20180925-00000002-wordleafs-08406f8ac7f3d9e083d225d847c03d034

スポンサード リンク




埼玉スタジアムのVIP席から眺めていたファン・マヌエル・リージョ新監督の目に、選手たちのパフォーマンスはどのように映っただろうか。

 9月23日に行われた浦和レッズ対ヴィッセル神戸戦。就労ビザの問題で新監督がベンチに入れない神戸は3-3-2-2の新システムでアウェーゲームに臨んだが、0-4の大敗を喫した。

 神戸は今季、スペインのバルセロナ(バルサ)に倣い、独自の攻撃的スタイルを確立させるプロジェクトを発動させた。ところが浦和戦では、ディフェンスラインからのビルドアップもままならず、ロングボールを放り込んではマイボールをみすみす失うことを繰り返す。ショートパスも浦和のインターセプトに何度も遭い、あげくゴール前では相手にボールをプレゼントして、簡単にゴールを許してしまうのだ。

 アンドレス・イニエスタの負傷欠場の影響も大きかったかもしれないが、新システムは機能せず、もうひとりのスター選手、ルーカス・ポドルスキもいらいらを募らせるばかり。結果、新監督の御前試合で無様な姿を晒してしまった。

 果たして、リージョ監督は何を思ったか。イチから教えるのは大変だと頭を抱えたか、それとも、だからこそ教え甲斐があるとハートを燃え上がらせたか――。

 それにしても9月17日に神戸の新監督としてリージョが就任することが発表されたときは、衝撃だった。
 リージョと言えば、16歳で指導者の道に進み、29歳だった1995-96シーズンにサラマンカの監督としてスペイン1部の最年少監督の記録を樹立した生粋のコーチだ。現代最高の指揮官としてほまれ高いジョゼップ・グアルディオラも「影響を受けた監督」としてリージョの名前をあげるほどの戦術家でもある。バルサの指揮こそ執っていないが、その哲学はバルサのポゼッションスタイルに通じるところが多い。

 ふたりの邂逅は1996-97シーズンのスペインリーグ開幕戦のことである。当時30歳のリージョ率いるオビエドと25歳のグアルディオラ擁するバルサが対戦し、4-2でバルサが勝利する。しかし、内容で優っていたのはオビエドだった。当時斬新だった4-2-3-1を駆使したスペクタクルで攻撃的なオビエドのサッカーに衝撃を受けたグアルディオラが相手のロッカールームを訪れ、「あなたはなぜ、こんなサッカーができるのですか」とリージョに訊ねたというエピソードは、あまりに有名だ。

 キャリアの晩年、ユース時代から17年間過ごしたバルセロナを退団したグアルディオラは、イタリアのブレッシャとローマ、カタールのアル・アハリでプレーしたのち、現役最後の地としてメキシコを選んでいる。その理由は、ほかでもないドラドス・シナロアの指揮を執っていたリージョの元でプレーするためだった。
 一緒に過ごしたのはわずか半年だったが、その間ふたりは戦術論をかわし、グアルディオラはリージョから多くのヒントとアイデアを学び、知識を深めていったという。

 戦術家は饒舌であることが多いが、リージョも例外ではない。ユーモラスで、示唆に富み、ときにメディアと禅問答のようなやり取りを繰り広げる点も彼の魅力だが、神戸の選手たちも、まだ本格的な指導を受けていないが、すでにリージョの話術や人柄に魅せられているようだ。高卒ルーキーながら出場機会を掴んでいる郷家友太が明かす。

「僕らは通訳を介さないと分からないんですけど、ファンマ(リージョの愛称)監督が喋ると、とにかくスペイン人スタッフが爆笑します。人間性が面白く、オンとオフもはっきりしている方だなって感じていますね。早くファンマ監督の戦術やコンセプトを理解したいです」

 2004年に楽天の代表取締役である三木谷浩史氏が代表を務めるクリムゾンフットボールクラブが神戸の営業権を得てからというもの、チーム編成に大金が投じられるようになった。しかし、これまでイルハン・マンスズ、パトリック・エムボマ、三浦淳宏、大久保嘉人、宮本恒靖、橋本英郎、高木和道、野沢拓也、伊野波雅彦といった代表クラスを獲得してきたが、そこに一貫性があったとも、金額に見合った成果があったとも言いがたい。

 だが、“バルサ化”の名のもと、イニエスタを獲得し、リージョを招聘した今回のチーム再編には、間違いなく一貫性がある。これまで我慢することの多かった神戸のサポーターもようやく、5年後、10年後のチームやクラブの未来像を夢想して、幸せな気分を味わうことができるだろう。

 ただし、もし、神戸が早急なタイトル獲得を目指しているのだとしたら、今回の人選には疑問符がつく。リージョはタイトルとはおよそ縁のない指導者だからだ。それどころか、1992-93シーズンから3シーズン過ごしたサラマンカ以降は1シーズンでの退任、途中就任、途中解任を繰り返している。理想を追うあまり結果を残せていないのだ。

 ボールを握るスタイルで結果を出すには、11人全員の技術を高め、サポートやパスコースを作る動きを覚え、崩しのイメージを共有しなければならない。ボール支配率を高めることができても、カウンターを浴びて失点し、成績を残せないなんてことは世界中を見てもざらにある。

 12年に風間八宏監督を招聘し、今やJ1屈指の攻撃力を誇る川崎フロンターレも16年までの風間体制下ではついにタイトルが獲れず、ようやく獲得できたのは、その礎をもとに守備意識を高めた昨シーズンのことだった。ポゼッションスタイルの完成は一朝一夕にできるものではないのだ。

 ちなみに、グアルディオラがバルサを率いて世界に衝撃を与えた2008-09シーズン以降、世界中で“バルサ化”がトライされてきたが、成功したと言えるのは、グアルディオラ自ら「見ていて面白い」と発言したマウリツィオ・サッリ時代のナポリくらいだろうか。あとは失敗しているという事実に、どう向き合うか。

 スタイルに合う選手をさらに増やしたうえで、どこまで我慢してリージョをサポートできるか――。そこに、神戸の本当の覚悟が見えてくる。

(文責・飯尾篤史/スポーツライター)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180925-00000002-wordleafs-socc&p=1




うーん。浦和戦現地観戦してたけど。イニエスタ不在は確かに大きいとはおもうけど、ポドルスキは最終ライン手前まで下がらないとボールもらえないし、パスの出し手も受け手も工夫がないから結局サイドに流れるけど中に上げるタイミングも遅いし、最終ラインまで下がったりしてるからポドルスキがそもそも中に入れない。




ちょっと根が深いし、ポカしたDFは戦術を漏らすポカまでしてるし。大変だよ




神戸のバルサ化という言葉が独り歩きして、線でなく点でしか試合を見ずに、好き勝手書くライターが多すぎる。




この試合は、今シーズンワーストと言って良い。チームの戦い方の意図もわからなかった。ファンマ監督がどこまでこの試合にに向けてチームと準備したのかも不明確だが。
今シーズンは我慢。




はっきり言おう。
これは、無理だ。
いくらイニエスタ、ポドルスキーがいても、
周りの個の力が違いすぎる。
やりたい事はわかる。
イメージしてる事はわかる。
どのチームに近づけたいのかも、わかる。
しかし、個が違いすぎる。
やれる戦術で、やれる事をやろう!




ペップが師と仰ぐが代名詞になってるけど、この人自身は大した結果残せてないんですよね。それにペップが指導するわけでもないんだし、異国の地で過度な期待は危険だと思う。ましてや本当に三木谷が数年我慢できるのかが最も疑わしいんじゃない。




>12年に風間八宏監督を招聘し、今やJ1屈指の攻撃力を誇る川崎フロンターレも16年までの風間体制下ではついにタイトルが獲れず

まぁ、それでも残留争いに巻き込まれずそこそこの成績を挙げていればまだ良しとせにゃいかんだろうな。因みに、現在風間が率いる名古屋は厳しい残留争いのど真ん中にINしとるけどねw。




日本人選手の入れ替えがポイント。
神戸はイニエスタ、ポドルスキーと融合できない選手の移籍先を探した方が良いでしょう。
大半の選手は移籍先を探すことになるだろうから。




この試合見て嫌になってなきゃいいけど。それくらいデキが悪かった。




ボチボチ待ちますわ。いつか優勝争いするぐらいになって。急には無理やで。




どうせなら中盤とDFにもう1人ずつ日本代表クラス若しくは大型助っ人を期待します




初観戦した試合、そもそもの監督として招聘されたタイミングが悪すぎた。




陽介は浦和にいて良かったとおもう。




上っ面をどんなに塗りたくっても、生えてる根っこの部分が三木谷だから無理だと思う




三木谷さんが待てるとは思えん




多分ピザの関係で少しの間指揮とれないし、そうこうしているうちにもう今季おわってまうで

実質来季からが戦術教えこませてくんだろうな





多分外人枠あけて自分の教え子呼ぶやろうしまた新たに外人連れてきてほしい2人ぐらい

特にやはりFWで得点能力高いの連れてきてほしいね




タイトルしっかりね。




香川とか冬に呼べば?




神戸がJ2に降格したらおもしろいのになぁー今のままやったら集客力は抜群で他のJ2クラブはウハウハやろな




6番の棒立ちにはおそれいったな




耐久性のない神戸がそんなに我慢できるかね?




「早くファンマ監督の戦術やコンセプトを理解したいです」
さらっと言ってるが、これがもっとも難解な作業だと思うぞ。
わけわからん哲学書を1から読むようなもんだろ。




マンCの富豪買収の初期に似てる。リーグとプレイヤースキルが違いすぎて参考にはならないと思うが、Jリーグごときでは通用するんじゃないかと。




三木谷さんよ、借金20超えの楽天にもお金使ってあげてね?




勉強していい大学にいく。企業して億万長者になる。文句のつけようがない人生です
 素晴らしいフットボールを実践しつづけるには時間が必要です。近道はない




チョン・ウヨンOUT、イニエスタIN
これだけでここまでチームが落ちぶれるとは。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ