20181112-00389462-nksports-000-17-view

スポンサード リンク




<アジアチャンピオンズリーグ:ペルセポリス0-0鹿島>◇決勝第2戦◇11日◇アザディ競技場

Jリーグの名門鹿島アントラーズが、8度目のACL挑戦で悲願のアジア王者になった。決勝第2戦で強豪ペルセポリス(イラン)に敵地で0-0で引き分けて2戦合計2-0とし、初優勝で20冠目を手にした。昨年の浦和に続いて日本勢が2連覇。無失点に抑えたDF昌子源(25)は夏に海外クラブからの巨額オファーを断った真相は「ACLを取ることが最大の目的だった」と明かした。鹿島は優勝賞金400万ドル(約4億4000万円)とクラブワールドカップ(W杯)(12月、UAE)の出場権を獲得した。

涙腺が緩んだのは“師匠”との抱擁だった。昌子は、大岩監督と抱き合った。「お前を(ゲーム)主将にして良かった」。この感謝の言葉に「(大岩)剛さんと(小笠原)満男さんと抱き合ったときが一番(グッと)来た」。記憶が、走馬灯のようによみがえった。

11年のプロ1年目。当時のセンターバック陣には中田、岩政、青木、伊野波と名だたる選手がいた。その中に高卒新人がぽつん。プロのレベルを知る。そのとき、一から指導を受けたのが、同じくコーチ1年目の大岩現監督だった。「コーチ陣も多くて、剛さんがほぼ『オレ専用』でした」。

厳しい言葉が飛ぶ。「そのステップは違うだろ」「もっと小股だ」。何度も繰り返した。「それが自分のプロとしての下地。W杯もそう。剛さんの教えをそのまま世界にぶつけた」。その守備が決勝でも映えた。

標高1000メートル超のアザディ競技場。空気抵抗が少なく伸びるボール。緩い土に長い芝生。10万人の大観衆によるブブゼラの音で、互いの声は全く聞こえない。隣の「(山本)脩斗くんを10回くらい呼んでも見向きもしない」。それでも声を張り続けた。「点は取れない」と覚悟し、体も張った。悪環境を最後まで耐え抜いた。

悲願のアジア制覇。「鹿島に残った最大の目的がこれやった」。W杯ロシア大会後、海外からオファーを受けた。熱心だったのはフランスの2チーム。提示額は日に日に上がり「5億」と報じられたが、実際はもっと上。「日本人最高額として今後、抜かれることがないと思われる」ほどの金額だった。

昌子は行きたかった。何度も鈴木満・常務取締役強化部長に直談判した。だが、全て断られた。「お前はお金じゃない。お前の代わりは見つからない」。この姿に、代理人に言われた。「この金額で無理だと断るのはすごい。鹿島以外なら100%売っている」。そうまで願われて、意気に感じない男ではなかった。何が何でもACLを取る-。それが残留の真相だった。

帰国2戦目のC大阪戦で左足首を負傷した。初期診断より重傷で、軟骨が浮いていた。医者からは今季の見送りも勧められた。だが、ACL決勝まで逆算してやってきた。階段の上り下りを避け、寝室の2階ではなく1階で就寝中。「子どもと離ればなれが寂しい」が、耐える理由があった。

表彰式。トロフィーを受け取ると、すぐに「ミツ」と叫んだ。みんなが一斉に嫌がる小笠原を捕まえ、掲げさせた。「鹿島の主将として満男さんにあげてほしかった。何やかんや一番うれしそうやった。やっぱり、あの人が一番似合う」。

大岩監督を男にし、小笠原に晴れ舞台をつくった。それが、昌子源だった。【今村健人】<アジアチャンピオンズリーグ:ペルセポリス0-0鹿島>◇決勝第2戦◇11日◇アザディ競技場

【写真】鹿島対ペルセポリス 前半、競り合う鹿島DF昌子

Jリーグの名門鹿島アントラーズが、8度目のACL挑戦で悲願のアジア王者になった。決勝第2戦で強豪ペルセポリス(イラン)に敵地で0-0で引き分けて2戦合計2-0とし、初優勝で20冠目を手にした。昨年の浦和に続いて日本勢が2連覇。無失点に抑えたDF昌子源(25)は夏に海外クラブからの巨額オファーを断った真相は「ACLを取ることが最大の目的だった」と明かした。鹿島は優勝賞金400万ドル(約4億4000万円)とクラブワールドカップ(W杯)(12月、UAE)の出場権を獲得した。

涙腺が緩んだのは“師匠”との抱擁だった。昌子は、大岩監督と抱き合った。「お前を(ゲーム)主将にして良かった」。この感謝の言葉に「(大岩)剛さんと(小笠原)満男さんと抱き合ったときが一番(グッと)来た」。記憶が、走馬灯のようによみがえった。

11年のプロ1年目。当時のセンターバック陣には中田、岩政、青木、伊野波と名だたる選手がいた。その中に高卒新人がぽつん。プロのレベルを知る。そのとき、一から指導を受けたのが、同じくコーチ1年目の大岩現監督だった。「コーチ陣も多くて、剛さんがほぼ『オレ専用』でした」。

厳しい言葉が飛ぶ。「そのステップは違うだろ」「もっと小股だ」。何度も繰り返した。「それが自分のプロとしての下地。W杯もそう。剛さんの教えをそのまま世界にぶつけた」。その守備が決勝でも映えた。

標高1000メートル超のアザディ競技場。空気抵抗が少なく伸びるボール。緩い土に長い芝生。10万人の大観衆によるブブゼラの音で、互いの声は全く聞こえない。隣の「(山本)脩斗くんを10回くらい呼んでも見向きもしない」。それでも声を張り続けた。「点は取れない」と覚悟し、体も張った。悪環境を最後まで耐え抜いた。

悲願のアジア制覇。「鹿島に残った最大の目的がこれやった」。W杯ロシア大会後、海外からオファーを受けた。熱心だったのはフランスの2チーム。提示額は日に日に上がり「5億」と報じられたが、実際はもっと上。「日本人最高額として今後、抜かれることがないと思われる」ほどの金額だった。

昌子は行きたかった。何度も鈴木満・常務取締役強化部長に直談判した。だが、全て断られた。「お前はお金じゃない。お前の代わりは見つからない」。この姿に、代理人に言われた。「この金額で無理だと断るのはすごい。鹿島以外なら100%売っている」。そうまで願われて、意気に感じない男ではなかった。何が何でもACLを取る-。それが残留の真相だった。

帰国2戦目のC大阪戦で左足首を負傷した。初期診断より重傷で、軟骨が浮いていた。医者からは今季の見送りも勧められた。だが、ACL決勝まで逆算してやってきた。階段の上り下りを避け、寝室の2階ではなく1階で就寝中。「子どもと離ればなれが寂しい」が、耐える理由があった。

表彰式。トロフィーを受け取ると、すぐに「ミツ」と叫んだ。みんなが一斉に嫌がる小笠原を捕まえ、掲げさせた。「鹿島の主将として満男さんにあげてほしかった。何やかんや一番うれしそうやった。やっぱり、あの人が一番似合う」。

大岩監督を男にし、小笠原に晴れ舞台をつくった。それが、昌子源だった。【今村健人】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00389462-nksports-socc



1 2018/11/13(火)
鹿島の為に今夏の移籍を我慢してくれた。昌子ありがとう。
来季はフランスかな。寂しいしプレー以外でもチームとして変えの効かない選手。でも、快く送り出したい。
でもサポーターは欲張りだからもう少し昌子の鹿島ユニフォーム姿が見たい。
天皇杯・CWC…まだまだ鹿島で作れる最高の瞬間の可能性は残ってるね。


2018/11/13(火)
まだシーズン終わってないけど本当にすごく頑張ったと思います。CBで海外でプレーするのは大変な事だと思いますが短いサッカー人生の中チャレンジする事も大切だと思います。フロントも引き止める事は難しいでしょう。


42018/11/13(火)
サッカー選手の寿命を考えたらプロとして、ギャラで判断するのは決して悪い事ではない。
ただ、チームやファンは、何かを成し遂げて移籍してほしいよなぁ。
来期はチームは、彼の貢献度から移籍オファーと本人の気持ちを押さえきれないだろう。


2018/11/13(火)
昌子がクラブのために残ってくれたからACLのタイトルがある。だから次は自分の挑戦をしてもいいと思う。海外やJ以上の高いレベルの環境でこそ磨かれるものがあるはず。そんな挑戦ならどこへいこうとこれからも昌子を応援し続ける。頑張れ。


2018/11/13(火)
来季は海外移籍かもしれませんが、
頑張ってください。

もちろん鹿島に残ってほしいですが。


2018/11/13(火)
残留して欲しいが、本人の意向を尊重してほしい。海外でも通用するし、代表にも必要な選手。


2018/11/13(火)
やっぱりロシア後にすごいオファーが来てたんだね。
ACLとれたし気持ちよく行ってらっしゃい。


10 2018/11/13(火)
よい話だね。
移籍が本当に実現したら
後は言葉の問題が心配だね。
CBで起用なら頻繁に守備の
修正と指示が求められる。
植田も頑張っている。
レベルの高いリーグ
最初は辛いと思うけど
頑張れ応援します。


11 2018/11/13(火)
昔だったら
鹿島の背番号3はずっと長く鹿島のゴール前にいるのが当たり前だったけど、海外の移籍が当たり前になって、仕方ないか、、
残りのメンバー、新メンバーに期待したい!


12 2018/11/13(火)
CWC 優勝して移籍金も実力ももっと引き上げて移籍しても良い!アンチ鹿島は毎回鹿島の優秀な選手が引き抜かれ戦力ダウンを心待ちにしてるが、鹿島は全部タイトル狙うチームで若手も急速に成長して来てる!ターンオーバーで勝てるようになって来てるから!リーグの為だけACL 早期敗退やってるチームは若手の実践実績が乏しくなるよ!


13 2018/11/13(火)
源鹿島に残り、ACLタイトルをもたらしてくれてありがとう。今季批判が集中した恩師である剛さんをACL監督に押し上げた。まさに漢の中の漢!
鹿島の選手としてピッチに立つ源を応援できるのは残り少ないかもしれない。
急遽リーグ選最終節のチケットを取った。試合終了のホイッスルが鳴る瞬間まで、ホームでの源の勇姿を見届けたい。


14 2018/11/13(火)
今や鹿島の精神的な支柱。
近い将来本人が行きたいというなら、海外移籍も仕方ないかもしれないけど、出来るだけ鹿島でのプレーが見たいな。


16 2018/11/13(火)
ACL制覇という最高の置土産を残して、昌子は海外に旅立つだろう。昌子が鹿島で育ったことを、ファンが心から誇りに思えるような選手に、より高いところを目指して頑張ってほしい。


17 2018/11/13(火)
ちゃんと目的を果たしたね。すごいなあ。
寂しくなるけど、フランスでがんばれ。
で、いつかは、鹿島に戻ってきてね。
ずーっと後でいいからさ。


19 2018/11/13(火)
来期は海外で頑張って、抜けた穴をすぐ埋めるメンバーが出てくるのが鹿島。


20 2018/11/13(火)
小笠原も嬉しかっただろうね。おめでとう!


21 2018/11/13(火)
ジーコが復帰してからの初タイトルですね。精神論ではないでしょうが精神的な支柱な様なものがあるんでしょうね。クラブワールドカップが楽しみです。


22 2018/11/13(火)
別記事ではフランスに移籍とあったけど、昌子も海外挑戦を封印してアントラーズに貢献したんだから、今度はアントラーズが快く送り出してあげる番だな…。


25 2018/11/13(火)
後輩の植田が移籍していくのを複雑な思いで見てたんだろうな。いっそのことCWCでレアルもぶっ倒して、華々しく移籍してほしい。昌子には本当に感謝してる。


26 2018/11/13(火)
鹿島の系譜が脈々と。
優勝賞金を置き土産に
移籍となりそうですが
日本代表の核となって
頑張って下さい。


27 2018/11/13(火)
確かにここ最近はカードの切り方も良くなったとは思う。けど何故だろうこの不安感。


28 2018/11/13(火)
ありがとう源ちゃん。


30 2018/11/13(火)
プラチナ世代で今一番台頭しているのは、宇佐美 柴崎 宮市でもなく昌子


31 2018/11/13(火)
良い話しじゃん


32 2018/11/13(火)
怪我はあったもののそれ以外は本人のほぼ思い通りになったんじゃない
今後レアルともう一度戦って冬に海外挑戦っていうシナリオ通り行けばいいな
やっぱセンターバックが世界基準になるのが1番必要


33 2018/11/13(火)
破格のオファーか
これで移籍は確実だな


35 2018/11/13(火)
昌子は海外でも活躍できるよ。


36 2018/11/13(火)
引退しても、フロントに残り、経験とプロの心構えを伝授する。強いわけです。ますますアントラーズが好きになりました。


38 2018/11/13(火)
そうか。そうだったのか。いい話だな。


39 2018/11/13(火)
ひとつの目標を果たしたなら行かせてあげてほしいな。
昌子が抜けると代えの選手がいるのかな?











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ