20181108-00385451-nksports-000-4-view

スポンサード リンク




日本のサッカーA代表とU-21代表(東京五輪世代)の合同メンバー発表会見が7日、東京・JFAハウスで行われ、23人ずつの計46人が同時選出された。A代表は国際親善試合(16日ベネズエラ戦=大銀ド、20日キルギス戦=豊田ス)に臨みU-21代表はUAEに遠征する。兼任する森保一監督(50)はAからU-21、19、16までの代表選手とコーチをミックス。就任後、初めて両チームの活動が重なるタイミングで全権監督の利点を生かし「4世代融合」に着手した。森保監督がA代表、横内昭展コーチ(50)が監督代行としてU-21代表を指揮する。


兼任ならでは、の初の同時メンバー発表だった。会見で事前に配られたリストは両面印刷。表にA代表、裏にU-21代表の総勢46人とスケジュールが記されていた。その後、登壇した森保監督が「Aは私、U-21は横内コーチが指揮を執ります」と、まず役割分担を説明。00年シドニー五輪、02年日韓W杯の監督を兼ねたトルシエ氏以来の一人二役会見に「1つの代表の23人を選ぶだけでも難しいのに」と苦笑いしつつ「兼任監督として何がベストか考えていきたい」と話した。

並行して、両代表の編成会議を重ねてきた。兼任のメリットを最大限に生かすべく4世代を融合。AとU-21、19、16の各代表をシャッフルした。まず選手。MF堂安、DF冨安を引き続きA代表に飛び級で招集した一方、9月にA代表を経験させたMF伊藤達を、U-21代表へ戻した。森保監督は「伊藤にはAで経験したことを伝えてもらい、浸透を図っていければ」と期待。U-21代表には、アジア選手権を戦い終えたばかりのU-19代表から17歳FW久保、主将のMF斉藤ら6人を昇格させて「活躍した選手に底上げしてもらいたい」と狙いを口にした。

コーチ陣は各代表を縦断させた。A代表の暫定コーチにU-16代表の斉藤俊秀コーチとU-19代表の秋葉忠宏コーチを、U-21代表にU-16代表の高桑GKコーチを引き上げた。「A代表でやっていることを経験してもらい(U-19)影山監督と(U-16)森山監督のチームに戻った時、各代表へのコピーではないが、共通認識として持ち帰ってもらえれば」。日本の全権を預かる男として4つの世代に1本の縦串を通した。

サンフレッチェ広島時代から森保監督の右腕だった、ヘッド格の横内コーチの存在も大きい。ドバイ杯U-23に出場するU-21代表を任せるに当たり「彼とは描いている絵が同じ。横内コーチの言葉は私の言葉と同じ」と全幅の信頼を口にした。同じ質の指導を提供し、壁を取り払う。この風通しが日本の進化を加速する。【木下淳】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00385451-nksports-socc



1 2018/11/08(木)
今までは各年代の代表が繋がっているようで(特に五輪世代とA代表で)分断されてしまっていた。
五輪監督がA代表のコーチと兼任することで連携を保とうとしてたけど、期待されたほどの効果が出ていたようにも思えない。
今回のシャッフルは、その連携が取れてる、取ろうという強い意志が見える。それだけでも今夏までとは大きく変わろうとしてるように映る。
伊藤達も(堂安・富安が引き続きA代表に選ばれている中での)A代表から本来のU21に戻るのは悔しいだろうけど、理由も説明してるしてコミュニケーションも取れてるから、森保監督の意図するようにU21に還元してA代表に定着を目指して欲しい。


2018/11/08(木)
全部を全部ひとりでみる必要はないと思うから今回の体制は大賛成
全体の方向性と描く絵を共有し、それに向けて適正な人材を配置すること(今回の横内コーチのように)で世代別代表とA代表と日本サッカーの底上げが期待される。
クラブチームのユースも同様。トップとユースがちぐはぐだとトップ昇格できなかったり、しても活躍できなかったりするのは多々あり、一貫した育成組織~トップチームがあればチーム強化につながる


2018/11/08(木)
兼任監督となった際、全てを同じ監督が指揮/指導できるのか?というようなデメリットが取りざたされていたと思うが、こうしたメリットの方が大きいのかもしれませんね。ぜひいい形で実を結んでほしい。


2018/11/08(木)
この体制には監督の影響を広く選手に伝えられるメリットがある。もし監督のヴィジョンが正しければ、若い世代がそれを共有して自分のスタイルを調整することはA代表への近道になる。

ただし何が起きるか分からないのがサッカー(まさらに早朝のユベントスVSマンU)。もしハリルのように上手く指揮できなくなった場合、その「悪影響」もまた世代を超えて広まることになる。

とはいえ多くの指導者や選手が熱望してきた「日本のスタイル」を作るにあたって、ローリスクなんて都合のいい事は望めないからリスクの大きさこそが挑戦の意義の裏返しなのかもしれない。


2018/11/08(木)
特に現U-21とA代表が密接にリンクている事がは東京五輪、カタールW杯を成功させる意味で肝であり、これこそが兼任監督のメリットでなければ何の意味ももたらさないので

その意味で、選手の行き来だけにとどまらずコーチ陣の柔軟な入れ替えはこれまでなかった新しい試みでとても良いと思う

代表合宿中、選手とより多くの時間、近い距離感でいるのはコーチだしね

そのコーチの認識がA代表陣とU-21陣と隔たりがあっては選手が混乱するだけなので


2018/11/08(木)
こういう方法を採った時に、アンダー世代からA代表まで一貫した指導方針が伝えられるというメリットはもちろんある。しかしサッカーは勝負の世界だから、問題はその指導内容が世界に通用するものであるかどうかということ。それはこれからの森保監督のチャレンジであるが、情報収集、蓄積、試合からのフィードバックをこれまで以上に協会がサポートして単発の試みで終わらせないようにして欲しい。


2018/11/08(木)
能力のある選手を世代関係なく上へ上へと使っていくのは、世代交代をスムーズに行う最良の方法でしょうね。名前や実績だけでの代表入りがなくなるかもしれませんね。
ですが、能力に見合わない選手を無理に上で使うのは、潰しかねないので気を付けた方がいいと思いますけどね。


2018/11/08(木)
やりたくても出来なかった理想の代表の形だと思う。世代別にコーチ陣の繋がりが親密だから若手のユース世代の選手達もA代表までの道筋が鮮明になって良い影響を与えるんじゃないかな。やっと実現したJapan's way体制に期待したい。


2018/11/08(木)
A代表とアンダー代表の同時選出は大変そうだけど、以前のように各代表単位でコミュニケーション取るよりは無駄な時間は省けていいのかもしれない。伊藤のようにAとアンダーを渡る選手がいい意味でパイプになればA代表の考えが早くからアンダーに伝わる。兼任監督の効果は思ったより高そうだ。


10 2018/11/08(木)
W杯まであと4年。
『停滞を許さない』ということだろう。
選手、コーチをシャッフルして意識の浸透と、個々の成長を促す狙いは評価できると思う。
頑張って欲しい。


11 2018/11/08(木)
コーチ陣、豪華ですね。
秋葉コーチはアトランタ五輪代表。
斎藤コーチは98フランスW予選〜本選の代表メンバー、井原の影に隠れてはいたが頭脳派の名DFでした。
こういう方々が経験を伝える、指導する立場にいるのは心強いです。


14 2018/11/08(木)
これからが楽しみ。


16 2018/11/08(木)
世代交代とは聞こえはいいけど今が一番難しい時期だよ


17 2018/11/08(木)
怪我などで出遅れているが、井手口や大島や植田や昌子や久保裕也などもいて、割りと駒は揃ってきた感じはするね。ハリルみたいに意味不明な人選がなくて安心できる。本田みたいな選手がいないとやり易いのかもね。


19 2018/11/08(木)
この判断が、2年後、4年後、さらにその先に向けてどんな結果となるのか
楽しみ


20 2018/11/08(木)
欧州クラブと人脈がある人が参画してくれれば言う事無しなんだけどな


22 2018/11/08(木)
このカタールまでの4年間、今回こそ最後まで一貫性を持ったチームというものが見たい。


25 2018/11/08(木)
能活さんも力を貸してほしい


26 2018/11/08(木)
面白い試み。是非出来る事をバンバンやって活性化して欲しい!


28 2018/11/08(木)
こういう人事で各代表がよりいきいきとプレーできるようになればいいね!


30 2018/11/08(木)
森保さんたいへんだろうけど、これができれば全体的にレベルアップする。頑張って!!


31 2018/11/08(木)
今のところ、下手に外国人監督とかベンゲルにならなくて本当に良かったと思ってる。


33 2018/11/08(木)
着実に積み上げていますね…。
五輪、W杯が楽しみです!


35 2018/11/08(木)
選手もこの監督の言うことなら、不思議と反感もなく聞き入れてしまいそうな感じ。


36 2018/11/08(木)
余程縦横の関係が出来ていないと出来ない。期待しています!


38 2018/11/08(木)
安部や橋岡、タケあたりが超飛び級で入ってくるかもしれないから、いいかもね。


41 2018/11/08(木)
風通しがよくて、イイネ。


42 2018/11/08(木)
でも
未だ世界の壁は厚い
順調に進んでいる様に、見えてるだけかもしれない
油断禁物


43 2018/11/08(木)
期待できるね。森保一。


44 2018/11/08(木)
東口は休ませてあげてほしい・・・











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ