1: サムライ 2017/11/16(木) 12:33:09.01 ID:CAP_USER9
11/16(木) 12:16配信
“不可欠な存在”大迫勇也の能力を最大限に引き出すためには…欧州遠征で露呈した課題と可能性

ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督は、先のメキシコ代表戦で3失点した守備陣のてこ入れを図るため、度重なる負傷などでバルセロナでの出場機会が限られているトーマス・ヴェルマーレン(バルセロナ/スペイン)を3バックのセンターに抜擢した。ヴェルマーレンとすれば、所属チームでの不遇を代表チームでのパフォーマンスで払拭する絶好の機会だったに違いない。しかし、その彼の前に、日本代表のセンターフォワード・大迫勇也(ケルン/ドイツ)が立ちはだかった。


ヴェルマーレンが身長183センチ・80キロに対して、大迫は182センチ・73キロ。体躯ではヴェルマーレンの方が大柄だが、大迫は抜群の動き出しとポジションの確保で局面バトルを制していく。彼は味方から繰り出されるフィードに俊敏に反応し、常にヴェルマーレンを背後に従えて巧みなポストワークを施した。

ドイツ・ブンデスリーガのケルンでプレーする大迫は最前線で生きる処世術を身に付けている。屈強なDFがひしめくブンデスリーガの中で味方と敵の位置を事前に把握し、パスの角度を見極めて自らの身体の向きを決めた上で確信的なトラップを仕掛ける。相手DFは一歩でも早くボールに追いつこうと駆け引きするが、大迫はそれを上回る読みで先んじる。優れた身体能力を備えるのは当然として、大迫は策謀を尽くした棋士のような動きで相手を出し抜くのである。

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が志向するチーム戦術の中で1トップの大迫は不可欠な存在になりつつある。その理由を、かつてケルンでともにプレーし、ベルギー戦で日本代表初キャップを飾ったMF長澤和輝(浦和レッズ)が語っている。

「(ピッチの中では)大迫選手を中心に、前線では大迫選手が音頭を取るというか、スタートの合図じゃないですけども、そこに皆が連動する形でプレーしています」

大迫はチームの”始点”だ。彼がボールを収めた位置がチームの先端となり、その基準に併せて中盤とディフェンスラインが距離を詰め、チーム全体のコンパクトネスを維持する。目印となる始点がなければチームが仕掛けるプレスや囲い込みや連動した守備組織は築けないため、大迫が果たすポストワークはディフェンス面でも大きな影響力を及ぼす。ハリルホジッチ監督が彼を最前線のファーストチョイスに定める所以である。

一方、現在の日本代表において大迫が果たす攻撃面の影響力は限定されている。特に今回の欧州遠征で対戦したブラジルやベルギーのような強豪と対峙したとき、最前線の彼が孤立してしまう状況は自らのプレーパフォーマンスを減退させる要因を孕んでいる。

実力上位の相手に対してポゼッションで勝るのは難しい。一方でカウンターを当てるにしても、一個人の力だけでは局面を打破するのは困難だ。チーム全体の位置取りが下がって大迫の周囲にサポート役を配せない状況が多々生まれるのは承知の上で、それでも彼には自らの能力を覚醒させる相棒が必要だ。

(続く)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171116-00000014-goal-socc
no title


スポンサード リンク

2: サムライ 2017/11/16(木) 12:33:35.74 ID:CAP_USER9
>>1
(続き)

2016-17シーズンのケルンではアントニー・モデスト(天津権健/中国)という頼もしきパートナーがいた。大迫は彼と2トップを組んで自身7得点、そしてモデストはリーグ3位の25得点をマークしてチームの躍進に寄与した。大迫は鹿島アントラーズに在籍していた時代もマルキーニョスや興梠慎三(浦和)らと流麗な連係、連動を図り、自らが生き、他者も生かすプレーを体現した。もちろん彼ひとりでも得点を挙げる力は有しているものの、パートナーの存在によって潜在能力が引き出されることは過去の実績が示している。例えば今回の代表に招集された興梠が大迫と同じピッチに立ってコンビを組んだときにどんなコラボレーションが生まれたかは興味深いが、結局ハリルホジッチ監督はブラジルとベルギーとの連戦で興梠を出場させることはなかった。浦和での興梠は1トップだけなくシャドー、もしくはインサイドハーフでもプレーしているため、ハリルホジッチ監督が採用する4-1-2-3を維持してふたりを共存させる余地もあっただけに残念だ。ただし、興梠をインサイドハーフで起用した場合は井手口陽介(ガンバ大阪)や長澤のように局地戦でのハイプレスは期待できないため、指揮官が求める戦術骨子から逸脱する可能性もあり、その取捨選択は難しい。

また、大迫が今季のケルンで4-4-2の右サイドを任されることもあるように、彼が器用な技術を有するが故にストライカーとしての存在価値を少しだけ落としているのも懸念材料だ。チームの1トップが果たすべき最大の役割はゴール。それは大半の時間帯で槙野智章に抑え込まれたベルギー代表のエースFWロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)がナセル・シャドリ(WBA/イングランド)のアシストを受けて決勝ゴールを挙げた成果が示している。

ベルギー戦後、大迫はこう言った。

「最後のちょっとしたところで差が出たかなと思います。僕や、前目の選手が勝ち切れるように得点を取ること、そのためにこれから、もっともっとレベルアップしていきたいです」

本人は自らの責務を明確に理解している。世界との差をつかみ、その実力差を把握した上で、大迫はそれでも最前線で、代表の核として戦う覚悟を備えている。

(終わり)

4: サムライ 2017/11/16(木) 12:35:49.55 ID:u461LAkv0
前線に大迫があと二人くらいいればな

6: サムライ 2017/11/16(木) 12:37:48.74 ID:Ol6BkKHJ0
ブラジル戦よりはマシだったけどベルギー戦もあまり良くもなかった気はするけどね
もちろん所々での収め方は上手い時もあったけどさ
前を向いてる時にボールをもらった時のプレーはもうちょっとどうにかしないと…

10: サムライ 2017/11/16(木) 12:49:45.24 ID:MDJqiLgV0
ハリルの言うことに耳を傾けるようになったのは
ロシア行きが決まってからだからね
一気に改善してるように見える

攻撃も人数掛けられるようになって改善すると思うよ
失点減らそうと選手を選んでいくと自然とそうなっていく

14: サムライ 2017/11/16(木) 12:54:10.85 ID:9pGbhg2T0
>>10
いや人数かけないで攻め切るのがハリルのサッカーでしょ
攻撃に人数かけるようになったら今度は失点が増えるぞ

16: サムライ 2017/11/16(木) 12:57:39.76 ID:Ek2DUmcU0
>>14
それをよく聞くけど実際見たことないなそんな攻撃
ハリルの理想の形で少人数の相手に攻めきられたのは最近良く見たけど

18: サムライ 2017/11/16(木) 13:03:37.66 ID:k8HWg8/40
鹿島でよかった時は土居が大迫との距離意識して孤立させないようにしてた時なんだけどね
興梠と組んでた時は興梠が動きまわるから中で孤立することが多くて大迫自身は特別凄くなかった
代表だとサイドに数かけないと攻撃の形作れなくて中央がスカスカで孤立することが多いからこのままだと大迫に得点期待するのは無理だろうね

55: サムライ 2017/11/16(木) 13:26:38.74 ID:GWFGZTIy0
>>18
それでいいんじゃね?周りが得点すれば。

26: サムライ 2017/11/16(木) 13:11:34.10 ID:adanAp4E0
安パイは清武
元チムメの柴崎もうまくいく公算が高い

新戦力の長澤ともチムメだし組み合わせはよかった
だから大迫は心配してない

32: サムライ 2017/11/16(木) 13:15:38.97 ID:VkPjBMpCO
そもそもちゃんとした型で大迫にボール入る回数少ないだろ
周りに預けるにも守備に追われて離れてるし
預けても蛍や井手口は焦って蹴るか下げるし浅野は下手だし

38: サムライ 2017/11/16(木) 13:18:34.64 ID:XKePIsdB0
>>32
一人で決めろよw

35: サムライ 2017/11/16(木) 13:17:09.80 ID:uiOlszWB0
クラブ仕様

       武藤
          岡崎
    乾   柴崎   大迫
        長谷部
   長友 槙野 吉田 ゴリ
         川島

大迫はもはやサイドハーフ扱いだぞ

41: サムライ 2017/11/16(木) 13:20:28.92 ID:adanAp4E0
>>35
柴崎も乾も2トップだぞ

45: サムライ 2017/11/16(木) 13:21:59.75 ID:uiOlszWB0
>>41
セカンドトップ枠が大変なんだよな

36: サムライ 2017/11/16(木) 13:17:38.89 ID:5cGUpfLd0
ポストプレーは完璧
シュートはおしいのがたまに

鈴木隆行師匠ならこれにファールゲットも足されるから有能だった

42: サムライ 2017/11/16(木) 13:20:36.40 ID:xJ5IMINi0
必要だと思うし好きな選手なんだが
いくらなんでも直接的に点に絡むことが少なすぎるな

46: サムライ 2017/11/16(木) 13:22:55.38 ID:bjWMlekM0
前線は「武藤 大迫 乾」のほうが良い気がする
乾は右だとカットインしてシュートできないけど、どっちにせよ得点力無いから右でも良いと思う

58: サムライ 2017/11/16(木) 13:27:52.32 ID:XmK/hZ9mO
>>46
乾右にして良さを消すって意味不明だな
大迫が得点力あるならまだしも

51: サムライ 2017/11/16(木) 13:24:05.52 ID:9pGbhg2T0
そもそも格上相手にFWがボールを収めるようなプレーって必要なのかね
つか大迫一人いても時間なんて前線で作れんだろう
それなら90分ほとんど消えてても1,2回決定機で顔を出せる選手をトップに起用した方がハリルのサッカーにはいいんじゃないか

56: サムライ 2017/11/16(木) 13:26:56.37 ID:TLnd65iG0
>>51
なにもしなくて決定機に顔出せる選手がマインツの岡崎武藤だけど
アジア杯、二次予選、最終予選でことごとくポンコツだったから大迫になった
岡崎武藤が死守してれば大迫の出番はなかったよ

60: サムライ 2017/11/16(木) 13:29:05.30 ID:9pGbhg2T0
>>56
相手によって使い分けるべきじゃないの
ポゼッションのチームだとボールが収められない岡崎1トップはあり得ないけど
逆にカウンターでアバウトに前に蹴るしかない状況なら岡崎の持ち味も出るだろう

63: サムライ 2017/11/16(木) 13:32:01.37 ID:TLnd65iG0
>>60
アバウトに蹴って岡崎頼みなんてもちろん成立しないよ?
CB二人に簡単に潰される、トラップ失敗、ドリブル遅くてすぐ捕まる、シュートレンジが狭い
合わない理由だらけだよ
浅野のほうがマシ

66: サムライ 2017/11/16(木) 13:33:23.40 ID:9pGbhg2T0
>>63
そんな中レスターで結果出してるのが岡崎だけどな

69: サムライ 2017/11/16(木) 13:35:27.68 ID:TLnd65iG0
>>66
それは立派だよ
そして、蹴飛ばしたものを一人でどうにか得点してくれってのは岡崎の無駄遣い極まりない

68: サムライ 2017/11/16(木) 13:33:44.34 ID:2QUUYTeV0
>>60
大迫にアバウトに蹴ってマイボールにしてもらってるのが今だろw

70: サムライ 2017/11/16(木) 13:35:34.35 ID:9pGbhg2T0
>>68
別に大迫が要らないとは言ってないよ
ただこの二試合結果が出なかったのに絶対固定ってのはおかしいって話さ
周りが悪いから仕方ないって言うけど格上相手だと日本代表なんてこんなもんだぞ

76: サムライ 2017/11/16(木) 13:39:40.25 ID:2QUUYTeV0
>>70
いや、岡崎にアバウトに蹴ってればどうにかなるって発言がおかしいと思ってさ
大迫はアバウトなボールでも味方につないだり、ファウルを貰える確率が高いからな
岡崎ならジタバタしてるうちにボールを奪われるからさ

81: サムライ 2017/11/16(木) 13:46:34.21 ID:PbXoko7eO
大迫活かしたいなら、ハンパない時に鹿島でパス供給してた柴崎使えばええやん
代表候補の中で一番大迫の特長を理解してるんだし
短い召集期間でお互いの特長を理解し合えるのは難しいんだから、組み合わせは大事だと思う

113: サムライ 2017/11/16(木) 14:07:55.87 ID:tIhgCjJb0
FK蹴れるやつ居ないもんな
中澤が点取りまくったのは俊さんのおかげだし

118: サムライ 2017/11/16(木) 14:09:15.76 ID:lC13UBfB0
岡崎とか言ってるやつは昨日初めて代表戦観たのか?
岡崎ワントップがクソだったから大迫になったんだが

121: サムライ 2017/11/16(木) 14:12:29.18 ID:9pGbhg2T0
>>118
だからやり方次第で良い選手にも悪い選手にもなるってことだろ
ある程度日本がボールを持てるなら岡崎より大迫がいいだろう
でも逆にほとんど日本がボールを持てない状況なら岡崎や武藤って選択肢もあるって言ってるだけなんだが

114: サムライ 2017/11/16(木) 14:07:57.91 ID:mPQz8fUC0
いろいろ試して現在は大迫が使われている
それには多くの首脳陣が話し合って決めた事だ
試した結果だ

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1510803189/0-


スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ