2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選・第7戦が28日に行われ、日本代表は埼玉スタジアムでタイ代表と対戦し、2点をリードしてハーフタイムを迎えた。 日本は23日に行われたアラブ首長国連邦(UAE)戦を2-0の勝利を収めた。最終予選6試合を終えて4勝1分け1敗の勝ち点13となり、グループBの2位につけている。

首位・サウジアラビア代表の結果次第で首位に立つ可能性もあり、大量得点で白星を飾りたい。一方、タイはここまで1分け5敗の未勝利で、この試合に負ければ予選敗退が決定する。 日本を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、UAE戦の先発メンバーから2名を入れ替え、DF酒井高徳とFW岡崎慎司がスタメン入り。GK川島永嗣、DF酒井宏樹、吉田麻也、森重真人、長友佑都、MF酒井高、山口蛍、香川真司、FW久保裕也、岡崎、原口元気の11名となった。

試合の立ち上がりはタイが前線からプレッシャーをかけてチャンスを作りかけたが、先制したのは日本だった。8分、森重から右サイドでパスを受けた久保が相手DFを引きつけてグラウンダーのクロスを入れる。ゴール前に走り込んだ香川がトラップからフェイントで相手DFをかわし、ゴール左に右足シュートを沈めた。香川にとっては最終予選初ゴールとなった。

さらに19分、再び森重からパスを受けた久保が右サイドを突破。今度は鋭いクロスをニアに入れると、岡崎がダイビングヘッドで飛び込んだ。これがゴール右に決まり、日本がリードを2点に広げた。岡崎にとっては代表通算50得点目となった。 その後もチャンスを作る日本。30分、吉田がロングボールを前線に送ると、久保がダイレクトで原口へ。ペナルティエリア内でキープして中央の香川へパスを送る。香川は決定機を迎えたが、シュートは大きく外れてしまった。

前半終盤はタイが盛り返す。日本は前半アディショナルタイム1分にCKからピンチを迎えたが、GK川島を中心になんとか守りきり、2-0で前半終了を迎えた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170328-00010001-goal-socc
30
 

スポンサード リンク


<ロシアW杯アジア最終予選>
香川真司(前半8分)
岡崎慎司(前半29分)



スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ