1: 2018/10/13(土) 20:52:57.50 _USER9
no title


元サッカー日本代表の永島昭浩氏(54)が、2018年10月13日の日本対パナマ戦(3-0)中にサッカー用語の違いを解説したところ、正誤をめぐって疑問の声が相次いだ。

解説したのは「クロス」と「センタリング」と「横パス」の違い。ボードを使って指摘したが、「適当すぎ」といった声がツイッター上であがっている。サッカージャーナリストに見解を聞いた。

素朴な疑問に専門家が答える企画
永島氏は、代表チームの公式スポンサー・キリンが運営するツイッターアカウント「知識ゼロで楽しむサッカー日本代表戦」の企画に登場。9月から日本代表戦の際に運用されており、駆け出しサッカーファンのために、素朴な疑問に毎回異なる専門家が答えていくというものだ。パナマ戦ではこの専門家が永島氏だった。

永島氏はこの日、「クロスって何ですか?」とサッカー用語の質問を受けた。回答ではサッカーコートの図を描いたボードを使い、サイドライン際に相手ゴールから遠い順で「1」「2」「3」と示した。そこから中央のゴール前に伸びていく矢印をかきながら、

「1がクロスと言います。2は横パス。3はセンターリング。クロスボールというのはサイドから中央にゴールに向かって蹴るボールのことです」
としていた。図と言葉を照らし合わせると、サイドから中央に入れるボールのうち、

・クロス=浅い位置からプラス方向(前方)に向かうもの・横パス=真横に出すもの・センタリング(センターリング)=深い位置からややマイナス方向(後方)に向かうもの

と定義づけているようだ。

しかし、この説明には疑問が示されることになった。「こんな酷い解説を垂れ流さないで欲しい...」「少なくともこれは違うと思うわ」「適当すぎ」といった指摘が続々とあがり、物議を醸しているのだ。

「同じ意味で使われています」
実際、永島氏の解説を専門家はどう捉えるのか。サッカージャーナリストでJFA(日本サッカー協会)公認指導者ライセンスも取得している石井紘人氏にJ-CASTニュースが見解を尋ねると、

「クロスもセンタリングも、基本的にサイドからゴール前にボールを入れるという同じ意味で使われています」
と話す。プラス方向、マイナス方向はあまり関係がないという。「横パス」については「何でも横パスと言えてしまうので、どういう横パスかにもよりますね」とするにとどめている。

ただ、「『センタリング』という言葉は和製英語で、昔に比べて近年は現場で使われなくなっており、死語になりつつあります。元々『センタリング』と言われていたのが、『クロス』『クロスボール』に取ってかわっている状態です。浅い位置から放り込むもの(編注:永島氏の図の1)は『アーリークロス』、深い位置でやや後方に向かうもの(同3)は『マイナスのクロス』とも言いますね」という。

JFA公認指導者ライセンスの講習でも、「用語を海外と統一しようという狙いが見えます。その中で『センタリング』という言葉も使わなくなっていったのではないでしょうか」とのことだ。

たとえば「ハンド」という反則。石井氏は「海外では『ハンドリング』や『ハンドボール』という言い方が一般的になっています。日本では『ハンド』の方が馴染みがあると思いますが、日本でもサッカーに携わる方々の間では『ハンド』と言わない方もいます」と話す。

こうした点から石井氏は、永島氏の解説について

「現代のサッカー界のスタンダードな認識ではないと思います」
との見解を示した。

その上で、「知識ゼロで楽しむサッカー日本代表戦」の企画について、

「JFAの技術委員会などが関わるべきではないかという気がします。あるいは、公認指導者ライセンスの講習で使われる言葉に統一して解説した方が良かったと思います。指導者用の教本もありますので、マニュアルを作るなどもできるでしょう」
と話していた。

2018年10月13日 20時4分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15440439/


スポンサード リンク

33: 2018/10/13(土) 21:16:20.63
>>1
そりゃ選手時代から適当なプレイヤーなんだから解説だってその程度だろうが

132: 2018/10/13(土) 22:17:32.16
>>1
永島のいってるのも間違っていない
そもそも昔の定義ではそうだったし
古い本で調べるとこういう説明のされ方になってる

195: 2018/10/13(土) 22:55:10.71
>>1
昔は確かにそんなイメージだった。
センタリングは、ライン際までドリブルしてから上げる。
クロスは、(アーリー)が省略されたような形で、入ってきた。

296: 2018/10/14(日) 00:21:33.68
>>1
それ昔だよ
いつの間にかクロスはセンタリングと同じ意味になったな

395: 2018/10/14(日) 02:39:56.12
>>1
この石井ってのもライセンス持ちだけど永島もS級持ってるんじゃないの?
それなら石井が間違ってる可能性もある

S級保持者の武田がどう解釈するかで判断しよう

5: 2018/10/13(土) 20:56:40.32
美しいのがクロス
苦し紛れなのがセンタリング

142: 2018/10/13(土) 22:23:37.40
>>5
相手陣地の奥まで切り込んでんだぞ
センタリングのメリットはキーパーこら逃げるボール、オフサイドがない
この2点だけでもクロスボールよりはるかに利点がある

110: 2018/10/13(土) 22:00:44.65
>>6
横パスは位置を問わない
ゴール前の横パスがクロス

8: 2018/10/13(土) 20:58:22.87
センタリングって10年ぶりぐらいに聞いた

9: 2018/10/13(土) 20:59:07.31
ロスタイムとアディショナルタイムは

137: 2018/10/13(土) 22:19:48.44
>>9
ロスタイムは和製英語

11: 2018/10/13(土) 21:01:27.56
センタリングは懐かしい響き

13: 2018/10/13(土) 21:02:28.39
永島の言ってること理解できるんだけど
日本独自の細かさでの用語もないと向上発展しないんじゃないの?。

418: 2018/10/14(日) 05:55:48.39
>>13
用語を生み出すのにティキ・タカとかゲーゲンプレスとかポジショナルプレーみたいな感じではなくて
アクションサッカーとかセクシーフットボールとかそれだけではどういうサッカーなのかを
表現できない意味不明な造語を作るセンスのなさを放置するうちはダメダメよ

425: 2018/10/14(日) 06:27:11.21
>>418
お前アクションサッカーの意味知らないだろ?

16: 2018/10/13(土) 21:03:22.55
言い方が色々あると指導者変わって選手が混乱するからセンタリングはやめてクロスと言うようにしようと協会が決めてたような気がする。

18: 2018/10/13(土) 21:04:30.95
今はMFとか中盤っていうけど昔はハーフって言ってたな

24: 2018/10/13(土) 21:09:31.51
クロスもセンタリングも同じ意味だろ
永島が言うような"どの位置"から"どの位置"に出すかで違ってくるなんては初めて聞いたわ

25: 2018/10/13(土) 21:10:10.88
スレ開く前に今や海外サッカー見たり向こうの実況聴いたり日本人選手も海外出たりで
海外に合わせて変わっただけじゃねえのって思ったらやっぱりそれであってんのか
おっさん選手は今でも結構平気でラインズマンとか言うよな
ネットでラインズマンとか書くと「副審だろ!」とか鬼の首を取ったかのようにドヤ顔しながら叩いてくるのがいるけど

113: 2018/10/13(土) 22:03:46.56
>>25
ラインズマンに関しては海外に合わせて呼び方を変えたのではなくて実際に名前が変わった

27: 2018/10/13(土) 21:11:57.83
子供のころサッカーやってたけど
昔はクロスって言ってなかった
みなセンタリングって言ってた

136: 2018/10/13(土) 22:19:48.17
>>27
40代?
俺もクロスって言い方に逆に違和感のある40代

222: 2018/10/13(土) 23:10:55.89
>>27
おれの時も。
トップ下とかボランチって言葉もなかった。
センターハーフって言ってた。

28: 2018/10/13(土) 21:13:44.30
教える側も情報をアップデートしないとね

29: 2018/10/13(土) 21:13:55.09
昔は後方からの長い距離だとセンタリングと言わずにロングボールと言ってた
今は何でもクロスで通じるね

30: 2018/10/13(土) 21:14:22.28
最近よく聞く戻りオフサイドの意味が分からない
正確には何故普通のオフサイドと差別化する必要があるのか分からない

47: 2018/10/13(土) 21:27:02.54
>>30
オフサイドは、パスの出し手が最後にボールに触れた瞬間の選手の位置で判定する

なので、その瞬間にオフサイドポジションにいたパスの受け手が、ボールが転がっている間に
オフサイドラインより自陣側に戻ってボールを受けることがある
でも判定のタイミングはボールを受ける瞬間ではないので、オンサイドでボールを受けたのにオフサイドの判定となる
これが戻りオフサイド

流して見ていると、受け手の位置はオンサイドなのにオフサイドって言われた、なんで?
となるので、それに対して「今は戻りオフサイドです」と説明することで
オフサイドポジションから移動してきたのでオンサイドに見えるだけですよ、と解説してる

31: 2018/10/13(土) 21:14:51.44
センタリングは昔からある言い方で、いつからかクロスとも言われるようになった気がする。

クロスはアーリークロスみたいに、たしかに浅い位置から上げる場合にも使う気はするが

120: 2018/10/13(土) 22:06:39.21
>>31
単純にセンタリング(和製英語)
クロス(英語)
なのでアーリークロスという概念がヨーロッパで出来た時にそのまま輸入されただけ

35: 2018/10/13(土) 21:19:37.05
昔はセンタリングって呼んでたのが
クロスって認識してたんだけど間違ってる?
浅い位置からのクロスはアーリークロスだろ

36: 2018/10/13(土) 21:19:55.43
言われてみるとクロスは浅目の位置から高めにあげるボールのイメージあるかな

37: 2018/10/13(土) 21:21:01.11
深い位置からだと折り返しいう単語を使う気がする

42: 2018/10/13(土) 21:23:47.63
センタリング・・・サイドから中に上げる山なりのパス
クロス・・・センタリングよりライナー気味の球質
横パス・・・グラウンダー
って感じで使ってたわ

45: 2018/10/13(土) 21:26:30.19
>>42
軌道は関係ないけど普通はディフェンスの邪魔が入るんで
それを回避するため中央には浮き球で入れるものなんだよ

だからなんの前置きもない場合は浮き球で、ゴロならグラウンダークロスなどと前置がくっつく
速いとか遅いとか高いとか低いとか言うニュアンスは特に含んでない

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1539431577/







スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ