modo

スポンサード リンク




19日のチャンピオンズリーグ(CL)・グループG第1節、サンティアゴ・ベルナベウでのレアル・マドリー対ローマは3-0でレアル・マドリーの勝利に終わった。

クリスティアーノ・ロナウド、ジネディーヌ・ジダン氏というCLに愛された男たちと別れを告げ、3シーズン連続でディフェンディングチャンピオンとして同大会に臨むレアル・マドリー。しかしながらロペテギ監督は「レアル・マドリーにとってのチャンピオンズ、チャンピオンズにとってのレアル・マドリーを説明する必要はないだろう」と、CLと蜜月関係にあるのはレアル・マドリー自体であることを強調し、四連覇を達成する意欲をたぎらせている。

レアル・マドリー監督はこの一戦で、クルトゥワではなくケイロール・ナバスを起用。GKをCLとリーガで使い分ける考えを明らかにした。スタメンはGKケイロール・ナバス、DFカルバハル、セルヒオ・ラモス、ヴァラン、マルセロ、MFクロース、カセミロ、モドリッチ、FWベイル、ベンゼマ、イスコで、4-3-3のシステムを採用している。

試合の立ち上がり、レアル・マドリーはロペテギ監督が志向するパスを多用した攻撃でローマを圧倒。クロースの浮き球からベイルのボレー(枠外へFK)モドリッチのスルーパスからイスコのフィニッシュ(GKオルセンがセーブ)と幾度も決定機を迎えた。だが次第にインテンシティーを落として、ローマの4-5-1を崩し切ることができなくなる。攻撃の起点となるモドリッチ&クロースがザニオーロ&エンゾンジの徹底マークに遭い、また遅攻でアタッキングサードまで進行してもゴール前に収縮するローマを崩すアイデアを欠いた。

華麗なパスサッカーは影を潜め、不調時のジダン・マドリーのように攻め手を欠くロペテギ監督のチームだったが45分、ジダン・マドリーのように個の力を生かし切って先制した。ペナルティーエリア手前中央やや右からのFK、イスコが右足で目一杯こすりつけたボールは壁を超えてから急降下。オルセンが一歩も動かないまま、枠の左に収まっている。

後半、ローマに押し込まれる回数が増えたレアル・マドリーは、ポゼッション&カウンターを使い分けながら追加点を目指す。それが決まったのは、58分のこと。モドリッチの絶妙なスルーパスに反応したベイルがペナルティーエリア内左に侵入し、グラウンダーのシュートを突き刺した。

ロペテギ監督は追加点の直後、ベンゼマとの交代でアセンシオを投入。さらに73分にはベイルも下げて、マリアーノを初めて起用した。ウォームアップの段階から観衆を盛り上げていたレアル・マドリーの新背番号7は、大喝采を受けながらピッチに入っている。

終盤、レアル・マドリーはローマの攻撃を受け止めながら、カウンターからさらなるゴールを狙い、マリアーノの突破やアセンシオのルーレットからのシュートなどでスタジアムを盛り上げた。ロペテギ監督は86分に最後の交代カードを切り、モドリッチをセバジョスに代える。観客は「ルキータ、バロン・デ・オロ(バロンドール)! バロン・デ・オーロ!」と、これまでC・ロナウドに対して歌うことを常としてきたチャントを、クロアチア代表MFに捧げていた。

レアル・マドリーはアディショナルタイム2分、マリアーノがクラブ復帰後初試合でゴールを記録。新背番号7がペナルティーエリア手前左から右足を振り抜くと、強烈な勢いのボールが枠内右に収まった。試合はその直後に終了のホイッスルを迎え、レアル・マドリーが四連覇へ向けて幸先の良いスタートを切っている。なおベルナベウはこの試合で、今季初めて満員に近い客入りを記録。「コモ・ノ・テ・ボイ・ア・ケレール(どうして愛さずにいられようか)」のチャントが響き渡るなど、昨季までと変わらぬ歓喜がそこにはあった。

■試合結果

レアル・マドリー 3-0 ローマ

■得点者

レアル・マドリー:イスコ(45分)、ベイル(58分)、マリアーノ(92分)

GOAL

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180920-00000025-goal-socc



2018/09/20(木)

アセンシオをスタメンで使いたいけど、使えないジレンマ。攻撃陣が躍動、控えも勢いがある。ロナウド移籍で心配していたが、予想以上にいい状態を維持できていると思う。




2018/09/20(木)

一方的なマドリー試合だった、これが3連覇したチームですよと。モドリッチ下がって数分だけ攻めるシーン増えたけど特に怖さはなかったね。




2018/09/20(木)

ベイルはやっぱスペースあってこその選手、ポゼッションしながら攻めてる時は何故かシュートふかす

後マリアーノはよかった、対人強いし、ドリブルで抜けるし、今日はゴールもあった、これからどんどん使ってほしい




2018/09/20(木)

普通に支配率圧倒すれば攻められることも少ないね!個人的にやってるサッカーはジダンよりロペテギ派だわ!




2018/09/20(木)

初戦でこれは上出来でしょう。

ロペテギのシステムがフィットして来ましたね。

個人的にはCLで、ナバスが見られて嬉しいです。




10 2018/09/20(木)

ボールも支配できてるし今日も完勝したけど、今季は流れからの得点、相手を崩しての得点が少ないな。

今はまだ勝ててるけど、ロペテギも何か考えないと壁にぶつかりそう。




14 2018/09/20(木)

ロナウド居なくなって結束力強まったかな?にしてもベイルの速さは次元違うなぁ...




15 2018/09/20(木)

直接観て未だ興奮やまず、、

この10年間で一二番に今後に期待させられる試合だったし若い選手達含む躍動たるわ。。ローテーションが上手く行けば更なる黄金期が来るかも




19 2018/09/20(木)

攻めの評価が高いのはわかるが!やっぱりナバスがよかった。




21 2018/09/20(木)

レアルの完勝の試合だった




22 2018/09/20(木)

一応ローマは昨シーズンのベスト4チームなんだがレベルが違いすぎてたな。




24 2018/09/20(木)

リーグ戦はクルトワ、CLはナバス、カップ戦はカシージャ。贅沢な陣容。




26 2018/09/20(木)

今季のCLもストップ・レアルが至上命題かなぁ




27 2018/09/20(木)

まあ今のローマは最下位あたりに引き分けるからな…

選手刈り取られすぎて同情するところもあるけど、来季はCLすら出れなさそう




29 2018/09/20(木)

ロナウドがいなくても、マドリーはマドリーだね。

やっぱり強いわ!




30 2018/09/20(木)

マリアーノのシュート、ロナウドみたいだった

モドリッチは流石ですね




31 2018/09/20(木) 

ローマはナインゴランとストロートマン失ったのが大きすぎる




36 2018/09/20(木)

ローマELも逃しそうなレベルだった




39 2018/09/20(木)

ラクチンでレアルの面々は皆んな遊んでたな

ラモスは上がりっ放しだったし(笑)




40 2018/09/20(木)

酷過ぎるまるで練習されてるような内容だった

涙で前が見えない

こんな試合見せられて誰が黙ってられる

リーグでも分かってたんだアリソン・ラジャ・ケヴィンの穴が大き過ぎる

彼らの代わりに獲得した選手は誰も一流じゃない足元にも及ばない




41 2018/09/20(木)

さすが欧州王者レアルマドリード!

ローマに0-3で惨敗した情けないリーガの恥を払拭する快勝だったな!




42 2018/09/20(木)

ロナウドがいないレアル、ロナウドがいない10人のユーヴぇ、ともに強い!ロナウドいる?まー優勝目指すにはやはり大事な選手か。




45 2018/09/20(木)

強すぎてつまらん。




48 2018/09/20(木)

ベイルの2点目、反則級だろ。笑

なにあのスピードからのシュートコース。




50 2018/09/20(木) 

ヤオサはこの程度のチームに0-3とか流石雑魚専メッシ

ローマに2試合も完封されるなんてw

でもグループリーグでは荒稼ぎするんだもんなあww




51 2018/09/20(木)

マリアーノゴラッソやな!いいもの持ってるわ。アセンシオにしろマリアーノにしろ若手が躍動してくれるとチームも勢いつく













スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ