1   2018/04/30(月) 10:03:50.36 _USER9
◆名門クラブが軒並み低迷、J2降格未経験の横浜FMと鹿島も下位に沈む
 
J1リーグの第11節が28日・29日に各地で行われた。全34節が行われるシーズンの約3分の1を消化したなか、
1992年のJリーグ創設時に加盟していた10クラブ(通称:オリジナル10)の名門が軒並み低迷という大異変が起きている。

今季のJ1は第11節を終えて、サンフレッチェ広島が唯一の1敗(9勝1分/勝ち点28)で首位を快走。
2位にFC東京(7勝1分3敗/勝ち点22)、3位に昨季リーグ王者の川崎フロンターレ(6勝3分2敗/勝ち点21)がつけている。

その一方で、J2からの昇格組である湘南ベルマーレが10位(4勝3分4敗/勝ち点15)、V・ファーレン長崎が12位(4勝2分5敗/勝ち点14)と健闘。
そんななか、Jリーグを長年けん引してきた名門クラブが思わぬ苦戦を強いられている。

第11節終了時の順位表を見ると、下位6クラブの中でサガン鳥栖を除く5クラブが“オリジナル10”の名門だ。

13位横浜F・マリノス(3勝3分5敗/勝ち点12)、14位浦和レッズ(3勝3分5敗/勝ち点12)、15位鹿島アントラーズ(3勝3分5敗/勝ち点12)、
16位ガンバ大阪(3勝1分7敗/勝ち点10)、18位名古屋グランパス(2勝1分8敗/勝ち点7)となっている。

この5クラブの中でいまだJ2降格未経験なのは、横浜FMと鹿島のみ。その他の3クラブはいずれも苦杯を嘗めた過去がある。今、名門クラブに何が起きているのだろうか。

◆低迷する名門5クラブの中で最も深刻な状況に陥っているのは…
 
今季、指揮官の交代が最も激しかったのが浦和だ。堀孝史前監督が解任され、大槻毅氏が暫定監督として指揮し、オズワルド・オリヴェイラ監督が後任に就いたものの、直近2連敗を喫している。
また、アンジェ・ポステコグルー監督が率いる横浜FM、レヴィー・クルピ監督を招聘したG大阪は、それぞれ新体制で波に乗り切れていない印象だ。

元日本代表DF内田篤人らを補強した昨季2位の鹿島は、以前のような勝負強さが鳴りを潜めている一方、最も深刻な状況に陥っているのが名古屋だろう。
ここまでチーム総得点11のなか、日本人選手の得点はいまだゼロ。さらにリーグ8連敗と泥沼に陥っている。

低迷する名門5クラブは、いずれもJ1リーグ優勝など数々の栄冠を手にしてきた。しかし、今季は四苦八苦の戦いを強いられており、波乱含みの展開となっている。
果たして、名門クラブはこのまま低空飛行を続けて残留争いに巻き込まれるのか。シーズン中盤戦の争いに一層注目が集まる。

>>2以降につづく

4/29(日) 19:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180429-00100828-soccermzw-socc

写真オリジナル10の不振が目立つ序盤戦のJリーグ
no title


スポンサード リンク

2   2018/04/30(月) 10:04:22.95 _USER9
2018年J1リーグ順位表(第11節終了時点)
■J1リーグ順位表(第11節終了時)
1位:広島(勝ち点:28) 9勝1分1敗(15得点・5失点)
2位:FC東京(勝ち点:22) 7勝1分3敗(19得点・13失点)
3位:川崎(勝ち点:21) 6勝3分2敗(17得点・7失点)
4位:札幌(勝ち点:19) 5勝4分2敗(16得点・12失点)
5位:C大阪(勝ち点:19) 5勝4分2敗(15得点・13失点)
6位:仙台(勝ち点:16) 4勝4分3敗(11得点・12失点)
7位:清水(勝ち点:15) 4勝3分4敗(14得点・11失点)
8位:神戸(勝ち点:15) 4勝3分4敗(17得点・15失点)
9位:磐田(勝ち点:15) 4勝3分4敗(10得点・10失点)
10位:湘南(勝ち点:15) 4勝3分4敗(12得点・13失点)
11位:柏(勝ち点:14) 4勝2分5敗(12得点・12失点)
12位:長崎(勝ち点:14) 4勝2分5敗(14得点・16失点)
13位:横浜FM(勝ち点:12) 3勝3分5敗(15得点・17失点)
14位:浦和(勝ち点:12) 3勝3分5敗(10得点・12失点)
15位:鹿島(勝ち点:12) 3勝3分5敗(8得点・13失点)
16位:G大阪(勝ち点:10) 3勝1分7敗(12得点・16失点)
17位:鳥栖(勝ち点:8) 2勝2分7敗(10得点・18失点)
18位:名古屋(勝ち点:7) 2勝1分8敗(11得点・23失点)

Football ZONE web編集部

107   2018/04/30(月) 11:02:02.03
>>1
さらに市原こと千葉

163   2018/04/30(月) 11:24:47.29
>>1
いろいろ言うのは自由昇格組は前を
向いて一歩一歩進んでくれ
油断すな

34   2018/04/30(月) 10:20:03.15
>>2
ジェフ、ヴェルディはもうお亡くなりになったん?

39   2018/04/30(月) 10:21:05.01
>>34
元気でやってますよ
ジェフなんてみんなのアイドルですよ

3   2018/04/30(月) 10:06:26.33
34試合終わってからですよ
最終順位が全て…と思わせてくれ!

4   2018/04/30(月) 10:06:30.68
昇格組枠って確か3つあるはずなんだけど

51   2018/04/30(月) 10:24:32.68
>>4
今年からJ2の3位から6位までとJ1の16位が戦うプレーオフになった

84   2018/04/30(月) 10:51:23.07
>>51
今年の昇格組として湘南と長崎が紹介されているところへの突っ込みかと
後残り一つは、低迷がデフォのプレーオフ勝ち上がりなんでオリ10として紹介されてる

5   2018/04/30(月) 10:07:23.27
カネのあるクラブはワールドカップ中断期間で補強に動けるからな。
もちろんそれで残留できるほど簡単ではないけど

6   2018/04/30(月) 10:08:24.73
鹿島が大岩を切れない理由がわからない、このままじゃ鹿島イズムが消えてしまう

9   2018/04/30(月) 10:10:24.47
>>6
鹿島イズムなんてとっくに消えてるしそんな目に見えないものにすがってる時点で末期だわ

19   2018/04/30(月) 10:14:21.51
>>9
目に映るのは結果と表皮だけ
人間の支えになるものはいつも目に見えないものなんだ

23   2018/04/30(月) 10:16:49.29
>>19
支えじゃなくただの逃避
鹿島イズムがあるから降格しないはずもっと順位上にいられると根拠のない妄想に囚われてるだけ

37   2018/04/30(月) 10:20:48.33
>>23
たしかに紙一重ではあるな
Jで数少ないスタイルがあるクラブだから他サポとしては寂しいよ

196   2018/04/30(月) 11:52:58.68
>>23
鹿島イズムって姿勢とか執念とか精神的なもんだからな
ピッチ上の問題が解決されない事にはどうにもならん

7   2018/04/30(月) 10:08:43.03
ジェフ、ヴェルディ、サンガ「みんなこっち来いよ」

12   2018/04/30(月) 10:11:50.09
>>7
サンガさんはあっちに逝きそうな勢いだぞ

32   2018/04/30(月) 10:19:15.90
>>12
ジェフさんも怪しい

36   2018/04/30(月) 10:20:29.91
>>12
何でそんな弱いの?

64   2018/04/30(月) 10:36:07.89
>>7
フリューゲルス「もっとこっち来いよ」

113   2018/04/30(月) 11:04:29.80
>>7
J3に落ちそうなのがいる

168   2018/04/30(月) 11:28:09.94
>>7
緑はチーム存続すら危うくなったり経営大変だったからまぁ仕方ないかなと言う気もする
犬とオリテンじゃないけど京都は論外

13   2018/04/30(月) 10:12:10.88
せっかくいい感じに並んでるのに鳥栖邪魔すんなよ

14   2018/04/30(月) 10:12:33.45
まだ分からん

15   2018/04/30(月) 10:13:06.96
上位が軒並み下位w 夏に補強あるかな

◆営業収益ランキング
1位 浦和 66億600万円(+5億1800万円)
2位 鹿島 55億8200万円(+12億7100万円)
3位 G大阪 51億4600万円(+8億6400万円)
4位 名古屋 47億1300万円(+2億6700万円)
5位 横浜 46億9600万円(+1億2900万円)
6位 FC東京 45億4100万円(-1億3700万円)
7位 川崎 42億5400万円(+1億7700万円)
8位 神戸 38億6500万円(+2億200万円)
9位 広島 37億9400万円(+1億8400万円)
10位 磐田 33億300万円(+3億700万円)
11位 大宮 32億300万円(+1億9800万円)
12位 新潟 29億800万円(+3億9800万円)
13位 柏 28億7400万円(-1億4500万円)
14位 鳥栖 27億6600万円(+2億7700万円)
15位 仙台 22億8500万円(+4600万円)
16位 福岡 18億3600万円(+1億8200万円)
17位 湘南 16億2700万円(+6600万円)
18位 甲府 15億2300万円(-200万円)

45   2018/04/30(月) 10:22:58.70
>>15
長崎は今年は25億円規模らしい

“J1初参戦”で注目度急上昇中の長崎 クラブと地元に起きている劇的変化
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180429-00100797-soccermzw-socc

17   2018/04/30(月) 10:13:28.63
J2を知らない子供たちいさ 
  マリノス アントラーズ

69   2018/04/30(月) 10:40:26.07
>>17
一方で、小学生時代にJ1のジェフを見ぬまま卒業する世代が生まれた
ひきつづき、これが「義務教育時代に~」になる可能性

18   2018/04/30(月) 10:14:17.58
広島はいつもいい時に強いな

21   2018/04/30(月) 10:14:29.04
創設時から一度も降格したことないのもう鹿島と横浜だけか?

25   2018/04/30(月) 10:17:44.45
チームの顔選手は多少実力が衰えても、そのポジションに大型補強選手が来る事はなく
競争がないまま、チームがどんどん弱体化してくからな

26   2018/04/30(月) 10:17:44.81
浦和が落ちたら爆笑するわw
赤い悪魔がポンコツ悪魔、三食めざし生活の悪魔だなwww

31   2018/04/30(月) 10:18:46.45
>>26
最悪またあの組長が出てくるから落ちないだろうな

79   2018/04/30(月) 10:47:13.34
>>26
オリ10で最初に降格と昇格を経験したのは浦和なんだがな

82   2018/04/30(月) 10:49:26.20
>>79
懐かしいな、あの頃のJ2は4回戦総当たり、現ルヴァンカップにJ2全クラブ参加してたな。

大分との2位争いにギリギリ勝って昇格

27   2018/04/30(月) 10:18:19.16
J2にオリ10の半分が集結してしまう

28   2018/04/30(月) 10:18:27.62
オリ10

1993年     1992年(開幕前年)

鹿島      住友金属  (JSL2部)
市原      古川電工  (JSL1部)
浦和      三菱自工  (JSL1部)
V川崎     読売クラブ (JSL1部)
横浜M     日産自動車 (JSL1部)
横浜F     全日空   (JSL1部)
清水          ――
名古屋     トヨタ自動車(JSL1部)
G大阪     松下電器  (JSL1部)
広島      マツダ   (JSL1部)

40   2018/04/30(月) 10:21:41.90
>>28
鹿島がやいのやいの言われるけど
清水も大概だな

172   2018/04/30(月) 11:31:17.69
>>40
清水が入れたのは専スタがあったのと地元密着の市民球団が欲しかったんじゃないかな

30   2018/04/30(月) 10:18:36.14
鯱だけども1回降格するともう1回降格しても別にいいやって気持ちになっちゃうな
J2なんて1年で即卒業できることも去年で学習したし

102   2018/04/30(月) 10:59:53.60
>>30
あれでそう思っている鯱さぽは珍しいだろ
今年からプレーオフ勝ち上がり即J1じゃなくなってさらに厳しくなったのに

33   2018/04/30(月) 10:19:44.79
まあ、浦和、鹿島、横浜、ガンバあたりは割り切って残留に全力を傾けるようになれば上がっていくだろう
名古屋はあかん

35   2018/04/30(月) 10:20:16.36
やっと全日程の1/3が終わったから普通に挽回はあるでしょ
今年はW杯絡みでキツキツ日程だし

46   2018/04/30(月) 10:22:59.92
鹿島さん何やってんのよw

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1525050230/



スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ