キャプチャ

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第1戦が17日に行われ、ブラジル代表とスイス代表が対戦した。


 最多6度目の世界制覇を狙うブラジルは、エースのネイマール、ガブリエル・ジェズス、フィリペ・コウチーニョなどが先発出場。持ち回り制のキャプテンはマルセロが努めた。4大会連続出場のスイスは、日本戦にも出場した主将のステファン・リヒトシュタイナーやグラニト・ジャカ、ジェルダン・シャチリらがスタメン入りした。

 試合は立ち上がりからブラジルが主導権を握ると、20分に先制する。こぼれ球を拾ったコウチーニョが得意のペナルティエリア手前左から右足を一閃。ファーのゴール右隅に豪快なシュートを沈めて先制点を挙げた。

 再びスコアが動いたのは50分。シャチリの右CKから中央のシュテフェン・ツバーがヘディングシュートを叩き込み、スイスが同点とした。追いつかれたブラジルは73分、G・ジェズスがエリア内でマヌエル・アカンジとの競り合いで倒れるが、ここはノーファルの判定。88分にネイマール、90分にロベルト・フィルミーノがヘディングシュートを放つが、どちらもゴールには結びつかず。

 試合は1-1のまま終了。22日のグループE第2戦は、ブラジルがコスタリカ代表と、スイスがセルビア代表と対戦する。

【スコア】
ブラジル代表 1-1 スイス代表

【得点者】
1-0 20分 フィリペ・コウチーニョ(ブラジル)
1-1 50分 シュテフェン・ツバー(スイス)

SOCCER KING


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00778329-soccerk-socc



スポンサード リンク














スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ