キャプチャ

ロシア・ワールドカップは24日、グループHの試合が行われ、ポーランドとセネガルが対戦。前半はコロンビアが1-0とリードして折り返した。


この試合の前に行われた一戦で、日本はセネガルと2-2と引き分け。この結果、暫定で日本とセネガルが勝ち点「4」に伸ばした。そのため、初戦黒星で終えたポーランドとコロンビアは、連敗となれば敗退が決定。崖っぷちの状況で、大一番を迎えた。

ポーランドは、初戦から先発メンバー4人を変更。エースのレヴァンドフスキやジエリンスキを先発させた一方、ブワシチコフスキらがベンチスタートとなった。ナバウカ監督は、3バックを採用している。

一方のコロンビアでは、初戦コンディション不良でベンチスタートとなっていたハメス・ロドリゲスが先発に。3人を入れ替えて臨んだ。

立ち上がりはポーランドが攻勢。開始1分でCKを獲得するなどコロンビアを押し込んでいく。5分にも、レヴァンドフスキをねらったクロスを送り込むなど、コロンビアにプレッシャーをかける。

両者とも気迫を持って臨んだ試合は、序盤から球際で激しい攻防が続く。互いに前線から激しいプレッシャーで、主導権を握ろうとする。

15分を過ぎてもハイテンションが続く試合は、徐々にコロンビアがボールを握り押し込む展開に。右サイドのクアドラードが早いタイミングでエリア内のファルカオをねらい、クロスを何度も送り込んでいく。しかし、ポーランドも負けじと跳ね返し続ける。

お互いに死力を尽くし、試合は落ち着く気配を見せない。すると29分にコロンビアにアクシデントが。この日強行出場となったアギラールが、プレー続行不可能に。ウリベが投入された。

しかし、アクシデントにもコロンビアは動じず。右サイドのクアドラードを起点に相手陣内でチャンスを作る。サイドからのクロスにファルカオが何度も飛び込み、ポーランドDFを脅かす。36分には、クアドラードがエリア内にドリブルで侵入するが、シュート性のクロスはGKシュチェスニーが弾き出した。

すると40分、コロンビアが欲しかった先制点を手にする。CKのパス交換からハメス・ロドリゲスがボールを持つと、浮き玉のクロス。これにミナが反応し、ヘディングで豪快にゴールを決めた。良い時間帯で、コロンビアが先制に成功する。

前半はコロンビアの1-0で終了。このままいけば、コロンビアは勝ち点を「3」に伸ばす事になり、ポーランドは同「0」で敗退が決定する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180625-00010025-goal-socc


スポンサード リンク





コロンビア対ポーランドは1-0でコロンビアが優勢か
日本初戦がコロンビアで本当に良かったな、今日のコロンビアには絶対勝てんわ笑
コロンビアのディフェンスライン前に強い
コロンビアが10人だった事と、クアドラードを抑えてた長友が凄かったんやなって。
ちょっとコロンビア上手すぎん?
まじで日本早々に退場者出せて良かったなほんと
ポーランド、コロンビアは1-1の引き分けが日本にはいいのか
コロンビア良いじゃん。そんで次セネガルに食われてくれ
コロンビアに勝ったん嘘みたいな試合やな。









スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ