠藤保仁(ガンバ大阪)が担ってきた中盤のポジションは、その後、後継者が定まらないまましばらく時を過ごした。柏木陽介(浦和レッズ)や大島僚太(川崎フロンターレ)らが名乗りを上げたものの指定席は掴み取れず、柴崎自身も後任候補に挙げられながら、チャンスをモノにできずにいた。

 しかし、ロシアで示した柴崎のパフォーマンスはまさに司令塔と呼ぶにふさわしいもので、攻撃陣を巧みに操り、日本をベスト16に導く原動力となっていた。まだ26歳という年齢を考えれば、ウイークポイントと見られていたボランチのポジションは、4年後まで安泰かと思われた。

 ところが、輝かしい未来を切り開くかと思われたこのボランチは、ワールドカップ後に突如、奈落の底に突き落とされてしまう。所属先のヘタフェで試合に出られない苦境に陥るとは、想像もつかなかったに違いない。

 柴崎の置かれた状況は、森保一監督が就任した日本代表にも影響を及ぼすことになる。10月に行なわれたウルグアイ戦のパフォーマンスからは、ロシアで放った輝きが完全に消え失せていた。

 パスミスが目立ったのも確かだが、そもそもボールに触る機会が少なく、攻撃を司る役割を担えない。南野拓実(ザルツブルク)の2点目となるゴールの起点になったとはいえ、それ以上にマイナスな側面ばかりが目についた。攻守両面において積極的だったもうひとりのボランチ、遠藤航(シント・トロイデン)のパフォーマンスばかりが目立っていた。

 あれから1カ月、その間に所属クラブでの立ち位置に変化はなかった。リーグ戦では出番がなく、10月31日に行なわれた国王杯に途中出場したのみ。柴崎は好転のキッカケを掴めないまま、再び日本代表に合流した。

 同じ司令塔タイプのボランチ、青山敏弘(サンフレッチェ広島)が負傷離脱した影響もあったかもしれない。柴崎はベネズエラ戦でも再びスタメンとしてピッチに立っている。ところが、どこか自信なさげだったウルグアイ戦とは対照的に、この日は積極的にボールに絡む背番号7の姿があった。

 開始早々に右サイドの堂安律(フローニンゲン)にスルーパスを通し、持ち前のパスワークを示すと、その後もディフェンスラインからのクサビを引き出し、シンプルにボールをつないでいく。時折パスミスも見られたし、球際で競り負けるシーンもあった。それでもウルグアイ戦と比べれば、ずいぶん持ち直してきたように見えた。

 後半立ち上がりには、柴崎らしいプレーも見られた。ルーズボールを拾ってダイレクトで大迫につけ、そのまま右サイドを駆け上がり、再度ボールを引き出す。そこからのクロスは相手GKに弾かれシュートにつなげることができなかったが、守から攻に切り替え、プレーを止めることなく危険な位置に飛び出していった一連のプレーは、彼が持つセンスを示すものだった。

 その積極性の裏には、ある思いがあった。

「今日の試合に関しては、ああいった飛び出しを久しぶりに出せたかなと思います。チャンスメイクができたらなと思っていました」

 立ち上げからわずか3試合で、堂安、南野、中島翔哉(ポルティモネンセ)が形成する2列目トリオは、早くも森保ジャパンの象徴的な存在となっている。若く勢いのある3人は確かに日本の攻撃の核となっているが、柴崎にも世界を相手に結果を出した司令塔としての自負があるのだろう。いわば、ワールドカップ戦士としてのプライドが感じられたプレーだった。

 一方で、ミスがなかったわけではない。とりわけ前半はパスミスが目立ったし、守備の部分でもプレスをかけるものの、取り切るところまではいけない。その意味で物足りなさがあったのも事実だ。

 ただし、そこには観る側の偏見があるようにも思う。クラブで試合に出られていない柴崎に対する懐疑的なイメージだ。

 都合のいい言葉を使えば、「試合勘の欠如」というフレーズだ。ちょっとミスをすれば、「試合勘が足りないからだ」と短絡的にそこに結びつける。過去にも所属クラブで出番を失いながら代表に選出されていた香川真司(ドルトムント)や本田圭佑(メルボルン・ビクトリー)らも、同様の指摘を受けていた。

 では、試合勘とは何か――。日常のトレーニングでは体感できない、感覚的な部分を指すだろう。

 体力、スピード、球際の強さ、プレー強度、あるいはメンタル面……。真剣勝負のテンションでなければ培えないもの、と定義づけられるかもしれない。おそらく、その感覚は人それぞれであり、当人しかわかり得ないものだろう。そしてそれは、他人には知られたくない弱みでもあるはずだ。そう理解しながら、柴崎に聞いてみた。

「今日の試合で試合勘の影響を感じることはあったか?」

 我ながら、嫌な質問だと思った。しかし、生真面目なボランチは顔色ひとつ変えずに、持論を述べた。

「試合勘という表現は難しいですけど……」。そう前置きしたうえで、柴崎は続ける。

「僕自身、集中力を持って、今の自分にできることを最大限やろうとしている。そうやって取り組んでいることが、今の自分のマックスかなと思います。修正していかなければいけないこと、よかったことを伸ばしていくこと。今日の試合で感じたことは、続けてやらなければいけないことだと思っています」

 試合に出られない状況は、プロのサッカー選手として耐え難いものであるはずだ。しかし、置かれた状況を理解したうえで、そのなかでできることを全力でやり切るしかない。試合勘を培えないなら、他のもので補えばいい。つまり、試合勘の欠如など、言い訳に過ぎないのだ。

 野暮なことは聞くなよ――。

 クールな司令塔のまっすぐな瞳は、そう言っているように見えた。

原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181118-00010001-sportiva-socc&p=1



1 2018/11/18(日)
パフォ-マンスが落ちているのは、言われなくても岳が一番分かっているはず。 さすがに、ここは決断してチームを変えるべき時なのではないか。  
 正直、ここまで落ちてるとは、本人も分からなかったと思う。彼からしたら、ロシアWCからの良いイメージからの発展を描いていたはずが、こんな状態になっていようとは・。
 ただ、過去にも中田や香川、本田など、このような状況(パフォーマンスの低下)に陥りながら、立て直してきており、まだ26歳でケガもしていないし、強気に挑戦していってほしい。 そして、彼のポジションの層を厚くしなければ、日本代表の進歩は無いと言っていい。遠藤もがんばれ。


2018/11/18(日)
この試合は全員が前へ前への意識が強すぎたかも。観客も湧くし愉しそうだけど勝利を追求するとは少し違った様子。柴崎も落ち着かせたいならもっとアピールしないと。淡々とプレーするのも良いけどこのスタイルがヘタフェで理解されないので闘わない選手と判断されているのでは。
意地もあるだろうが出場できるチームに移籍して貰いたい。


2018/11/18(日)
前半は良い縦パスを何本か出していたが、後半は前に顔を出していたのも有るが、カットされる場面もありバテ気味だった。

やはり試合勘は試合に出て取り戻せる物だし、想定内の練習では臨機応変な対応は難しい。

良い選手なのだから、クラブでドンドンアピールして試合に出れる機会を増やして貰いたい。


2018/11/18(日)
試合勘って言葉ってその中身が明確化されてないから都合よく使われることが多い。
突き詰めると、フィジカル面、メンタル面の両方から説明がつく。
フィジカル面については実戦による疲労からの超回復が狙えないこと。
意図的なコンディションを上げる方法として高負荷をかけてからの超回復という方法はサッカー以外でもよく採用されてる。疲れが溜まるはずのシーズン後半にいきなり活躍する選手がいたり、日本代表がW杯前に高地トレを取り入れてるのもこれを狙ってたりする。練習だけでは十分な負荷をかけれてないことも多くてコンディションが落ちる。
メンタル面については自己効力感の低下による迷いが要因。ある程度無意識化でやってるプレーに迷いが生じて判断スピードが落ちる。
これらにより自分の「理想」と「現実」に差異が生まれてさらなる混乱を招いて自己効力感が落ちるとスランプになる。


2018/11/18(日)
そもそも岳に限らず、国内外の選手に共通して言える事であり、所属チーム、代表チームであれパフォーマンスも含めスタイルが合わなきゃ使ってもらえない。
幾ら能力、実力があってもそこは紙一重の世界がプロの世界。また出場機会を求めても以前の所属チームでの成績を見て足元を見られ、そこで上手く行くときもあれば行かない時もある訳で・・・ここは考えどころじゃないか?
ただ言えるのは、周囲も輝いている頃を見ていてはダメ。厳しく判断するときはシッカリ判断しなきゃいけないと思う。
代表にはリハビリ選手は要らないよ!


2018/11/18(日)
細かい部分で試合勘の影響はあるように見えた。
対人の部分にしてもいつもならもう一歩粘れた、みたいな所も散見出来た。

前3人のイケイケ感に影響されてるようにも見えたから柴崎が「今じゃない」っていうメッセージを前に伝えられればもっと崩しに迫力を加えられると思う。

所属チームとはスタイルの相性等もあるだろうから自分に合って試合に出れるチームで活躍する柴崎が見たい。


2018/11/18(日)
試合に出るために移籍することも考えているだろうが、スペインでやりたいと思っているのであれば、求められるパフォーマンスに応える必要がある。
一番見たいのは、スペインで活躍する柴崎選手の姿です。


10 2018/11/18(日)
現地で観てたけど、柴崎が良い位置にいてもパスが来ない。柴崎がボール持っても有効な動き出しをするのが堂安しかいない。これじゃボランチは活躍できない。


12 2018/11/18(日)
>華麗にタクトをふるった柴崎岳だと考える。
攻めに専念させたツケは、長谷部とDFが被っていたんだがね。
だから柴崎のボランチとしての評価が低いんだよ。
守備があっての攻撃なのに、非凡なパスだけ日本ではフォーカスされている。
ロシアW杯では、柴崎よりも長谷部の評価が海外で高いのはキャプテンだったからでは無く、相手の危険な攻撃を摘んでいた守備を評価されているからです。


13 2018/11/18(日)
足元の技術も高く常に冷静にゲームをコントロール出来る数少ないボランチだと思う。だからこそスペインで出場機会が減っているのは辛い。
冬には岳の能力を必要とするリーグに移籍してほしい。


14 2018/11/18(日)
「野暮なこと聞くなよ」で終わらせないで欲しい。選手にしか分からない部分もあるのは事実だけど、やっている選手には分からない部分もあると思う。それを客観的に、建設的に批判したり、称賛したりするのが批評家の仕事のはず。最後まで責任を持って、積極的に批評して欲しい。


16 2018/11/18(日)
ヘタフェの順位が上がらなかったから戦術を変えるのは当然で、その際に監督が柴崎のポジションで求めてたのは、チャンスメイクでは無くて、守備力だったってことでしょうね。

実際、W杯でもスピードやパワーについてけ無くて反則スレスレのプレーも多かったしね。

とはいえ、今のヘタフェも順位は下の方だし、得点数も最下位だし、来シーズンに向けてDFなりSBを補強するなりすればまた出れるかもね。


18 2018/11/18(日)
2部だろうとちゃんと評価して使ってくれるとこに移籍すべきだと思う。本田もメキシコで試合に出てたから結果を残したし「ゆるい砥石」でも磨かないよりはいいと思う。


19 2018/11/18(日)
ロシアでの輝きは香川がいたの大きいと思う。香川が輝いたのも柴崎の存在が大きかったと思うし。

回りのスタイル、チーム方針、とかはまるはまらないがでかいんじゃないかな。


21 2018/11/18(日)
柴崎のワールドカップでの活躍は前に香川がいたからこそだと思うがいい選手である事にはかわりない。現在の所属チームで出番がないならせっせと移籍して新たなチャンスを模索するべきだ!サッカー人生は長くはないのだから,,,


22 2018/11/18(日)
柴崎が選出されるのは結構なことだが、正直柴崎より他に優れた選手がいるだろうと思う。

又、20歳以下の若い選手が出てきそうだ!
失礼ながら堂安律、富安健洋等を見てると若いから、、、何て既存の考えを遥かに越えたその年代の成長には驚く。

必ず出てくる代表に選出すると思う。
柴崎には並上の選手しか見えない。

中島ですが中島のバックアップもしくは越えるような選手がいるだろう、、、
それは乾だ!

スペインでは出てはいないが、目の越えたスペイン人はとてつもない評価を得ている選手。

中島はゲームを作る選手でもある。
原口、伊東とは違う選手です。

中島と交代するならゲームを作れるアクセントになる選手は今のところ間違いなく乾だ!

いずれは乾が選出されるだろうが、、、


23 2018/11/18(日)
影響ないわけがないので冬に移籍の決断はあり得ると思う


24 2018/11/18(日)
柴崎のクラブでの状況が難しいのは、柴崎のクラブでのポジションは、柴崎の不得意な面が現状のチームで優先されるべきところ・・・って形になってしまっているんだよね。しかもそれで昨シーズンはトップリグ復帰直後のチームとして上手くいき、今シーズンもトップリーグ復帰2年目として悪くないポジションにいる。


26 2018/11/18(日)
NMDとは相性が悪いんじゃないかと思う。
三人とも足元でボールを受けるタイプだし、しばしば落ちてくる。
攻撃の時、柴崎が高い位置を取ろうとすると、近くて過ぎて柴崎らしい長く正確なパスが必要ない。
NMDにつけるなら、CBからのパスの方が効果的。
柴崎には、裏を狙う、スペースを使う選手が必要なんだと思う。


28 2018/11/18(日)
今のスタイル、メンバーでワールドカップの柴崎を求めるのは無理がある
バランス取ろうとポディショニング意識すれば悪いとまではならないと思う
ワールドカップの時の柴崎を求めるなら攻撃の起点は全て柴崎で遠藤は長谷部のように開いたところのフォローをしていくスタイル取らなきゃ無理ちゃう


30 2018/11/18(日)
試合に出られないのは、柴崎のせいではない。
海外の監督は、日本人に対して偏見の目で見る人が大半である。長谷部の所属する監督がいい例。
今季長谷部は、メンバー外にされ、試合に勝てない日が続いた。そして長谷部が入るとチームは安定感を取り戻し、勝てるようになった。その監督が長谷部の事を今絶賛している。もう一つは香川真司、古い話だが、あの名将アレックス・ファーガソンに見出され、マンUに移籍したが、監督が交代したとたん。試合で見られなくなった。その監督は結局辞めざる得ない成績だった。
この例を見てわかるように、海外の監督には、見る目がない。ペップとか、クロップは別格だけど。監督かチームを変えないと、出場機会はやってこないかもね。


31 2018/11/18(日)
段々と代表とメジャークラブとのハードさが乖離してきている。所属クラブでいい結果を出すには代表を犠牲にしなくてはならない状況。モドリッチをみても解る。


32 2018/11/18(日)
当然の質疑応答だと思うけど。
そんな事をアンタッチャブルな感じに思うあたりが、柴崎に失礼だと思う。
彼の能力をわかっているからこそ、今のパフォーマンスでは代表のレベルにないってことでしょ?
嫌な質問でもなんでもない。

それより、その質問の答えをさらに深掘りしたり、広げたりしないと答えてくれた柴崎に失礼。記者として力量不足ですね。記者の取材勘を疑います。


33 2018/11/18(日)
柴崎岳は良い選手だと思います。
実力を発揮できれば、必ず日本代表にとって大きな戦力になると思います。
期待したいです。


36 2018/11/18(日)
肯定、否定は色々出てるが、間違いなく日本のサッカーは変わりつつあると思う。そこはいい様に捉えて欲しい。
前代表と新代表では岳の役は違っている。本人は分かってるし。


37 2018/11/18(日)
こういう厳しい質問を受けても淡々と答えられるのは,メンタルがやられていない証拠。
まだまだ戦える。
どうか冬に,自分の能力を存分に発揮できる環境に移籍できる事を祈らずにいられない。


38 2018/11/18(日)
縦のパスはリスクが高いが横へのパスだけでは前に進まない
横パスやバックパスのミスは責められるべきだが
前へのパスは5分5分でも出さなきゃいけない時がある


40 2018/11/18(日)
受け手側のスペースが消されていたかもしれないが、ミドルパスやロングパスが少なめだったように思うが、別にそこまで悪くは無い。


41 2018/11/18(日)
日本はメディアが手ぬるい。

海外では、驚異的にゴールを決めるロナウドやメッシに対しても、記者はかなり厳しい質問をする。

日本代表ごときに遠慮は無用だよ。

ハードにハードに詰めるべきだ。

本当に強くなるためには。

私もそうだが、ヤフコメおじさんは
基本的に内弁慶だから、
直接だと話もできない。

プロの記者に期待するしかない。


42 2018/11/18(日)
柴崎はフリーキックを中嶋に譲っちゃいけないよ

全部自分が蹴るくらいでいい











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ