20181102-00010000-goal-000-1-view

スポンサード リンク




明治安田生命J1リーグはいよいよ残すところあと4節。30節を終えて優勝の可能性を残すのは、首位・川崎フロンターレ、2位・サンフレッチェ広島、3位・北海道コンサドーレ札幌の3クラブとなった。果たしてどのチームが優勝を手にするのか。白熱の優勝争いを展望する。

◆順位表(10月31日時点)
1位:川崎フロンターレ(60・25)残り4試合
2位:サンフレッチェ広島(56・15)残り4試合
3位:鹿島アントラーズ(49・7)残り3試合
4位:北海道コンサドーレ札幌(48・-2)残り4試合

※カッコ内は勝ち点と得失点差

◆優勝争いは川崎Fと広島の一騎打ちに
3日にAFCチャンピオンズリーグ決勝第1戦を控える鹿島が、10月31日に一足早く第31節を消化し、暫定でACL圏の3位に浮上した。しかし、優勝の可能性があるのは首位・川崎F、2位・広島、4位・札幌の3チームに絞られている。

3位・札幌が優勝するためには、残り4試合で4連勝し、かつ川崎Fが4連敗し、得失点差27を埋めなければならないため、実質的な争いは川崎Fと広島の一騎打ちとなった。

川崎Fと広島の勝ち点差は現在4。仮に第32節(11/10)の終了時に、その差が7に開いた場合は、川崎Fが2試合を残しての連覇が決まる。

川崎Fは第31節の柏戦(11/3・等々力)、第32節のC大阪戦(11/10・ヤンマー)を戦う。一方の広島は第31節で磐田戦(11/3・ヤマハ)、第32節では仙台戦(11/10・Eスタ)が控えている。

第32節で優勝が決まるシチュエーションは、川崎Fがこの2試合で2連勝し、広島が1勝もできなかった場合。または川崎Fが2試合で1勝1分、広島が1分1敗もしくは2連敗した場合に優勝が決まる。逆に川崎Fは今後の2試合で1勝もできなかった場合は、11月24日の第33節まで持ち越しとなる。

逆に広島はシンプルに2連勝すれば、川崎Fの最短優勝をストップできるだけではなく、結果次第では4ポイント差を詰められる可能性がある。一方で1勝もできなかった場合は、状況はより厳しくなるだけに、是が非でも勝利を手にしたい。

川崎Fは3日に柏とホームで、広島も同日にアウェイで磐田と対戦する。

◆川崎F、残り4試合の日程
・第31節
11/3(土)14:00
vs 17位・柏(等々力)ホーム
リーグ通算対戦成績:9勝5分11敗

・第32節
11/10(土)14:00
vs 7位・C大阪(ヤンマー)アウェイ
リーグ通算対戦成績:9勝7分7敗

・第33節
11/24(土)14:00
vs 5位・FC東京(味スタ)アウェイ
リーグ通算対戦成績:13勝8分10敗

・第34節
12/1(土)14:00
vs 13位・磐田(等々力)ホーム
リーグ通算対戦成績:12勝4分9敗

◆広島、残り4試合の日程
・第31節
11/3(土)14:00
vs 13位・磐田(ヤマハ)アウェイ
リーグ通算対戦成績:18勝6分21敗

・第32節
11/10(土)14:00
vs 9位・仙台(Eスタ)ホーム
リーグ通算対戦成績:10勝7分5敗

・第33節
11/24(土)14:00
vs 15位・名古屋(Eスタ)ホーム
リーグ通算対戦成績:19勝10分22敗

・第34節
12/1(土)14:00
vs 4位・札幌(札幌ド)アウェイ
リーグ通算対戦成績:4勝2分9敗

※順位は10月31日時点
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181102-00010000-goal-socc



1 2018/11/02(金)
得失点差が10あることを考えると、広島にとって勝ち点差は「4」ではなく「5」あるに等しい。
今の川崎の勢いを見る限り、残り4試合で5差を縮めるのは相当厳しいと思うけど、とにかく目の前の試合に勝つしかない。


2018/11/02(金)
広島は残り全て勝つことが大前提。川崎が2敗するのは考えにくいけど…
とにかく今節、広島は勝たないと。


2018/11/02(金)
現状残りの対戦相手は見ると広島の方が若干有利に見える…が問題は広島の調子そのものが全くもって上がってない…。

じゃあ川崎が有利かというと、時間は経ったといえどほぼフルメンで挑んだ山形戦の敗戦がどう影響するか川崎サポとして気になる…。

今節広島が負けて川崎が勝ってしまうと実質的に優勝は川崎に決まりそう…


2018/11/02(金)
川崎は優勝したら選手補強へあまり大きな投資をせず、ずっと使えるインフラ周りに投資してほしい。


2018/11/02(金)
川崎が勝ち点左で有利だとは思うけど、残り試合の相手見ると、取りこぼしもあるので、広島の逆転優勝も有ると思う。
不調のパトリックの調子次第かな。


2018/11/02(金)
一戦一戦全力で戦って勝つことだけに集中すれば良い。仮に優勝したら個人的にはU-23とか将来に向けての投資をして欲しい


10 2018/11/02(金)
城福の退陣論まで出ている今のサンフにフロンタを追いかける力は無い。このままでは来年は残留争いに逆戻りかも…


11 2018/11/02(金)
現実的には川崎有利と見えます。

それよりも、この話題に僅かではあるけれど札幌が絡んでくれていることが嬉しい。


12 2018/11/02(金)
記事中で札幌が3位になったり4位になったり忙しいな。
1人で文章書いていたらこうはならないだろ。

なんにせよ札幌がここに名を連ねていることが凄い。


14 2018/11/02(金)
むしろ最終戦で札幌が勝って、順位が逆転!
はちょっと厳しいかなぁ...


17 2018/11/02(金)
川崎が連覇すれば、更に補強がす進む。
日本人はレベルが高いので、失敗しない外国人の補強で ACLをとれるように!
川崎の選手は代表招集されると、その前後にケガになる傾向があるので 選手層の更なる厚みが 必要。


18 2018/11/02(金)
どちらも苦手な浦和戦を終えているのは救い。組み合わせ的にはやや広島が優勢


19 2018/11/02(金)
夏頃にカープとサンフレッチェのダブル優勝なるか?なんて記事があったけど、両チーム共昨年の絶対王者に阻まれそう。


22 2018/11/02(金)
3位以内の賞金とは別に、4位以内だとDAZNから理想強化分配金ってやつも分配されるんだっけ。
川崎が連覇したら凄い金額になるね。


23 2018/11/02(金)
そもそも札幌に優勝の可能性残ってたんだね。


24 2018/11/02(金)
川崎、広島の両チームと試合を残している磐田が鍵を握るな。
昨季は最終節で首位の鹿島と磐田が引き分けて、川崎の逆転優勝となったわけだが、今季の最終節は川崎と磐田の対戦。

果たしてどうなるか?


26 2018/11/02(金)
仮に優勝決定戦が最終節まで、もつれた場合、
広島最終戦は札幌なので、こちらもACL行けるかどうかという戦いになり、面白くなりそう。


27 2018/11/02(金)
実質的には無いに等しいとはいえ、この終盤に優勝の可能性が0じゃない札幌がすげえ。


30 2018/11/02(金)
川崎優勝のシチュエーションで、川崎が2連勝した場合は広島が1敗でもすると勝点が7差になるので32節で優勝が決まる
また広島が1勝1分だった場合でも勝点が6差になるので川崎がほぼ優勝決定となります


11 2018/11/02(金)
川崎市は、専用球技場作る気はないと思う!
2連覇したら、建設のための貯金をして欲しい!


32 2018/11/02(金)
残り試合数と勝ち点差が同じになると黄色信号と言われるけど、試合数少ないから赤に近いよね


35 2018/11/02(金)
J1の優勝争いの記事に札幌が出てくるなんてなぁ。

北海道出身者として涙が出る。


36 2018/11/02(金)
城福監督が今のサッカーに固執してたら、簡単に川崎がもってくよ


39 2018/11/02(金)
この記事に札幌の名前があることに感激してしまう。


40 2018/11/02(金)
川崎の選手は怪我になる傾向...
面白い発想なのですが人間誰でもどこのチームでも怪我はつきものですよー


44 2018/11/02(金)
毎年、優勝争いより残留争いの方が盛り上がってる気がする。
今回は混戦だけに余計に。


45 2018/11/02(金)
札幌は得失点差で優勝は厳しいかもしれませんが、
2位フィニッシュはありえますね(^^)
頑張れ!


46 2018/11/02(金)
中断前は広島圧勝だったのにな。広島にとってはW杯の中断が裏目に出た形だな。


47 2018/11/02(金)
この記事の表現、間違ってね?

第32節で優勝が決まるシチュエーションは、川崎Fがこの2試合で2連勝し、広島が1勝もできなかった場合

広島1勝1敗でも川崎の優勝決まるから。

明日の柏戦で川崎が勝てば、広島の結果に関わらずシャーレ(今度は本物w)が長居に届いた状態でC大阪戦を迎える事になるよ。

最短で決めて欲しい!


50 2018/11/02(金)
意外と広島は一勝も出来なさそう











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ