GettyImages-655244914

スポンサード リンク




◆シティを苦しめたゲーゲンプレッシング

昨季、公式戦4試合で合計18得点が乱れ飛んだゴールデンカードだったが、ふたを開けてみればスコアレスドローに終わった。リヴァプール、マンチェスター・シティ、両者ともにチャンピオンズリーグ(CL)とプレミアリーグを並走しながらのリーグ首位攻防戦ということもあってか思いのほか慎重になり、自慢の攻撃力が全面開放されなかった感はたしかにある。ただそれでも、どちらも決して守りの姿勢で試合に臨んだわけではなく、ハイレベルかつテンションの高いプレーの応酬と、高度な駆け引きの連続が見られた濃密な90分間だったと言っていいのではないだろうか。

ユルゲン・クロップがリヴァプールの監督に就任したのが2015年10月8日。つまり、この天王山はアンフィールドに来てからちょうど3年目の最終日だった。その集大成を示すかのように、クロップ率いる赤い軍団は、前半からゲーゲンプレッシングを存分に発動した。いつもの4-3-3の「3-3」が非常にバランスよくスムーズにポジションチェンジしながら、ジョン・ストーンズ、フェルナンジーニョ、ダビド・シルバといったシティのビルドアップチームに対して誰かが必ず素早いアタックをかけ、ボールを奪うシーンが目立った。

また両SBのジョー・ゴメス、アンドリュー・ロバートソンも高い位置を取り、中盤3センターと並んだ5枚でミドルゾーンを制圧。シティの中盤を苦しめ、主導権を握った。だが、4分にモハメド・サラーが左足を振り抜いたファーストシュートや、7分にサディオ・マネが左サイドをぶち抜いたシーンなど好機を生かせず、さらに29分にはジェイムズ・ミルナーが負傷交代を強いられるアクシデントもあり、リードを奪うには至らなかった。

◆カギとなった両チームのSB

クロップのチームを苦手とするペップ・グアルディオラだが、黙って終わるわけではなかった。後半、徐々にD・シルバ、ベルナルド・シウヴァのインサイドハーフ陣が自ら飛び出したり、スルーパスを狙ったりと、リヴァプールSBの裏のスペースを意図的に使えるようになってくる。61分には、D・シルバのパスに対して右からナナメに走りこんだリヤド・マフレズが惜しいシュートを放ち、75分にはB・シウヴァが左サイドの深いエリアに飛び出して折り返し、これまたマフレズが際どいシュートを狙った。

このゲームの肝になったのは、両チームのSBであった。昨季CL準々決勝の2試合で、ペップ・シティはSBが上がった裏を快速サラーにうまく突かれて敗れている。その教訓があったからか、この試合のシティは過去に例がないほど両SBのバンジャマン・メンディ、カイル・ウォーカーの位置取りが低かった。それは必ずしも相手の圧力で後ろに貼り付けられていたわけではなく、「同じ轍は踏まない」という指揮官の意思の表れだろう。逆に攻撃面で言うと、昨季は左に置いたレロイ・サネをリヴァプールの俊英トレント・アレクサンダー=アーノルドに完封されて攻め手を欠いたが、今季はラヒーム・スターリングを左に回してメンディのオーバーラップを促進。逆サイドのウォーカーがビルドアップに加わる“左高右低”を試しており、この試合もその形を踏襲した。だが、両SBは攻撃のタスクよりもサラーとマネに好き放題させないことを優先していた。

一方で、クロップも今季CBで起用していたゴメスを右にスライドさせ、中央にはデヤン・ロヴレンを使い4バックに変化を加えた。ゴメスはよくスターリングを抑えていたが、一方でアレクサンダー=アーノルドがしばしば見せる高速クロスや、サラーへの縦スルーパスがなくなって攻撃の迫力が落ちたのも事実。両軍ともに“あちらが立てばこちらが立たず”の中でチョイスをした結果が、スコアレスドローだったように思える。これだけ見ても、ペップとクロップの間には高度な心理戦があったとわかる。

◆頂上決戦は“ベストではないが悪くない”

そして、終盤に試合をテンポアップさせたのもまた、指揮官の決断だった。ペップは、やはりアンフィールドと相性が悪かったセルヒオ・アグエロ(キャリアで未だ無得点)を66分に、古巣相手に精彩を欠いたスターリングを76分に下げ、ガブリエウ・ジェズスとサネを投入。そして、そのサネが大きな仕事をやってのけた。85分、左サイドで突破を図ってヴィルヒル・ファン・ダイクのファウルを誘発し、PKを獲得。ところが、これをマフレズが枠外に飛ばしてしまい、シティは千載一遇のチャンスを逃した。

もしPKが決まっていれば、スコアだけでなく戦術的な観点で見ても、ペップの完全勝利だった。ハーフタイムを挟んで、ポゼッションよりも敵陣で「ギャップを探して突く」ことをより徹底させた微調整、さらにこう着状態を打ち破るための交代カードと、フレキシブルなところを示したのはクロップよりもペップの方だった。ただ、PKキッカーの選択については、基本的に「選手たちに任せている」というペップ流が裏目に出た。キッカーの座を譲らずジェズスを怒らせていたマフレズは、前所属のレスターでも過去8本のうち5つを外している。

何はともあれリヴァプールは命拾いをしたわけだが、クロップも試合後に「スタートは良かったがそのレベルを維持できなかった」と認めた後半の劣勢を考えれば、ひとまず前年王者相手のドローと無敗キープをポジティブに受け取るべきだろう。対するペップもまた内容と結果に「不満はない」とコメントし、「相手のフロントスリーのカウンターをコントロールできた」「非常にスペシャルなアンフィールドで失点せず、チャンスを作って自分たちらしさも出せた」と一定の満足を語っている。

にらみ合いの様相を呈した注目の一戦は、両者にとって“ベストではないが悪くない”結果に落ち着いたと言えるだろう。

文=大谷 駿
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181008-00010004-goal-socc



1 2018/10/08(月)
この前のチェルシー対リバポといいこの試合といいプレミアのビックマッチは面白い試合が増えてきたね
良い監督が揃ってるのも大きい



2018/10/08(月)
リバプールは、負けなかっただけ良かったと思うしかない。
とは言え、トッテナムに勝利、チェルシーとシティに引き分けなら、まずまずじゃないかな。



2018/10/08(月)
リーグとしても混戦になって面白くなった



2018/10/08(月)
ペップ3年目・クロップ4年目となり、戦力も揃って戦術も浸透した両チーム。
世界最高峰のタレント軍団が屈指の監督の下、チームとして明確な戦術を持ち、しかも必死に戦うのだから強い。そして何より見ていて面白い。



2018/10/08(月)
「華麗」とか「流れるような」と形容される印象が強いが、こと昨日の試合に限って言えば、メチャクチャ良い意味で「泥臭い」好ゲームだったわ。



2018/10/08(月)
ここへ来てサラー、マネ、フィルミーノの3枚に少し疲れが見えてきているよーな。



10 2018/10/08(月)
各チーム対策してきてるし、ターンオーバーでも替えが効かない選手達だから、年末年始の過密スケジュールをどう乗り切れるかがクロップの手腕に問われる。



11 2018/10/08(月)
恐らくリバプールはやりたいようなプレーができず逆にシティは予定通りの試合展開に持ち込めた。
引き分けではあるけどペップの方が手応えはあるだろう。アンフィールドだしね。



13 2018/10/08(月)
なかなかリヴァプールが速攻に持ち込めるシーンがなかったし、攻めようにもシティの守備陣形が整っていたしで上手く対策してきたな、と。



14 2018/10/08(月)
絶対にモウではありえない戦術合戦だったな
やっぱりこの2人の監督は別格



15 2018/10/08(月)
決定機は少なかったけど、中盤のせめぎ合いはレベル高かった。



18 2018/10/08(月)
リバプールファンだけど負け試合に等しかった
サネが控えてるのってすげー嫌だし強いわ



19 2018/10/08(月)
マフレズがPK失敗したから



20 2018/10/08(月)
マフレズを獲得したのがそもそも、負けと思ってる



22 2018/10/08(月)
激情型で荒々しいグロップ監督は、リヴァプールという土地柄、地域性のチームに合っているんだね。



24 2018/10/08(月)
8本中5本外してる新加入選手が蹴ることに他の選手は何も言わなかったのか?



25 2018/10/08(月)
マフレズは外しそうな予感はした
レスターで結構失敗してたし、けどアンフィールドの雰囲気でPK蹴るのはかなりプレッシャー



27 2018/10/08(月)
リバプールというよりシティが苦しめた印象。



28 2018/10/08(月)
リヴァプールとチェルシーの試合が凄かったから、昨日の試合は物足りなさがあった



30 2018/10/08(月)
なぜ無得点に終わったか、だと?
マフレズのお陰だろ。



32 2018/10/08(月)
バックパスすら狙っていく緊張感。トッププレーヤー達ががあれだけ献身的にやるんだよなぁ。
Jの試合、チンタラボール回してるように見えちゃうよな〜。。



33 2018/10/08(月)
PK誰を指名するかも含めて指揮官の仕事だと思うけどな。選手に任せるって聞こえはいいけど、そこの部分に関しては責任逃れにしか思えない。



34 2018/10/08(月)
昨シーズンのCLもシティはリバプールに大敗して、相性が悪いイメージしかない。



35 2018/10/08(月)
最大の要因は審判



36 2018/10/08(月)
90年代のセリエAのようだった



39 2018/10/08(月)
さぁPK失敗が覇権争いにどう響くかな



40 2018/10/08(月)
ハイレベルな選手によるハイレベルな試合ただ低レベルなキッカーのおかげで試合はぶち壊された。



42 2018/10/08(月)
シティに与えられるべきPKが3つも取り消されたから



43 2018/10/08(月)
この流れだとシティ対飴はこれ以上にドーパミンやばいか。サッリへの誘惑が効き、彼はロナウドインのセリエを蹴ってプレミアに来てくれた。ライバルの中でもより強大なチェルシーに自分のマリオネットを敵の高台に添えられたのはでかく、チェルシーの勢いを丸ごと取り込んでプレミア一強時代をより鮮明にするペップの陰謀を感じずにはいられない。



44 2018/10/08(月)
いや、単純にホームで勝つべきリバプールの攻撃がまるでチグハグシティが楽に流してただけだからw



46 2018/10/08(月)
終盤あわよくば点とって勝てればラッキー的にシティが攻めだして、運良くPKゲットしたけど外してジ・エンドという試合でメディアが必死に煽るような高尚なものは何もなかったからフェイクニュースはやめるべきだなw



47 2018/10/08(月)
寝落ちしたことを後悔。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ