news_243971_1

マインツに所属するFW武藤嘉紀が5日、ブンデスリーガ第33節のドルトムント戦で今季8ゴール目を記録した。ブンデスリーガ通算20得点となり、1年目の2015-16シーズンに記録した7得点を上回ってキャリアハイとなった。

 武藤は1点リードで迎えた前半13分、左サイドに開いたMFパブロ・デ・ブラシスのクロスに反応。ニアサイドにいち早く走り込んでDFエメル・トプラクに競り勝ち、かすかに軌道を変えるヘディングシュートで流し込んだ。決まった直後には豪快なガッツポーズも飛び出した。

 マインツは今節で勝利すれば、他会場の結果によってはブンデスリーガ1部残留が決まる可能性がある。試合は前半20分現在、2-1でリードしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180505-01653447-gekisaka-socc

スポンサード リンク

やっぱ武藤は代表に呼んで欲しいな。
武藤ゴール決めてるやん!
今シーズン8ゴール目!!
1トップだろうが2トップだろうが、日本のエースは武藤だって絶対。
久しぶりに代表で武藤嘉紀見たいなぁ。全く呼ばれないよな〜
@nana_dolphin00 武藤は大迫より上だろ今の状態的に
シーズン終わったらプレミア行くらしいしな
乾も武藤もゴール!調子いいね~
@nana_dolphin00 わいはムンヨ応援してるからあれなんやけどな()
武藤は代表入らなかったらおかしいってくらい活躍してるよな
武藤見るの久々だけど、キレッキレだな。


スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ