1: 2018/10/31(水) 00:58:01.31 _USER9
日本人監督だからこその良さ
no title


サッカー日本代表監督は1998年フランスワールドカップ以降、新チームの立ち上げ時にはサッカー先進国から学べ、とばかりに外国人監督が就いてきた。

 フィリップ・トルシエ、ジーコ、イビチャ・オシム、アルベルト・ザッケローニ、ハビエル・アギーレ、ヴァイッド・ハリルホジッチ。この間、日本人監督はオシムが病に倒れた後の岡田武史、ハリルホジッチの解任に伴って技術委員長だった西野朗が“緊急登板”を日本サッカー協会から託されている。

 今回ようやくの日本人監督誕生である。

 いくらJリーグで3度優勝を果たしているといっても世界を知らない森保一で大丈夫か? それも東京オリンピック代表との掛け持ちで……。

 就任時にはネガティブな声も挙がる中で、森保ジャパンは順調な船出を切っている。初陣となった9月のコスタリカ戦に3-0と快勝発進。先のパナマ戦、ウルグアイ戦にも2連勝した。

 国内の親善試合は相手の移動疲れやモチベーションを差し引かなければならないとはいえ、ほぼベストメンバーをそろえるウルグアイは2000年代に入ってずっと勝利できていない相手だ。どんな状況であれ勝負にこだわる彼らに対し、4-3で打ち合いを制したことは評価に値する。

 森保は「世代間の融合」を掲げて、3戦連発でブレイク中の南野拓実をはじめ、新10番の中島翔哉、東京五輪のエース候補・堂安律ら、若手を引っ張り上げている。

 日本人監督だからこその良さとは何か。

 森保のマネジメント力に焦点を当てると外国人監督の手法とは2つの大きな違いが見えてくる。

①「日本代表だよ!全員集合」やりません!

https://amd.c.yimg.jp/amd/20181027-00058128-gendaibiz-001-2-view.jpg

外国人監督の場合、オシム以外の指揮官は親善試合でもベストメンバー(またはそれに近い)を招集してきた印象がある。所属チームにはチームのやり方があり、代表には代表のやり方があるという考え方。代表の活動期間が少ないため、国際Aマッチデーの招集できるチャンスはすべて呼んでおくとなると結局、「全員集合」となる。

 ベスト16に躍進した2010年以降は海外でプレーする選手が一気に増えた。海外組は長距離移動や時差を伴い、クラブでのプレーやポジション争いに影響する恐れがある。しかし1回の招集チャンスを逃がせば、代表でのプレーが数ヵ月空いてしまうとあって「招集見送り」という選択肢は歴代の指揮官にはなかった。

 一方、森保は違うアプローチだ。ロシアワールドカップでは日本代表のコーチを務めえており、スタート時点で多くの情報を持っていることも大きい。

 9月は欧州のシーズンが始まったばかりで、国内組と海外組若手中心の編成にした。ロシアワールドカップに出場した海外組はゼロ。南野、中島、堂安ら若手アタッカー陣を伸び伸びとプレーさせている。

 10月のパナマ、ウルグアイ戦は満を持してロシアワールドカップ組を多く招集したが、香川真司、乾貴士、武藤嘉紀らは入っていない。

 コスタリカ戦で活躍した若手アタッカーと、ロシア組を融合させるとどうなるか。まずはそれをテストしたかったように感じる。見事にそれは成功した。1トップに入った大迫とのハーモニーは非常に見応えがあった。

 10月の2連戦では23人のメンバー中、GKシュミット・ダニエル以外の22人を起用している。それも最低25分以上はプレー時間を与えている。

 呼ぶ以上は試合で起用する。競争意識を高め、全体のモチベーションも上がる。全員起用は公式戦になると難しいだろうが、親善試合をうまく使いながらチームづくりを進めている。

 森保はサンフレッチェ広島時代やU-21代表では3-4-2-1システムを採用してきた。だがA代表では4-2-3-1(4-4-2)で戦っている。A代表が馴染んでいるものから始めており、「俺のやり方に合わせろ」感はない。選手がどうやれば自分のパフォーマンスを発揮しやすいかを優先させている。

つづく


スポンサード リンク

3: 2018/10/31(水) 00:58:47.16 _USER9
 森保はとにかく営業マンのようにフットワークが軽い。

no title


 Jリーグの視察ペースは、歴代監督のなかでも群を抜いているのではないだろうか。東京五輪代表の視察もあるためではあるものの、選手の状態を自ら確かめるばかりでなく選手のモチベーションを引き上げる意味もある。彼はこう語ったことがある。

 「自分は高校時代、無名の選手でした。だけど長崎まで見に来てくれて、僕は(サッカー選手になる)チャンスをもらったんです。もし見に来てもらえていなかったら、今の自分はなかったかもしれません」

 森保は長崎日大高で国体選抜に選ばれた経験はあったものの、全国的にはノーマークの選手だった。JSL(日本サッカーリーグ)マツダの今西和男強化部長と、当時マツダのコーチを務め、のちに日本代表の監督になるハンス・オフトの視察をきっかけにマツダ入りが決まり、A代表で活躍するまでに成長した。だからこそ彼は積極的に視察をして、選手のプレーを見ることにこだわっている。映像には出てこない情報を、自分の目で引き出そうとしている。

 そして視察は、指導者やクラブに対する感謝の意味もある。

 「すべての指導者の努力、環境を整えてくれる方々の努力があって、我々は素晴らしい選手たちを呼ぶことができ、日本を代表して戦えることを忘れてはいけないと思っています。そういう方々の気持ちを背負って戦うということは、常に肝に銘じておきたいです」

 視察に行くことで指導者やクラブ関係者を含め、日本サッカーにかかわる人々に会う機会も増える。視察に出向くことは感謝の気持ちを刻むことでもある。

 9月のコスタリカ戦翌日には、こんなことがあった。

 A代表の合宿とU-21代表で参加したアジア大会中にケガをした選手がいたため、所属するクラブにわざわざ出向いて「お詫び行脚」をしたのだ。

 電話一本で片づけるのではなく、また、協会の技術委員会に任せるのではなく、自ら説明に出向く代表監督など聞いたことがない。あくまで“クラブの協力の上に代表は成り立っている”というスタンスが彼を動かしたのだと言える。

 クラブと代表は協調関係にある。だが代表側が「上から目線」になってしまうと、クラブ側は「協力したい」より「協力しなければならない」という義務感が強くなってしまう。森保の行動は、両者の関係を消極的関係から積極的関係に変えていく可能性を膨らませている。

つづく

4: 2018/10/31(水) 00:59:09.37 _USER9
求む「代表監督任せ、やりません!」

 これら森保流のマネジメントが意味するものは何か。

 自分がやりたいことをやらせるのではなく、みんながうまくいくにはどうすればいいのかを考えているマネジメントだと感じる。実に繊細な配慮が見え隠れする。

 東京五輪とA代表の両立は、相当ハードであることは間違いない。この繊細なマネジメントを成功させていくには、何より日本協会のサポートやフォローが大切になる。

 森保の年俸は推定1億5000万円ほどと報じられており、外国人監督に比べると安い。浮いたそのお金でメディカルスタッフや分析スタッフを充実させるなど森保が望むものをしっかりと手当していくべきだ。

 代表監督任せ、やりません! 

 日本協会は監督に“おんぶに抱っこ”ではなく、全身全霊で彼を支えてほしいものである。

二宮 寿朗

7: 2018/10/31(水) 01:01:06.54
はやく香川呼んで

8: 2018/10/31(水) 01:02:13.84
で、森保ジャパンが調子悪くなったらコレが原因とか言い出すんでしょ

9: 2018/10/31(水) 01:04:57.36
マイナス面書かないとかありえねえ

11: 2018/10/31(水) 01:06:34.81
これから山あり谷ありかな。でも期待できる
どうせならピークを四年後に持っていけるようにして欲しいが、今からは無理か

12: 2018/10/31(水) 01:07:16.59
まともな人がやっと来ただけ

13: 2018/10/31(水) 01:09:28.08
まじで代表で疲労して欧州で活躍できる選手減ってしまったもんな
もう日本はアジアカップでさえいちいち海外組み全員呼んでやるレベルじゃないんだよね

18: 2018/10/31(水) 01:17:24.45
>>13
アジアカップは勝ち進むほど長い期間
一緒に合宿できる貴重な時間
世代交代する時こそ大事な大会

14: 2018/10/31(水) 01:09:47.18
日本人監督のメリットつうか森保をべた褒めしてるだけじゃね

15: 2018/10/31(水) 01:10:18.45
シュミット使ってみてよ

21: 2018/10/31(水) 01:21:32.60
ザックジャパンみたいに末期に腐らないといいな

22: 2018/10/31(水) 01:25:17.21
トルシエとかも視察しまくってた気がする

24: 2018/10/31(水) 01:33:15.12
数少ない可能性のある日本人監督選んだだけ
日本人監督なんてほぼ無能ばかり
才能あるなら岡ちゃんみたいに海外(中国であったとしても)から呼ばれたりする

25: 2018/10/31(水) 01:36:21.64
オリンピック終わるまでは現状維持でしょ

26: 2018/10/31(水) 01:38:31.22
11月の親善もガチメン呼ぶの?

31: 2018/10/31(水) 01:52:51.58
日本人監督で意思の疎通がスムーズなのはいいんだけど
外人監督の人脈が途切れるのがなぁ
海外リーグへのルートが細くなるのはキツイわ

32: 2018/10/31(水) 02:20:32.79
なり手候補がいなかったり、直近で評価落としたりで消去法で五輪代表監督もA代表監督も森保になったけど、協会的には派閥外、スポンサー的には人気も知名度もないから早く解任したいが本音

37: 2018/10/31(水) 03:25:10.63
Jで三度優勝してるってのが売りみたいだけどACLはどうだったんだ?アジアカップを戦うんだからそっちの方が重要だろ

43: 2018/10/31(水) 04:16:38.22
>>37
選手層が全然薄いから、練習生とかでACLはこなしてた

38: 2018/10/31(水) 03:52:21.34
日本人監督はやっぱり熱意が違うよ
外国人監督はほんとに日本選手見てるのか?って思う
いつものメンバー呼んで出すだけな感じ

39: 2018/10/31(水) 04:00:05.92
言うてあのジーコジャパン(笑)ですら
見ててワクワクするような好試合はあったわけでなあ

41: 2018/10/31(水) 04:13:06.17
森保采配で好きなところは、兎に角呼んだ選手は使ってること。守田とか天野も5分とかじゃなくてガッツリプレーさせてあげてたこと

47: 2018/10/31(水) 05:39:42.56
連携なんてすぐ出来るからなw
目に見えない経験や連携で老害が居座ってた今までが異常

48: 2018/10/31(水) 06:06:16.25
練習試合の連勝では、快進撃とは言わん。

51: 2018/10/31(水) 06:28:14.61
アギーレもハリルも露骨なほどに弱者のマインドを植え付けてたからな
イランのケイロスとかエジプトのクーペルあたりにも言えるけど、
あんなやつらに大枚叩いて監督にするくらいなら自国の監督にしたほうがいい

52: 2018/10/31(水) 06:37:17.18
>>51
マインドもそうだが結局は言葉が通じるかどうかが全てでしょ
W杯でもベスト16の国の内11カ国は自国監督で、他メキシコ、コロンビアはスペイン語圏の監督で言葉通じるし
スイスのペトコビッチは8カ国語くらい喋れるし、デンマーク代表の監督はノルウェー人だったからこれもある程度意思疎通はできる
全く言葉が通じない監督が率いていた代表はベスト16では1つもない

58: 2018/10/31(水) 07:08:30.09
>>51
そうだよな
ただアギーレはリアリストだった半面、選手には結構褒めまくってモチベーションを上げていたらしい

53: 2018/10/31(水) 06:48:44.28
面白いサッカーをして3連勝ってマジで天才ちゃうか

54: 2018/10/31(水) 06:51:38.16
森保はいいと思う
ただアンダーエイジとの並行はやめてあげてほしい
パンクしたらどうするんだ…

56: 2018/10/31(水) 06:59:20.58
五輪監督との兼任は今後も続けるべき

60: 2018/10/31(水) 07:18:09.96
代表監督は二、三大会はやらせるべきだろ

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1540915081/







スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ