1: 2018/04/08(日) 08:40:04.34 ID:CAP_USER9
【福田正博 フォーメーション進化論】

写真
no title


 3月末のインターナショナルマッチウィークで、日本代表はマリ代表、ウクライナ代表との強化試合を行ない、マリ代表に1-1で引き分け、ウクライナ代表には1-2で敗れた。

 率直に言って、ロシアW杯への期待を高めることができたとはいえない試合だった。結果が芳(かんば)しくなかったからではない。その内容に、希望を感じる要素を見つけにくかったからだ。

 ハリルホジッチ監督は、「W杯ではより良い状態の日本代表を見せられると思う」と語っていたが、その言葉を素直に信じられるほど、現在の日本代表が置かれている状況は簡単ではない。

 CBの吉田麻也、右SBの酒井宏樹、MFの香川真司を故障のために招集できなかったことを考慮しても、今回の強化試合にはメンバーをもう少し固定して臨むべきだった。特に、守備に関しては一朝一夕で連係が深まるものではないため、ここまでの試合でともにプレーしたことがあるメンバーを起用してもよかったのではないか。

 仮想セネガルのマリ戦は、かなりテスト色が強い試合になった。日本代表初先発となった右SBの宇賀神友弥をはじめ、GK中村航輔やMF大島僚太など、A代表の出場数が少ない選手がスタメンに名を連ねた。

 不動のレギュラーといえる選手は、MF長谷部誠と左SBの長友佑都のみ。CBの槙野智章と昌子源が実績を積んできたとはいえ、新しく起用された選手たちが多くなり、メンバーが一新されると連係を深めることは難しい。

 これは以前、(田中マルクス)闘莉王が話していたことだが、DFは「味方の長所も見るけど、それよりも味方の苦手なことを把握することに重点を置いている」という。

 守備は攻撃よりもチャレンジ&カバーが重要となるポジションであり、ひとりがボールを奪取するためにチャレンジをしたら、周囲の選手がカバーする。これを実践するには、CBはSBだけでなく、ボランチやGKを含めて互いのプレーの特徴とウィークポイントをつかんでおく必要がある。

 ハリルホジッチ監督は、ウクライナ戦ではDFラインを今までの先発メンバーに近い形に戻している。より本番を想定した布陣なのだろうが、テストマッチが残り少ないことを考えれば、マリ戦も同じようなメンバーで臨むべきだった。とりわけ右SBは、所属チームでは左SBでプレーしている宇賀神ではなく、槙野や植田直通の適性を試すほうが有益だったように思える。

 ひとりでも多くの選手を試したい気持ちはわかるが、W杯に連れていける選手は23人しかいない。CBのファーストチョイスが吉田と昌子になるとして、DFにアクシデントがあった場合に、槙野や植田がCBとSBの両方をバックアップできるようになれば心強い。その2人よりも適性がある選手を、新しい戦力の中から見きわめている時間はもうないからだ。

 W杯が間近に迫ったこの時期は、メンバーを固めてチーム戦術を浸透させ、本番に向けて組織力を向上させるべきタイミングだ。すでに15人のメンバーを決めているブラジル代表がその好例だろう。

 日本代表はメンバーに残るための“サバイバル“が強調されているが、それは「23人のW杯メンバーのうち、最後のピースとなる2、3人が誰になるか」ということであり、今回のように「まだ多くの選手にチャンスがある」という状況を指すことは珍しい。
 
 ハリルホジッチ監督も、昨年末の時点では「3月の強化試合はある程度メンバーを固定して臨みたい」と発言していた。そこからの過程で、多くの故障者が出てしまったことが、その決断を遅らせている要因のひとつだろう。

 そもそも、ハリルホジッチ監督は核となる選手を置かずにチームを作ってきた。たしかに、海外リーグで活躍する選手が増えて代表メンバーが集まる時間が減ったことを考え、組織力や連係よりも「個の力」に頼った“堅守速攻“の戦術をとることは理にかなっている。実際、ハリルホジッチ監督はこの戦術を得意としており、4年前のブラジルW杯ではアルジェリア代表をベスト16に導いた。

つづく

4/7(土) 17:30配信 スポルティーバ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180407-00010004-sportiva-socc


スポンサード リンク

2: 2018/04/08(日) 08:40:11.94 ID:CAP_USER9
 ただし、堅守速攻で相手を圧倒するためには強いフィジカルが不可欠だ。以前より日本代表の個の力は伸びたかもしれないが、まだ強豪国と互角に戦えるレベルではない。そして、体格に恵まれているとはいえない日本人に適した戦術を模索することなく、消化不良な試合が続いたことで、選手たちにやや混乱が生じているように見える。

 マリ戦、ウクライナ戦の後、「監督のやりたいサッカーをしているだけではダメだ」と口にする選手もいた。つまり、監督が「ボールを奪ってから縦に素早い攻撃」を志向しているとしても、状況によってはボールをつなぐ必要があるということだろう。これは、もっともなことではあるが、W杯まで残り約2カ月半のこの時点で出てくるような言葉ではない。

 一方で、自分のプレーの出来についてのコメントに終始する選手もいた。誰もが「W杯に出場したい」と考えていて、そのチャンスをモノにしようとするのは当然のことだろう。監督の指示をどれだけ全うできたかに重きを置き、自身の収穫と課題を分析したくなる気持ちもわかる。

 しかし、W杯本番を目前に控えたこの時期は、本来、選手たちの目標や意識はすでに統一されているべきで、W杯の戦いがどれだけ難しいかを身をもって知っている長谷部や本田圭佑らは、自らのプレーについてポジティブなコメントを一切しなかった。

 W杯でのグループリーグ突破を目指すならば、「W杯に出場しないウクライナ代表やマリ代表に圧倒されているようでは話にならない」という強い危機感があるのだろう。

 今回の欧州遠征での収穫を挙げるとすれば、「個の力で世界に挑んでも世界に通用しないことがはっきりしたこと」だ。その追い込まれた状況が、「組織力を高めていく」という意識でチームがまとまるきっかけになるかもしれない。

 ハリルホジッチ監督は、5月30日に横浜で行なわれるガーナとの壮行試合の翌日に、23人のメンバーを決めると発言している。しかし私は、ガーナ戦に向けた合宿が始まる5月21日の時点で、メンバーを絞り込むべきだと考える。

 メンバーをしっかり決めたうえで、試合までの9日間をより連動性を高めた堅守速攻を実現するための練習に費やしてもらいたい。

 2018年は「W杯イヤー」であるにもかかわらず、日本代表に対する世間の関心は決して高くない。5月のガーナ戦で、多くのファンが希望を持って応援したくなる戦いを見せるためにも、ハリルホジッチ監督が限られた時間を有効に使ってくれることに期待したい。

津金壱郎●構成 text by Tsugane Ichiro

4: 2018/04/08(日) 08:42:13.27 ID:0fw+eCar0
最終ラインだけじゃなくて、最前線から組織的に守備するプランやろ

86: 2018/04/08(日) 10:26:16.59 ID:Iml8uY+80
>>4
前線からプレスしたらFWは、ガス欠になるよ。
それなら前半、岡崎投入しとけって話になる。

6: 2018/04/08(日) 08:43:37.66 ID:Qv4pohBj0
W杯2ヶ月前に本番と同じ戦い方を見せる指揮官がどこにいるの?

30: 2018/04/08(日) 09:20:16.72 ID:QMdaEvDl0
>>6
ブラジルW杯の時のザッケローニ

120: 2018/04/08(日) 10:48:01.20 ID:cPgyceUc0
>>6
普通は同じだろ。どこの馬鹿が本番でいきなりプレッシングかけるんだよ?

129: 2018/04/08(日) 10:50:59.43 ID:dk4pqGLv0
>>6
本番前に全力出して潰れたジーコ&ザック…

7: 2018/04/08(日) 08:45:18.33 ID:75nMiXc00
奪ってもすぐパスミスばかりじゃんよくこれで繋ぐ能力があるとか言えるな

12: 2018/04/08(日) 08:53:59.99 ID:4G+VMeDl0
ワールドカップでたまたま勝ったとしても何も後に続かんわ
フィジカルから逃げる日本サッカーの育成を見直さない限り解決はしない

15: 2018/04/08(日) 09:04:49.32 ID:Ujr75UMn0
>>12
プロ化して30年弱、10年20年と日本人の平均的なフィジカルは確実に上がってるよ

フィジカル厨がバカでアホで間抜けで急ぎすぎなだけ
3年4年でフィジカルがいきなり良くなって
デュエルが強くなんてなるかよ

それこそ夢物語の現実逃避だっつーの

62: 2018/04/08(日) 09:53:21.10 ID:DbnEkjYm0
>>15
ただ世界のフィジカルも確実に上がってるんだよな

13: 2018/04/08(日) 09:00:12.25 ID:jOP9oRx40
今ある素材を使って料理しろって事で当たり前だわな
フィジカルなんてハリルの任期中に向上するもんでもない

28: 2018/04/08(日) 09:18:50.14 ID:+OPZbXs20
今回の代表セットプレイどうすんの?
強化しないとだめだとおもうけど

29: 2018/04/08(日) 09:19:45.77 ID:Zh3QGf8u0
フィジカル、フィジカル言うけど昔に比べたら海外でやってる選手多いだろ。
連動してないプレスなんていくらフィジカル強くてもかわされるよ。

31: 2018/04/08(日) 09:20:29.40 ID:0sP4RlUQ0
日本人にはまったく合ってない。ないものねだり。
子供のころから組織的なパスサッカーが染み付いてる。
そのパスすら世界には通じないがそれしかないんだからしょうがない
全員攻撃全員守備でセットプレイで奇跡の1点に期待するしかない

33: 2018/04/08(日) 09:21:10.74 ID:4Oo9iM9b0
日本に必要なのは90分ハードワーク走り続けられる持久力

40: 2018/04/08(日) 09:25:55.15 ID:Y5jCAhko0
W杯前は不安なくらいが丁度いいんだよ
優勝するだの史上最強の呼び声高いだの、さんざん希望もたせたザックジャパンの悲惨な末路を見ればわかるだろ

46: 2018/04/08(日) 09:43:41.66 ID:n9lVUkpE0
ハリルは日本人選手のプロ意識の低さを嘆いている。体脂肪落とせと言ってるのに全然やってこない選手がいて呆れていたようだ。

53: 2018/04/08(日) 09:46:02.89 ID:2a4B67L+0
>>46
宇佐美はそれで体重落としたじゃん。

56: 2018/04/08(日) 09:48:24.89 ID:u/jyNwzO0
>>53
体脂肪を落とすのと体重を落とすのはまったく違うだろ

60: 2018/04/08(日) 09:50:42.68 ID:aLqQaZUh0
5年くらい前から個の力とかいう言葉を異常に使うようになったけど、今更組織力がーつってもね

72: 2018/04/08(日) 10:08:09.01 ID:gti3+/Ov0
世界の選手もゴツイのが増えたからな。
何でもかんでもマネをすればいいとは思わないが、フィジカルで圧倒されているところを見てしまうと
勝てないまでも相手のフィジカルに対抗できるだけのフィジカルはつけろよと思ってしまう。

128: 2018/04/08(日) 10:50:48.48 ID:uwBb+VKG0
個で勝てないのはわかってるんだから組織で闘うしかないだろ

133: 2018/04/08(日) 10:52:41.47 ID:UW5MO8dx0
>>128
まあずっとそういう考えで来ているんだけども
結局最後は個の力だよな、で終わるw

134: 2018/04/08(日) 10:53:59.17 ID:JffIr4M00
>>133
組織があった上での個だからな
今は最低限の組織すらない
大迫に適当なボールを放り込むのを組織とは言わない

139: 2018/04/08(日) 10:57:11.41 ID:UW5MO8dx0
>>134
ハリルは戦術的にはシンプルにやってるように見えるんだよな
あれで選手同士に共通理解が生まれないのは理解しがたい

153: 2018/04/08(日) 11:02:35.27 ID:JffIr4M00
>>139
シンプルに縦に早くというのは簡単だが実行するのは難しい
日本に全盛期のピルロとビエリがいるならできるだろうがね
出し手も受け手もそんなタイプがいないし特に出し手が下手すぎて話にならない

155: 2018/04/08(日) 11:03:29.20 ID:b057YVyI0
まともなロングパスも出せないくせに
他国より技術は高いって思い込んでるのが一番の謎

174: 2018/04/08(日) 11:11:07.25 ID:SdkfRUrk0
というか、日本の課題は守備だからな
攻撃面ばかり語られるが

攻撃が足りてるってわけじゃなくて
弱い日本は攻撃なんてさせてもらえないんだから、まずは守備

177: 2018/04/08(日) 11:13:14.13 ID:JffIr4M00
>>174
守備も日本のハイプレスに相手が慣れた20分以降はなす術がないのが現状な

194: 2018/04/08(日) 11:26:01.38 ID:LBSSgY3J0
中田英が指導者を選ばず旅に出たのが痛かった。
あいつのフィジカルトレノウハウを伝えてくれればアンダー世代のサッカーはもっと伸びたはずだ

73: 2018/04/08(日) 10:08:40.91 ID:ac9iV4lV0
> 強いフィジカルが不可欠だ。
> 日本代表の個の力はまだ強豪国と互角に戦えるレベルではない。

結局これにつきる

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1523144404/0-


スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ