Dgd61IaW0AA_7R4


ロシア・ワールドカップは24日、グループHの試合が行われ、セネガルと日本が対戦。前半は1-1で終了した。

19日の初戦・コロンビア戦で、2-1の勝利を収めた日本。グループ大本命と見られていたコロンビア相手に白星スタートを決め、世界を驚かせた。もしこの試合で勝利することができれば、この後行われるポーランド対コロンビアの結果次第で2大会ぶりの決勝トーナメント進出を確定させることができるため、3ポイントを目指して臨む大一番となった。

そんな日本に立ちはだかるのは、セネガル。初戦のポーランド戦では組織的な守備で相手エースFWレヴァンドフスキを押さえ込み、効果的なカウンターでゴールを奪ってこちらも2-1と勝利。日本は厳しい戦いが予想される。

西野監督は「リスクをかけて勝ちに行く」と宣言している中で迎えたセネガル戦。日本は前節と同じメンバーを採用した。4-2-3-1で入り、1トップには決勝弾の大迫、トップ下には香川が入り、2列目は乾と原口が。中盤底は柴崎と長谷部がコンビを組み、4バックは右から酒井宏、吉田、昌子、長友、守護神は川島が務めている。

対するセネガルは、前節から布陣を変更。3トップを採用し、中盤は3枚で構成している。

試合序盤、日本はDFラインでボールをつなごうとするが、セネガルがスピードをいかした強烈なプレッシャーをかける。エリア内にクロスを送り込まれたが、なんとか跳ね返した。その後数分は、セネガルがボールを握る展開に。危険な場面こそ作られないが、CKを与えるシーンが増えていく。

相手ボール時の日本は、4-4-2に変化。CBまでプレスはかけず、センターサークル付近でパスコースを制限していく。

しかし、11分に失点してしまう。右からの大きなクロスを原口が頭でクリアしたが中途半端になる。拾ったサバリがシュートを放つと、川島は弾ききれず。マネが押し込んだ。日本は、前半の早い段階でビハインドを背負うこととなった。

追いつきたい日本はすぐにに反撃。乾からのパスをエリア内に侵入した長友が受けてクロスを送る。後ろに戻したボールを長谷部がエリア外からシュートしたが、ここは味方にあたってしまった。前に出る日本だが、21分にショートCKをカットされると、セネガルのカウンターを許す。しかしニアンのシュートは、川島がキャッチする。

攻めに出たい日本は左サイドに活路を見出し、乾と長友の連携でゴール前まで到達するものの、なかなかシュートまで持ち込めない。25分過ぎには、長谷部が最終ライン付近までおりてビルドアップに参加。セネガルがプレッシャーを弱めたこともあり、ボールを回すことには成功する。

すると34分、日本は同点に追いつく。決めたのは乾。左サイドを抜け出した長友に、自陣から柴崎がロングパス。パスを受けた乾は、エリア内でカーブをかけたシュートを蹴り込んだ。背番号14のゴールで、試合を降り出しに戻す。

追いついた日本だが、気を抜くことはできない。38分、ニアンにDFラインを破られシュートまで持ち込まれたが、飛び出した川島が体に当てて防ぐ。終盤はセットプレーの守備の時間が続いたが、巧みなオフサイドトラップなどを駆使してゴールを許さない。

前半はこのまま終了。日本は先制許すも乾弾で追いつき、後半へ向かうこととなった。

Goal編集部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180625-00010004-goal-socc


スポンサード リンク














スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ