1: 2018/10/23(火) 07:53:17.05 _USER9
no title


ウルグアイ戦では若手の中島翔哉、南野拓実、堂安律が目覚ましい活躍を見せた 

● 森保ジャパンが出足好調 若い世代が大健闘

 ロシアW杯で日本代表をベスト16に導いた西野朗氏の後を引き継ぎ、代表監督(五輪代表も兼任)に就任した森保一氏が手腕を発揮している。

 初仕事は就任直後の8月に行われたアジア大会。同大会の男子サッカーは五輪と同様、U-23代表+オーバーエイジ(OA)3人のレギュレーションが採用されている。だが、日本は東京五輪に向けた強化のため、U-21代表・OAなしで大会に臨んだ。U-23とU-21、たった2歳違いとはいえ経験値などで差がある。もちろんU-21日本代表選手も若くしてJリーグクラブやトップレベルの大学で活躍する俊英ばかりだが、若干のハンデを負って戦うことになったわけだ。

 実際、序盤のグループリーグでは苦戦が続いた。大差勝ちして当然のネパールには1点しか取れなかったし、ベトナムには0-1で敗れた。グループリーグは突破したものの、内容的には先が思いやられる出来だった。

 だが、決勝トーナメントに入ると、強いチームになっていった。1回戦こそマレーシアに1-0の辛勝だったが、準々決勝以降はサウジアラビア、UAEという難敵を撃破し、決勝に駒を進めた。

 決勝戦の相手、韓国はU-23のうえ、OAにイングランドの強豪トットナムで活躍するソン・フンミンを擁する。サッカー通からは大差負けを危惧する声が上がった強敵だ。ところが試合は90分間で0-0。延長戦で失点し、1-2で敗れたが、大健闘といっていい内容だった。

 森保監督は、若く未完成のチームでも勝ち切れる采配をし、結果を出すことで選手に自信をつけ、短期間で成長させたわけだ。

● A代表も3連勝し、 極めつけはウルグアイ戦

 続く9月、10月はA代表を率いて国際親善試合に臨み3連勝。ロシアW杯にも出場したコスタリカとパナマには、いずれも3-0で完勝した。

 そして極めつけが16日に行われたウルグアイ戦だ。相手はFIFAランク5位でロシアW杯でもベスト8になった強豪(W杯優勝が2回)。だが、この日の日本代表はまったく臆することなく対等以上のプレーを見せた。

 なかでも目を見張ったのは攻撃を担った堂安律、中島翔哉、南野拓実の躍動だ。この3人は相手ゴールを脅かし続けた。堂安と中島にボールが渡ると果敢なドリブル突破あり、絶妙なパスあり、ボールを奪われても粘って取り返すし、相手が少しでも隙を見せると思い切ってシュートも打つ。前線ではボールをしっかりと収める大迫勇也とともに、南野が強気のプレーでチャンスを決め切る仕事をした。また、他の選手もこの攻撃陣のイケイケの姿勢に呼応するように自分の役割を果たす見事なプレーを見せた。しかも、強豪ウルグアイを相手に、だ。

 長年、日本代表戦を見てきたファンが「こんな日本代表を見てみたい」と願っていた試合が、この日、実現したと言っていいほどの内容だった。

 そう感じたのは観戦者だけではない。長い代表歴を持ち(A代表出場数110)、この試合でもプレーした長友佑都は「ぼく自身、やっててワクワクしました。久しぶりに日本代表、強いなと思った」と語っている。また、長友は相手GKのムスレラと現在所属するトルコ・ガラタサライのチームメイトだが、試合後、言葉を交わし「凄いな、日本代表はこんなに強いのか」と言われたという。同じピッチでプレーした選手をも驚かせる試合をこの日の日本代表は見せたのだ。

10/23(火) 6:01配信 ダイヤモンドオンライン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181023-00183012-diamond-soci


スポンサード リンク

2: 2018/10/23(火) 07:53:30.06 _USER9
そして、それを実現に導いたのは森保監督である。出場メンバーを選び、彼らを生かす戦術を授けた。細かなパスで崩すことより、ドリブル突破や裏へのパスでより速く相手陣に入ることを優先。守りの形が整う前にゴールを狙うというものだ。それができる選手を起用し、伸び伸びとプレーさせることで、この凄い試合が生まれた。

● ウルグアイ戦の若手躍動が 他の選手に与える刺激

 日本代表がこのような試合をウルグアイ代表相手にできたことはもちろん収穫だが、この試合にはそれとは別の重要な意味があったと考えられる。他の日本選手に与えたであろう大きな刺激だ。

 長友同様、ロシアW杯で実績を残した代表選手も、この試合内容には刺激を受けただろう。とくに堂安、中島とポジションがかぶる香川真司や乾貴士などは、うかうかしていられないと発奮材料になったはずだ。

 また、堂安、中島、南野に共通するのは所属クラブが欧州4大リーグではないことだ。4大リーグはスペイン、イングランド、ドイツ、イタリアの1部リーグを差すが、堂安はオランダ1部のフローニンゲン、中島はポルトガル1部のポルティモネンセ、南野はオーストリア1部のザルツブルクだ。

 これらのリーグは4大リーグに比べ、レベルが落ちると見られがちで、日本のファンだけでなくサッカー関係者も4大リーグに一目置く傾向がある。実際、過去の日本代表の海外組も多くが4大リーグ所属選手だった。が、4大リーグ以外の欧州リーグもかなりハイレベルの戦いをしている。

 もちろん4大リーグのクラブでレギュラーの座を勝ち取り、常時試合に出場しているなら、それに越したことはない。が、各国の代表クラスが集まり競争の激しい4大リーグのクラブで出場機会が限られているのであれば、それ以外のリーグでもレギュラーとして活躍している選手の方がいいと森保監督は考え、代表に招集しているわけだ。

 今回の日本代表では遠藤航も、初招集ながらパナマ戦で好プレーを見せた冨安健洋もベルギー1部のシント・トロイデン所属だ。森保監督はリーグの格よりも、クラブから実力を認められレギュラーとして活躍している選手を正当に評価する目を持っているわけだ。

つづく

3: 2018/10/23(火) 07:53:49.77 _USER9
欧州でプレーしている選手は誰もが、レベルの高い欧州リーグでもまれることで実力を高め、代表入りすることを目標としている。4大リーグ入りはハードルが高いが、現在所属しているクラブでも結果を残せば、森保監督は評価してくれることが実感できたはずだ。

● 次は誰が活躍する? “非”4大リーグにいる期待の若手

 4大リーグ以外の国のクラブでレギュラーとして活躍している選手は数多くいる。たとえばベルギー1部KASオイペンに所属する豊川雄太。鹿島から岡山に移籍し、U-22日本代表でも活躍した選手だが、昨シーズンの終了間際、オイペンに移籍した。サッカーファンはご存じだろうが、ここで豊川はいきなり奇跡的偉業を成し遂げる。オイペンは最終節で3点差をつけて勝たなければ2部降格の崖っぷちの状況にあったが、試合は0-0で後半へ。誰もが残留は絶望と思っていた残り30分ほどで豊川が途中出場、ハットトリックと1アシストを決め、1部残留を決めたのだ。そのためサポーターから豊川はクラブの救世主とも呼ばれ、今季もレギュラーとして活躍している。

 オランダ1部のヘーレンフェーンに所属する小林祐希もレギュラーの座をキープしている。小林は磐田で活躍し、2016年にはA代表も経験しているが、オランダ移籍後は招集されていない。が、相手の弱点を衝くプレーができ、本田圭佑を彷彿とさせる強気発言も代表向き。代表で観たいファンも多いはずで、今の活躍を続けていれば、復帰の可能性は出てくるだろう。

 過去の実績よりも現在の活躍を重視するという森保監督の方向性はJリーグの選手にも希望を与えたに違いない。ウルグアイ戦の日本代表が多くの選手に与えた刺激は実力向上へのモチベーションにつながり、さらなるレベルアップを促すだろう。ひいてはそれが世界の壁を突破する原動力になるかもしれない。

 ウルグアイ戦の試合内容はそれほどの意味があると言っていいのではないだろうか。

 (スポーツライター 相沢光一)

4: 2018/10/23(火) 07:59:49.79
中島は神

5: 2018/10/23(火) 07:59:56.87
札幌ドームの韓国戦だっけあれ以来の見ててつええと思った

11: 2018/10/23(火) 08:06:22.78
>>5
あの時の本田と香川は圧倒的だったな

57: 2018/10/23(火) 11:26:32.01
>>11
そう考えると2~3年後にはどうなってるか分からんよな今のメンツも

6: 2018/10/23(火) 08:02:35.25
香川いないとダメ

8: 2018/10/23(火) 08:04:06.13
いやいや、ディフェンスもっとしっかりせえや
あのバックパスとかひどかったぞ

9: 2018/10/23(火) 08:04:15.11
コアラがいないからな
長友は正直者だわ

10: 2018/10/23(火) 08:05:51.53
長友「香川、本田がダメすぎでした^_^」

12: 2018/10/23(火) 08:08:07.97
移籍市場がどう判断するかを見るのがいいんでないか

13: 2018/10/23(火) 08:12:10.72
観てないからわからん柴崎出てた?

14: 2018/10/23(火) 08:12:32.37
もしかして青山って凄い選手なの?

15: 2018/10/23(火) 08:13:48.31
同時に長友いらんなとハッキリわかったけどな

58: 2018/10/23(火) 11:27:24.77
>>15
左の攻撃は中島が一人で何でもやるから長友必要なくなったな

17: 2018/10/23(火) 08:14:37.70
本田香川がいた頃の代表は暗黒期やろ

26: 2018/10/23(火) 08:29:10.22
>>17
俊さん時代こそ暗黒
本田の時代はW杯GLを二回突破してる歴代最高に近い時代だろ

19: 2018/10/23(火) 08:15:19.14
ようはアギーレからなのかハリルからなのかずっと弱いと思ってたんだな

22: 2018/10/23(火) 08:22:21.56
日本は強くないけどうまいよ
親善試合では

34: 2018/10/23(火) 08:40:03.09
>>22
最高のガチ試合のW杯でベスト16なんだがアホ??

23: 2018/10/23(火) 08:26:13.57
ハリルは本人の監督としての能力の微妙さもそうだったけど
さらに絶望的に相性の悪い監督でもあった

25: 2018/10/23(火) 08:27:24.88
はっきり言ってしまうと、ビッグ3がアレってことだよね
(´・ω・`)

28: 2018/10/23(火) 08:31:08.21
みんなの総意
「久しぶりに日本代表、速いなと思った」

60: 2018/10/23(火) 11:30:08.25
>>28
この活きの良かった選手がケガとかピークアウトで明らかに低パフォーマンスなのに知名度が上がったせいでギリギリまで外されずグダるってのはこれから先も代表の風物詩みたいにずっと続くんだろな

32: 2018/10/23(火) 08:36:02.25
こんなにスピードあったっけ?と思った

35: 2018/10/23(火) 08:41:15.38
>>32

リオ世代はフィニッシュまで速いよ
A代表が30秒以上かけてるのに五輪代表は13秒とかそんなもんって記事見たことある

47: 2018/10/23(火) 09:44:15.64
>>35
えええ、半分以下。
どうりで早く見えたわけだwww
ウルグアイのおじいちゃん監督なんてもっと早く見えただろうなw

37: 2018/10/23(火) 08:44:48.51
いい加減気付け
もう何十年もキリンカップで勝ちまくって
日本強いと満足してワールドカップで惨敗してる
やる気のない補欠チームに勝っても意味ない
アウェーで強豪国とやってみろ いつも金払ってホームで勝たせてもらってるだけ

38: 2018/10/23(火) 08:44:58.86
本田がのろまだったからね
フィジカルの強い本田にボールを預けてそこから本田のカリスマで遅攻を仕掛ける通称俺たちのサッカー
これが機能していたのはブラジルW杯アジア予選までですね
本田の動きが鈍くなって全然動かなくなって横着なプレーに逃げるようになって日本は不調になりましたね

40: 2018/10/23(火) 08:52:12.56
昨日みたU19のタイ戦はちょっと微妙だったなあ
安部が無双してたぐらいで、宮西の積極性はよかったけどシュートは外しまくってた
3点差ついて流し気味にしただけかもしれんが、後半は内容負けてたイメージだわ

41: 2018/10/23(火) 08:53:54.89
見てないけど、本田がいないとやっぱ日本は強いんだな
それはずっと変わらないな

42: 2018/10/23(火) 08:55:32.47
言ってもここ三大会で二回ベスト16まで行けてるのって本田の活躍も大きいだろ
もうご隠居してるんだしそんなボロクソ言わなくても良いだろうに

45: 2018/10/23(火) 09:34:52.20
>>42
長谷部のチカラかな?
ブラジル大会は怪我してたし、長谷部が交代で下がって逆転されたし

46: 2018/10/23(火) 09:41:55.94
サッカーよくわからんがこれならW杯ベスト8間違いないなって思ったよ

48: 2018/10/23(火) 09:44:34.72
W杯のベスト8なんて優勝する力がある国以外は間違いなく行けるなんてところではないだろ
ベスト8にふさわしい力があっても大会へのいい準備と組み合わせの運がないと辿り着けない

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1540248797/







スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ