1 2018/09/10(月) 22:33:34.18 _USER9
ルヴァン杯敗退が決まり、観客に頭を下げるガンバ大阪イレブン 

no title

昨シーズン終盤のことである。

「チームは9月に入ってから勝てていない(この時点で7試合連続勝ちなし)。『タイトルがなくなったから集中できない』という言い訳はあってはならないこと。そういうときこそ、チームとしての真価が問われる」
 
 当時、ガンバ大阪を率いていた長谷川健太(現FC東京監督)は、怒りと情けなさ、憂慮が入り混ざった表情で胸中を明かしていた。

 リーグ戦は下位に低迷、天皇杯、ルヴァン杯も敗退して無冠が決まっていたからか、選手たちには厭戦気分がありありと見て取れ、覇気が感じられなかった。その日はJ2降格まっしぐらだったアルビレックス新潟を相手に、本拠地でなす術なく敗れていた。

 2013年から5シーズン続いた長谷川ガンバは、1年目にJ2で優勝し、2年目はJ1優勝、ルヴァン杯優勝、天皇杯優勝の三冠を達成。3年目もJ1で2位、ルヴァン杯準優勝、天皇杯連覇、ACLベスト4と、王者の証を示している。ところが5年目、常勝チームの面影は消えていた。王者の驕りか、世代交代の失敗か。結局、昨シーズンのガンバは13試合連続で勝てず、10位に低迷した。

「我々はどんな試合でも、歯を食いしばって戦える姿勢を見せなければならない。甘さが出ている。だから今日のように、わかっていても対応できなくなる。日頃の練習に全力で励み、ピッチに立つ姿をサポーターに見せないと……」

 長谷川監督の言葉は暗示だったのか。

 9月9日、日産スタジアム。宮本恒靖監督が率いるガンバ大阪は、ルヴァン杯準々決勝第2戦で横浜F・マリノスに挑んでいる。第1戦は本拠地で0-4と大敗しており、勝ち上がる可能性は低かった。しかし、そこで誇り高い戦いを見せられるか――。それはリーグ戦で17位に沈むなか、残留の試金石になるはずだった。

 立ち上がりから、ガンバは後手に回っている。3-4-2-1のような布陣だが、最終ラインがズルズルと下がり、綻びが埋まらず、とくにサイドのギャップを使われてしまう。前半12分の失点も、左サイドで遠藤渓太の独走を許し、ニアに走り込んだ伊藤翔に簡単に合わせられ、ボールがポストに跳ね返ったところを仲川輝人に詰められた。すなわち、3人が3人、ゴール近くでほとんどフリーになっていたのだ。

 ディフェンスが正しく機能していない証左だった。

 前半20分には、高いラインの裏を易々と突かれている。スピードのある仲川に走り込まれ、GKが飛び出したところで足を引っかけてしまい、やらずもがなのPKを与えた。DFとGKの呼吸が悪く、なによりパスの出し手の出どころを抑えられていない。

 各ラインの距離感も悪かった。DFラインに引っ張られ、MFラインが吸収されてしまう。FWラインだけが前線に残って、戦線が伸びきったところを分断され、中盤を席巻されている。ポジション的に不利に立っていた。

 前線に人が残っているだけに、いったん押し込むことができれば、優位に戦えるのだろう。アデミウソンのように、個人で打開できる選手も擁する。そこでセットプレーを得ることで、得点も望める。優れたキッカーもヘディングの強い選手も多いだけに、川崎フロンターレ戦(9月1日、2-0で勝利)などは、まさにそこが勝負のカギとなった。

つづく

9/10(月) 16:20配信スポルティーバ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180910-00010004-sportiva-socc


スポンサード リンク

2 2018/09/10(月) 22:33:43.64 _USER9
 押し込まれながらも人海戦術で守り、カウンター一発(もしくはセットプレー)を浴びせ、勝ち点は稼げる。

 しかし、そうした場当たり的な戦いに、選手は消耗する。試合終盤の失点が多いのは、まさにロジックが確立していないからだろう。これは17節までチームを率いていたブラジル人、レヴィー・クルピ監督の無策のツケとも言えるが……。

「今日は今後のリーグ戦につながる『4点差をひっくり返す試合を』と挑みました。連動した守備から取り返して、攻めきる、というところをトライしたのですが……。ボールを持ったところで、もう少し崩しの質を高めたいですね」

 第18節から采配を振るう宮本監督は試合後の記者会見で語ったが、この夜で、今シーズンの無冠が決まった。

 はたして、”常勝”ガンバの末裔たちは反発力を見せることができるのか?

 リーグ戦では代表組のGK東口順昭、DF三浦弦太が合流することで、守りはいくらか改善するのだろう。横浜FM戦で一矢を報いた一美和成(いちみ・かずなり)、ボランチで定位置を争う高宇洋(こう・たかひろ)、高江麗央(たかえ・れお)、18歳の中村敬斗のように、新鋭は台頭しつつある。また、ヴィッセル神戸から渡邉千真、レノファ山口から小野瀬康介を迎えて、戦力アップも図った。戦力的に見たら、降格するようなチームではない。

 しかし、勝負の厳しさを失っているのだとしたら――。

「(チャンスを多く作った時間帯に)決め切ることができたら、引き分けにも持ち込めたと思います。後半は、0-2のままでは終われないというところを、選手たちが見せてくれました」

 3-1と完敗した試合後、宮本監督は努めて前向きに語っている。

小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki

3 2018/09/10(月) 22:34:28.93
ガンバ頑張れよ

4 2018/09/10(月) 22:35:51.24
しょせん雑魚

5 2018/09/10(月) 22:36:14.77
> 戦力的に見たら、降格するようなチームではない。

それは見通しが甘すぎでは
今のJ1じゃ降格圏近辺のチームでも明確にガンバ以下の戦力なんてジャパネットだけっしょ

7 2018/09/10(月) 22:36:34.05
釜本に託そう

8 2018/09/10(月) 22:37:14.41
いいえ、戦力です

9 2018/09/10(月) 22:37:48.35
うっかりカップ戦残ってる方が後々大変だろう

10 2018/09/10(月) 22:38:37.24
ガンバれない大阪
我慢の大坂

どこで差がついた

11 2018/09/10(月) 22:38:38.38
戦力でしょ

12 2018/09/10(月) 22:39:12.84
移籍した選手が残っていたら強かったよな。どうあん、パトリック、井手口、宇佐美等々

13 2018/09/10(月) 22:39:59.46
> 戦力的に見たら、降格するようなチームではない。

それは遠藤や今野、倉田がまだ戦力になるレベルということ前提なんだよな

14 2018/09/10(月) 22:40:21.87
長谷川健太が監督でこの順位、ってのを額面通りに受け取るべきだったよね
ジェフが関塚隆が監督であの順位だったのに現実逃避し続けたのに似ている

15 2018/09/10(月) 22:41:28.27
正直もう好きだった選手も誰もいなくなったし
ガンバファンやめてもいいかなって

16 2018/09/10(月) 22:41:29.37
功労者のツネに貧乏クジ引かせてやっばりなって
フロント何やってんのよ

17 2018/09/10(月) 22:42:15.45
菓子杯捨てて、背水の陣を引いたんだよ。
今野も復帰したし、これからが楽しみ。

18 2018/09/10(月) 22:42:30.68
宮本は頭悪いし分析力ない

賢そうなイメージだけどイメージだけ
こいつアホだぞ

19 2018/09/10(月) 22:50:18.60
なんだかんだガンバいないとJ1盛り上がらんし
強いガンバを他サポも望んでるはず

27 2018/09/10(月) 23:01:01.17
>>19
J2に落ちるのをJ2サポも望んでる

21 2018/09/10(月) 22:53:01.87
おやっ?
こんな所に黒いフェイスガードが

22 2018/09/10(月) 22:53:46.98
これマジだったんじゃ・・・
森島「やれ」

23 2018/09/10(月) 22:53:51.83
ガンバに常勝のイメージまったく無いけどな
鹿島なら自分で名乗ってるからわかるけど

24 2018/09/10(月) 22:54:46.92
とりあえず、分かりやすいところで
宮本の髪型をグァルディオラスタイルにしてみようか

25 2018/09/10(月) 22:58:50.15
いきなり崩壊チームの監督押しつけられてキャリアに傷付けてるのに文句言うなよw

26 2018/09/10(月) 22:59:51.12
いや戦力だろ
パトリック一人いると全然違うぞ
放出した奴がバカ

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1536586414/







スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ