昨季敗れたFCソウルとのリベンジマッチ 前線は“KLMトリオ”  AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の開幕2連勝を狙う浦和レッズは28日にホームでFCソウル(韓国)を迎え撃つが、そのスターティングメンバーが発表された。MF柏木陽介が左足を痛めて欠場し、4バックシステムで臨むと予想される。

浦和は前日練習でテストしていた4バックシステムと同じメンバーがスタメンに起用された。主将のMF阿部勇樹が登録メンバーから外れ、MF青木拓矢がアンカーを務めると見込まれる。4バックは右からDF森脇良太、DF那須大亮、DF槙野智章、DF宇賀神友弥の並びになると予想される。試合開始時点で4バックでスタートするのは、昨季のACL第2戦、3月2日の浦項スティーラーズ(韓国)戦以来、約1年ぶりとなる。  
前線は4-0で快勝した、初戦のウェスタン・シドニー・ワンダラーズ戦で全員が得点に絡んだ“KLMトリオ”のFW興梠慎三、FW李忠成、FW武藤雄樹の3人が入った。MF駒井善成とMF関根貴大の2人が、中盤の両サイドに入ると予想される。  

浦和とFCソウルは昨季、決勝トーナメント1回戦で激突。2戦トータル1-1となり、敵地で延長戦の末に3-3、最後はPKスコア6-7で浦和が敗れていた。特に、そのゲームでPKを失敗したGK西川周作と駒井にとっては、リベンジマッチの思いも強まる一戦になる。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170228-00010014-soccermzw-socc
38
 

スポンサード リンク





スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ