04

スポンサード リンク

590: 2017/12/15(金) 20:07:11.67 ID:xKkZMfXGa
この記事は面白いが、結論からすると決定的なパサーが不足しているということ。やっぱり柴崎や清武、香川や大島の内、誰か2人が必要になるな。
課題は守備力との兼ね合い。
そう考えると守備力をつけた大島の怪我はかなり痛いな。

現役セリエAコーチが徹底分析! 偏見なしにハリル戦術を評価する(footballista) - Y!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171215-00010000-fballista-socc #Yahooニュースアプリ

619: 2017/12/15(金) 21:13:56.73 ID:+HG0wf5pp
>>590
ん?中盤パサーの話など記事では触れてないが

1.サイドが1対1で抜けてクロスを入れる
2.中盤がそのクロスに合わせてゴール前に走り込み、CFと合わせて数的有利を作り出す

この2点が出来ていないという話じゃないの?
分析では、1.には伊東、2.には中盤からゴール前に飛び込める運動量と相手に勝てる運動量ある選手、みたいなのが必要と示唆してる

ボランチのビルドアップの為のポジ問題も指摘してるが
ハリルのボランチはマンマーク気味に相手への守備ケアから入っているから指摘はあんまり当たってないと思うかな


いずれにしても
1.1対1で勝てるクロスの上げれるサイド
2.運動量と体格のある、ゴール前に飛び込み相手DFに囲まれながら得点に絡む中盤

が必要ということ
ハリルの選手選考もそこに向かって今もなされているね
倉田が意外に評価高いのもこの点じゃないかな

624: 2017/12/15(金) 21:20:43.21 ID:5us7Stl20
>>619
ビルドアップの部分で触れてるだろ
別に、パサーが不足している、みたいな書き方ではないが

628: 2017/12/15(金) 21:29:03.09 ID:+HG0wf5pp
>>624
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171215-00010000-fballista-socc&p=2
 一方、最終ラインからセントラルMFを経由して攻撃が組み立てられる場面は稀だった。
ブラジル戦のCMFペア(長谷部、山口)の位置関係は基本的にフラットな横並びで、パスを引き出すために段差をつけたポジションを取ったり、マークを外してパスコースを作り出したりという動きは見られなかった(図1)。
山口が1枚でアンカーに入ったベルギー戦もその点は同様だった(図2)。
流れの中でボールに絡むことがあっても、最終ラインにとって一時的な預けどころになるという以上ではなく、そこからのパスも後ろに戻すか外に開くかのどちらか。
CMFから質の高い縦パスが前線のアタッカーに送り込まれるというクリーンなビルドアップは皆無だった。


とCMF、つまりボランチ(ブラジル戦の長谷部、山口)、アンカー(ベルギー戦の山口)の話だから
ビルドアップの指摘はトップ下やIHの話じゃないよ

629: 2017/12/15(金) 21:30:51.91 ID:nfbFiDT20
>>619
これは、今の代表が点を取るための方法としてはベストだと思う。
俺もいつもこういう形をイメージしてたよ。
伊東のクロスから、中盤2列目が飛び込む形。
そのための中盤IHの選手が、井手口・山口・長澤・倉田・今野。
CFはニアへ。逆サイドのウイングはファーへ。
そこで決めてもいいし、抜けたりこぼれたりしたボールを、押し込むorミドル。

伊東のいいところは、縦に抜けるスピードだけじゃなく、
クロスにバリエーションが多いことと精度があること。それが浅野よりもスタメンに推す理由。
守備力もスタミナがある分浅野より上。

浅野は、ジョーカーor守備固めとして試合終盤に中央で使いたい。

638: 2017/12/15(金) 21:57:24.45 ID:E5vjAZWm0
>>629
組み合わせの問題じゃね?
左に乾なら右のウイングは浅野又は小林、右に伊東(又は柴崎、清武)なら左の
ウイングは原口他みたいな。

641: 2017/12/15(金) 22:25:22.42 ID:nfbFiDT20
>>638
組み合わせの問題とは思わないな。
スタメンのサイドは、守備力基本に相手ありきで考えると思う。

例えば、初戦のコロンビア戦なら、勝ち点1でOKというゲームプランの元、
前後に走り回れる原口・伊東で引っ張れるだけ引っ張る。

もしアゲンストの展開になったら、原口→乾。IHの片方を攻撃的な選手に変える。
ポスト役のCFに浅野投入の順で交代。
速さのある3トップで足の止まったのろまなコロンビアDFの裏を突く。

どちらにしてもサイドの攻防が、W本戦では勝敗のカギになる。
そこに守備の不安のある選手は使えない。(柴崎・清武はない)
また、個人で打開できる能力が必要なので、
ある程度ポゼッションできてる状態じゃないと効果が薄い小林や久保も、俺は推さない。

657: 2017/12/15(金) 23:02:40.30 ID:P94us3Mla
>>619
決定機のゴール前が薄い。これを面倒に言っているだけ。先制して引き気味の相手守備をこじ開けることを想定している。
持久力の要素が欠けているな。速く切り込めば、相手DFラインとFWを都度退行させられる。何度かやれば疲弊するから、マークのズレ、守備に綻びが生じる。
攻撃力の量は守備の余裕度に相関する前提で、有利を形成する作業が必要になる。

引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/eleven/1513247345/


スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ