20181029-00010007-goal-000-1-view

スポンサード リンク




◆記憶にないレベルの完全アウェイマッチ

2018年10月28日、インドネシアの首都ジャカルタで行われたのは、ユース年代ではちょっと記憶にないレベルの完全アウェイマッチだった。

AFC U-19選手権準々決勝。勝てばU-20ワールドカップ出場権を得られる大一番に詰め掛けた6万人超の大観衆の99%以上はインドネシア人。凄まじい声量の国歌斉唱は正直鳥肌が立ったし、地鳴りのようなインドネシアコールには魂を揺さぶられるようだった。

「みんなスピーカーでも持っているのかなというくらい。日本の応援(スタイル)とはまた違っていて、みんながみんな、声が馬鹿でかい。どこがゴール裏なのかわからないくらい、声が大きかった」

独特の言い回しで完全アウェイの様子を形容してくれたのはFW久保建英(横浜F・マリノス)である。

一方、前半からのあまりの圧に対して、選手はこんな大声では最後までもたないだろうとも思っていたそうだが、「雰囲気に呑まれないようにしようという話はしていたんですけれど、後半またすごい圧力の声が来た」とMF伊藤洋輝(ジュビロ磐田)が苦笑いとともに振り返ったように、のしかかったプレッシャーは並ではなかった。

影山雅永監督も「ちょっとボールを運ばれただけのシーンであっても、物凄い大歓声になるので、選手たちも影響を受けていたと思う」と言うし、「緊張がないということはなかった」と伊藤も率直に認める。ただ、だから折れるとか、だから怯むとかいうこともなかった。彼らが演じたのは、胸を張ってそう言える試合でもあった。

大きな要因として挙げられるのは、やはり経験値を持った選手が多かったということだろう。「AFCチャンピオンズリーグでも似たような雰囲気になる」とMF安部裕葵(鹿島アントラーズ)が言い、「浦和でも大観衆の試合は経験させてもらっている」とDF橋岡大樹(浦和レッズ)は言う。

久保も「楽しいです、ああやってバーッと盛り上がるのは」と言い切った。もちろん単純に国内の環境と同一視できるようなムードでもなかったと思うが、それでも「俺は大丈夫」と思える経験を積んでいた選手が多かったことは紛れもない日本のアドバンテージだった。

DF東俊希(サンフレッチェ広島ユース)による本人も周りも「ビックリした」と振り返ったスーパーミドルシュートでの先制点も、あるいは観衆に煽られる中で結果的に引き出された部分もあったかもしれない。

後半は降りしきる豪雨の中で視界すら制限される中での戦いになったが、全員一丸となった攻守で対抗し、最後は久保のアシストから生まれたFW宮代大聖(川崎フロンターレU-18)の追加点を経て見事に勝ち切ってみせた。

◆見逃せない制度面での整備

4大会連続して敗退していた大会で、2大会連続の出場権獲得に至れた理由はいろいろと考えられるが、見逃せないのは日本国内の制度面での整備だろう。2年前に明治安田生命J3リーグへのU-23チーム参戦が実現し、今年はJリーグYBCルヴァンカップでのU-21枠が導入されたことで、若手選手が試合経験を積めないという問題が緩和されたことはやはり大きかった。

また、やや偶発的な要因もあって若手が試合に出たり、ポジションを掴み取るチャンスを得やすかったのではないかと分析するのは、選手の出場機会有無に関して最も心労を重ねていたであろう他ならぬ影山雅永監督だ。

「今年はロシアW杯があったので、その前にJ1クラブは15連戦といった試合の組み方をされていたわけです。そのため、ターンオーバーをするチームが自然と多くなった。どんどん若手を使って回さないと思ったチームが多かったのだと思う」

チャンスを与えられればグッと伸びてくる選手がいるのが若さの強さ。もちろん、個々のタレント性や努力あってこその話であり、単に「たまたま」という話では当然ない。ただ、力があっても出場機会のない選手も少なくないのがU-19年代であり、その意味で今年のU-19代表が巡り合わせで恵まれていた面はあった。

また影山監督は国内の育成年代におけるリーグ戦環境が整ってきたことによって、リーグ戦のサイクルがメインになるプロの生活に若手選手がフィットしやすくなったことも理由の一つと分析する。10年間にわたって扉が閉ざされてしまった時期のあったU-20W杯が2大会連続で開かれたのは、やはり単なる偶然というわけではない。

◆堂安、冨安が象徴するもの

U-20W杯は、昨年の同大会を経験した堂安律(フローニンゲン)や冨安健洋(シントトロイデン)が若くして欧州舞台へと旅立ってA代表へステップアップを果たしたことが象徴するように、「島国の日本にとって、この大会を経験しておくのと経験しないのではまるで違う」(影山監督)舞台である。

それだけに重いプレッシャーも感じていたはずなのだが、周りに変な緊張感を見せることなく、選手たちを伸び伸びと戦わせた指揮官の胆力もまた、勝因の一つだったのは間違いない(もっとも、監督本人に言わせると「鈍感なだけです」となるのだが)。

いずれにしても、出場権を得たのは単なる通過点の話に過ぎない。チームとしてはアジアチャンピオンというもう一つの目標に向けた戦いが待っているし、それはU-20W杯へ向けた大切な準備機会でもある。そしてもちろん、今回のメンバーに入り損ねた選手たちの存在も忘れてはいけないだろう。

「(落選した)彼らは今ごろ発奮していると思う。『よし、ワールドカップを決めてくれたか。本大会には俺が入るからな』と日本で絶対に思ってくれているはず。こういう思いを持った選手たちと良い競争になって、また戦える奴が上に行くんです」(影山監督)

世界大会を目指すプレッシャーしかないような戦いを体感することは選手にとって大きな経験値であり、世界大会そのものから得られる経験値も実に大きい。そして、そこに至る過程で繰り広げられる競争によって得られる経験値もまた、選手個々にとってかけがえのない財産になっていくことだろう。それはもちろん、日本サッカー界全体にとっての財産にもなるものだ。

インドネシアの首都ジャカルタでの死闘を経て掴みとって大切な世界切符と共に、U-19日本代表は「対世界」を意識した別のステージへと突入する。「基準は高いけれど、対抗できないとも思わない」と指揮官が断言する世界大会への新たなチャレンジは、次の準決勝からスタートを切ることになる。

川端暁彦
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181029-00010007-goal-socc&p=1



1 2018/10/30(火)
この記事にもあるように、「W杯の過密日程の影響で若手を試合に出さざるを得ない状況があったから試合経験を積めた、だからたまたまU-19世代の強化がうまくいった」のではなく、意図的に若い選手に試合経験を積ませる必要もあると思う。
勿論ポジションは自分で掴むのが基本だけど、記事にもあるように試合を経験する事で伸びる選手もいる。
伸びるかどうかは経験させてみないと分からない。
選手の育成には時間がかかるし、周りや試合を見る側の忍耐も必要とされる。
先日のチェアマンの提案はそんな状況を踏まえてのものだと思う。
細かい所を詰める必要はあるけど個人的には導入しても良いと思う。


2018/10/30(火)
前回優勝、今回もU20出場権を獲れたのはこの世代が東京五輪世代で協会がちゃんと海外競合との強化試合を重ねて経験を積んでいるから。特にこの大会前にメキシコ遠征を行いメキシコ、ブラジルのU19代表と対戦していずれも1-1のドローで終えた経験が大きい。そんな相手に比べたら今大会の対戦相手は楽だろう。


2018/10/30(火)
いろんな理由はあるとは思う。
年齢詐称が厳しくなってきたとかもあるだろうし、対戦相手という運もあることなので。
今回に関しては、ある程度タレントがそろったのも大きいし、何よりフィジカルの部分では歴代でもとびぬけている。実際スタメンによってはオーストラリアよりも身長が平均は高かったりするし。意外とこの年代はこの辺りも馬鹿にできない。
逆に雨の影響もあっただろうが、小柄なインドネシアの選手を相手にするのがやりづらそうだったのは、なんか昔と逆転してる感じで興味深い。
が、まだベスト4に過ぎないし、本大会はこれからという事も忘れずに。


2018/10/30(火)
この世代はみんなメンタルが強い。
最年少の久保が年上を名前で呼び捨てにしてたり
(もちろん年上の許可あってとは思うが)、
誰だったか「東京五輪では僕らが主力になればいい」と公言したり。
でもだからと言ってギスギスしたり
『俺が俺が』になったりするわけでなく、
試合での勝利を優先する。
プロ選手としてのメンタリティが整っている選手が多いように思う。
ぜひすべての選手たちに飛躍していってほしい。


2018/10/30(火)
この年代は韓国、明らかなオーバーエージの北とイラクに負けて敗退してきた。今年イラクで年齢詐称が発覚して大事になったからイラクは明らかに若くて弱かった。タイにも負けた北も同様だと思う。

日本がタイに3-1くらいは今までと同じ結果だしは手放しで褒めるのは時期尚早だと思う。そのタイも昨日カタールに7点取られて敗れてるしね。優勝して最強世代を証明して欲しい。


2018/10/30(火)
日本サッカー協会のHPのU19代表のページにある選手紹介を見ると今回の代表に漏れた選手がたくさんいることが分かる。中には久保君世代の平川君やガンバでプロデビューした中村君など多くの逸材も含まれていた。多分チーム内競争も激しいものが有ったんでしょう。だから、出場権を得た今、今大会の代表=W杯のメンバーになる訳ではなく、また激しいポジション争いが始まるという事でしょう。それが更に代表を強くする原動力となって貰いたい。


11 2018/10/30(火)
選手を毎試合ローテーションしてこの結果は凄い。

今大会のどのチームも大幅にメンバーを弄って、毎試合戦うチームは日本の他に居ない。


12 2018/10/30(火)
今後のJリーグの外国人登録が増えると若手はどうなる?試合に出るという経験値が…本人達の努力次第と言われるが運もあるからね…(T^T)僕は今のままの試合出場登録ルールが良いと思います。頑張れ、若手選手!


13 2018/10/30(火)
試合内容がどうあれ、結果が全て。
この年代でアウェイ6万人の会場で試合を経験した事は、後々の宝になるはず。
お金で買える経験もあれば、お金では買う事の出来ない経験もある。


14 2018/10/30(火)
4大会連続敗退から、2大会連続優勝となって欲しいですね。
東京オリンピック以降はこの2つの世代にA代表にどんどん入って来て欲しい。


17 2018/10/30(火)
よくアンダーが世界大会に出れないことで、日本サッカーを憂う記事や意見を見た記憶があるけど、実際のとこどうなんだろうね。

U19がアジアで負け続けてたのが、香川原口柿谷世代~南野井手口中村航世代で、ちょうど今のA代表の中心を担う世代なんだよなぁ。

当時4大会分のU19のメンバーを見ると、あぁ~。。。って思うメンツだったりするんだけど、どうなんでしょ。


18 2018/10/30(火)
今にして思うけど年齢詐称した選手で勝ち上がっていた国もたくさんあると思うけどね。


21 2018/10/30(火)
1個上の世代がアジア制してくれて、道が拓かれたのも大きかったのかなと。
活躍したら堂安みたいなキャリアのステップアップもイメージできるし。


22 2018/10/30(火)
昔と違って日本にもスカウティングが来てるし
世界大会に出なくても実力があれば海外に行ける。
世界大会くらい出て当然と思うメンタルで
いて欲しい。


24 2018/10/30(火)
実績重視で選ばれたW杯のおっさんジャパン。
いま若い芽はしっかり育ってますよ

引退年齢が上がり若手の出場機会を減らさないで欲しい。50歳過ぎと10代なら当然若い芽を育てよう


25 2018/10/30(火)
大会後、クラブでの出場機会を増やす選手が何人出てくるか。その競争に勝たないとA代表には選ばれない。


26 2018/10/30(火)
阻まれてたのって北朝鮮、イラクと若年層で強さを発揮する国と相性悪い韓国だろ。

そういう意味では今回は韓国潰して優勝すればコンプすると思う。


27 2018/10/30(火)
強くなったかどうかは本大会、少なくとも韓国戦を見ないと分からない。
イラク、北朝鮮等は年齢詐称しなくなったのでこれまでと比較は出来ない。


28 2018/10/30(火)
若い人を使うと夢があって楽しい。
我々、おっさんは、サポートに回るのが良い。勿論、責任は取るし、大きな方向性は示すけどね。


29 2018/10/30(火)
賛否両論ある少年サッカーの8人制化も、この年代のあたりから 
そう考えると育成改革も成果が出てるのかもね


30 2018/10/30(火)
まだまだ、成長できる!
期待してますよ!


33 2018/10/30(火)
FWが得点を記録することは重要なこと。そういう勢いは失いたくない。


35 2018/10/30(火)
逆に、4大会連続で敗退してた頃って、選手の育成どうなってたんだろうね。


36 2018/10/30(火)
4大会のうち2回は、監督とスタッフが無能だったというのは有名な噂。今回は有能と言うより無害なだけのような気もする。


37 2018/10/30(火)
4大会連続で行けなかった世代も負けないくらいタレントはいた。
実際、今の代表やW杯でも主力になってる。
ただコメントでも言われてる通り、今と違って一緒に活動する時間が全然違った。
そのせいかギクシャクしてパスは全然繋がらないしグダグダだった。
一言でチームとして全然成り立ってなかったね。


38 2018/10/30(火)
普通に黄金世代なだけじゃない?
それにしてもみんな良いミドル持ってる


40 2018/10/30(火)
たまたま組み合わせに恵まれただけでしょ。
だって、インドネシアだよ。
これが韓国とかサウジなど中東勢だったら
どうだった?

アジア予選敗退が続いてた時期の
準々決勝の相手は韓国、イラク、北朝鮮と
強い相手ばかりだったよな。
今回といい前回といい組み合わせに
恵まれた感が半端ない。

たまには直接対決で韓国に勝って
韓国をアジア予選敗退に追いやってみろ!


42 2018/10/30(火)
J1-U23とか、あれば良いのにね。


44 2018/10/30(火)
全員レベル低い。
全員こんな大会に出ているようじゃ駄目だ。
ペレもマラドーナも16才で代表デビューした。
奥寺康彦は18才で代表デビューした。
奥寺は腰痛を発症したので、その後すぐ代表から2年も遠ざかったが、
本当に才能のある選手はもう代表に入っている。
日本のようなテレビ・ゲームばかりやって、漫画・アニメばっかり見ているような気持ち悪い人間がたくさん住んでいる国で、この年齢で代表入れないようじゃ話にならない。
奥寺康彦以降、日本の選手はレベル低下しいている。


45 2018/10/30(火)
ハロウィンバカの愚行で日本代表サポーターの聖地である渋谷が汚されたのは
本当に腸が煮えくりかえるね











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ