urugua

スポンサード リンク






キャプチャ


ともに開幕からの連勝を達成し、グループステージ突破を決めている両チーム。メンバーを入れ替えてくることも予想されるが、首位通過をかけて熱いゲームが繰り広げられそうだ。

開催国のロシアはサポーターの盛大な後押しもあり、下馬評を覆すパフォーマンスを見せている。大会前から懸念されていたディフェンス面でも素早く守備ブロックを整えて相手に自由を許さず、攻撃面では2戦8発と完璧と評していいほどの数字を記録。とりわけ、ボランチのロマン・ゾブニンを筆頭に連動性の高いプレッシングと抜群の走力が生み出す質の高いショートカウンターは目を見張るものがある。ダークホースとして旋風を巻き起こすホームチームは、南米の古豪を相手にも白星を奪えるか。

対するウルグアイは、強力2トップがいまだ本調子ではないものの、隙のない試合運びを見せて手堅く勝ち星を連取。どれだけ劣勢に陥っても、ディエゴ・ゴディンとホセ・ヒメネスの「同僚」コンビを中心に落ち着いて対応し、反撃のチャンスが巡ってくれば少ない手数でゴールへと迫る。「終わってみれば結局またウルグアイが勝っていた」と言わしめるような展開を、この「アウェイゲーム」でも披露したい。

https://russia2018.yahoo.co.jp/game/score/2018062501/









スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ