1: 2018/01/15(月) 19:01:31.12 ID:CAP_USER9
1月13日、リーガMX(メキシコリーグ)後期第2節が行われ、本田圭佑の所属するパチューカは名門クラブ・アメリカと対戦し、2-2で引き分けた。

この試合でトップ下に入った本田は流れの中だけでなくセットプレーからも好機を演出。コーナーキックからアシストも記録している。セットプレーのキッカーが定まらない日本代表にとって、キッカー・本田圭佑は魅力的なオプションとなるだろうか。(文:河治良幸)

●トップ下のポジションで多くのチャンスに絡む

 リーガMX17-18後期リーグの第2節、本田圭佑を擁するパチューカはメキシコ・シティのアステカ・スタジアムでクラブ・アメリカと対戦。前期リーグでは本田は欠場しており、メキシコを代表する名門クラブとの初対戦となった。

 試合はいきなりアメリカに与えられたPKをパチューカのGKアルフォンソ・ブランコがストップ。しかし14分にアメリカはエクアドル代表DFレナト・イバーラからのグラウンダークロスをメキシコ代表FWオリベ・ペラルタが右足で見事に捉えて先制。パチューカは後半の立ち上がりに本田のCKからコロンビア代表DFのオスカル・ムリージョがヘッドで決め同点とする。

 そこからアメリカはMFアンドレス・ウリーベの右からのクロスに飛び出したエンリ・マルティンがダイレクトで流し込む形で再びリードを奪う。だがパチューカは終了間際の89分に本田を起点とした右からのクロスのリターンを前期8得点のビクトル・グスマンが左足で決めて2-2の引分けに持ち込んだ。

 この日は[4-2-3-1]のトップ下で先発した本田。最近定着していた[4-3-3]も右ウィングとも、クラブW杯で担った右インサイドハーフとも異なる役割だったが、中央エリアにこだわらずに幅広いエリアで味方の縦パスを受け、時にはボールキープ、時には縦の仕掛けから、対人戦に強いアメリカのディフェンス相手にも多くのチャンスに絡んだ。

●アシスト以外にも、CKから好機を演出

 前半の半ばには左足の柔らかいクロスボールをファーサイドから飛び込むエリック・アギーレに合わせ、GKにビッグセーブを強いるシュートを演出。2点目の起点となったプレーは本田らしかった。右のややインサイド寄りでタメを作り、追い越すラウール・ロペスにタイミングよくショートパスを通した。

 流れからのチャンスメークでも本田は持ち味を発揮していたが、今回注目したいのが1点目をアシストしたCKだ。

 この試合で本田は6回のCKを蹴っているが、このアシスト以外にもファーの折り返しからのヘッドがクロスバーに当たるシーンを演出するなど、安定して可能性のあるボールを蹴ることができている。

 技術の高い選手が多いパチューカでも継続してキッカーを担当することで感覚が掴みやすくなっていることは確かだろう。

 本田が右サイドで自身の仕掛けから獲得した右のCK。ニアの味方に合わせたボールは惜しくも相手DFにクリアされたが、二度目のキックが同点ゴールをアシストした。

 パチューカはボックス内に5人の選手がおり、アメリカは5人のマンツーマンとニアに2人のストーン。そしてゴール前にアルゼンチン人GKのアグスティン・マルケシンが構えていた。

 パチューカの選手が1人ニアサイドにポジションを取ることで、アメリカの3人のディフェンスがニア、中央では4対4という状況で本田が左足を振り抜くと、パチューカはさらに1人がニアに動き、その裏に生じたGKの手前のスペースでムリージョが曲がり落ちるボールに合わせた。

 パラグアイ代表センターバックのブルーノ・バルデスもムリージョに付いていたが、ちょうどGKと重なってしまい、ムリージョは実質的にフリーで合わせることができた。

つづく

1/15(月) 11:24配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180115-00010002-footballc-socc

写真
no title


スポンサード リンク

2: 2018/01/15(月) 19:01:39.07 ID:CAP_USER9
●セットプレーのキッカーが定まっていない日本代表

 本田のCKを見るとニアに速いボールを入れるか、少し高めのボールでニアの頭を越えて落とすか、ファーサイドの選手にヘッドで折り返させて飛び込む選手にシュートを狙わせるか、大きくは3つのパターンを蹴り分けている様子。時折キックミスはあるものの、かなり正確にターゲットに合わせられている。

 パチューカはゴールを決めたムリージョが184cmで相棒センターバックのウルグアイ人DFロベルト・エレーラが185cm、FWのノフランコ・ハラが179cm、アンヘロ・サガルが180cm、ヘディングの強いMFのグスマンも身長は176cmと特別に高さがあるチームではない。

 それでもポジショニング、動きのタイミング、キックの精度が全て合えば屈強なディフェンスが揃うチーム相手にも得点を奪える。

 それは日本代表にも言えること。コロンビアは対人能力の高い選手が多く、セネガルとポーランドは主力の平均身長で日本を5cm以上上回ることは確実だが、狙いと精度が完璧に合えばいかなる相手からもゴールが期待できるセットプレーは貴重な得点源になりうる。

 なかなかセットプレーのキッカーが定まっていない日本代表。ミランで出番を失っていた時はCKのキックも精度にバラツキがあり、代表でも心もとなかったが、メキシコの地でキックの感覚を研ぎ澄ませる本田が代表復帰すれば、再びキッカーとして重要な役目を担うことになるかもしれない。

(文:河治良幸)

85: 2018/01/15(月) 21:42:24.42 ID:R00IGrHv0
>>1

海外組今季(17-18)ゴール数(公式戦、カップ戦含む)

本田 7G
岡崎 7G
森岡 7G
中島 7G
久保 6G
武藤 6G

南野 5G
香川 4G
乾   3G
大迫 3G
吉田 2G
宇佐美 2G

柴崎 1G
小林 1G
堂安 1G
浅野 1G
長友 1G
奥川 1G

87: 2018/01/15(月) 21:58:18.56 ID:9Tqi1v0W0
>>85
岡崎はやっぱ凄いな
武藤はハリル呼ぶ気ないんか、もったいない

6: 2018/01/15(月) 19:07:12.81 ID:YtvL5Pd/0
FKは狙いすぎで力んじゃうのか知らないけど、合わせるCKは普通に上手いと思うぞ

11: 2018/01/15(月) 19:14:53.66 ID:lfhkFqZB0
ミラン時代の例のヤツ

13: 2018/01/15(月) 19:19:52.74 ID:GxaudX2+0
まあ香川が蹴るよりは遥かにマシだけど普通に井手口で良くね?

14: 2018/01/15(月) 19:21:56.76 ID:YtvL5Pd/0
>>13
井手口はCKダメだろ

17: 2018/01/15(月) 19:24:39.32 ID:/4i1+Sio0
調子がいいなら、清武か本田かは必要
FK以外の質も考えたら他にいいの居ないだろ

22: 2018/01/15(月) 19:30:51.55 ID:l6VQj4HA0
クラブW坏の本田のクオリティなら45分なら余裕で使える

23: 2018/01/15(月) 19:31:16.75 ID:3xZ0C48D0
ピヨ無理なん?

26: 2018/01/15(月) 19:35:55.85 ID:lzD+pFUv0
本田のクロスはミラン時代から評価高いからな
クロッサ―に特化すればベッカム並になるわ

31: 2018/01/15(月) 19:38:59.95 ID:kZDfGQiZ0
>>26
本田ってなんであんなにトップ下にこだわるんだろうな、足は遅いけどあのフィジアルがあればボランチも出来たかもしれないのに

39: 2018/01/15(月) 19:51:29.30 ID:rOr/WnYC0
>>31
元々はパスに美学を持ってるタイプだったけど、欧州行ってゴール狙うスタイルに変えたからなー

30: 2018/01/15(月) 19:38:26.78 ID:5mO57GaT0
清武が蹴って本田は中で待っている方が効果的

32: 2018/01/15(月) 19:42:03.57 ID:1nwYnLiX0
とは言っても本田って声が出るくらいハリルはキッカー重視してないからな
格下の日本でも点を取れるチャンスがセットプレーなのにな

33: 2018/01/15(月) 19:43:05.54 ID:3l7YQu+b0
プレスキッカーが代表でいなくなるとは以前なら想像もできなかったな

40: 2018/01/15(月) 19:52:51.49 ID:0Q21Oce00
>>33
一昔前はセットプレーからしか点取れないなんて言われてたのにな
今じゃセットプレーからも得点の匂いすらしないようになった

36: 2018/01/15(月) 19:49:10.52 ID:0gTVH03g0
それなら中村俊輔で。
ずっと試合も出てるし試合勘も申し分ない。

43: 2018/01/15(月) 19:55:16.43 ID:ZFgBnJeBO
ザッケローニの時にはセットプレーの期待感なかった記憶が

52: 2018/01/15(月) 20:17:52.54 ID:ZFgBnJeBO
昔俊さんが一回だけ決めてたコーナーから直接狙うって実用的な精度になったりしないんだろうな
出来たら競るの諦めてる日本でも可能性が

63: 2018/01/15(月) 20:40:30.54 ID:93VO3zz80
>>52
俺も一度だけ試合で決めたことがある
あん時はなぜか絶対決められる気がして蹴った

69: 2018/01/15(月) 20:47:00.72 ID:GzkPd0KW0
>>52
枠に飛ばすのは意外と簡単
基本的にあれが入るってのはキーパーの油断やミス

64: 2018/01/15(月) 20:42:37.87 ID:2SASW6da0
俊輔が懐かしい
あの決定率は異常なほど

103: 2018/01/16(火) 00:56:24.83 ID:YKMI42Z50
>>64
確かに素晴らしかったね
でも、南アの4年間はそれしか得点パターンがなくて見てて辛かったな
クリンチの離れ際にパンチ撃つことしかできんのかい、って感じだった
あれ、オシムの時は違ったっけ

66: 2018/01/15(月) 20:45:16.06 ID:ZFgBnJeBO
どっかにボンバーヘッド二世がいれば

70: 2018/01/15(月) 20:50:27.31 ID:NkSqE5tS0
>>66
結構吉田点取ってるんだぞw
ポカするところまでボンバーの真似しなくてもいいんだけどな

77: 2018/01/15(月) 20:59:03.43 ID:ZFgBnJeBO
>>70
もう一人欲しい
ていうかあいつ以外にいいキック持ってるよな若いときは中盤だったとか聞いたが

93: 2018/01/15(月) 22:30:31.70 ID:hGvjHc5O0
鈴木がファウル貰って俊輔が蹴る
みたいな一縷の希望すら今の代表にはない

112: 2018/01/16(火) 06:29:48.56 ID:pDv/ixqE0
キッカーとして本田を使うかどうかは別として
本当にキッカーは呼んだ方がいい
セットプレー重要とかいいながらキッカー軽視してるからな



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1516010491/0-


スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ