1: サムライ24時 2016/11/01(火) 18:13:31.79 ID:CAP_USER9
日本がAFC U-19選手権の決勝に進んだことは過去6回あった。その中で最も重要な意味を持つ大会は、中田英寿を擁した1994年大会だろう。これはFIFA主催の各世界大会において、日本がアジアの壁を破って出場権を獲得した最初の大会でもある(開催国特権での出場はあった)。当時のアジア枠は僅か『2』しかなかったのだから、その点からも偉業だった。このチームは世界大会でも8強まで躍進。日本のサッカー史を大きく塗り替えていった。

この大会から後は、日本の準優勝が珍しくなくなる。小野伸二、稲本潤一、高原直泰ら“黄金世代”を擁した1998年大会、森崎和幸、前田遼一らのいた2000年大会、今野泰幸、川島永嗣らのいた2002年大会と3大会連続で準優勝。さらに内田篤人、柏木陽介、槙野智章ら現在のA代表選手がそろう2006年大会でも準優勝を飾ってみせた。この間、すべての大会で世界への切符を確保。ワールドユース(現・U-20ワールドカップ)への出場は7大会連続となる。多くの日本サッカー関係者は「U-20で世界大会に出るのは当たり前のことだと思っていた」と当時のことを思い出す。

ただ、おごれる者は久しからず。2008年大会においては、国内最終合宿まで参加していたMF金崎夢生が協会幹部の鶴の一声で離脱し、エースと見込んだ香川真司はグループステージ3試合で撤収、新戦力と期待されたFW大迫勇也も高校選手権予選の日程調整ができずに辞退となる中で、準々決勝で韓国に0-3と屈辱的完敗を喫してしまう。もちろん、クラブでの活動を優先させて香川と金崎を呼ばないというのは一つの見識ではあるのだが、それならそれで彼ら抜きのチーム作りを現場にさせるべきだった。「アジアは突破して当たり前」というおごった意識が、あり得ないマネジメントを招いてチームの足を引っ張ってしまった。敗退について現場に責任がなかったとは言わないが、余りにも配慮が不足していたのは間違いない。

373
 


スポンサード リンク

2: サムライ24時 2016/11/01(火) 18:13:47.69 ID:CAP_USER9
これは高校選手権の都道府県予選などでもあるのだが、連続出場が一度途絶えてしまうと、後の年代のチームにまで不思議と影響が出てくるものだ。「ずっと突破していたのだから、今回も突破できる」という自信が、「また突破できなかったらどうしよう」という不安に置換されてしまうのかもしれない。宇佐美貴史、酒井高徳らを擁した2010年大会、そしてリオ五輪世代に当たる2012年大会でも日本は敗北。この2012年大会を前に、DF遠藤航が使っていた「アジアの壁」という言葉が、事態の深刻さを筆者に認識させた。1990年代に打ち崩したはずの壁が、亡霊のようによみがえってしまっていたのだ。

当然ながら、日本がアジア予選を突破できなくなった要因を単なる心理面のみに求めるのは無理がある。そんな馬鹿なことを言う気はない。ただ、日本にどんな問題点があるにせよ、対峙してきたアジア各国が別に完璧だったわけではない。それぞれの国がそれぞれの課題を抱えている中での勝負であり、ましてや19歳以下という精神的に未熟なカテゴリーでの試合だ。監督も選手もチェスの駒ではなく、生身の人間である。負けが重なるほどに「今度こそ突破しなくては」というプレッシャーと、「突破できないかもしれない」という不安がそれぞれ強まる中で、十分なパフォーマンスを出し切れなくなっていったのも一面の事実だろう。

負の流れを払しょくするにはどうすればいいのかと言うと、随分と逆説的になってしまうのだが、これはもうどこかで予選を突破するしかない。「内容はどうでもいい」と言ってしまうと大いに語弊があるのだが、しかし世界大会に出続ける流れを日本が取り戻すためには、石にすがりついてでも勝つしかないのだ。そういう戦いであるという認識は選手たちにも芽生えていて、「勝てば内容はどうでもいい」(MF堂安律)、「欲しいのは結果だけ」(GK小島亨介)といったコメントを、大会前からしばしば聞くことができた。

ここで「だからこそ日本は勝てたのだ」と言ってしまうのは実に簡単だが、そう単純なものでもあるまい。ただ、前回王者のカタールをグループステージ第3戦で3-0と沈めて首位突破を果たし、ノックアウトステージでタジキスタンを4-0の大差で破った要因は、選手たちそれぞれが「勝つために何をすべきか」を突き詰めていった結果なのは間違いない。第1、2戦で最悪だった内容を踏まえて芽生えた危機感と、再確認されたフォア・ザ・チームの意識が日本の勝因だった(少なくともその一つだった)ことに異論は出ないはずだ。

もちろん、「一発勝負の結果だけで(育成の成果、失敗などを)言うのはどうか」と西野朗技術委員長が喝破したように、この大会の結果をもって日本の育成全体の成否を論じるのはナンセンスである。ただ、2008年大会から続いてしまった嫌な空気感をここで断ち切り、勝利の風を吹かせたことに大きな意義があることもまた確かだ。願わくは、この風が一度限りのものではなく、継続して吹き続けるものになってくれればと思う。継続して吹く勝利の風はきっと、日本サッカーの若きタレントたちの背中を後押ししてくれるに違いない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161101-00000010-goal-socc

5: サムライ24時 2016/11/01(火) 18:18:03.45 ID:ZJ8bLjvn0
もう今の若い奴は知らないんじゃないの

8: サムライ24時 2016/11/01(火) 18:33:20.96 ID:ax+U44wn0
中田の世代が高校生のときJ開幕したんだよな
いまだとBリーグ見てる高校生みたいなもんだな

9: サムライ24時 2016/11/01(火) 18:41:01.86 ID:VRkLE/Z80
中田よりも財前と船越の方が取り上げられてよ。

10: サムライ24時 2016/11/01(火) 18:48:59.01 ID:cy6iK13L0
今は日韓ワールドカップを小さい頃見てサッカー始めました
みたいな世代がドンドン出てくるやろなぁ

21: サムライ24時 2016/11/01(火) 19:23:03.17 ID:ffYAjjfO0
>>10
この世代が最後の直撃世代やぞ
次の世代、今のU-17世代は2002年=14年前=当時3歳以下の記憶なんかない世代

12: サムライ24時 2016/11/01(火) 19:00:53.25 ID:+4IpeV780
アジアレベルなら楽勝だよ
フィジカルも日本でもフィジカル弱いやつを選んで
フィジカルが~と自作自演するのをやめたら
一気にアジアレベルならフィジカル勝ちするようになったし
世界は差があるがアジアなら楽勝というポジションになりつつある

13: サムライ24時 2016/11/01(火) 19:02:48.09 ID:+4IpeV780
サウジが帰化路線で低迷してくれているんで
しばらくはアジアレベルなら楽勝だろうね
豪州も落ち目だし
韓国とイランくらいしか強豪がおらん
東南アジア勢はフィジカルがボトルネックとなって
フィジカルコンタクト競技は厳しいだろうしね

14: サムライ24時 2016/11/01(火) 19:11:50.05 ID:8fIcBpdb0
ブラジル戦、奥の先制ゴール燃えたな。そのあと逆転くらったけど、最後松田がオーバーラップからワンツーでエリアに進入して、引っかけられたように見えた。笛はならなかった。
もう二人ともいないなんて、

15: サムライ24時 2016/11/01(火) 19:12:15.88 ID:LRK6hyFi0
タジクとかベトナムとか日本にとってボーナスステージが続いてラッキーだった
イランとかサウジからは得点を奪えなかった
同格以上からだと内山では流れから得点できる雰囲気はない
アジアで誤魔化せたがW杯だと先に失点したら勝ち点を落として終了だろう
優勝の意義は勘違いするアホを大量に生んだことだろうw

19: サムライ24時 2016/11/01(火) 19:19:57.81 ID:EplT3d4xO
>>15
勘違いするのはごく一部アジア予選で優勝だろうが
ベスト4だろうが、本大会で結果出さないと意味ない

27: サムライ24時 2016/11/01(火) 19:39:48.35 ID:+4IpeV780
>>15
いや、中山と富安をボランチに使えるようになれば
この世代のセンターラインはアジアレベルなら
相当に高レベルになるぞ

そもそも大島とかゴリ押しして
日本人のフィジカルが~とかいい出す
自作自演モードをやめたのは大きい
普通に人選すりゃアジアレベルなら
フィジカルで競り勝てるくらいには強い

29: サムライ24時 2016/11/01(火) 19:44:57.53 ID:lr4Ms9vo0
>>15
アジアの優勝は普通に大きい
公式記録として永久に残るわけだから
上の大会で勝てるかどうかはまた別の問題

20: サムライ24時 2016/11/01(火) 19:21:07.31 ID:NWHkVidz0
中田ほど過大評価された選手もいない

23: サムライ24時 2016/11/01(火) 19:29:37.22 ID:EplT3d4xO
>>20
中田と前後してセリエ行った選手はどうだ?
カズ、小笠原、柳沢、名波二桁得点どころか
5点も高い壁

24: サムライ24時 2016/11/01(火) 19:31:33.08 ID:N5Y/A2fa0
この世代の時の中田はファインプレイヤーって感じで奥の1発とか財前の方が印象には残ってる

25: サムライ24時 2016/11/01(火) 19:34:54.98 ID:pNguRFjD0
>>24
この大会終わってからの方がブレイクした感じだったからな

31: サムライ24時 2016/11/01(火) 19:50:57.52 ID:1JqCDmJ00
中田英寿17歳 プレー集 U19アジア選手権準決勝vsイラク
https://www.youtube.com/watch?v=EMXNc0EjaLc



攻撃陣は中田以外はA代表に
かすりもしなかったような奴ばっかだが
CBは松田と田中誠
やっぱ守備が大事ってわかんだね

33: サムライ24時 2016/11/01(火) 20:11:15.19 ID:FcPA52g10
>>31
黄金世代はCBだけ微妙だったけどな

36: サムライ24時 2016/11/01(火) 20:48:10.43 ID:x6kCbYgj0
>>31
U19なのに17歳か
U23のオリンピックの時は19歳だったし20歳でフル代表の中心になるわけだ

34: サムライ24時 2016/11/01(火) 20:35:31.95 ID:5NPBA20L0
中田って飛び級だから厳密には中田の世代じゃない
2大会連続が認められてなかったから出てないけど
中田と松田は柳沢や俊輔とともにマレーシア世代のはず

41: サムライ24時 2016/11/01(火) 21:31:53.32 ID:M2Tk7/CG0
>>34>>36
中田英は飛び級って言われるけど、
中田英は早生まれだから、日本の学年度で言えば飛び級でも何でもなかったりする
選手選抜も学年で考えてたと思う

実際U19は、中田英ら高3(17~18歳)と高卒直後(18~19歳)との一般的な2学年構成だった
五輪は4学年構成だから、日本の学年視点で見るとこちらも飛び級ではなかったりする
ちなみに、柳沢は1コ下で、俊輔は2コ下

43: サムライ24時 2016/11/01(火) 22:01:30.93 ID:51+qElX+0
富安は飛び級にならんのかなと思ったら
三日後が18歳の誕生日だった

47: サムライ24時 2016/11/01(火) 22:37:04.51 ID:qBOtdY/i0
中田世代じゃなくて財前世代
財前のうまさに衝撃を受けて発奮してるから、あの世代はヒデを始めとして良い選手が多かった

49: サムライ24時 2016/11/01(火) 22:59:48.24 ID:Y5lfTxkQ0
財前は中田のおかげで神聖化されすぎてる気がする

51: サムライ24時 2016/11/01(火) 23:08:57.46 ID:VRkLE/Z80
>>49
財前はホント凄かったよ。

52: サムライ24時 2016/11/02(水) 00:20:14.13 ID:g73fYHYo0
十代の財前のプレーはちょろっとしか見た事ないけど
仙台でのプレーを見りゃ小野はもちろん
宇佐美とか柿谷とか家長あたりに比べても
ただの上手い人だとわかるよ
怪我で劣化したり弱点があって大成しなかったとしても
ボールテクニックやセンスってそう簡単には錆びつかないから
怪物的に上手けりゃすぐわかる
仮に怪我がなくてもシドニー世代の連中に軽く駆逐されてたと思う

56: サムライ24時 2016/11/02(水) 08:26:38.57 ID:0Wu99yuE0
決勝で負けるのが良い

経験積めて、しかも悔しい感情が残る。
こういう年代はすぐ図に乗る。
天才はそれでもいいけど、問題は馬鹿が調子に乗って勘違いし続けること。

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477991611/


スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ