20181114-00147768-soccermzw-000-8-view


スポンサード リンク




◆9月の森保体制発足以降、未招集の香川 怪我から復帰後の11月シリーズも声かからず

 来年1月のアジアカップまで残り2試合(11月16日ベネズエラ、同20日キルギス)のなか、森保一監督が招集した日本代表メンバーにまたもMF香川真司(ドルトムント)の名前は入っていなかった。

 ベスト16に進出した今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)明け、“森保ジャパン”の初陣となった9月はそもそもコンセプトからW杯主力の海外組は未招集のため、香川が選ばれないのは当然だった。6人のW杯主力組が復帰した10月シリーズも、香川は足首の怪我で試合に出ておらず、メンバー選考の対象外だったと見られる。

 今回の11月シリーズに関しては、怪我から復帰した香川の状況を考えれば招集されてもおかしくなかったが、それでも未招集となったのは3つの理由が考えられる。1つはクラブで置かれている状況。2つ目は現在のメンバー、特に2列目の攻撃陣の充実した状況。3つ目は指揮官がトップ下に求める役割だ。

「最初から招集した選手をコアなチームだとは思っていません」。森保一監督が最初にA代表のメンバー発表をした9月にはそう語っていた。最初の時点ではロシアW杯の主力組は招集せず、若い選手を主体にロシアW杯メンバーながらサブだった選手で構成され、MF堂安律(フローニンゲン)、DF冨安建洋(シント=トロイデン)、MF伊藤達哉(ハンブルガーSV)といった東京五輪世代の選手も名を連ねるなどフレッシュな陣容でスタートした。

 この時は北海道で起きた大地震の影響により、初陣となる予定だったチリ戦が中止となり、大阪でコスタリカ戦(3-0)の1試合しかできなかったが、そこでMF中島翔哉(ポルティモネンセ)、FW南野拓実(ザルツブルク)、堂安の3人が躍動し、”初陣”を飾った。そこから10月になり6人の“W杯主力組”が加わる。DF吉田麻也(サウサンプトン)、DF酒井宏樹(マルセイユ)、DF長友佑都(ガラタサライ)、MF柴崎岳(ヘタフェ)、MF原口元気(ハノーファー)、FW大迫勇也(ブレーメン)だ。

◆香川よりも起用法的に厳しいとも言える状況の柴崎、招集の要因は?

 所属クラブの主力として試合に出ていた酒井、長友、大迫の選出はともかく、吉田、柴崎、原口の3人は十分に出場時間を得られていたわけではない。それでも招集されたのは森保監督の“コアメンバー”になり得る選手として、もともと構想にあったと考えられるのと、ポジションやタイプごとの選手層の違いがある。

 吉田はセンターバックの中で国際経験が飛び抜けており、ロシアW杯ではコーチとして帯同した指揮官がキャプテンマークを託したことから、単にディフェンスリーダーとしてだけでなく、チームをまとめる精神的な支柱として信頼していることが分かる。

 柴崎については、クラブにおける状況が香川とほとんど変わらないか、むしろ起用法的により難しい状況とも言える。MF長谷部誠(フランクフルト)が代表引退を表明したなかで、国際経験の豊富なボランチは限られるという点と、森保監督が柴崎のゲームコントロールを高く評価していることが、柴崎招集の大きな要因だろう。

 彼らW杯主力の海外組6人のうち、実際にアジアカップまでの最強の相手と見られた10月のウルグアイ戦で5人が先発起用された。同じ10月シリーズのパナマ戦(3-0)で先発し、ウルグアイ戦でベンチスタートだった原口もウルグアイ戦の終盤に中島との交代で出場。短い時間ながら4-3で勝利した試合を締める役割を果たした。

 そして迎えた11月のメンバー選考でも、森保監督は気胸の手術で離脱中の長友を欠く左サイドバックにDF山中亮輔(横浜F・マリノス)を招集。また、これまで招集されたFW小林悠(川崎フロンターレ)とFW浅野拓磨(ハノーファー)が続けざまに負傷し、FW鈴木優磨(鹿島アントラーズ)が選ばれた(その後、ACL決勝での負傷により鈴木は辞退。9月に途中離脱したセレッソ大阪のFW杉本健勇が追加招集)。彼らを除くと10月からそのままのメンバーだった。そこからMF青山敏弘(サンフレッチェ広島)の怪我によりMF守田英正(川崎フロンターレ)が追加招集されたものの、来年のアジアカップに向けてほぼ陣容が固まってきたと言える。

◆香川の枠を用意するには? 中島、南野、堂安と競争 または原口か伊東を削るか

 いわゆる2列目の選手は中島、南野、堂安、原口、MF伊東純也(柏レイソル)の5人で、前回は追加招集だったFW北川航也(清水エスパルス)も南野と同じく縦の2トップという関係で、2列目の中央に入ることは可能だ。

 2列目で10月と状況が違っているのは、香川と同じくロシアW杯の主力を担った原口がW杯明けからコンディションを戻し、ここのところハノーファーで継続的にプレーできていることだ。そもそも中島、南野、堂安とプレースタイルが異なり、左右のサイドをこなせる原口は仮にベンチスタートとなっても途中からチームに活力を与える存在として、森保監督に重宝される素地はある。

 9月のコスタリカ戦と10月のパナマ戦でゴールを挙げている伊東は、ダイナミックな縦の仕掛けや飛び出しを武器とするサイドアタッカーで、柏では攻撃の中心選手ながら、アジアカップを見据える森保ジャパンでは貴重なジョーカーとなりえる存在だ。

 現状、FWが3枚で2列目を本職とする選手が5人という攻撃陣。これまで通り4-2-3-1と4-4-2を併用する形で、南野は2トップの一角、トップ下、サイドハーフをこなし、堂安と中島もトップ下でプレーできるなど、有事のマルチな起用も想定できる。また原口と伊東は3-4-2-1を採用する場合にシャドーだけでなく、アウトサイドで使うことも可能だ。

 アジアカップを見据えて森保監督がすでに23人の構成バランスをシビアに考えて選考しているとするなら、香川は中島、南野、堂安との競争か、あるいは原口と伊東のどちらかを削り、枠を用意する必要が出てくる。もう一つは南野をFWとして計算し、純粋に2列目を1枚増やすという形だ。それにより3人のGKを除き、基本的に1つのポジションに2人を配置する構図になり、紅白戦も組みやすい。

 現在は2列目の選手がボールを持つとかなり積極的に縦へ仕掛けて、そこにコンビネーションを織り交ぜるスタイルを取っている。そうなるとトップ下の選手は実質的な“セカンドトップ”になるため、南野は適任であり、何より点を取るという仕事で最も期待できる選手であることも確かだ。

◆香川は有効なオプションになり得るが…無理して招集する必要はない

 ただ、こうしたメンバーの中に香川を入れることで、さらなる攻撃の循環を生み出すことはできる。香川の場合は1タッチの捌きとタメを作るプレー、タイミングを見たスペースへの飛び出しといった部分で、攻撃陣の「1+1」を「3」にも「4」にもできるセンスがあるからだ。そこは引いてくる相手や難しいシチュエーションになるほど発揮されるもので、これまでウルグアイを含めたW杯出場国から3試合で10得点しているとはいっても、公式戦では相手も日本を研究してストロングポイントを消そうとしてくる。アジアが相手でも一筋縄ではいかないはずで、香川が有効な攻撃オプションになり得ることは間違いない。

 9月、10月のパフォーマンスも踏まえて、「今回の戦いはこのメンバー選考がベストだと決めました」とメンバーがあまり変わらなかった理由を語った森保監督。「まだ我々のチームに情報を吸い上げ、招集していない選手もたくさんいるので、彼らが加わることも考えてやっていきたい」とも補足しており、その中の候補に香川が含まれている可能性は十分にある。豊富な経験があり、もしアジアカップで突然招集されても、スムーズにチームに入れることは強みだ。

 ただし、やはりクラブで出場機会を得ないことにはアジアカップ招集も見送りになる可能性が高いことは否定できない。仮に冬の移籍市場でドルトムントを出るとなれば、アジアカップどころではなくなる。

 現在ブンデスリーガのトップを走るドルトムントで状況が変わり、香川が多くの出場機会を得られるようなことが起きない限り、無理して招集する必要はないというのが筆者の見解だが、長いアジア予選を考えれば若手の勢いで立ち行かなくなるタイミングは必ずくる。香川自身も、現時点ではクラブでの立場を良くすることを優先的に考えているはずだ。

(河治良幸 / Yoshiyuki Kawaji)



1 2018/11/14(水)
香川と乾については、国際舞台でどの程度の力を発揮できるのかは十分にわかっているし、現時点では同じポジションに活きの良い若手がいるから、焦って招集しなくても問題ないでしょう。
今後、本当に重要な場面では必ず彼らの力が必要になる時が来る。特にW杯予選、本戦はね。

むしろ、代えのきかない吉田、長友、酒井宏の3人が怪我をしたり調子を崩した時のほうが心配だな。


2018/11/14(水)
現時点の上手くいってるメンバーでこのまま上手くいくことは現実的ではない気がするが。EUやアジアのチームともやってないわけだし。

と言うか、香川はまだ必要な選手であると思うけど。

今は調子がいいチームや攻撃陣だけど、怪我とか噛み合わないが出てきたら呼ぶ選択肢の上の方って感じなのか。

もしも、このまま調子いいままでも、一度は呼ぶと思うけどね。

本番はまだ先であと一年は試行錯誤してても良いし、その間に移籍なりなんなりでクラブで確立する方が大切なんじゃないのかね。
能力はあると思うし。相性もあるけど。


2018/11/14(水)
今、香川にクラブでの活躍を望むよ。
若手3人の調子がいい。そのままでいいと思う。
怪我なく順調に成長してほしい。

勝手な予想だけど、WCの前年あたりから勝てなくなような気がする。
対戦相手がニューJAPANを知らないうちは勝てるだろう。
研究されたり、コンディションが落ちる時もあるはず。
うまく行かなくなった時、
ベテランの力が生きる時があるかもしれない。


2018/11/14(水)
香川と今呼ばれている二列目の選手の何が違うのかというのははっきりしていて、個で打開できるかできないかの差。清武もすごく似てて、香川のようなタイプは周りが活かしてくれないとなかなか輝けない。今の世界のトレンドでもあるけど、目の前の敵を一枚剥がせるかどうか、個でゴールに向かえるかが必須になってきている。連携やパスワークも大事だけど、それプラス個の力が求められる時代。
香川を使うならチームを香川中心に構築しないといけない。日本もそろそろそういう時代じゃないって事だね。香川が呼ばれるためには個での打開力が必須。そうでなくても年齢的な部分で四年後を見据えたときにハンデがあるからね。ドルトムントで相当な活躍を連発するくらいでないと、あえて香川を呼んでみようとはならないんじゃないかな。


2018/11/14(水)
監督自身が、彼らの力をよく把握してるから
今の段階で呼ぶ必要性を感じてないのでは?
若い選手を使いながら経験値を増やして成長させるのも
監督して大事な決断だと思うよ。
どうしても必要な時に呼んでも
ベテランには対応する力があるし、
今の戦術なら問題なく入っていける選手だと思うよ。
それよりも使い方で悩んでる選手の見切りを
完全に理解する方が先だね。
ディフェンスラインとか
長友のバックアップメンバー
もしくは次世代探しの方が急務だよ。


2018/11/14(水)
お忘れの方もいるかもしれないが98年大会の予選途中まで現地リポートして負け、引き分けが多くなった後半からゴン中山は呼ばれて結局本大会は彼のゴールのみ!
長い、長い四年後がまだ始まったばかり、一人でも多くの活躍出来そうな戦士が増えてイカルディが外れたり、ベテランクローゼが活躍したりするのがW杯!若手もベテランも戦える選手が多くなってもらえないと強豪国にはなれないから、呼ばれたら最高のパフォーマンスを見せてくれるように香川選手の活躍を願う


2018/11/14(水)
実力は十分分かっているってこともあるけど、年齢の問題もある。一般論に当てはまらない人は当然いるけど、大抵がそうだから一般論。だから、リーグで結果を示す(リーグ、チームの実力比較問題はありますが)、何で選ばない!って示すしかない。で、香川も乾も苦労している。それだけ。今の新戦力がアジアカップでもキッチリと結果を示せばもう文句は誰もない状態にますますなる。どちらが好きとかじゃなくて、良い競争が生まれていると思う。


10 2018/11/14(水)
現時点で香川を呼ばないのは問題ない
現在二列目三人は代えが効かないと言ってもいいベストな環境だけど、冬や来夏の移籍で変化生まれる可能性あるし、単純にアジアの壁に阻まれて調子を崩す可能性も多いにあり得る

香川にしても乾にしてもこのまま消えていい選手ではない、いまは我慢をし虎視眈々とチャンスをうかがって欲しい


12 2018/11/14(水)
香川選手はセレッソの時から応援していますが、現状はかつてないほど厳しいと思います。クラブでここまで試合に出られないのは、モイーズ監督のマンU以来じゃないでしょうか。
年齢を考えれば、当時よりも状況は厳しく、冬の移籍で動かなければ、今シーズンは殆ど出番がないと思います。
ドルトムントのシステム自体が今の香川を必要としておらず、試合にでないことには好不調の判別すらつきません。代表に呼んでも本来のパフォーマンスは期待できません。
長友のインテル終盤をみればそうですが、ガラタサライ移籍後の方が動きがいいです。やはり試合に出てナンボのところは確実にあると思います。


13 2018/11/14(水)
現状だけ見ればまだ香川を招集してもいいのかもしれないけど
次のW杯での年齢を考えると無理して呼ばなくてもいいと思う
もしどうしても招集するというなら絶対的な活躍をしていないとね
年齢的に将来どうなるかわからない微妙な現状で、貴重な枠を使用するのはよろしくない


14 2018/11/14(水)
結局、香川を呼ぶか呼ばないかはクラブで出場機会があり、継続的な活躍をしているかに懸かってる。

クラブで出場機会がなく四年後に33歳の彼は、長谷部のようにクラブで出場機会がコンスタントになければ呼ぶ必要はない。

今のまま燻ってるなら、このまま若手に代表を大きく切り替えてやるのが望ましい。


15 2018/11/14(水)
国際経験のないメンバーでアジアカップを戦っても良いと思う。現在の2列目はクラブでも代表でも活躍出来ている。香川含めてロシア組はクラブで活躍して代表が苦しい時に戻って来ても十分間に合う。


16 2018/11/14(水)
一度は香川、乾を呼んで同時に使う事も考えられるな。先は長いし今直ぐ決定する必要も無いし、実際何が有るかも分からない。新BIG3とやらを超える若手も出てこないとも限らない。非常に楽しみ。


18 2018/11/14(水)
現状のメンバーだと香川や乾の出来ない事が明確にはなるとおもう。

香川は若い時に比べ仕掛ける事は出来なくなったし、一定のスコアは見込めるが今の二列目ほど得点の匂いはしない。
乾はWCでこそ点はとったが、現在も前クラブでもそこまで点はとってない。仕掛けの頻度も勝率も、中島堂安に必ずしも勝るとは思えない。
二人とも遠くからのパンチのあるシュートを持っているわけでもなく
対人守備の際のフィジカルにも難がある。
それでも二人共勿論他にない能力があるとは思うが、中島、堂安、南野はキャラクターもそれぞれある上で、仕掛けもパスもシュートも高い水準にあるように思う。この3人に比べ、香川乾はデメリットが目立つ。
3人の控えにする理由も原口伊藤に比べ薄い。
現状であるとすればやっぱり、南野がシャドーの、その後ろかな。
何にせよ、まずはクラブで現状打破がんばれ!


19 2018/11/14(水)
香川が活きるのはスモールスペース。新A代表は速い展開とペナルティーエリア外からでも打てることを武器に点を取っているので上手く混ざらない。しかし、世界には打ち合ったら完全にやられる強豪も沢山居るのだ。実際、スアレスが居てウルグアイのホーム或いはW杯であれば3点取られると勝てないだろう。これは守備だけの問題では無く未だ前と後ろのバランスが上手く取れていないと言う事だ。森保ジャパンはこれから失点を最小に抑えても点が取れるシステムを模索するのだろう。その中で香川や乾を有効に使う組み合わせも出てくるに違いない。一番安定感のある組み合わせはGKを除いて、ベテラン3+中堅4+若手3くらいではないかと思う。


20 2018/11/14(水)
まだ、焦る必要はないね。香川の置かれたクラブでの微妙な状況を考慮してあげれば、日本に呼び戻して香川のドイツでの立ち位置(序列)をさらに下げるような足を引っ張る必要はない。

極端言えば、4年後のカタールW。

その直前に香川を代表に呼び戻してオプション的に使うこともできるだろうし(香川のフィジカルなどが劣化していなければ)、JOKERとして使うことも可能。

今、焦る必要はない。

日本代表の最終目標はAカップ優勝じゃないからね。


22 2018/11/14(水)
ここぞとばかりに 叩く叩く
本人は移籍を希望してるから、大切な時期に呼ばなくてもいい。って事でしょ
しかも 活躍してる選手がこのまま続くのか…試したいだろうし
W杯であれだけの活躍をした選手を 単純に要らないとかの問題ではないと思う


24 2018/11/14(水)
どうしても香川が必要な状態ではないし、今のメンバーで結果出せているから、試合勘が鈍ってる選手をあえて呼ぶ必要もない。それに力量に大差ないなら4年後のW杯を考えればより若い選手達に経験積ませたいと思うのはごく自然じゃないかな


26 2018/11/14(水)
香川は試合に継続的に出られるようにして欲しいです。当然、移籍するのも1つの手です。今は無理して召集する必要がないのは同意です。でも、必要になるときは来るはずですよ。


27 2018/11/14(水)
今の前線の3人が調子良くても
「いや、まだまだ上には香川がいる…」
とハングリー精神が持続できるから、このまま呼ばなくてもいいと思う。

香川も決して調子悪いわけではないので、ドルトムントでしっかりで始めたらまた復活すればいいだけのこと。


28 2018/11/14(水)
今はまだベテランの選手を召集するべきではないと思う。これから研究されて今のメンバーでは行き詰まる場面が必ず出てくるし、その時に香川や乾が必要となってくる場面もあると思いますよ。


30 2018/11/14(水)
いまは若手が好調だし、わざわざ呼ぶ必要もないでしょ。 それに香川の実力はわかってる。テストなんてする必要もないよ。 いま好調の若手たちが機能しなくなったときに呼ぶぐらいじゃないと日本代表としてはヤバいでしょ!


31 2018/11/14(水)
代表で若手が素晴らしい活躍は正直嬉しい限り。
でもフレンドマッチだけだし、ガチの戦いで真価が問われるんじゃないかな。
序列で言ったら香川選手が全然上だと思う。


33 2018/11/14(水)
香川も本田も長友もいないでも、チームとして
結果が出ている

むしろ層が厚くなって、宜しいじゃないですか
あとは、吉田も呼ばなければ良いと思いますけど

DF陣も今のうちに人材を開拓しよう


35 2018/11/14(水)
乾もそうだが、今読んで無理にコンディション難しくする必要がない。柴崎はあまりにも出られない状況だし、代表で出場機会もつしかない。他所へのアピールできるかもしれんし。


36 2018/11/14(水)
目の前で乾香川みた森保監督なら構想に入ってる。ロシアで2ゴールの乾と10番香川を今後も呼ばないのはありえない。絶対に必要になる。香川はカタールでは本田枠としていきそう


37 2018/11/14(水)
香川はまずはクラブチームに集中してもらいたい。冬に移籍してパフォーマンスが戻ってきたら呼んでもいいと思う...が、戻ってきても背番号10は中島でいい。


40 2018/11/14(水)
かなり的を得てると思う。同じことは乾にも言えると思うな。今後、予選で必ず必要になると思う。


42 2018/11/14(水)
今の若手中盤の良さはスピードの速さ。
香川ではリズムが狂ってしまう。10番は中島で充分すぎる。

中島をロシアW杯に召集しなかった事の方が今の代表の活躍を見ると改めて思う。


43 2018/11/14(水)
「今は」必要ないでしょ。

ただいずれ若さが悪い方に出るだろうからその時に満を持して香川や乾が必要になると思う。

だから「今は」時期じゃないという事では?











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ