1: 2018/03/11(日) 13:59:48.40 ID:CAP_USER9
18

セリエA日本人選手20年の系譜(3)
 
2006年から2010年の間は、新たな日本人選手がイタリアに上陸することはなかった。しかし、その流れが再開したときに”大物”を釣り上げることになる。長友佑都だ。

「長友が最初に移籍したチェゼーナは、決してビッグクラブではないが、優れたサッカーの伝統があるチームだった。ここで彼はすぐに頭角を現す。
直接ビッグクラブに行かず、ワンステップ置いてイタリアのサッカーに慣れたことは賢明だったね。機敏でスピーディーなプレーで彼は左サイドを支配した」

70年代からイタリアのスポーツ紙の記者を務めてきたパオロ・フォルコリン氏はそう語る。
イタリアのクラブがそれまで獲得した日本人選手はみな、アタッカーか中盤の選手。長友はセリエA初の日本人DFだった。そして天性のフレンドリーな人柄もあって、彼はたちまちチームに、イタリアに溶け込んでいった。

そんな長友に注目していたビッグクラブがあった。インテルだ。インテルは獲得を決断し、長友はここで日本人選手最長の7シーズンを過ごすこととなる。
出場試合数は通算171試合、ゴールは9。サイドバックの選手としては決して少ないものではないだろう。

「インテルに来ても長友は明るく陽気で、真面目で物静かで内向的という、我々の持つ日本人のイメージを一気に吹き飛ばしてくれた。ゴール後にチームメイトとお辞儀をするというパフォーマンスは一世を風靡したね。

悪童アントニオ・カッサーノと冗談を飛ばし合い、今は副会長を務めるインテルのレジェンド、ハビエル・サネッティとも親友になった。
イタリア語もとてもうまかったし、歴代の日本人の中でも、一番イタリアに溶け込んだ選手だったんじゃないかと思うよ」

そして2014年には、インテルのライバル、ミランにもう1人の日本人がやって来た。本田圭佑だ。
「それまでの日本人選手は、イタリアに来るまでほとんどその存在が知られていなかったのに対し、本田はすでに有名だった。世界に通用するレベルの選手と、サポーターはその加入を歓迎したものだ」

イタリアを代表するビッグクラブといえば、やはりユベントス、インテル、ミラン。そのうちの2チームに日本人の選手が所属するという状況は、1990年代と比べると隔世の感があった。

「本田は何においてもスターだった。常にエレガントで、どんなときでも完璧で、ピッチではそのパーソナリティを強く感じさせた。
彼は栄光の背番号10を希望した。たぶんそれだけの気概を持ってミラノにやって来たのだろう。しかし残念ながら、時期が悪かった」      

かつてイタリアサッカー、いやヨーロッパサッカーを牽引していたミランだったが、近年は低迷し、本田の所属していた3年半の間に監督が7人も入れ代わった。

「次々と代わる監督たちは、本田をうまく使いこなすことができなかった。彼はトレクァルティスタ、つまり2トップの後ろにいるときに力を発揮する。
しかし彼がミランでこの本来のポジションでプレーすることは稀だった。ポジションにおいて、彼は監督の指示を尊重したが、何か重要なことを言わなければいけないときは決して後へは引かなかった」

監督のヴィンチェンツォ・モンテッラが本田をベンチに押しやったときも、彼はその境遇を粛々と受け入れ、決して不平を漏らしてチームの和を乱すようなことはなかった。
しかし契約から解放されるや否や、彼はチームを去っていった。

それから半年後の2018年1月、今度は長友もインテルを後にする。こうして20年(正確には19年半)の間、途切れることのなかったセリエAの日本人選手の系譜は、途絶えてしまった。

しかし、そんな空白も長くは続かないだろうとフォルコリン氏は言う。
「今も日本人選手をほしいと思うイタリアのチームは数多くあるはずだ。この20年で日本人選手のイメージは確実に変化した。真面目で、チームの和を重んじ、陰ひなたなく努力する。
誰もがお手本にしたいような真のプロフェッショナルというのがそれだ。我々が学ぶべきことを、彼らは多く持っているんだよ」

それはこれまでイタリアでプレーした日本人選手、ひとりひとりの努力の積み重ねによって確立されていった評価だろう。

3/8(木) 17:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180308-00010004-sportiva-socc


スポンサード リンク

6: 2018/03/11(日) 14:03:26.91 ID:HYE1UAJA0
セリエの斜陽感をまずなんとかしてくれ

10: 2018/03/11(日) 14:06:57.65 ID:gEP5sl1l0
ラ・リーガ、ブンデスリーガ、プレミアリーグの世界三大リーグで日本人は、居場所があるから中堅のセリエAに日本人が行く必要はない。

11: 2018/03/11(日) 14:08:33.98 ID:gEP5sl1l0
イタリア最大のクラブであるユベントスですら、レアル、バイエルン、マンチェスターユナイテッドに主力を引き抜かれ、レアルやバイエルンのお下がりに頼っている。

64: 2018/03/11(日) 14:53:54.51 ID:pCRVvzm+0
>>11
そのお下がりでそいつ等倒すんだから凄いやん

83: 2018/03/11(日) 15:11:14.45 ID:GQEyaE9n0
>>64
いやユベントスはチャンピオンズリーグでレアル、バイエルンに完敗してるんだかな。

12: 2018/03/11(日) 14:09:11.70 ID:PuWi4vM90
そんなに日本人選手欲しいなら
御託並べてないでとっとと日本人選手獲りにに来いよ

14: 2018/03/11(日) 14:10:11.98 ID:f/IG4kSI0
欲しい奴なんかいないだろ
具体的な名前挙がらんし

15: 2018/03/11(日) 14:11:04.07 ID:zemj24V20
ナポリが中島狙ってるぞ

17: 2018/03/11(日) 14:11:23.08 ID:C1XlbnG40
長友は日本にいる頃から順調にステップアップして上に行くだろうなと誰が見てもわかる大器だった

19: 2018/03/11(日) 14:13:29.17 ID:KJOp0+Dr0
中田の時代に散々観てきたけど
セリエは人が連動しないのでつまらなかった
オーバーラップもなくただ引きこもるだけ
唯一の連係はライン際のワンツーだけ
それもリスクを最小限に抑えた結果の選択
あとは個の力頼み
個の力が他のリーグに流れた今
もっと酷いことになってるんだろう

22: 2018/03/11(日) 14:19:34.03 ID:x2/1BGZl0
>>19
ナポリは連動したサッカーしてるよ

37: 2018/03/11(日) 14:31:27.91 ID:zemj24V20
>>19
セリエは引きこもって前線の数人が攻めるサッカーだからな
その前線がスーパースター(アンリやベルカンプでさえ控えレベル)で個で何とかするからCLでも勝てたけど落ちぶれてスーパースターが来なくなり引きこもりカウンターサッカーが通用しなくなった
なので連動したサッカーをやり始めてるよ

25: 2018/03/11(日) 14:23:57.66 ID:cF5+IV8c0
メディアがネガティブそうだしメンタル弱い奴は厳しそうだな
長友も本田もよく耐えたわ

29: 2018/03/11(日) 14:27:14.96 ID:x2/1BGZl0
本田はラツィオに行ってれば成功してた

34: 2018/03/11(日) 14:29:51.20 ID:uDm5FlIz0
インテルもミランも落ち目になったから入れただけだろ
今実力でユベントス入ったら認める

48: 2018/03/11(日) 14:38:59.67 ID:IGEL5s8x0
>>34
当時のインテルの成績自体は凄いぞ
入ったときは間違いなくビッグクラブだった

40: 2018/03/11(日) 14:32:33.89 ID:vO31xtXb0
問題は外国人枠だ
軽い気持ちで若手取れない

41: 2018/03/11(日) 14:33:32.39 ID:tkOTQIVC0
武藤か久保にセリエ行ってほしいなぁ

タイプ的に合うと思う

56: 2018/03/11(日) 14:48:19.27 ID:NqqQM3if0
なんだかんだ言っても日本人選手の海外移籍のルートを積極的に
開拓してくれたのがイタリアとドイツなんだよな…

62: 2018/03/11(日) 14:51:54.87 ID:pCRVvzm+0
本田は時期よりも本人のコンディションとクラブが最悪だった。

85: 2018/03/11(日) 15:13:26.08 ID:aBQGUh2HO
久保裕也はセリエ希望らしいけど今の調子じゃ無いだろうな

66: 2018/03/11(日) 14:55:04.63 ID:EVlkzTui0
今セリエに行ける可能性があるのは中島くらいかな
あくまでも可能性だが

76: 2018/03/11(日) 15:06:11.61 ID:IGEL5s8x0
>>66
実際いけるかどうか分からんけどナポリはどうなんだろうな
CL出られるクラブの中ではむしろ狙い目なのかどうか難しいな
コンスタントに出られたら凄いことだけど

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520744388/0-


スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ