1: 2018/10/30(火) 21:32:12.95 _USER9
およそ20年、盟友として幾度となく修羅場をくぐり抜け、日本サッカーを牽引してきた岡田武史と小野剛。11/6発売の『フットボール批評issue22』では盟友による特別対談を実現。悲願の初出場となったフランスワールドカップと、躍進を遂げた南アフリカワールドカップの舞台裏、そして、ロシアワールドカップから見えた日本サッカーの未来について語り合った。今回は南ア大会でのエピソードを一部先行して公開する。(構成:粕川哲男)


●“守備的サッカーへの変更”ではない躍進の理由

小野  僕が技術委員長だったので、岡田さんにお願いして第二次岡田体制が始まりました。南アフリカW杯に向けたメンバー選考のときも一緒でしたね。浅草の焼鳥屋の2階を借りて、そこから(川口)能活に電話しました。

岡田  経験があって、みんなをまとめられる選手が欲しかった。だからアイツに電話して「力を貸してくれるか」と聞いたら、「少し考えさせてください」とぬかしよった(笑)。それで30 分くらいして電話がきて、「いま言ったのは23 人のメンバーとしてですか? サポートメンバーじゃないんですか?」と言ってきた。「違うよ ! サポートメンバーにお前を入れてどうすんだ」と。

小野  どうも時間がかかるなと思ったら、勘違いしていたんですよね(笑)。

岡田  でも、能活のおかげだよ。選手たちの目が覚めたのは。大会前、俺がアイツに選手同士でミーティングしてくれと頼んだ。選手たちが、新しい戦い方が腑に落ちているのか確かめたかったから。でも、アイツは俺に報告してこない。「どうだった?」と聞いたら「いいミーティングでした」と素っ気ない。あとで聞いたら選手たちが喧々諤々、本音を言い合ったんだって。それを報告したら、俺がまた怒り出すとでも思ったんだろうな。

小野  アイツなりにかなり気を遣ったんですよ。

岡田  そのあとも練習試合があって、俺は何も変わっていないと感じたけど、選手たちはあのミーティングがあったから、自分たちで動こうと思ったんだろうな。

小野  あの大会も素晴らしかったですね。

岡田  みんな戦術変更して守備的にしたのが良かったと言うけど、やっぱり、選手たちが自分たちで動き始めたのが大きかった。ロシアW杯もそう。日本人というのは、ハッキリ言うと主体性がなくて自立していない国民と言える。自分の人生は自分で決められるのに、すべて人のせい、周りのせい、環境のせいにしている。

小野  そうですね。

つづく

10/30(火) 10:10 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181030-00010000-footballc-socc

写真
no title


スポンサード リンク

2: 2018/10/30(火) 21:32:26.73 _USER9
●「この国はリーダーが必要なんじゃなくて、主体性のある大衆が必要」

 岡田  いま問題になっているスポーツ界のパワハラの問題も、殴って勝つ現実があるから起きてしまう。それは、選手が主体性を持っていない証拠。監督に殴ってもらって初めてコノヤローと奮起する。これはブラックパワー。ブラックパワーはものすごく強力だけど長続きしない。そうじゃなくてホワイトパワーと言うかどうか知らないけど、選手たちが主体性を持って動いて、勝つ日が来なきゃいけない。そういった意味での大きな実験を、いま今治でやっているんだよ。

小野  今治での様々な活動はまさにそうですね。

岡田  メソッドとかいろいろ言っているけど、一番大事なのは自分で自分の人生を生きることができる、主体性のある人間になれるかどうか。うちの会社でも、残業しないで早く帰れと言うと、「仕事があって帰れません」と言う。いや、お前がいま席を立って、家に帰ればいいだけ。帰れる。そうして「これだけ仕事が多過ぎてできません」と言えばいい。人のせいにしないで、「お前が自分で自分の人生を選べばいい」と言っている。この国はリーダーが必要なんじゃなくて、主体性のある大衆が必要なんです。

小野  一人ひとりが主体性を持つことの大切さですね。

岡田  これまでずっと、国民性や制度、教育の問題としてきたから、簡単じゃないことはわかっている。だけど、ひょっとしたらスポーツで変えられるんじゃないかと思い始めて、そういう希望を持って今治で頑張っている。よく言うじゃん。試合後「リードを守るのか、もう1点取りにいくのかわかりませんでした」と。あれを聞くとバカじゃねぇかと思う。そんなの、お前たちが決めればいいんだから。

(文中敬称略)

岡田武史(おかだ・たけし)
1956年8月25日生まれ。大阪府立天王寺高等学校から早稲田大学。大学卒業後、古河電気工業に入社しサッカー日本代表に選出。 引退後は指導者の道に進み、1997年に日本代表監督となり史上初のW杯本選出場を実現。その後、横浜F・マリノスやコンサドーレ札幌などの監督を経て、2007年から再び日本代表監督に。10年のW杯南アフリカ大会でチームをベスト16に導く。中国・杭州緑城の監督を経て、14年11月四国リーグFC今治のオーナーに就任。日本サッカー界の「育成改革」、そして「地方創生」に情熱を注いでいる。


小野剛(おの・たけし)
1962年8月17日生まれ。千葉県立船橋高等学校から筑波大学。各カテゴリー日本代表チームのスカウティング(戦力分析)活動を行い、アトランタ五輪での28年ぶりの五輪出場、「マイアミの奇跡」などに貢献。その後、フランスW杯アジア最終予選途中、岡田監督にコーチとして抜擢された。2002年には、サンフレッチェ広島監督としてチームを指揮。1年でJ1復帰を果たす。2006~2010年まで日本サッカー協会技術委員長。2009年からFIFAインストラクター。2017年からFC今治のコーチディベロップメントマネージャーを務めながら、2018年から再び日本サッカー協会技術委員に。

67: 2018/10/30(火) 22:08:32.64
>>1>>2
面白そうな記事だな。久しぶりにサッカー批評買ってみるか。岡田監督って話面白いんだよな。

73: 2018/10/30(火) 22:13:26.42
>>1
>>2
これは良記事だから日本中に拡散すべき

308: 2018/10/31(水) 01:22:45.90
>>1
また国民性などという言葉を自分勝手な意味で使う
怒られるよ

320: 2018/10/31(水) 01:29:11.14
>>1>>2
岡田さんカッコいい

466: 2018/10/31(水) 05:09:48.43
>>1
>自分の人生は自分で決められるのに、すべて人のせい、周りのせい、環境のせいにしている。

逆に、岡田こそ自分の人生を「人のせい、環境のせい」にすべき。
つまり、岡田はもっと周囲の人のお陰、環境のお陰で、自分の人生を自分で決められたことに感謝すべき。

岡田みたいに医者の息子で、恵まれた親の下に生まれ、何不自由なく浪人させてもらって、
大学に行かせてもらったような人間こそ、「人生は他人のせい、環境のせい」だと自覚すべきなのに。

そこが分かって無いんだよな、岡田みたいに恵まれすぎた環境で育ててもらった人間は。
岡田はきっと、自分が恵まれ過ぎた環境で育ててもらった事実を全く自覚できていない。

477: 2018/10/31(水) 06:03:43.35
>>466
貧乏家庭の育ちだからって人生の選択肢がゼロなわけではではない。そりゃ金持ち育ちに比べたら少ないのは事実だが。
その少ない選択肢の中からできることをやればいいのに、変に夢を見ちゃうから現実を見た時に嘆くしかない人生になってしまう。
実現性のない夢は妄想と言う。

489: 2018/10/31(水) 06:50:55.33
>>466
普通医者の息子は医者になれって育てられるのに、やりたい事やらせてもらってたみたいだし親にも恵まれてるよね

72: 2018/10/30(火) 22:12:17.87
>>2
日本人の欠点をズバリ指摘したな
実際大衆が主体性持ったら日本は世界でもかなりの
影響力を持てるだろうな

431: 2018/10/31(水) 03:14:40.40
>>2
岡田さんはいつも名言はくよな。これは一部抜粋なんだね。全文読みたいな。

6: 2018/10/30(火) 21:34:09.12
主体性があったら、大衆じゃない
というか、主体性のある人間が集まっても、社会においてはただの大衆になる

8: 2018/10/30(火) 21:35:58.26
岡ちゃん薄っぺらくなるから評論家気どりは止めとくれ
現場のオッサンでいてくれよ

496: 2018/10/31(水) 07:12:37.51
>>8
現場の人間だからこそじゃない?
主体性ない国民性が個人技に乏しい、個人で打開する責任を負えない、デュエルを挑まない挑めない日本選手の精神的弱さに繋がってる側面はあると思うもの

10: 2018/10/30(火) 21:36:36.71
個性潰す教育から入るからしょうがないじゃない

16: 2018/10/30(火) 21:39:05.30
スポーツの指導のあり方の問題でもあり
企業の問題でもあり。
部下に仕事を任せられるかどうか。
なんでも上司(監督・コーチ)の指示通りにやらせるのであれば、部下(選手)は育たないし。

18: 2018/10/30(火) 21:41:25.91
主体性はあっても言うこと聞かないやつは使わないだろ?w
日本人の気質は団体行動向きなんだからそこを上手く利用しようよ。
環境や周りのせいにしないでさw

191: 2018/10/30(火) 23:33:22.49
>>18
団体行動向いてるのはいいんだが
指導者やリーダーに向いてる人が出てきにくい社会だとは思うよ
下から這い上がる現場主義すぎてマネジメントに特化した人がその集団行動を引率できん

198: 2018/10/30(火) 23:40:46.19
>>191
日本は団体行動じゃないよ
一歩前に出ると叩かれるから横並んでるだけ

22: 2018/10/30(火) 21:42:49.33
日本人って、あまり人のせいにはしないっしょ。

124: 2018/10/30(火) 22:47:56.53
>>22
確かに日本人てあまり人のせいにしないな

人のせいにするのは隣国や海外のが多い

25: 2018/10/30(火) 21:43:54.69
サッカー選手にとりわけそう言う節が見られるだけじゃねぇか?

26: 2018/10/30(火) 21:44:25.70
また岡ちゃんと、小野さんが、人のせいにしてる。

30: 2018/10/30(火) 21:45:32.37
岡ちゃんは博打打ちとしては超一流だけど、思慮深さと物言いは二流半だからね。

40: 2018/10/30(火) 21:52:20.32
岡田武史ってやっぱ有能なだわなあ
サッカー界の中で図抜けて賢い

484: 2018/10/31(水) 06:43:22.19
>>40
岡田の本読めば有能だって分かるよ。

南アフリカ前の時点で、デュエルの重要性を認識してたし、それをハリルみたいに押し付けることなく、自然に選手に浸透させた。
当時の世界との差が、中距離パスの精度であることに気付いていたのは慧眼という他ない。

選手間のミーティングがブーストになったのは確かだが、その下地を作ったのは間違いなく岡田。普通だったら、ジーコみたいに内部分解してる。

46: 2018/10/30(火) 21:56:36.89
アホやな、村上龍きどりか。さすが、本田を別格と思う眼力。

47: 2018/10/30(火) 21:56:58.53
日本程、主体性のある大衆がいる国て
そうないと思うけどなあ

48: 2018/10/30(火) 21:57:35.94
1番太い道を選んで流れに沿って生きるのは楽なんだよ
やりたいことなんて何もなくてただ苦労なく多数派に流されて生きていければそれでいい

50: 2018/10/30(火) 21:57:57.41
岡田は見た目に反して口悪くて笑える

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1540902732/







スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ