キャプチャ

◆W杯ロシア大会▽1次リーグC組 フランス―ペルー(21日、エカテリンブルク)

 勝てば1次リーグ突破が決まるフランスは、初戦でデンマークに敗れたペルーと対戦。フランスは19歳の新星、FWエムバペの待望のW杯初得点で前半を1―0で折り返した。

 負ければ1次リーグ敗退が決まるペルーは、試合開始早々から全員で猛プレスをかけた。なかなかボールを前に運べなかったフランス。だが、最初に決定機を作ったのはフランスだった。前半11分、FWグリズマンが右サイドを突破。右足でシュートを放ったが、ボールは枠を外れた。1分後には、MFポグバが右足で豪快ミドルを放つも、シュートは枠をとらえきれず。同14分には、左CKから191センチのDFバランがヘディングシュート。これはわずかに右ポストの外。波状攻撃を仕掛けたが、ゴールは奪えなかった。

 すると20分以降から一時は、ペルーがペースを握る。同24分にはFWフローレスがこの日2本目のシュートを放つも、ボールは大きく外れた。31分にはFWゲレーロが左クロスに反応。ゴール前で至近距離から左足でシュートを放つも、フランスの守護神ロリスが防いだ。

 先制ゴールを奪ったのはフランスだった。同34分、FWジルーが放ったシュートのこぼれ球を、FWエムバペが押し込み大会初ゴール。前半を1―0で折り返した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180622-00000033-sph-socc


スポンサード リンク














スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ