news_220303_1

スポンサード リンク




 U-21代表も含めれば、今年、”森保ジャパン”の試合を数多く見てきたが、これほど辛口だった森保一監督は、あまり記憶がない。

「勝つことは大切だし、ハードワークは称えたいが、内容的には攻撃でも守備でも、まだまだ上げていかないといけない」

 パナマ戦後の公式会見。森保監督はひとまず前向きに試合を振り返ると、自らこう切り出した。よほど腹に据えかねるところがあったのだろう。

 確かに9月のコスタリカ戦に比べると、同じ3-0の勝利でも、内容的には見劣った。森保監督が言うように、「さらにクオリティーを上げられるよう、気を引き締めてやらなければならない」。

 だが、新監督が就任して、まだ2試合目。チームとしての連動、連係について大きな期待はできず、ある程度個人の能力に頼らざるを得ない。それを考えれば、まずまずの試合内容だったのではないだろうか。

 というより、新チーム立ち上げ直後の今から、志向する戦術の落とし込みばかりに躍起になるのは、むしろナンセンス。それよりも、柔軟かつ幅広い選手の選出や起用に力点が置かれている様子は、かなり好感が持てる。

 W杯ロシア大会に出場した”ロシア組”の扱いを見ると、それがよくわかる。

 まず、新チーム初戦となった9月のコスタリカ戦では、ロシア組の主力を一切招集せず、”若手海外組”を中心に起用。今回は、ロシア組の主力も招集メンバーに加えたが、だからといって、すぐにパナマ戦でまとめて起用することなく、コスタリカ戦でのメンバーとの融合を図るように、少しずつロシア組を加えていく。ロシア組と若手海外組の両方を、うまく競わせながらひとつのチームにしようとしている印象だ。

 ロシア組のひとり、DF長友佑都が語る。

「コスタリカ戦では、若い選手が”また違った代表”を見せてくれた。彼らはギラギラした、何の恐れもないプレーをしていて、僕も原点に帰れたような気がした。危機感もすごく感じている。経験を伝えるだけでなく、若い選手とともに新しい日本代表を創造していきたい」

 幅広い選手の選出、起用は、もちろん、Jリーグでプレーする”国内組”もその対象だ。J1で好調のFW北川航也が初招集ながら、招集初戦のパナマ戦でいきなり起用されるあたり、森保監督の姿勢がはっきりと表れている。

 ともすれば近年は、選手選考においては海外組偏重の傾向が強く、選手起用においては、呼ばれても使われない選手が数多いといった”悪しき慣習”が目立っていただけに、本来なら当たり前の現状も、新鮮なものに映る。

 森保監督の姿勢は、はっきりと数字で表すこともできる。

 W杯後の初戦となったコスタリカ戦の先発メンバーを、W杯当時の主力選手、同控え選手、それ以外の選手の3つに分類すると、内訳は主力0人、控え3人、それ以外8人。そして、2戦目となる今回のパナマ戦が、主力2人、控え1人、それ以外8人である。

 では、過去のW杯後の初戦、2戦目はどうだったか(今年9月のチリ戦が中止となり、9月に1試合しか行なわれなかったため、過去の例もそれに合わせて、9月の最初の試合を初戦、10月の最初の試合を2戦目とした)。

 2014年W杯後の初戦(9月5日vsウルグアイ)は、主力6人、控え1人、それ以外4人。続く2戦目(10月10日vsジャマイカ)は、主力5人、控え2人、それ以外4人。

 2010年W杯後の初戦(9月4日vsパラグアイ。原博実監督代行が指揮)は、主力5人、控え3人、それ以外3人。続く2戦目(10月8日vsアルゼンチン。アルベルト・ザッケローニ監督の初戦)は、主力5人、控え4人、それ以外2人。

 数のうえで明らかなように、森保監督の選手起用は、明らかにW杯メンバーへの依存度が低い。それは、現在と試合日程が大きく異なるものの、2006年W杯後の初戦(8月9日vsトリニダード・トバゴ)で、主力3人、控え1人、それ以外7人だったときをも下回る。

 およそ3カ月後の来年1月には、大陸王者を決めるアジアカップが控えている。そこではやはり、結果は完全に度外視、というわけにはいかないだろう。だとしても、目先の結果を求め、ロシア組をベースに今からメンバーを固定して戦術の浸透を図ったのでは、4年後へ向けたチームの成長を鈍くしかねない。

 むしろ、新チームを立ち上げたばかりの今だからこそ、いろんな選手を起用すべき。言い換えれば、これほど大胆な選手起用は今しかできない。その発想は当然のものだ。

 おそらく次のウルグアイ戦では、もう少し”ロシア色”が濃くなるのだろう。そこでロシア組が、さすがの貫録を新顔の面々に見せつけてくれれば言うことなし。万が一、不甲斐ない結果に終わったとしても、若い選手たちが期待高まるプレーを見せてくれている現在、チーム内の序列がシャッフルされるという意味では、それもまた悪いことではない。

 森保監督が就任して、まだ2試合。何かを判断するには早すぎるが、今やっておくべきことが行なわれているという意味では、無難なスタートを切っていると思う。

 加えて、森保監督が新戦力の発掘優先を言い訳にせず、試合内容にしっかり苦言を呈すあたりも悪くない。

浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181014-00010001-sportiva-socc



1 2018/10/14(日)
まぁ本当に、これまでは、
タイトルのかからない緩い二試合ですし、

この時期に評論家の皆さんが何を書こうが、結局これからの結果によって、この選考や内容自体も後からいくらでも叩かれてしまう世界だから、今、内容の評価をする事にはあまり意味を感じないですね。。。

それくらい評論家も世論も掌返しが当たり前。



2018/10/14(日)
大体は記事の内容に同意できるね。特にWCが終わり、新しい選手や戦術を試すべき時期、アジアカップを結果重視になるのは如何なものかと…。勿論、結果は大事だし、出すに越したことはないが、もっと内容を評価すべきだと思うな。
それと個人的にはパナマ戦が攻撃時後ろ3枚がバランス悪かっただけに、後半からでも3-4-2-1にトライして欲しかったかな。



2018/10/14(日)
今の時期は、ヨーロッパリーグ開幕して間もないので、Aマッチデーに招集しやすいが、アジアカップの時期になると、リーグ戦が佳境に入り、呼びづらくなる事を考えたら、若いメンバーを起用してチームベースを創っておくのは良い事。

森保さんは良く事情分かっている。



2018/10/14(日)
高齢化が進んでいたチームですから当然といえば当然ですよね
ここからいかに最適解を導き出せるかが重要
まずはウルグアイ戦楽しみです



2018/10/14(日)
新体制になって、とりあえずJ組のレベルの低さというより、海外組との絶対的な差が徐々に見えつつあるね。

正直、富安のポテンシャルの高さには驚いた。森保さんには積極的に起用してもらって、右サイドのDFやセンターバック、ボランチでも良いかも。
何にしても富安の可能性は計り知れない。右サイドのバックなら、この2~3年で酒井宏樹はライバルになるのは必須だね。

それとタイトルの依存度って(笑)
そりゃーどこの国もW杯後は試行錯誤するもの。
結果的に活躍したとかしないとかじゃなくてJ組の弱さが分かった2試合でもあるね。



2018/10/14(日)
そんな単純に比べることでもないでしょ。
要は8年前から長友らが台頭してきて
それがいまになって世代交代をしないと
いけなくなっただけでしょ。
誰が監督してても、こういった変化を
してただろうし、
誰でもやるであろうことを踏まえて
森保監督の妥当性を問うのは
時期尚早。
いい、悪い、なんて言葉はいまは
使うべきではない



2018/10/14(日)
東京五輪もあるからフル代表で試行錯誤ができるのはあと半年程度でしょう。
それまでは監督が好き勝手できる雰囲気作りも重要。



10 2018/10/14(日)
代表監督は、アジアカップで勝利を義務づけされる。しかし、その為の時間が無さすぎて、普段日本に馴染みの無い外国人監督ではW杯選手が中心になってしまう。
森保は、常に日本代表を見ているから、W杯選手の力を把握して親善試合に挑める。
アジアカップを度外視してあげれば、外国人監督でもJの選手を試してくれる。
全ては、時間が無さすぎる故の結果だ!



14 2018/10/14(日)
アジアカップ、今から楽しみです。苦戦するだろが強くなるには必要。海外でプレーしていても代表では未知数、良い経験になるはず



2018/10/14(日)
メンバー云々はまだ先の話、ある程度固定化されてからが監督の見せ所になるが、フィジカルトレーニングの意識の薄い選手は今からでも本格的に取り組まないと間に合わなくなる。



2018/10/14(日)
海外組偏重という表現に違和感がある。Jリーグで活躍したり才能が認められて海外リーグに行く事がほとんど。だから代表選手招集にそもそも海外組に目が向くのは当たり前で。



17 2018/10/14(日)
実力ではなく、その時の選手のポテンシャルではなく人気や知名度に直ぐに頼ろうとする日本特有の社会的病理から早く抜け出しましょう。



19 2018/10/14(日)
ですよね!
底上げしながら A代表がより強くなって行かないという事 考えながら指揮してるのがよくわかりますよ。
頑張ってください。



20 2018/10/14(日)
ウルグアイ戦が試金石だ。
だけど、海外クラブから森保監督に監督のオファーくるくらいに日本代表監督として名を挙げてくれればいいと思うようになってきたわ



21 2018/10/14(日)
たしかに前回の試合は見ていてワクワクするほどスピード感があったけど、今回はなんか以前の代表に戻った様な物足りなさがあった。人とボールが動くサッカーってのがコスタリカ戦ではあった。なんか縛られている様な、自由に楽しくサッカーをしていない(出来ない?)ように見えて、なんかつまらないサッカーに見えたのは、素人だからかなあ…



22 2018/10/14(日)
東京オリンピックを見据えた試験的な所も有ると思うね。次回ワールドカップ迄、今回出場した選手が何人残れるかも含め、今は見極め中だよね。



24 2018/10/14(日)
監督だって色々な戦術や選手を起用してテストする段階でしょ
海外組が使われようが、国内組が使われようが、試合で結果だしてればファンは文句言わないよ。



25 2018/10/14(日)
短期の結果で一喜一憂しない方がいいと思う。まだ始まったばかりです。



26 2018/10/14(日)
コミュニケーションがスムーズなのが大きそう!

外国人はブレーンで入ってもらいつつ監督は日本人ってのが、今の時代にマッチしてるように思いますね



29 2018/10/14(日)
依存度よりも、トップが点を取れない病を先に直さないと。
まあ、川又さんがコロコロゴールを決めてくれたのはかなりの前進。
オウンゴールだけど流れは変わっているということなのか。



30 2018/10/14(日)
もともとレベルの低い、読む価値を見出せない浅田の記事だが、今回のは輪をかけて酷い。森保を賞賛すべきか非難すべきか、W杯組を持ちあげるべきか落とすべきか、若手を持ち上げるべきか落とすべきか、全てが中途半端。

これが外国人監督なら遠慮なく叩けるのになw しょせん浅田の記事なんてそんな程度のものだ。



32 2018/10/14(日)
あくまでも親善。予選が始まれば肯定的な意見が続くとは限らない。



33 2018/10/14(日)
当たり前
実力じゃなくて経験で選んでるんだから
岡田が香川を外したのも同じ
調子が良い若手使ってない



35 2018/10/14(日)
次のW杯まで4年以上ある。通常より半年近く余計に時間がある。これはバカにできないんじゃないか。活かしてほしい。まぁ全代表が同じ条件ではあるけどw



36 2018/10/14(日)
親善試合たからなのか、相手がそこまでだからなのか、この二試合は面白くなかったな…。特に昨日は…。
ウルグアイ戦は現状のベストメンバーで臨みそうだから少し期待しよう!



38 2018/10/14(日)
森保Jは船出したばかりだけど、ワクワク感あり、のびしろあり、とにかく期待は膨らんでいる。



40 2018/10/14(日)
ザックの時はWC後の主力がまだ若かったから、一概には分からない。
今はチームの若返りが必要だから当然だろう



42 2018/10/14(日)
本当に4年後を考えるなら青山は年齢的に厳しいな



43 2018/10/14(日)
両サイドバックを戻すぐらいで十分じゃないかな。



44 2018/10/14(日)
今から、欧州国にぼろ負けし
南米国に1点も取れなくなり
韓国にも負ける。
堂安はずさなきゃ。点取れないなら、外れると有言したんだから。外せば、半年後強くなる。そのまま選ぶから、周りも皆、傷の舐めあい、ダラダラになるんだって。若手が多いなら、厳しくしないと、A代表なんだって。五輪代表じゃないからな。



45 2018/10/14(日)
まぁこの二試合は肩慣らしみたいなところもありますから。

ウルグアイは流石に厳しい試合になることを期待し、本格的な評価はアジアカップ、いや南米選手権ですかね。



47 2018/10/14(日)
中島、南野、堂安は使い続けるべき!
あんだけ仕掛ければ、いつか何かが起こる。



48 2018/10/14(日)
いろんな選手を組み合わせて相性やコンビネーションを試してほしい



49 2018/10/14(日)
好感が持てる、とか
悪くない、とか

何でそんなに上から目線!!



52 2018/10/14(日)
この2試合はこんなもんでしょ。あんだけ叩きまくったハリルさんだって初めはいろんな選手使って高評価だったんだから。W杯組がなかなか調子の上がらないまさに今、冨安みたいな新たなヒーローが出てきてほしいよね。次のウルグアイ戦かが本番なのかな。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ