thumb2-ru

ロシア・ワールドカップは7日、準々決勝でロシアとクロアチアが対戦する。試合に先立ち、両チームがスターティングメンバーを発表した。

ラウンド16でスペインとのPK戦を制し、「ロシア」としては史上初めて8強入りを果たしたロシア。「過去最低」とも言われていた中、全選手が労を惜しまず走り続け、今大会にサプライズを起こし続けている。

そんなロシアは、準々決勝から1人変更。デニス・チェリシェフが入り、守護神イゴール・アキンフェフはもちろん先発。大会のスター候補アレクサンドル・ゴロビンもスタメンに名を連ねた。

対するクロアチアは、ラウンド16ではデンマークの堅守に苦しみPK戦までもつれ込んだが、GKダニエル・スバシッチが驚異的な反応を見せて3本ストップし、なんとか勝ち上がりを決めた。

20年ぶりの4強進出へ向け、クロアチアは前の試合から1人変更し、アンドレイ・クラマリッチを先発起用。主将ルカ・モドリッチ、イヴァン・ラキティッチはもちろんスタメン入りしている。

激戦必須の大一番、最後に笑うのはどちらのチームになるのだろうか。

両チームのスタメンは以下の通り。

◆ロシア

GK:アキンフェエフ
DF:フェルナンデス、クテポフ、イグナシェビッチ、クドリャショフ
MF:ゾブニン、クジャエフ、サメドフ、ゴロビン、チェリシェフ
FW:ジュバ

◆クロアチア

GK:スバシッチ
DF:ヴルサリコ、ロヴレン、ヴィダ、ストリニッチ
MF:ラキティッチ、モドリッチ、クラマリッチ
FW:レビッチ、ペリシッチ、マンジュキッチ

 

GOAL

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180708-00000038-goal-socc


スポンサード リンク





DhhD8WwXkAEgBj_


ラウンド16ではPK戦までもつれる激闘を制したロシアとクロアチア。すでに前評判以上の結果を残したといえる両者が、さらなる未来を切り開くための一戦に挑む。

ロシアはおのおのがタスクを怠らない熟練のハードワークを軸にスペインの攻撃を最後まで耐えしのいだ。開始直後からビハインドを負いながらも、「無敵艦隊」から勝利を得たことはチームに自信を植え付けたはず。そしてなにより、彼らは開催国という、何物にも代え難いアドバンテージを持っている。国民の期待と歓声を背に、勇ましく戦い続けたい。

一方、クロアチアはデンマークのコンパクトな守備組織に大苦戦。大黒柱のルカ・モドリッチを含めて「らしくない」ミスを連発し、攻撃のギアは最後まで上がらなかった。ロシアも堅守速攻をベースとするチームであり、デンマーク戦を良い「リハーサル」になったと前向きにとらえ、打開策を見つけていきたい。PK戦では3本のシュートを防ぎ、一躍ヒーローとなったダニエル・スバシッチを中心とする守備陣が先制点を与えないことも、勝利に向けて重要な要素となる。

https://russia2018.yahoo.co.jp/game/score/2018070717/










スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ