content_photo_main01
1   2018/05/18(金) 22:54:00.27 _USER9
◆青山を再び、呼び寄せた理由は――
 
5月30日のガーナ戦に挑む日本代表のメンバーが発表された。この試合は、ロシア・ワールドカップに挑む「23人」を選考するための最後の舞台となるわけだけど、
選出された27人の顔ぶれを見てみれば、ハリルホジッチ時代からほとんど変わらないね。
 
限られた時間のなか、これまでの流れをベースにするのは当たり前だとしても、結局、ハリルホジッチの見立てはそこまで間違ってはいなかったということだろうね。
料理に例えるなら、“西野シェフ”は同じ材料で、どんなメニューを並べられるのか。腕の見せどころだ。
 
目新しいところでは、サンフレッチェの青山が入ったことか。ハリルホジッチの初采配となった2015年の3月シリーズで招集されて以降、代表から遠ざかっていたけど、西野監督は再び呼び寄せた。
理由のひとつに、今季のJリーグで首位を独走するサンフレッチェで「今のチーム事情を彼が作っているといってもいい過ぎではない。
現在の広島のサッカーを象徴しているキャプテン」とコメント。そのリーダーシップに期待を寄せているのかもしれない。
 
この青山だけでなく、全体的にワールドカップに出たことのある選手が優先された感じがするよ。ワールドカップを知らない監督、コーチからすれば頼もしいだろうね。

◆動きがあるのは中盤から前になりそうだ

経験者という意味では、本田、香川、岡崎のいわゆる"ビッグ3"も選ばれた。彼らの豊富な経験はたしかに貴重だけど、
予選突破の大きな原動力になったかと言えば疑問符が付くし、以前のように絶大な存在感を示せるかは分からない。
 
しかも岡崎は負傷中で、香川も怪我による離脱期間が長く、試合勘に不安を残す。クラブで思うように試合に絡めていない井手口や浅野も含めて、
コンディションが決して万全ではない何人かの選手たちが、今後、どれだけ状態を上げていけるかは重要な要素になりそうだ。
 
もっとも、ファンやサポーターが見てみたいと思う選手が揃っているのではないかな。
ただ、無難にまとまった印象がある一方で、マリ、ウクライナと対戦した今年3月のベルギー遠征で、インパクトを残した中島が落選した。
 
乾や宇佐美、原口といったアタッカーたちとの競争に敗れた形だと思うけど、今回の27人から、最終的には23人に絞られるわけで、
ロシアに行けない4人は誰になるのかも気になるところだ。
 
ポジション別に考えてみると、GKとDFはほぼ固まっているように思えるだけに、動きがあるのは中盤から前になりそうだ。
ストライカー、攻撃的MF、守備的MFと、いずれも似たようなタイプがダブっていて、事前キャンプやガーナ戦でふるいにかけられるはずだ。
 
◆守備重視の戦い方が最も理に適っている
 
気になったのは、守備的MFがかなり多いこと。
長谷部、山口、井手口、青山、三竿に加えて、攻撃センスが特長の柴崎、大島もいる。このセクションから2~3人が外される可能性もあるね。

こうしたラインナップから、西野監督はディフェンシブに構えて、カウンターに勝機を見出す戦略を準備していそうな気がするよ。
古い話だけど、自身が指揮を執った96年のアトランタ五輪では、ブラジルを相手にマンツーマンの守備に重きを置き、ワンチャンスをモノにして勝利を手繰り寄せた。
 
そうした成功体験が、ワールドカップを戦ううえでウエイトを占めていても不思議ではない。もっとも、今の日本の実力を踏まえれば、守備重視の戦い方が最も理に適っているとも言えるけどね。
西野ジャパンは基本布陣も不透明な部分があるけど、ガーナ戦ではいかなる戦いを見せられるか。勝利は最低限のノルマだとして、先発に誰をリストアップするのか、6人の交代枠を使いながら、誰をテストするのか。
 
さすがに、起用されないままメンバーから落とされたら、その選手は納得できないだろうが、西野監督も相当に頭を悩ませているはずだし、「23人」の選定はギリギリまでかかりそうだ。

サッカーダイジェスト 5/18(金) 19:09配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180518-00040569-sdigestw-socc

写真
no title


スポンサード リンク

5   2018/05/18(金) 22:58:48.08
>>1 あの二人を使用しながらカウンターとかギャグ(笑)

西野がカウンター強要したらあの二人と仲間たちが造反して自分たちのサッカぁをやりだすわ(笑)

19   2018/05/18(金) 23:08:19.96
>>1
ハリルやめろ、やめろと散々言ってたヤツがな~に逃げ道作ってんだw

31   2018/05/18(金) 23:13:29.64
>>1
だったら南野が必要。

42   2018/05/18(金) 23:24:37.35
>>1
西野が目指すのは、アトランタのブラジル戦の伊東みたいなゴールだから、
ハリルホジッチとは違うタイプの運頼みカウンターだな。
あの試合のヒーローは川口能活だったけど、川口みたいに川島が覚醒すれば奇跡もあるかもね。

90   2018/05/19(土) 00:18:21.33
>>42
広島のGK呼ぶ方が確率高そうw

3   2018/05/18(金) 22:55:40.04
しかし俺たちのサッカーは違う

4   2018/05/18(金) 22:58:20.20
本番で思う存分造反するから問題ない

7   2018/05/18(金) 23:01:30.30
否定、否定、否定。
コイツこそメディアから去れ
胡散臭い日系人 コイツ調べたら詐称がいっぱいでそう

9   2018/05/18(金) 23:02:38.06
青山→→→ バッシーン→→→浅野

10   2018/05/18(金) 23:03:05.76
言いたいことはわかるが
カウンターと言いながら前線でタメを作るメンバーなんだよな
それこそセルジオが好きなブラジルの速攻サッカー目指してほしいわ
今は崩壊するだろうがw

13   2018/05/18(金) 23:05:54.62
戦術は間違っていたが選手起用は正しかったと言いたいのか?

14   2018/05/18(金) 23:05:55.26
どんなサッカーできるのか楽しみだわw

17   2018/05/18(金) 23:07:19.05
やるのは俺たちのサッカーなんだが

18   2018/05/18(金) 23:07:19.19
負けないのが取り得のギリシャのサッカーをやってみろよ

20   2018/05/18(金) 23:08:54.94
ブラジルはガチガチに守りを固めた相手に無理に攻め込まないもんな
ああいう緩急の切り替えを増やして欲しい
ハリルの時はあまりにも単純すぎた

21   2018/05/18(金) 23:08:56.89
FWはもう武藤を軸にしてやってみろよ
1回あいつを王様に好き勝手やらせてみてくれ

55   2018/05/18(金) 23:40:16.12
>>21
武藤ポテンシャルは凄いよね
大迫みたいにポストは上手くないかもだけど武藤中心にするのは面白いと思う

22   2018/05/18(金) 23:09:12.16
ハリルが選んだ選手は下手過ぎてはカウンターが出来なかったじゃん
精度が高いロングパスが出せる青山に期待してるわ

24   2018/05/18(金) 23:10:32.60
いやカウンターなんて場合によってはの戦い方で基本誰がいても出来て当たり前なんでないか

26   2018/05/18(金) 23:12:13.26
正解を教えてくれよ、セルジオさん
ハリルやめろ、やめろと言ってた人間がなんで上から目線でケンカ腰なん

27   2018/05/18(金) 23:12:41.51
これで外れるのはホンダって言ってくれたら最高なんだが

30   2018/05/18(金) 23:13:18.92
両方出来た方がいいに決まってるだろ
岡ちゃん時は何年練習したんだよ

37   2018/05/18(金) 23:17:34.48
ハリルの代表は軽くトラウマ。もっとちゃんとしたチームに杉本やら小林やら中島やらを呼んでやって欲しかったな。名前忘れたけど仕掛けないサイドバックとか目を疑ったよ。

40   2018/05/18(金) 23:21:26.19
本田、香川をいれておいてカウンターとは...
セル爺まで忖度とは嘆かわしや
結局ロングカウンターを捨てて俺たちのポゼッションしてまた惨敗して4年前に逆戻り
4年前のメンバーのリベンジにするなら監督変えなきゃ良かったのに
それならそれで納得できる
本当にロシアは応援する気が失せる

47   2018/05/18(金) 23:29:47.96
せや!
この経歴詐称ジイサンの言う通りや!

48   2018/05/18(金) 23:30:22.43
何一つ出来ておらず絶望しかなかった無能ハリルホジッチサッカーからカウンターに勝機を見出すサッカーに変わるのはいいことだ。

64   2018/05/18(金) 23:49:32.68
>>48
いや、本田がハリルのカウンターサッカーを許否したんだけど?
前回のザックの時もそう、本田はザックの縦に早く手数をかけないカウンターを許否して
強引にオレ達のサッカーにした結果がアレだ

50   2018/05/18(金) 23:33:07.26
「孫子の兵法」のひとつ・・・
「攻撃は最大の防御なり」というのは「孫子の兵法」のひとつでありますが、
実は「勝つべからざるは守るなり、勝つべきは攻むるなり」のなかの一部にすぎないのです。
つまり「勝てそうもないのならとにかく守れ、勝てそうな戦いにおいては、
攻撃こそが最大の防御になる」ということなのです。

51   2018/05/18(金) 23:33:53.42
4点取らせて3点取るのが西野サッカーの真骨頂

52   2018/05/18(金) 23:35:40.14
セルジオが自ら監督やれよ!

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1526651640/



スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ