1: サムライ24時 2017/03/11(土) 08:11:37.46 ID:CAP_USER9
清武が帰ってしまったのはブンデスリーガにとっても損失。来てくれるなら獲得したい。

日本ではオッツェの愛称で親しまれたフランク・オルデネヴィッツ氏が、6月に開校する「日独フットボールアカデミー」の校長に就任し来日した。  

ジェフ市原(当時)に在籍した1994年にはJリーグの得点王も獲得。現役を退いた後は、ヴェルダー・ブレーメンのスカウトとして繰り返しJリーグの視察にも訪れており、日本の事情には精通している。今回も「名前は言えない」ものの着目した日本人選手の視察も兼ねており、彼我の相違などプロのスカウトの客観的な見解を聞いてみた。

――率直に今のJリーグは、ブンデスリーガと比較してどのくらいのレベルにありますか?
 
「もちろんそれぞれのチーム力や選手たちの平均値を比べれば、やはりレベルの差はある。浦和ならブンデスリーガでも戦えるかもしれないが、他の多くのクラブは2部と同じくらいではないだろうか」
 
――かつてブンデスリーガ2部のボーフム在籍時に、チョン・テセが「Jリーグの方がカバーリングの意識が高いから難しい。ドイツでは一発抜ければ、ビッグチャンスになる」と話していましたが。
 
「ドイツではボール周辺のスペースを消して来るから、そこを抜け出すとチャンスが広がるのかもしれないね。でもブンデスリーガでは、味方の能力が高いから、Jリーグより個人で切り拓く必要は少ない」
 
――これまで実際に獲得に乗り出した日本人選手はいましたか?
 
「清武弘嗣は欲しい選手で、会って(ブレーメンに来てくれるように)話もした。テクニックがしっかりしていたし、リスタートのキッカーとしても適任だったからね。しかも外国に出て挑戦するという意欲にも満ちていた。残念ながらニュルンベルクに行ってしまったけれど、思っていた通りにドイツでも素晴らしいプレーを見せた」
 
――今でも欲しい選手ですか?
 
「もちろん来てくれるなら獲得したい。逆になぜ日本に帰ってしまったのか、理由を知っていたら教えてほしいくらいだ。清武がいなくなったのは、ブンデスリーガにとっても損失だし、彼が年齢的に最も熟していることを考えると、日本に戻ってしまうのは本当にもったいないことだと思うよ」

つづく

SOCCER DIGEST Web 3/10(金) 17:30
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170310-00023275-sdigestw-socc&p=1
55
 


スポンサード リンク

2: サムライ24時 2017/03/11(土) 08:12:04.09 ID:CAP_USER9
■宇佐美がバイエルンに行くには明らかに若過ぎた。

――他にブンデスリーガに行く前にプレーを確認した選手はいますか?
 
「長谷部誠と原口元気は、ドイツへ来ても成功すると確信していた。長谷部は、プロとして求められるものを備えていて、どんな戦いにも積極的に挑んでいく。チームを引っ張っていく能力もある。原口も闘争心に満ちていた。実は最初に見た試合の出来は良くなかった(J2に降格する札幌に敗戦)。でも原口は、まだ若かった。自分の経験に照らし合わせてみても、良かった試合より悪かった方が多かった(笑)から、いつも高いレベルを維持できるとは限らないことは理解している。酒井高徳は、もっとやれると思った」
 
――ドイツで成功するかどうかは、どんな基準で判断しているのですか?
 
「ポジションごとに役割があるからね。当然テクニックが十分か、スピードが足りているかなどは見る。一方で高いレベルに挑む意欲や、外国での環境に対応していこうという気持ちがあるかどうかも重要になる」
 
――そこは直接話してみて判断するわけですか?
 
「実際にドイツに来てもらうこともある。もちろん大丈夫だと思って獲るわけだが、現実的には希望的な観測が含まれることがあり、正直なところ、そこは半年くらいやってみないと分からない」
 
――日本の選手の情報は、どうやって入手しているのですか?
 
「代理人からの売り込みもあるし、以前一緒にプレーした仲間からも情報は得られる」
 
――ドイツでは日本選手の成功例が出ていますが、なぜイングランド、スペイン、イタリアなどでは難しいのでしょうか?
 
「プレミアは資金力があるので、大金と交換で次々に選手を獲得して来る。今勝てる選手を獲れるので、2~3年磨きをかけて育てようとはしない。レアル・マドリーやバルセロナ、ドイツでもバイエルンなどが、そうだね。出来上がった選手を買う」
 
――ではやはり宇佐美貴史がいきなりバイエルンへ移籍したのは時期尚早でしたね。
 
「宇佐美は明らかにバイエルンへ行くには若過ぎた。もっと小さなクラブで出場機会を確保するべきだった。バイエルンでは、日本人に限らず、若い選手が出場機会を得るのは難しいからね」
 
――一方で日本人選手は代表クラスでも、オーストリア、スイス、ベルギーなどでプレーをしていますが、現実にこうした国のリーグのレベルをどう見ていますか?
 
「オーストリアやスイスはJリーグと同等だろう。上位の数チームだけが良いサッカーをしている。しかし若い頃から外国で暮らし、そこでプレーをすることには意義がある。デメリットはない」

3: サムライ24時 2017/03/11(土) 08:12:14.01 ID:CAP_USER9
■「日本でプレーしていた頃が一番輝いていた」

――ところでオッツェさんがプレーしていた頃のJリーグには、ブンデスリーガでも通用する選手はいましたか?
 
「確実に名前を挙げられるとすれば、カズ(三浦知良)だね。実際にイタリア(ジェノア)でプレーしたわけだし。それに当時はJリーグが盛り上がっていたから、外国でプレーをしようと思う選手がいなかったんじゃないかな?」
 
――カズはイタリアからJリーグに戻り得点王を獲得しました。すごく楽に感じたそうですが、オッツェさんもそうでしたか?
 
「当時からブンデスリーガでは、優秀な選手がしのぎを削っていたわけだからね。それに比べれば、Jリーグでのプレーは簡単だった。日本にも良い選手はいたけれど、トップリーグの経験がなかったからね」
 
――元ドイツ代表選手として、日本に来るのは相当な決断だったのでは?
 
「来る前は、いろいろと不安もあったけど、日本でプレーした頃が一番輝いていたし、一緒にプレーした仲間は大きな財産だよ。それに家族も一緒だったから、心身ともに安定していた。一人だったら帰りたくなっていたかもしれないね」
 
――もうすぐポドルスキが来ますが?
 
「私の実体験から推測すれば、食事や環境に合わせられれば、確実にチームを助けられる。プレーの実力は問題ないからね」
 
――◇――◇――
 
 常々「もし私に日本人のメンタリティがあったら物凄い選手になっていた」と話しているという。
「奥寺康彦さん(ブレーメンの先輩)はプロの鏡で、どんなトレーニングでも果敢に挑んでいた。日本人は、みんな90分間どころか、120分間でも全力を尽くして勝とうとする。それに比べると、私はトレーニングで時々気持ちが入らないこともあった」
 
 この通り、今ではすっかり親日家で「何度でも来たいと思うし、日本に滞在している時は本当に心地良い」と笑みを湛える。これからは日独フットボールアカデミーの校長として、日本の子どもたちの指導にも携わることになるという。
 
取材・文:加部 究(スポーツライター)

【サッカー】<リトバルスキー>日本サッカーに言及!「非常によく組織されたリーグ。レベルはブンデスリーガ2部上位クラスに相当」★2  
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1489032514/

4: サムライ24時 2017/03/11(土) 08:15:19.84 ID:dQ6u7VZ20
リトバルスキーやブッフバルトやオルデネビッツみたいなのがいると移籍しやすいな。

5: サムライ24時 2017/03/11(土) 08:17:06.13 ID:FeuL0GLt0
リティに比べると知名度はなかったけど、なんでも出来てどこからでも点を取れるストライカーだったな
特にミドルシュートのミサイルのような弾道が物凄かった

10: サムライ24時 2017/03/11(土) 08:18:54.94 ID:jWL4WcGn0
なつい名前を見た

11: サムライ24時 2017/03/11(土) 08:22:07.19 ID:4yhnhoB70
スキラッチなら知ってる

12: サムライ24時 2017/03/11(土) 08:22:13.66 ID:LlWWEW1A0
頭良さそうな人だな

13: サムライ24時 2017/03/11(土) 08:22:13.81 ID:TTdYKW1W0

16: サムライ24時 2017/03/11(土) 08:29:04.05 ID:ZmsN5Zln0
ポドルスキーが外れだったと言われるのか

17: サムライ24時 2017/03/11(土) 08:30:46.77 ID:GzQ9uXJJ0
プロタソフとアレイニコフはなにしてるんだろ

19: サムライ24時 2017/03/11(土) 08:36:41.63 ID:IwPy8QDK0
数日前のリティの記事でも、今回のオッツェもJリーグ=ブンデス2部と考えているようだな・・・

ドイツ人はブンデスを高く評価しすぎ
ブンデス2部なんてテクニックに関しては結構酷いぞ

29: サムライ24時 2017/03/11(土) 09:44:25.85 ID:N5Pm7Byl0
>>19
だからなんなんだ?サッカーはテクニックだけでするものじゃないぞ。

24: サムライ24時 2017/03/11(土) 08:52:18.88 ID:q2MP5VBP0
リーガ>>>プレミア>>>>>ブンデス>>>セリエ>>アン>>スーペル>エール>トルコ>>ベルギー=オーストリア=スイス=J>>>ロシア>ギリシャ>スットコ

26: サムライ24時 2017/03/11(土) 08:57:26.89 ID:FEkgSkiF0
清武はブレーメンキラーだったよな

27: サムライ24時 2017/03/11(土) 09:09:33.45 ID:M+dCWjzj0
正直オッツェレベルに活躍されたのは悲しかった
あの頃のドイツならオラフ・トーンとかに来て欲しかったな

28: サムライ24時 2017/03/11(土) 09:27:04.06 ID:HxHK0iAL0
ブンデスとJリーグはテクニックはJのがあるっていう奴いるけど、Jリーグの
テクニックって限定的なんだよね。ボールコントロールや止めて蹴るのはうまいけど、
激しいコンタクトを受けた状態で一人でキープさせるとすぐに奪われるし、プレスが
早いとすぐに焦ってミスをする。じゃあコンタクトを受けないように動きながらボール
をもらうとコントロールミスか判断ミス。厳しい試合になればなるほど役に立たない。

31: サムライ24時 2017/03/11(土) 10:03:26.68 ID:6FK0dq+w0
>>28
同意だわ。
Jのプレスなんて甘々だからフットサルやってる気分なんだろ。
少し厳しく行くとファール取る二流審判がレベル下げてると思うがな。

30: サムライ24時 2017/03/11(土) 09:52:10.60 ID:e1mKj2Q00
理由を知っていたら教えてほしいくらいだって、このおっさん知ってるのに言ってるだろ。
移籍金満額出すクラブがセレッソ以外なかったからしょうがなくだってのに。
ブンデスで移籍金出してくれるクラブあったらそこに行ってるに決まってるだろ。

32: サムライ24時 2017/03/11(土) 10:09:26.98 ID:0h+dl64K0
ファールの基準がゲキ甘なだけに競り合い技術が緩々なのがアジアのサッカー
Jリーグはアラブに比べりゃまだ幾分ましだが欧州トップリーグの基準から見りゃ女子サッカーレベルにほど近い

33: サムライ24時 2017/03/11(土) 10:10:28.63 ID:cm4LouhM0
ミサイルみたいなシュートが印象的だったな。
同じく、ほぼ無名の選手でここまでズタズタにされるのかと悲しかった思い出がある。

ボールを止めて蹴る。
しかも強く速く正確にボールを蹴る。
その技術の高さがサッカーの上手さじゃねえか?
こちゃこちゃドリブルする意味あるのか?
日本サッカー間違えてねえか?
と強く思わされる選手だったな。
個人的には印象深い選手だった。

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489187497/


スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ