20181105-00010002-wordleafs-000-1-view

スポンサード リンク




 ガンバ大阪が国内三大タイトルを独占した2014シーズン以来、4年ぶりとなる7連勝を達成。順位を9位にまで浮上させて、J1残留に大きく近づいた。

 破竹の連勝がスタートしたのは、ホームに川崎フロンターレを迎えた、9月1日の明治安田生命J1リーグ第25節。連覇を狙う王者に2-0で快勝した一戦で、この試合から35歳のベテラン今野泰幸が約3ヵ月半ぶりに復帰、ボランチとして先発フル出場を果たしていた。

 今野は、その後も先発に名前を連ね続け、比例するようにガンバの連勝も7にまで伸びた。この間、今野は6試合でフル出場。これらの数字が密接にリンクしていることは7月から指揮を執る、日本代表DFとしてワールドカップを2度戦った宮本恒靖監督の言葉が如実に物語っている。

「コンちゃん(今野)が帰ってきたことで、彼の存在自体が選手たちやチーム全体に安定感をもたらしている。要所、要所で球際の強さを見せているし、そこで相手にボールがこぼれるのか、自分たちのものになるのかというところで試合の流れというものは変わる。そこでコンちゃんの力によって自分たちのほうに来ることが増え、勝利という結果につながっているところが多々あるのかなと。あとはヤット(遠藤保仁)が前へ行ったときにコンちゃんがバランスを取るシーンも、連勝中にはよく見られている」

 浦和レッズのホーム、埼玉スタジアムに乗り込んだ3日の明治安田生命J1リーグ第31節。1-1で迎えた後半17分に決まった、韓国代表FWファン・ウィジョの決勝ゴールを巻き戻していくと、開幕から低空飛行を続けていたガンバを変貌させたプレーを見つけることができる。

 ガンバゴールに迫るFW武藤雄樹を、自陣のほぼ中央で今野が体を張って食い止める。体勢を大きく崩しながらも執念をむき出しにして、武藤よりも先にこぼれ球へ触れたのも今野。ボールを拾ったMF遠藤からパスを受けたウィジョが、タッチライン際からカウンターを発動。約40mをドリブルで駆け上がり、そのまま強烈な一撃をレッズゴールへ突き刺した。

 復帰後はガンバに何をもたらしているのか――。
 満足そうな笑みを浮かべる胸中を直撃すると、今野は「それほど多くはないんですけど」と照れ笑いを浮かべながら、こんな言葉を紡いでいる。

「好守でバランスを取ることと、守備面では要所、要所で何とかボールを奪ってカウンターにつなげられていると思うので。それが自分の持ち味でもあると思うので」

◆チームに生まれた相乗効果

 開幕直前に右足首を痛めた。だましながらプレーしてきたが、なかなか試合に絡むことができない。前半だけでベンチに退いた5月12日の横浜F・マリノス戦後に、予備登録されていたワールドカップ・ロシア大会出場への可能性をゼロにするのと引き換えに、患部にメスを入れる決断を下した。手術が行われたのは同22日。全治までは約2ヵ月と診断された。

「正直、このままじゃ確実に(J2へ)落ちてしまう、やばいと思っていた。選手たちはみんな頑張っていたけど、それでも勝てない。僕が見ていても原因がよくわからなかったけど、ガンバは(J2へ)落ちてはいけないチーム。少しでも貢献して、何がなんでも残留したいと思って」

 5年間指揮を執った長谷川健太監督(現FC東京監督)に代わり、かつてセレッソ大阪を率いたブラジル人のレヴィー・クルピ監督が就任した今シーズン。ガンバは開幕から苦戦を続けた。前監督のもとで喫した10敗のうち7つまでが1点差。肝心な場面で、球際における強さと粘りを欠いた。

 宮本監督に代わってからは、新たな問題が頭をもたげた。1勝2分け3敗と波に乗れなかった8月は、11を数えた失点のすべてを後半に喫した。キャンプ前に十分な走り込みを課さなかった前任者のツケと、日本を襲った猛暑との負のスパイラル。後半に入ると足が止まり、運動量が落ちてきた。

「戦術的な落とし込みをする時間が少ないのは事実ですし、連戦のなかで課題の解消になかなかタッチできない難しさがある。仙台戦の後がちょっと空くので、そこからというのはありますね。いまは本当に立て続けに試合が来るので、そこをこなしていくしかないので」

 一時は最下位に転落した8月戦線を戦いながら、41歳の青年監督はこんな言葉とともに巻き返しへの青写真を描いていた。8月19日のベガルタ仙台戦を終えれば、ようやく日程が緩やかになる。森保ジャパンが臨む国際親善試合が行われる関係で、9月になれば2週間の中断期間も訪れる。

 走り込みを中心としたフィジカルトレーニングに加えて、戦術的な落とし込みもできる時間が生まれる。そして、復帰まで予定以上に時間がかかった、頼りになるボランチも帰ってくる。実は8月26日のY.S.C.C横浜との明治安田生命J3リーグ第20節で、今野は先発として53分間プレーしている。

 5日後のフロンターレ戦での復帰へ向けた試運転。初めて経験するJ3の舞台で、開始3分には先制ゴールまで決めている。 表情に精かんさを漂わせる今野に、宮本監督も手応えを感じずにはいられなかったのだろう。連勝中のチームに生じた右肩上がりの相乗効果を、こう振り返っている。

「トレーニングの質とレベルを上げることが勝利につながると、選手たちにはずっと言ってきた。そうすることで意識も変わり、コンちゃんの復帰もあり、連勝することでみんなに自信も戻ってきて、本来の自分たちはこうなんだ、と思い出しながらプレーできている。いろいろな要素が重なりながら、いまの状況につながっていると思う」

◆次節勝利でJ1残留が決定

 ホームに湘南ベルマーレを迎える10日の次節で勝ち点をひとつでも積み上げれば、自動降格圏でシーズンを終える可能性がゼロになる。ベルマーレに勝てば残留を争う他のライバル勢の結果にかかわらず、一気にJ1残留が決めることができる。

「完璧に残留を決めたい。数字上、どう考えても残留と言えるところまで突っ走って、まずホッとしたい」

 いまも悪夢として脳裏に刻まれる2012シーズンのJ2降格を知る今野は、最後まで気持ちを引き締めることを忘れない。7連勝中で完封劇が3度。残る4試合もすべて最少失点に抑え、攻めては6ゴールのウィジョを中心に13得点をマーク。好守が至高のハーモニーを奏でるガンバの中心で、プレーだけでなくメンタル面での救世主としても、今野は必要不可欠な存在に昇華している。

(文責・藤江直人/スポーツライター)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181105-00010002-wordleafs-socc



1 2018/11/05(月)
ここまで立て直してくれるとはツネ様はさすがです。今野選手の復帰、ヴィジョが帰ってきたのが本当に今のガンバを安定させて、強くしてる。来シーズンはスタートから楽しみです。その前にまず残留確定させて、シーズン勝ち越して来年に弾みをつけてほしい。


2018/11/05(月)
流れも来てると思う
残留降格のターニングポイントをホームで迎えられるのは、かなりアドバンテージがあると思う

東口の具合はどうだろうか?
林でもパフォーマンスに文句はないけど、やはり守護神の安心感とDF陣との連携も考えると待ち遠しい
ファビオがかなりポカやらかしてるから、ビシッと引き締められる選手が必要


2018/11/05(月)
今野は目立つタイプの選手では無いけど、戦力としてもチームの雰囲気を作る上でも貴重な選手なんだね。宮本監督の手腕もあるだろうけど今野の存在の大きさを改めて思い知らされた。まさか中断期間に大した補強もせずに一気に降格圏を脱出するまで持って行くとは。。


2018/11/05(月)
ガンバの選手たちは、今季は地獄と天国を味わい、
チームが上昇する過程や方法も経験したわけで
それは今後選手としてだけでなく、
指導者になった時にも絶対活かせるはず。
結果オーライだけでも、今季は将来の財産になる経験ができた。
まずは、その経験を来季の躍進につなげてほしい。


2018/11/05(月)
代々の代表監督にも重宝されていた。
日本にはまだ今野選手を超える選手が出てきていないように思います。候補はいっぱいいたが…
まさに替えのきかない選手。


2018/11/05(月)
最初から宮本監督にしといたら良かったのか、もしくは、今野が怪我中でもキチンと守備的MFをこなせる選手がいれば、クルピでももう少しマシだったのか?

いずれにしても、出だしの梶居の考えが悪過ぎ。もう忘れ去られそうだけど、今後の為にも、何でああいう体制でスタートになったのかは、サポミでキチンと追求してほしいし、フロントは分析結果を提示する位はして欲しいものです。


2018/11/05(月)
ガンバは4-4-2という基本布陣があるから立ち直れた面もあると思う。ヤット&今ちゃんは日本最高のボランチコンビだね。


11 2018/11/05(月)
西野監督が名指しでロシアに連れて行けないのを残念がるのも納得。
長谷部を差し置いてピッチに立っていたかは別として、彼がチームにいるといないとで安心感が全く違うかったろうな


12 2018/11/05(月)
いやぁ…やっぱり凄いわ。宮本恒靖さん。
2、3か月前はガンバ降格するんじゃない?て言われてたのに見事に立て直したもんなぁ。元監督の「やはり日本の若手指導者にもW杯を経験し良い人材はいる、それを育てていかないとあかんし勿体ない」と言ってた。ホンマかいな?と懐疑的やったけど実際に居るんやなぁと思った。


13 2018/11/05(月)
夏場の連戦が無くなってヤットさんのパフォーマンスが上がってきたのも大きい。
浦和戦の3点目直前の藤春とのプレッシング
夏場なら無かったかもしれない


14 2018/11/05(月)
まだまだ再建過程だけどまたガンバを好きになれた
全力で応援したいと思えるチームが戻って
きてくれたのが嬉しい


15 2018/11/05(月)
7連勝とか、前半戦のどん底からみれば、神がかり的な強さやね。天皇杯で関学に負けた頃、誰しもがJ2に降格やろな、と思ってたね?


17 2018/11/05(月)
今野の復帰は大きかったね。能力は疑いようが無いが
それ以上に周囲に与える安心感は段違いなんだろうね。
ただ今年のJ1。残り3試合を残して暫定9位、勝点40を超えても
降格の可能性が有るとは…。


18 2018/11/05(月)
いまだにW杯のベルギー戦に今野選手がいたら、と思ってしまう。けど、だからこそ今のガンバがあるとも思う。


19 2018/11/05(月)
ガンバ大阪が今年決めるべき残り2つは

残留と社長の解任。

それさえ決まれば、2019年こそ
奪還できるはず!!


20 2018/11/05(月)
ヤット、今野の中盤は、もはや芸術の域

ガンバは後継者に苦労しそう
市丸のセンスは期待させてくれるけど、まだ頼りない
今野の代わりに至っては見つけることすら困難


21 2018/11/05(月)
いやぁさすがの私も、8月にはJ2降格を覚悟しましたよ。
今野さん、宮本監督、ありがとう。


22 2018/11/05(月)
もうガンバは今ちゃんのクローンをつくれ


24 2018/11/05(月)
たらればになるが、シーズン開幕から今野が万全のコンディションなら。


25 2018/11/05(月)
遠藤はもう終わった感があったんだけど
今野の復帰と共にまた輝き出した


27 2018/11/05(月)
首脳陣が、今野の代役確保・ウィジョの契約延長等渋らなければこの流れなら来季カップ戦は望める。


28 2018/11/05(月)
負け続けている間ずぅっとコンちゃんさえ戻れば変わる、チームは息を吹き返すと思い続けていた。でやっぱり変わった。ヤットが生きるも死ぬもコンちゃん次第。ガンバは中盤が生命線なのだ。


30 2018/11/05(月)
8月末で勝点21。もう降格確定だと思ってました。今ちゃんとツネ様のお陰です。
残留決まったら、あとはアホ社長の首をどう取るか考えなきゃな。


33 2018/11/05(月)
後継者は誰かといえば井手口しかいないんだが、戻ってきてくれないかしら。


34 2018/11/05(月)
今野と審判の良好な関係が気になる
あれだけアフターで後ろからガッツリいっても、ファールにはなるけどイエローがほとんど出ない。


35 2018/11/05(月)
マジでクルピは無能だった…
誰も育成しない順位は落とすetc. 
ツネにかわって本当に良かった


36 2018/11/05(月)
代表では遠藤航が輝いてるが、まだ今野の域には至っていない。遠藤は超えそうだけど











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ