2018-04-25-hiroshima-hiroshi-jofuku_1mge1pfrez2jr130x9a4aecg0g

開幕から9戦無敗のサンフレッチェ広島は25日、明治安田生命J1リーグ第10節でFC東京戦と対戦。1-3でリーグ戦初黒星を喫した。広島の城福浩監督は「特に試合の入りが良くなかった」と反省する。

前線からプレスを仕掛けることで、相手にゴール前までボールを運ばせないはずが「いきなり深いボールを入れられてPK」となり、ゲームプランが崩れた。5分にPKを決められると、9分にも失点。

城福監督は「これまで1点取られても、乱れず、じれずに逆転してきた。しかし2点目を取られて、さらに3点目も取られてしまった」と、これまで総失点2でリーグ最少だった守備が乱れたことを悔いた。

広島は前節から先発メンバーを3人変更していた。それも原因ではないか。そうした指摘に城福監督は「疲労した選手を休ませる」意図があったと説明。フレッシュな選手の起用でクオリティーを維持しようとしたが「狙い通りにはいかなかった」と述べた。

リーグ開幕10試合目で初黒星。しかし、2位のFC東京との勝ち点差は、依然として「6」もある。城福監督は「我々に求められているのは“切り替え力”だ」と主張。そして「負けるとこれだけ悔しいんだ。この気持ちを大事にして次の試合に向かいたい」と力強く語った。

広島の次節は28日、4連勝と波になるV・ファーレン長崎とアウェイで対戦する。

GOAL

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00000040-goal-socc


スポンサード リンク



スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ