1: サムライ24時 2016/11/06(日) 09:10:25.16 ID:CAP_USER9
戦術の浸透も体力作りも上手く進まなかったプレシーズン。指揮官の経験不足が大きく足を引っ張った。
 
名古屋グランパスがクラブ史上初めてJ2に降格した。久米一正社長が「名古屋を落としたことは末代までの恥」と表現したまさかの結末は、
Jリーグのオリジナル10がまたひとつ負の歴史を刻んだことを意味する。
 
特にトヨタ自動車の子会社となり、さらなるビッグクラブ化を推し進めたかったクラブにとっては最悪の結果。
だが、今季の名古屋の歩みには、そうなるだけの問題が山積していた部分は確かにあった。
 
まず触れなければいけないのは、小倉隆史GM兼監督体制の失敗だ。
GMとしては今季11得点のシモビッチを獲得し、イ・スンヒも中盤のスキッパーとして重要な戦力の一端を担うなど、補強を成功させた面もあった。

しかし滑り込みで獲得した安田理大や古林将太、最終ラインの軸として期待されたオーマンらは思うような活躍ができず、
強化担当としての仕事は五分五分といったところ。新人の和泉竜司と高橋諒は小倉体制で経験を積み、A契約に到達するなど即戦力として最低限のラインは超えてもいた。
 
問題はチーム作りの面にある。監督1年生の小倉前監督の理論体系は確立していたようだが、
いかんせん、それを選手に浸透させ、チーム戦術として成立させる手法に欠けていた。つまりは指導者としての経験不足が大きく足を引っ張った。
 
しかもチームコンセプトを一から組み上げる作業に没頭するあまり、体力作りも重要な要素であるキャンプで負荷の高い練習をあまり行なわず、
開幕直前に行ったYOYOテストではトップの数字が他クラブでは平均程度という事態も招いていた。
 
それでいてチームの戦術指導が順調に進んでいったわけでもなく、
開幕から2か月ほどはまだポジティブに受け止められた内容と結果も、徐々に陰りを見せていった。
 
その結果が18戦連続未勝利という散々な成績である。頼みの夏の補強もハ・デソン、扇原貴宏がすぐに負傷離脱する不運にも見舞われ、
7月にはついに降格圏へと足を踏み入れた。もがけばもがくほど沈んでいく底なし沼のような日々に、指揮官は解決策を見いだせず、選手たちはピッチを右往左往した。

>>2以降につづく

SOCCER DIGEST Web 11/5(土) 7:00配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161105-00020317-sdigestw-socc
434
 


スポンサード リンク

2: サムライ24時 2016/11/06(日) 09:10:38.30 ID:CAP_USER9
◆信念を曲げてまで繰り出した苦肉の守備的サッカーも不発に。
 
7月30日の横浜戦では来日したばかりのジュロヴスキー現監督が視察する中、対処療法的に導入した5バックで引き分けに持ち込んだが、その場しのぎの感は強かった。

「5人目まで連動するサッカー」という自らの信念を曲げてまで繰り出した苦肉の守備的サッカーは実らず、そこから3試合を経て小倉体制は終了。
まずはコーチとして招聘し、その後昇格という形でジュロヴスキー監督が誕生した時から、名古屋の最後のあがきは始まった。
 
3勝3敗2分。一時は残留圏と勝点7差があった“負け戦”を、ジュロヴスキー監督のチームは懸命に戦った。
就任からわずか1週間の準備でチームに新たな戦術を植え付け、FC東京と引き分けると、続く新潟との直接対決を制し、
19試合ぶりの勝利。この試合から指揮官の切り札として復帰させていた田中マルクス闘莉王も出場し、チームを力強くけん引するなど、用意したカンフル剤がてきめんに効き、名古屋は息を吹き返した。

続くG大阪戦は力負けするも、仙台とのアウェー戦、5-0で大勝した福岡戦でシーズン初の連勝。ここで一度は残留圏に浮上した。

だが、国際Aマッチデーによる3週間の中断期を境に、チームは下降線を辿った。清水で行なったキャンプの出来自体は良かったのだが、
中断明け初戦の磐田とのゲームはそれまでのポゼッションベースの戦いが展開できず、翌週の神戸戦はステージ優勝争いを演じた地力の差を見せつけられ、再び降格圏に転落。

16位で迎えた最終節は結果的には勝点1で十分だったが、「勝たなければ危ない」とでも思ったかのように冷静さを欠き、攻め急いだ挙句に3失点の大敗を喫した。
土壇場での勝負弱さはシーズン序盤から抱える課題で、前体制の負の遺産が最後まで尾を引いた形になった。

短期間でチームを立て直したジュロヴスキー監督の手腕は高く評価できるもので、降格に対する彼の責任は問われるべきではない。
「ボスコがチームを正常な状態にしてくれた」と楢崎正剛が感謝するように、監督交代がなければ為すすべなく降格が決まっていたことは間違いない。

問われるべきは監督交代の時期を残り8試合というギリギリのタイミングまで遅らせてしまったフロントの判断であり、
ひいては小倉体制を正しい道に導けなかったプレシーズンの見通しの甘さにある。
 
「もう少し早くボスコさんが監督になっていれば」とはシーズン終盤、複数の選手が口を揃えた悔恨の念だ。
もちろん、ピッチで結果を残せなかった選手に責任の大半はある。指揮系統の混乱があったとしても、ピッチ上の闘争に打ち勝つ気概を見せられなかった18試合は大きな反省点だ。

この期間にあとひとつでも勝点を重ねていれば残留はできていた。勝負にたられば、は禁物だが、それにしても無駄にした試合の数は多すぎる。
 
チームにはさらなる激震が走っている。最終節翌日の11月4日、降格の責任を取る形で久米社長が辞任をトヨタ自動車本社に申し入れ、
佐々木眞一副会長がこれを受理。承認手続きは今後のことになるが、「本日をもって辞任となりました」と既に決定事項であると久米社長自身が認識しており、チームは大きな転換期を迎えることになった。
 
GMとして数々の補強を先導してきた辣腕がいなくなることで、今後の選手たちとの契約交渉は困難を極めることは必至。
1年でのJ1復帰にはまず戦力維持が不可欠となるが、その雲行きも怪しくなってきた。
 
ゆえに今、名古屋に求められるのは、フロント新体制の一刻も早い人選と確定、そして来季以降の明確なプラン策定にある。
戦力を維持し、激戦のJ2を戦い抜く陣容を作り上げ、その後のビジョンをクリアに描く。それができなければ名古屋には混迷の未来が待っている。
 
取材・文:今井雄一朗(フリーライター)

写真
no title

no title

no title


【サッカー】<名古屋グランパス>元代表監督岡田武史氏の提案を受け入れ、強化に携わる人材として元横浜監督下條佳明氏を抜擢する方針
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1478382942/

297: サムライ24時 2016/11/06(日) 13:39:58.06 ID://obFadb0
>>2
経営陣に決断力が無かったと言うこと。
それだけの人材しか居ない会社なんだろうな。

3: サムライ24時 2016/11/06(日) 09:12:15.67 ID:5bftRioa0
名古屋もガンバ見習ってU-23やって
選手と指導者の育成両方もしたほうが
いいと思いまーす。

4: サムライ24時 2016/11/06(日) 09:13:07.52 ID:6CmWm9qQ0
あれだけの長期契約
破格のGM兼監督待遇

小倉の監督としての可能性や才能リサーチしてなかったのかな
じゃなきゃあんな高待遇で経験0の小倉に監督させないだろう
アテが外れたのかフロントが節穴だったのか

11: サムライ24時 2016/11/06(日) 09:21:33.93 ID:b4cKmQLx0
>>4
生え抜きを育てたかっただけ。
名古屋の本当に駄目な所はそれを小倉に託した所。
普段は生え抜きをゴミのように扱ってる癖にね。

218: サムライ24時 2016/11/06(日) 11:46:42.47 ID:Qn6MwdoH0
>>11
そりゃわかるが、コーチからとかフロントのスカウトからとかでもいいでしょう。
なぜいきなり監督兼GMかと

295: サムライ24時 2016/11/06(日) 13:29:09.57 ID:Mric8G870
>>11
生え抜きって言っても、プロのキャリアのピークを海外で過ごしたやつだろ?

69: サムライ24時 2016/11/06(日) 10:09:21.48 ID:cxtLF0au0
>>4
名古屋内部に三派閥くらいあって、全てを丸く収めるために久米が妥協案として出したらしい。

6: サムライ24時 2016/11/06(日) 09:13:44.39 ID:MbyuAFYpO
だいたい小倉で戦えると思ったトヨタが悪い

8: サムライ24時 2016/11/06(日) 09:16:39.44 ID:3w74y/qj0
試合後のコメントとか見てられないレベルだったしな。練習とかミーティングでどう伝えてたのか

9: サムライ24時 2016/11/06(日) 09:18:50.46 ID:ZsGy+xrB0
そんなに小倉酷かったのか
何かの番組で解説してたよな

21: サムライ24時 2016/11/06(日) 09:34:18.02 ID:jF8geJie0
>>9
感想言うのとそれができるようになる(しないようにする)練習法を提示するのは別物だもの

61: サムライ24時 2016/11/06(日) 10:04:05.61 ID:nlckVm5E0
>>9
>監督1年生の小倉前監督の理論体系は確立していたようだが、
いかんせん、それを選手に浸透させ、チーム戦術として成立させる手法に欠けていた。つまりは指導者としての経験不足が大きく足を引っ張った。

163: サムライ24時 2016/11/06(日) 11:02:12.55 ID:TkqtWz6C0
>>9
例えば試合を観てどこが悪いかなら素人でも解る事もあるがそれを修正出来るかと言ったらそれはまた別の問題

15: サムライ24時 2016/11/06(日) 09:28:09.96 ID:YGokKoP80
いい加減にしろ18戦連続未勝利ってなんだよ無勝利だろ
現在進行形ならまだしも事後に連続未勝利という表現はいよいよおかしい

なら無敗のときも未敗って言えや

16: サムライ24時 2016/11/06(日) 09:28:33.51 ID:Nw6Gnx+M0
竹内ってCBポカしすぎだろ・・
小倉が駄目なのは当たり前なんだが

19: サムライ24時 2016/11/06(日) 09:33:37.92 ID:SnUxmmtZ0
そんなに監督の影響でチーム状態が変わるものなの?
サッカーにそこまで複雑な戦術や約束事があるとは思えないけど…結局は選手の能力、体力、精神力次第じゃないの?
ザッケローニとハリルホジッチの戦術の明確な違いを説明せよと言われても皆答えられないでしょ。

24: サムライ24時 2016/11/06(日) 09:35:56.69 ID:ahkaNSYW0
>>19
ベンゲルが来て名古屋はメチャクチャ変わったよ

188: サムライ24時 2016/11/06(日) 11:17:35.67 ID:sWf8YWeq0
>>24
中盤のデュリュックスだっけ、あとピクシーもいたしな
天皇杯制した時とか圧巻だったわぁ・・・

199: サムライ24時 2016/11/06(日) 11:28:13.73 ID:B+fdB3lr0
>>188
ベンゲルはピクシーを信じ続け、守備免除の自由を与えたら確変したな。
マルセイユのストイコビッチという肩書きが当時の日本人にはピンときてなかったが、フランス人のベンゲルは十分理解してた。

20: サムライ24時 2016/11/06(日) 09:33:58.63 ID:9cZFMRgL0
小倉なんて現役時代も大したことなかったのに、特別扱いするなよ。

58: サムライ24時 2016/11/06(日) 10:00:59.41 ID:WpwKoaPB0
小倉は火中の栗を拾っただけだからあんまり叩く気にならないな
何年もかけたフロントの迷走で落ちるべくして落ちただけや

22: サムライ24時 2016/11/06(日) 09:34:44.84 ID:ahkaNSYW0
名古屋はJ2から抜け出せない気がしてしょうがない
このオフで主力は大半が移籍するだろうし闘莉王はブラジルに戻る、楢崎も年齢的にも限界が来てる
彼らに続く若手も育ってない
まったく別のチームになって離れるサポーターも多い

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1478391025/


スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ