1: 2018/03/22(木) 12:54:45.39 ID:CAP_USER9
26

17/18シーズンのUEFAチャンピオンズリーグは16強どまりとなったマンチェスター・ユナイテッド。ジョゼ・モウリーニョ監督が赤い悪魔の指揮官に就任して2シーズン目となったが、監督のスタイルと戦力の構成、そしてサッカー界のトレンドには乖離が見られ、時代に取り残されている感すらある。(文:粕谷秀樹)

●現場の長としてあるまじきセビージャ戦後の態度

 マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、セビージャに衝撃の敗北を喫した後も相変わらず不遜だった。

「別に目新しいことではない。私もポルトを率いていたとき、レアル・マドリードの監督だった当時、ここオールド・トラッフォードでユナイテッドを下している」

「選手たちはユナイテッドのレベルに達するため、ユナイテッド特有のプレッシャーに打ち克つため、日々成長しなければならない」

 反省の弁は一切なく、無味乾燥な内容に終始した。また、みずからが着任する前の補強プランにも言及した。

「去年、何人の選手がユナイテッドを去り、どこでプレーしているのか、君たちメディアを知っているのか。フットボールには負の遺産というものがある」

 いまさら殊勝になれとはいわない。嫌味なほどの自信がモウリーニョの持ち味であり、魅力でもある。しかし、敗因を分析せず、「負の遺産」と前任者に責任転嫁するなど、現場の長として容認できる態度ではなかった。

 たしかに、アンヘル・ディ・マリア(現パリ・サンジェルマン)やハビエル・エルナンデス(現ウェストハム・ユナイテッド)を放出したルイス・ファン・ハール前監督の人事には世界中が疑問を抱いたが、モウリーニョもマルワン・フェライニを重用しているではないか。ユナイテッド・サポーターにすれば、背が高いだけのMFこそ、デイビッド・モイーズ元監督(現ウェスト・ハム)による負の遺産である。

 1-2で敗れたセビージャとのセカンドレグも、ボールロストしても全力で追わないフェライニではなく、攻守の切り替えが素早いスコット・マクトミネイを中盤センターで起用していれば、試合内容はガラリと変わっていたと断言できる。

●現有戦力に適していないモウリーニョの基本戦略

 セビージャ戦に限らず、ユナイテッド着任後のモウリーニョはみずからのプランに固執し、戦力の特性を見誤っているのではないだろうか。

 失点のリスクを最小限に抑え、ボールを奪った後にカウンター。チェルシー、インテル・ミラノ、レアル・マドリーでも、このスタイルで数多くの栄冠を勝ち得てきた。地球上の全チームがポゼッションを基本とする条約など結んでいないのだから、守備力を重視するチームがあったとしても不思議ではなく、アンチフットボールと批判される筋合いもない。

 しかし、ユナイテッド守備陣で世界のトップクラスといえるのは、ダビド・デ・ヘアとエリック・バイリーだけだ。

 アントニオ・バレンシアとアシュリー・ヤングは年齢的にピークを過ぎ、クリス・スモーリングは明らかに退歩した。マルコス・ロホ、フィル・ジョーンズ、ルーク・ショーはケガが多く、しかもリハビリに要する時間が長すぎる。失点のリスクを最小限に抑えられるメンバーではない。

 幅広いエリアをカバーできるバイリーと、神がかったセーブで貢献するデ・ヘアの貢献がなければ、いまごろアーセナルと肩を並べていたはずだ。ポジショニングにすぐれたマッテオ・ダルミアンとダレイ・ブリントを、あっさり見限った起用法にも大きな疑問符がつく。

 一方、前線と中盤の選手層は充実している。ロメル・ルカク、アレクシス・サンチェス、マーカス・ラッシュフォード、フアン・マタ、アントニー・マルシャル、ジェシー・リンガード、アンデル・エレーラ、ポール・ポグバ、ネマニャ・マティッチ、マイケル・キャリック、そして前述のマクトミネイ。

 パワー、スピード、テクニックなどバリエーション豊かなタレントを擁し、彼らの持ち味が美しいハーモニーを奏でる可能性は十二分にある。失点のリスクを最小限に抑えることがモウリーニョの基本戦略だとしても、現有勢力に適しているとはいえない。

つづく

3/22(木) 11:50配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180322-00010004-footballc-socc


スポンサード リンク

3: 2018/03/22(木) 12:55:25.50 ID:CAP_USER9
●醜態繰り返さぬチーム創りを!

「日々成長しなければならない」と選手の奮起を促したように、モウリーニョ本人も考え直すときがやって来た。

 バルセロナ、マンチェスター・シティ、リヴァプールに代表されるように、近代フットボールはボールロスト後の即時奪回からショートカウンターが主流になりつつある。ボールを奪われたら即リトリートでは、時代に取り残されるだけだ。

 モウリーニョのキャリアを踏まえれば、ポゼッションを導入するとは思えないが、前線と中盤が連動し、相手陣で素早くボールを奪い返す作業は、現有勢力でも可能なはずだ。

 頑健な体格を誇るルカク、スピード豊かなサンチェス、ラシュフォードがプレスをかければ、相手DFのミスを誘ったり、パスコールを限定したりできる。マタの技巧も、高い位置でこそ有効だ。

 たしかに28節のチェルシー戦、30節のリヴァプール戦では深めのDFラインが奏功し、チャンピオンズリーグ出場権獲得に向けて貴重な6ポイントを稼いでいる。モウリーニョも「われわれは試合をコントロールしていた」とみずからのプランに一切の疑問を持たなかった。

 しかし、2試合ともに14本のシュートを許し、リーグ全体の被シュート数も356本。トップ6のなかでは最多という恥ずかしいデータを、なぜ「コントロール」と表現できるのだろうか。

 シティは188本でリーグ最少、リヴァプールも231本と被シュート数が非常に少ない要因を、モウリーニョと彼のスタッフは是が非でも分析しなくてはならない。

 ユナイテッドを本来の立ち位置に戻す最善策は、攻撃的なプランを選択肢に加えることだ。個人能力に依存する戦い方と、消極的なリスク管理だけでは限界がある。現有勢力の強みを再チェックし、セビージャ戦のような醜態を二度とさらさないようなチーム創りに取りくむべきだろう。

 仮にモウリーニョが現状を看過するのなら、それは〈進化の否定〉である。ユナイテッドの監督を、即座に辞さなくてはならない。

(文:粕谷秀樹)

4: 2018/03/22(木) 12:56:32.59 ID:1mLcga0q0
お前の解説も時代遅れなんじゃ

8: 2018/03/22(木) 12:57:58.16 ID:May5Gzzz0
セビージャじゃモチベ上がらないとか言っててワロタ

9: 2018/03/22(木) 12:59:18.52 ID:dT6aZGlf0
逆髪キタ━━━━━━━━m9( ゚∀゚)━━━━━━━━!!

11: 2018/03/22(木) 13:02:38.16 ID:xvvoiw5f0
モウリーニョとグアルディオラ、どこで差がついたのか?

17: 2018/03/22(木) 13:21:13.51 ID:U+inNpLY0
倉敷「ル~ニ~!ゲットーォ!」
西岡「ルーーニー!!先制ユナイテッドー!」
下田「ルーニー突っ込んできたーーー!」
八塚「ルーニーきたかな?いやあー、これはお見事!」
金子「スワーブがかかる!決めたのはルーニーだ!」粕谷「ヤングですね」

18: 2018/03/22(木) 13:21:47.03 ID:Cr3A4DuQ0
モウリーニョ大好きだったカスやんがここまで言うとはね

19: 2018/03/22(木) 13:26:23.37 ID:Cr3A4DuQ0
モウリーニョの言うフットボールヘリテージに関してはシティと比べると一理あるのは確かなんだが、それでも顎なしは最低限の種は蒔いた。それを台無しにしかけてるのはモウリーニョだぞ

自分のかつてのボスをあんだけリスペクトのない追い出し方をしたモウリーニョにこれを言う資格はないわ

21: 2018/03/22(木) 13:30:28.21 ID:U+inNpLY0
粕谷秀樹「勝敗の行方は火をみるよりも明らかだ。リヴァプール、完勝──。」
                     ↓
ニューカッスル4-0リバプール(2015-2016)

23: 2018/03/22(木) 13:33:16.82 ID:8afZnNVJ0
かすやんスカパーの仕事減ってどうしてるの?
ダゾンの仕事もらえてるか?

27: 2018/03/22(木) 13:35:22.83 ID:9BQuCjE10
まあ正直モウだと試合はつまらないわな。エンタメ要素皆無だから勝たないと虚しい

29: 2018/03/22(木) 13:50:51.42 ID:AgSJGMQM0
プレミアで上位なんだから結果出してるだろ
ファーギーだってシティにボコられてCLでも勝ててねえし

30: 2018/03/22(木) 13:50:58.11 ID:wQx0u2jE0
前線のプレッシングが後ろのブロック組んで自分のテリトリー守る守備との相性の悪さ

チグハグなんだよな
プレスのやり方変えないとな

31: 2018/03/22(木) 13:54:42.74 ID:JSksYBEj0
リバプールとチェルシー戦見たけど申し訳ないけど全部見れなかったわ
マジでつまらなくて見るの断念した
ユナイテッドサポの人はユナイテッドの試合見るの苦痛だろ

33: 2018/03/22(木) 13:57:18.32 ID:MpRrx16+0
ゴール前にバスを並べてカウンターのみ
まあ大クラブでやるサッカーじゃないよな

34: 2018/03/22(木) 13:57:40.73 ID:jSSLF54w0
おまえの予言が当たったためしないよね(´・ω・`)

36: 2018/03/22(木) 14:18:08.32 ID:MHN4ubmx0
モウリーニョの戦術が通用してたのインテルくらいまでやん

39: 2018/03/22(木) 14:23:12.57 ID:p7oRtxw80
倉敷と粕谷のコンビは最強だよなw
時折混ぜるゴシップとかネタが笑える
福西とか山本とか紋切り型の解説はつまらなすぎてダメ

43: 2018/03/22(木) 14:51:45.44 ID:O0HGwxXE0
この人、解説でいつも偉そうだけどどんな実績あんの?

46: 2018/03/22(木) 16:24:28.15 ID:n4Oc3hPv0
>>43
WSD初代編集長、なんだかんだで解説歴も長いこた長い。
セリエがめっちゃ強かった頃、スカパーでまだセリエ全試合放送なんてあった
頃はセリエのメイン解説者の一人だったんやで。(今でもオフ企画のミラノダービークラシック
なんかで当時の鉄人と粕谷コンビが確認できたりする)

44: 2018/03/22(木) 15:18:59.54 ID:IsEdfHTV0
お、チャンス

48: 2018/03/22(木) 17:25:15.32 ID:Dr32xXAm0
チェルシー、バルサ戦ではプレッシングサッカーしてたのにな
いつの間にかバスサッカーばっかりになっちまった

53: 2018/03/22(木) 17:51:39.63 ID:5TYjmVyJ0
ガム爺の次がモウリーニョならもうちょっと良かったのかもしれん

54: 2018/03/22(木) 17:54:42.12 ID:UX5efXFP0
あれだけサッカー熱も市場も大きいイングラドから名将が生まれないのはなぜなんだろう?

60: 2018/03/22(木) 20:01:34.17 ID:v8wC1l330
粕谷偉そうだけど金子爺と組んだら大人しくなってたよな

63: 2018/03/22(木) 20:29:25.44 ID:pqTzDu6X0
>>60
いやでも最後の2年くらいはカッスンが一番上手に爺をフォロー出来てたと思う
間違いは正しつつもプライドを傷つけない様に、あの時だけは見直したわ

32: 2018/03/22(木) 13:55:53.50 ID:NEa+e31o0
粕谷が言うなら続投か

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1521690885/0-


スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ