1: 2017/12/14(木) 17:14:10.31 ID:CAP_USER9
12日、2017 FIFAクラブワールドカップUAEの準決勝が行われ、本田圭佑の所属する北中米カリブ海王者のパチューカは、ブラジルのグレミオを相手に延長戦の末に0-1で敗れた。
初戦に続き中盤起用となった本田はチームの中心的選手として随所に存在感を発揮。敗れはしたものの、南米王者を相手に持てる力を存分に見せつけた。(文:河治良幸)

●右足に不安を抱えているとは思えない存在感

アフリカ王者のウィダード・カサブランカを延長戦でくだしてから、中2日で南米王者グレミオに挑んだパチューカ。フル出場した前の試合に続き[4-3-3]の右インサイドハーフで先発した本田圭佑は
右足に不安を抱えているとは思えない動きで存在感を放ち、南米王者のディフェンスを苦しめた。

インサイドのプレーで目立ったのは1タッチ、2タッチのショートパスの多さ。しかも、周りのビクトル・グスマンやホナタン・ウレタビスカヤが前を向ける状況を作るパスだ。

瞬時の1歩、2歩の動きでグレミオの守備を外し、とにかく味方から影にならないポジションでパスを引き出すと、1タッチパスでアンカーのホセ・エルナンデスに渡す、
あるいはファーストコントロールでディフェンスの逆に持ち出して叩くなど、時間をかけずに起点として機能した。

そこからチャンスと見た時の縦への仕掛けは迫力があった。8分に惜しいミドルシュートを放ったシーンでは右ウィングのウレタビスカヤが二人のディフェンスを引き付けて中に出すと、
1タッチ目で左斜めのスペースにコントロールし、ディフェンスラインがブロックを作り切れないタイミングで左足を振り抜いた。

南米王者のデュフェンスはハイプレスをかけてはこないものの、中盤とウィングが絡むところに3枚、4枚と厳しいプレッシャーをかけてくる。

ウルグアイ代表のウレタビスカヤはボールを持って縦に仕掛けるタイプで、左インサイドハーフのグスマンは2列目から飛び出すチーム随一の得点源であることを考えれば、
本田とアンカーのエルナンデスがいかにプレッシャーを引き受けるかが、中途半端にボールを失わず、チャンスを作るための生命線だった。

周りの特徴をうまく引き出しながら、機を見てフィニッシュに絡んでいこうという意識はチーム戦術を理解し、味方との信頼関係が無ければ成り立たない。
グレミオのディフェンスにとっては本田にボールが入ると何かが起きるという感覚もあっただろうが、主には個で打開するより周囲をうまく生かし、タイミングを見計らって仕掛けてくるという形で非常に厄介だったはずだ。

つづく

12/14(木) 12:12配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171214-00010003-footballc-socc
16
 


スポンサード リンク

2: 2017/12/14(木) 17:14:21.08 ID:CAP_USER9
●日本代表での中盤起用は?

その中で本田がペナルティエリア内に侵入してゴールに迫ったシーンが2回あった。29分には左サイドを起点とした展開からボランチのジャイウソンの外側から背後を取り、
センターバックがサイドに寄っていたエリア内のスペースでロングパスを受けたが、後追いしてきたジャイウソンと左サイドからカバーに来た元新潟のコルテースに挟まれシュートを打ち切れなかった。

そして45分にはカウンターからFWゴンサロ・ハラとのワンツーを使い、ペドロ・ジェロメウとのデュエルを制してゴール前に侵入したが、左足を振り抜いた瞬間にコルテースの左足一本に阻まれた。
グレミオはパチューカにボールを持たれた状況でも落ちついて対応していたが、この場面はまさしく間一髪で、パチューカにとっては本当に惜しいシーンだった。

突き詰めて見れば局面の個の勝負ではグレミオに分があったが、そこを本田がクレバーに立ち回ることで、周りの選手が少しでも有利な状況で仕掛けるようにする。
そしてその中でチャンスにスペースを狙うという意識は本田がもともとプレーメーカーとして持っている資質だ。それを発揮するには監督やチームメートとの信頼関係が絶対的に求められる。

延長戦に入りサイドの守備の隙をコルテースにつかれ、エベルトンの鮮やかな決勝点が決まると、パチューカは延長後半にグスマンが退場して力つきた。

北中米カリブ海王者、メキシコ勢として初の決勝進出はならなかったが、本田にとっては充実した試合となったはず。加入当初は足の違和感や環境への適応に苦しみ、
そこから途中出場で結果を残すことで徐々に評価と信頼を高めていった本田だが、南米王者との一戦で、5ヶ月でチームの中心的な選手になったことを印象付けた。

クラブW杯では2試合続けてインサイドハーフを担ったが、メキシコでは[4-3-3]の右ウィングでも仕事をこなしており、チームの戦術が機能していればサイドでも中央でも存在感を発揮できることは確かだ。

ただ、やはりボールを持ってつなぎながら相手のディフェンスをはがす形が主流のパチューカと相手の背後を突くことが基本になる日本代表ではベースが異なる部分はある。

現在のコンディションを継続できれば来年3月の代表戦でチャンスをもらえる可能性は高いが、インサイドがより持ち味を発揮しやすいポジションかもしれない。

いずれにしても基本的な意識を切り替えながら本田の持ち味を加えていけるかどうか。クラブW杯は3位決定戦を残し、21日にはコパMX(メキシコカップ)決勝が控えるが、
ロシアW杯を大目標にかかげる本田がどういう半年間のビジョンを描き、実現させるのか。今後も注目していきたい。

(文:河治良幸)

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171214-00010003-footballc-000-view.jpg

【サッカー】<UAE記者が見た本田圭佑の“価値”>代表メンバー外の現状に疑問符「理解不能だ」「間違いなく上のレベルの選手だと思う」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1513026224/

【サッカー】<本田圭佑( パチューカ>完全燃焼!「悔いはない」。120分死闘、決勝進出逃すも「すべてを出し切った」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1513114149/

5: 2017/12/14(木) 17:15:59.29 ID:QyfjxHJy0
ブラジルやヨーロッパなど海外での本田への絶賛が止まらない状態なんだよな
これちょっとしたフィーバーだよ

6: 2017/12/14(木) 17:15:59.96 ID:HUFiS0p70
このままパチューカにいた方が良いと思うけどな
今更欧州なんて行けないだろうし

23: 2017/12/14(木) 17:22:05.26 ID:IWaE00Vr0
ハリルはプライド高いから本田を中盤では絶対に使わない

33: 2017/12/14(木) 17:36:47.18 ID:h36ODYWm0
中盤なんて守備させてたら前半ももなたないから無理w
本田をどうしても使うならサブか先発ならトップしかない

43: 2017/12/14(木) 17:45:17.44 ID:qZa8FpUY0
井手口とポジ争いになるのか。これ

44: 2017/12/14(木) 17:48:12.19 ID:6o8OtKak0
>>43
仮にIHなら高萩・小林4あたりとかな
序列上の選手が複数怪我ならワンちゃんある
右FWなら小林、IJあたりと3番手争いで、この中の誰かが久保と入れ替わるかもしれない

49: 2017/12/14(木) 17:54:28.85 ID:J/P/qnns0
本田に代表復帰のチャンスがあるとしたら1トップだよ
大迫に不安が出てきたから保険として入るかもしれない

56: 2017/12/14(木) 18:00:45.27 ID:b9xfVl3p0
ベルギー戦は何が原因で失点したのかを思い出せば本田の中盤起用はありえない
テストモードで守備で期待できない久保と森岡を投入したら
この2人がボールホルダーに対して適当な守備をして崩された
W杯のコロンビア戦も全失点ともボールホルダーに自由にやらせてる
崩されても最後にDFとGKがカバーする個があれば構わないが日本にそんな能力など無い
だから中盤も守備を頑張るしかない

62: 2017/12/14(木) 18:04:56.87 ID:fmkmF1ro0
フリーキッカーいないし呼んでもいいんじゃない
Wカップはまた無回転仕様のボールになるみたいだし

74: 2017/12/14(木) 18:09:56.88 ID:fmkmF1ro0
パチューカくらい動けるやつが周りに居るのが前提かな

84: 2017/12/14(木) 18:20:07.83 ID:q5ay+Tm+0
ハリルのサッカーでどうしても本田使うならワントップ以外無いんじゃないかい?
サイドでもインサイドでも運動量が圧倒的に足りない。
大迫は絶不調でしかも肺炎だしボール収めるのもキックも本田のほうが今は上手い。

88: 2017/12/14(木) 18:22:01.98 ID:0ii+rJlc0
ないない。
あるとしたら、2トップの電柱だけ。
ただしハリルが2トップやるかはわからんけど。

107: 2017/12/14(木) 18:32:53.80 ID:HMVEhSCx0
2002年は、中田 2010年は、本田。
2018年は、誰か若いスターが出てきたら、
ベスト16に行けるかな?

119: 2017/12/14(木) 18:39:51.68 ID:2pj3D7LU0
30分限定で中央の控えならいてもいい
というか悲しいほどに技術も引き出しも勝負するメンタルも無さすぎるんだよJリーガーは
マジで本田なんか早く追い出せよ。現状本田より違い作れるプレイヤーいねえよ…
なんでJリーグはいつまで経ってもJリーグサッカーしかしないんだ
パチューカの方がつえーんじゃないの試合見た感じ。J2レベルとか馬鹿にしてたやついっぱいいたけど

125: 2017/12/14(木) 18:45:14.08 ID:b9xfVl3p0
ベルギー戦は何が原因で失点したのかを思い出せば本田の中盤起用はありえない
テストモードで守備で期待できない久保と森岡を投入したら
この2人がボールホルダーに対して適当な守備をして崩された
W杯のコロンビア戦も全失点ともボールホルダーに自由にやらせてる
崩されても最後にDFとGKがカバーする個があれば構わないが日本にそんな能力など無い
だから中盤も守備を頑張るしかない

126: 2017/12/14(木) 18:45:19.56 ID:G/iRlc8u0
本田がなんでRWで起用されてるのか最初から意味不明だったからな
アイツはどう考えても中盤の選手だよ CFも有りだけど飽くまで苦肉の策の域出てない

133: 2017/12/14(木) 18:47:31.00 ID:4p+YXu770
ゲームメイクという意味では代表候補も含めて1~2位の実力あるけど
香川や清武や柴崎といった選手と競争するのか、はたまた井手口や山口や長谷部といった選手と競争するのか
どちらかの枠を一つ本田の為に準備するのは難しいのでは?

134: 2017/12/14(木) 18:47:52.77 ID:o5iHdaEY0
パチューカと日本じゃ個々の個人技と推進力が違うから同じことはできないよあれは
パチューカはお互いの距離が離れてても勝手に個々が常に前進を意識してる。
だから本田は彼をいたい場所で好きなように動けた
日本は状況が違う。常に味方のフォローしながらスペースを埋めてパスしていかないと相手を崩せない
個々で打開できないから距離を短く保たないと話しにならないから、パチューカみたいに王様ポジションなんてできないんだよ

140: 2017/12/14(木) 18:51:51.49 ID:7yfDzaxE0
他の人がちゃんと走って守ってくれるチームだと本田は生きるけどな
前線でファーストディフェンダーの役割さえサボるのにIHとか無理だしな

145: 2017/12/14(木) 18:54:23.42 ID:TOoB7gpe0
本田トップでよくね?
大迫じゃ得点がまるで期待出来ない
ポスト、収まりとか言っててもまるで機能してないし
左右に原口、乾、岡崎あたり置いて中盤に井手口、山口、今野
地蔵本田がフィニッシュ

159: 2017/12/14(木) 19:03:15.99 ID:FX3UmY0q0
今回白のイグニタス新調して気合い入れてたのになw

98: 2017/12/14(木) 18:27:44.01 ID:bj+OL0as0
延長は完全にスタミナ切れて止まってたが
そこまでは手のひら返しても良い活躍だった

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513239250/0-


スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ