m_soccerdigestweb-34759

スポンサード リンク




 28歳といえば一般的にサッカー選手として最も脂が乗る時期である。このタイミングでのモデルチェンジをいったい誰が想像できただろう。

 大津祐樹はサッカー人生のほとんどをアタッカーとして歩んできた。柏レイソルでも、ロンドン五輪代表でもそうだった。横浜F・マリノスに加入した今季も、「前線ならどこでもプレーできる」との宣言どおり、センターフォワードやウイング、あるいはトップ下で起用されてきた。時にインサイドハーフでプレーすることはあっても、どちらかというと高い位置取りからスタートする役割が多かった。

 転機が訪れたのは第25節の古巣・柏戦だった。負傷によって山中亮輔が27分に交代を余儀なくされると、中盤の喜田拓也が左サイドバックへスライドし、急きょ出場した大津がインサイドハーフの位置に入った。大津はボールをキープする相手を追って、追って、とにかく追いかけた。ボールホルダーにプレッシャーをかけ、パスでいなされても再びプレッシャーをかける。二度追い、三度追いを繰り返してハードワーカーとしての高い資質をのぞかせた。

 続くルヴァンカップ準々決勝のガンバ大阪戦ではホーム&アウェイともに先発出場して勝利に大きく貢献。日本代表に追加招集された天野純の穴を埋めるだけにとどまらず、中盤のエンジン役としてチームに活力をもたらした。第1戦では自らゴールも決めたが、「スタートポジションを変えて、まず守備から試合に入っている。中盤のところでボールを奪えればチームとして前へ出て行ける。今日のゴールは自分にとってオマケ」と平然と言ってのけた。

 この変貌ぶりにはプレースタイルやポジショニングだけでなく、メンタル面の変化がある。9月29日に行われたベガルタ仙台戦前日のコメントがそれを象徴している。「自分の感覚としてはボランチ。これまではこの位置でプレーする時に7対3くらいで攻撃に比重を置いていたけど、今は4対6くらいで守備を強く意識している。自分にとって新しいスタイルだけどやっていて楽しい」

 一般的にインサイドハーフ、アンジェ・ポステコグルー監督がシャドーと呼ぶこのポジションを、大津本人はボランチと捉えている。5-2で大勝した仙台でも大津は戦前の言葉どおりのプレーを体現した。自分たちがボールをキープする時間が長かったとしても、100パーセントの保持は不可能。考えていたのはボールを失った瞬間の初動だ。

「相手はカウンターを狙っていて、自分たちがボールを失ったところを攻撃の起点にしていた。だから攻守の切り替えのところで相手の攻撃の起点をつぶすことを考えてプレーした」

 チームとしてボールを保持している場面でも、常にリスクマネジメントを念頭に置く。だからこそ相手ボールになった瞬間にプレッシングの急先鋒になれた。これにはアンカーを務める扇原貴宏も、「祐樹くんは運動量があるので自分としても助かる」と賛辞を惜しまない。

 もともと持っている身体能力を最大限に生かすためには? 売りとしているダイナミックさをチームに還元するためには? 一般的に攻撃の選手がつけるはずの背番号9は、中盤の底に新たな居場所を見つけつつある。

文=藤井雅彦

SOCCER KING
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181001-00841094-soccerk-socc



1 2018/10/01(月)
ルヴァン杯吹田でのガンバ戦。
大勝してる状況の試合終盤。ガンバ3人のボール回しに猟犬のごとく喰らいついて1人でボールを奪いきったシーン!
スポーツパブ観戦だったけど、得点シーンと同じくらい周りからも歓声があがった︎
得点だけじゃない。サポは皆、大津の変化と頑張りをちゃんと見ているよ。これからも熱いハイパフォーマンス期待してます。



2018/10/01(月)
オランダから戻ってきた時点で体のキレが落ちまくってたけど、去年辺りからだいぶ動けるようにはなってきた。あとは筋肉系の怪我をしないことだね。柏にいた期間の半分くらいは怪我してたから。



2018/10/01(月)
柏から離れてしまったけど、若い頃のがむしゃらに走り回ってた姿を知っているので、完全復活を密かに期待してます。もっと出来る選手だよ。



2018/10/01(月)
割と視野も広いから奪った後素早く良いとこにパスつけたり、スペースに展開できるのも特徴。



2018/10/01(月)
仙台戦の後、運動量と攻撃の芽を摘む働きから伊藤翔からハマのカンテと称されてたね。



2018/10/01(月)
申し訳ないけれど、大津には全く期待していなかった。移籍が決まった段階で、「ロンドン以降全く活躍している気配がない、全盛期を過ぎた怪我がちの選手しか今のマリノスには獲得できないのか」と嘆いていた。
シーズン始まってもその評価は一向に変わらなかったけれど、ルヴァンのガンバ戦で一気に大津に対する見方が変わった。点差が開いた終盤になっても執拗に前線でボールを追いかけ回し、奪ってチャンスを演出。一瞬でハートを掴まれた。
大津様、私の無礼をどうかお許しください。



12 2018/10/01(月)
伸び悩んでいたけど、このまままた成長してほしい。使い勝手のいい選手は代表でも重宝されるはず。ロンドン世代なのでカタールのチャンスはあります。



13 2018/10/01(月)
大津、扇原、仲川の成長は驚いている。
ここに渓太の覚醒が加われば言うことなしなのだが。



16 2018/10/01(月)
今までならカウンター食らってたような場面で大津がファウル覚悟で止めてくれるのは本当に助かるし何より後半ロスタイムなのに最終ラインまでプレスかけてくれるし攻撃でも二列目から抜けたりワンタッチも上手いし、大津のインスタは最高だしみんなと仲よさそうだし。あと期待することは個人的に伊東好きだからヤマと二人で口説いて連れてきて。



18 2018/10/01(月)
シーズン初めはいたの?って感じだったけど今ではいないと困る選手になった 



19 2018/10/01(月)
ハイラインの穴は攻撃中にボールを奪われた時 いかにボールを奪った選手に前を向かせないか その役目やってくれている成績は後からついてくると信じて続けてほしい。



20 2018/10/01(月)
代表に選ばれて、途中出場で終わりまでの時間の少ない中で、ゴリゴリ相手DF引きずりながらゴール前までドリブルした姿見たときは夢みましたよ。


22 2018/10/01(月)
もう一花咲かせて欲しい!



24 2018/10/01(月)
大津選手のおかげで勝つ試合が多く感じます!
これからの大津選手にとても期待しています!



25 2018/10/01(月)
大津は運動量だけでなくスピードがあるから相手を素早く潰しに行けるのが特長
そして何よりカッコイイのは献身的なプレー
あれによって我々マリサポのハートは鷲掴みにされてしまった
もうマリノスになくてはならない存在だよ



26 2018/10/01(月)
キーボー並みのデュエルしてくれて、大津の元から備わった攻撃のポテンシャルあると、マリサポだからどっちもいい選手だとわかってんだけど大津の方が使って欲しいって思っちゃうよね最近の貢献度高さだと。



28 2018/10/01(月)
本当に頼もしい。十二分なテクニックにあれだけの運動量を続けられるなんて…久富アナの料理がかなり美味くて栄養面でも充分なんだろう。代表でスーパーボランチとしてもプレイしてほしいなぁ。



31 2018/10/01(月)
最近は大津がいないとこのサッカーは成り立たないと感じてきた
前線からあんだけ走り回って守備してくれたら後ろは楽だよね
今週も頼んだよ!



32 2018/10/01(月)
なんだかんだで9月は5勝1敗、これも大津がプレースタイル変えてから結果がついてきてる



33 2018/10/01(月)
ロンドンであれだけ輝いたのだからもう一花咲かせたいですね。



36 2018/10/01(月)
欧州の4-3-3の中盤の攻撃的な選手とイメージが重なる。期待。



37 2018/10/01(月)
かなり遠回りしたがやっと持ち味活かせる場所確保したか
元々フランサも絶賛してたぐらい技術がある選手



38 2018/10/01(月)
それがレイソルでは一瞬しか見れなかったのはホント悔やまれる



42 2018/10/01(月)
開幕当初は、何だこいつ、マリノスはこんなやつしか獲得できないのかって思っていたけど、一列下がってからは良い働きをしている。
でも9番の仕事ではないな。



43 2018/10/01(月)
来年、ウーゴと背番号交換すれば?
二人ともチームに残っていればだけど。



44 2018/10/01(月)
最近は後半交代して退く時に、なんで大津?と思うこともしばしば。



48 2018/10/01(月)
大津くんは今のマリノスにとっては欠かせない選手だな



50 2018/10/01(月)
可愛い奥さん貰ったんだから頑張らないとな。



51 2018/10/01(月)
頑張れ大津代表だ!



52 2018/10/01(月)
「大津祐樹を止めないで」から
「大津祐樹が止めてやる」に
新しい能力を開花させたね。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ