1: 名無しの24時 2016/10/26(水) 11:23:07.53 ID:CAP_USER9
【西部の4-4-2戦術アナライズ】

アトレティコの躍進を受けて、復活の感がある4-4-2システム。Jリーグで頻繁に採用される一方で、意外にも日本代表ではそれほど使われてこなかった。
だが、ザッケローニ監督時代は3-4-3をオプションとして備えながらも、4-4-2の変形システムである4-2-3-1をベースにチームを作っていった。
オシム時代より続く「日本化」の方針にも継続性があったが、致命的な弱点を抱えたままW杯に臨むことになる。(文:西部謙司)

■「アジアのバルセロナ」
 
アジアカップを制して「アジアのバルセロナ」と称賛された日本代表は、「日本化」に成功していた。
それは岡田武史監督が途中まで進めていた無理のない日本化の発展形だったといえる。

 アルベルト・ザッケローニ監督はさまざまなアイデアを提示し導入したが、強制的な形をとっていない。
すでに日本にあるサッカーを選手たちが望む形で発展させていこうとしていた。

パスワークを生かしたポゼッション主体の攻撃、相手を押し込んでの高い位置でのプレッシング、
その循環で試合を作っていく手法は日本選手の特徴を生かし、弱点を補う点で理にかなったものでもあった。

2013年にブラジルで開催されたコンフェデレーションズカップは、日本の真価を問う機会だった。
ブラジル、イタリア、メキシコと同居したグループは、本大会なら「死のグループ」と呼ばれていただろう。
ザッケローニ監督は、就任以来ほぼ固定していたメンバーによるチーム作りの決算として大会を位置づけていた。

結果は3戦全敗。緒戦のブラジル戦は完敗に近かったが、イタリア、メキシコとの試合には3-4、1-2と1点差。
いずれも日本らしいプレーは示せていた。しかし、この大会ではっきりしたのは、このままでは本大会も勝てないだろうということだ。

■「日本らしい」スタイル
 
ボールは運べる、ある程度崩せるし点もとれる。しかし、それ以上に失点してしまう。敵陣の攻守は十分通用した。
半面、自陣での攻守は不安定だった。ボールを奪う力が足りず、パスをつなごうとしてミスをして失点していた。

敵陣での攻守を増やすという戦い方のコンセプトが正しいことははからずも証明されたわけだが、
敵陣のみで攻守を完結させられるほど日本は強くない。自陣でのプレーを向上させないかぎり強豪国に勝つのは難しかった。

コンフェデ杯後、ザッケローニ監督は新戦力の発掘に着手している。
前田遼一が外れ、大迫勇也や柿谷曜一朗を1トップにテスト。ボランチに山口蛍、CBの森重真人などが台頭してきた。

ただ、チーム全体の問題点は解決していない。日本らしいサッカーは、強豪国に対してもある程度は通用することはわかった。
しかし、それでは勝てないこともコンフェデ杯で示された。軌道修正を図るのか、それとも日本らしさを極めることで打開するのか。

日本らしいサッカーには積み上げていける状況がある。選手たちの特徴を発揮できて好みにも合っているので、
何が良いプレーで何が良くないかを相互評価しやすい。戦術を監督に押しつけられているわけではないので、
自分たちの価値観で改善しやすく、内部の相互評価を繰り返すことで精度を上げていける土壌がある。

その点では継続、発展させやすく、日本らしいスタイルを確立しやすい。
代表選手たちが「自分たちのサッカー」と言っていたのは、まさに自分たちの手で作り上げていく実感があったからだろう。

ただし、日本らしさだけではワールドカップで結果を出すには足りなかった。

>>2以降につづく

フットボールチャンネル 10月26日(水)10時20分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161026-00010007-footballc-socc&p=2


スポンサード リンク

2: 名無しの24時 2016/10/26(水) 11:23:20.15 ID:CAP_USER9
■腹をくくっていたザッケローニ
 
ザッケローニ監督は妥協案を講じている。攻撃のキーマンである遠藤保仁ではなく
山口をボランチに起用して課題の守備力を安定させ、遠藤は後半から投入して「自分たちのサッカー」にギアを入れる。

オランダ、ベルギーとの遠征試合では、これで手応えをつかめた。
「自分たちのサッカー」だけで押し切るのではなく、リスクを減らして試合を均衡させる時間を作るという折衷策だ。

ここで新たな問題が発生する。本田圭佑、香川真司の2枚看板が所属クラブで出場機会を減らしていた。
南アフリカワールドカップ直前に中村俊輔がコンディションを落とした状況と似ている。

ザッケローニ監督は本田、香川の回復を待った。同時に、それまで招集していなかった大久保嘉人を選出し、
大久保と内田篤人のラインを作って攻撃の軸とする次善策も用意した。本田と香川はぎりぎりでコンディションを戻したかにみえた。

23人を選出した時点でザッケローニ監督は腹をくくっていたようだ。守備固め用の選手を選んでいないのだ。攻めきってしまう覚悟だったのだろう。

ところが、緒戦のコートジボワール戦では相手のビルドアップを阻止できず、守備に追われる展開に陥っている。
相手のMFが落ちてSBを上げるビルドアップを制限できず、香川は守備に追われて消耗してしまう。
コートジボワールのビルドアップは、日本が得意としていた形だったにもかかわらず、それをやられたときの対策ができていなかった。

■すべてが間違っていたわけではない

1-0で折り返せたにもかかわらず、逃げ切り策のない日本は山口→遠藤という攻撃的な交代しかできず、前半の消耗によって遠藤投入でも流れは変えられず。
2点を失って緒戦を落とす。ボールを支配されれば日本の良さは出ない。負けるべくした負けた試合だ。

ギリシャ戦は攻め勝つべき試合だったが、決め手を欠いて0-0。最後のコロンビア戦でようやく日本らしいプレーができたものの、カウンターを阻止できず1-4。
カウンターをうけたときのDFの質的不利は、ポゼッション+ハイプレスの戦術で致命的な弱点だ。それを抱えたまま「自分たちのサッカー」で押し切れるほどワールドカップは甘くなかった。

キャンプ地の選定ミスなども重なり、ブラジルで力を発揮しきれなかった面もあった。しかし、それまでのザッケローニ監督の仕事はほぼパーフェクトで、
代表史上でも最強のチームを作り上げている。守備を固めた相手から2点以上とるには個の力が足りず、被カウンターにも弱いのだから、結果論でいえば「自分たちのサッカー」は無謀な試みだったともいえる。

ただ、すべてが間違っていたわけではない。JFAは的確な処方箋を出し、強化を図るべきなのだが、過去の例を振り返ると、部分的な敗因をあげるのみで、強化方針は次の監督に丸投げだった。
その点で、新監督に選出したハビエル・アギーレ監督がどんなチーム作りをするのかが注目された。

3: 名無しの24時 2016/10/26(水) 11:27:37.34 ID:CIwZtaqy0
結局、ザックもハリルも岡ちゃんが南アで起用した
本田1トップに通じるw

6: 名無しの24時 2016/10/26(水) 11:33:20.82 ID:z9oclJru0
まぁ結果論よね

7: 名無しの24時 2016/10/26(水) 11:35:27.93 ID:6Q2zm/rD0
どっちかっつーと最後に日本式ドン引きカウンターをやってしまったので良い所なしに負けたんじゃね

8: 名無しの24時 2016/10/26(水) 11:35:42.57 ID:wKYoUXF30
前田が不調に陥ったのが敗因だと思いますがね

10: 名無しの24時 2016/10/26(水) 11:37:01.29 ID:/agRlpRO0
キリンカップ(失笑)みたいな興行で
監督も勘違いして本番で目が覚めるンだ

11: 名無しの24時 2016/10/26(水) 11:37:11.67 ID:QBEk4ltk0
まあ本田の状態が全てだっただろう

24: 名無しの24時 2016/10/26(水) 11:53:14.41 ID:qPrksV9A0
>>11
本田だけじゃなくて選手全員コンディション不良だったし。

29: 名無しの24時 2016/10/26(水) 11:56:45.16 ID:GO3bmmlG0
>>24
涼しいキャンプ地から灼熱の試合会場への往復だもんな

56: 名無しの24時 2016/10/26(水) 12:35:43.25 ID:nLVTN+T40
>>29
偶然にもキリンの工場があるというイトゥ

12: 名無しの24時 2016/10/26(水) 11:40:06.57 ID:h1U1yBjz0
ポゼッションしてるうちに暑さでクタクタになって勝手に自滅してったよね

13: 名無しの24時 2016/10/26(水) 11:40:28.83 ID:6rgVwW700
内田と長谷部のコンディションにも言及しろよ

105: 名無しの24時 2016/10/26(水) 15:08:58.09 ID:6MHfJy7h0
>>13
怪我開けの内田や長谷部のほうが香川よりよっぽどいいプレーしていたという…

111: 名無しの24時 2016/10/26(水) 15:15:46.61 ID:9tKpJieJ0
>>105
負け試合で無理して選手生命終わりかけとかホンマ報われん

15: 名無しの24時 2016/10/26(水) 11:41:47.78 ID:9VH6QKQX0
クタクタになったのは香川が変なボールの失い方して序盤からカウンター受ける回数が多く、
自陣へダッシュで戻る回数が増えて疲労したからだろ

17: 名無しの24時 2016/10/26(水) 11:43:41.22 ID:nNZIOucLO
守備トルシエ→好き勝手ジーコ→走るオシム→ドン引き岡ちゃん→攻撃ザック→早めのアギーレ(ハリル)

大体守備と攻撃重視が交互だな
次は堅守タイプと予想

69: 名無しの24時 2016/10/26(水) 13:49:29.77 ID:nA9GVHds0
>>17
いかに協会がアホかが良くわかるな

18: 名無しの24時 2016/10/26(水) 11:43:48.50 ID:h1U1yBjz0
ポゼッションサッカーするなら個人のキープ力は必須だな
簡単に取られてなかなか取り返せないようじゃなぁ

19: 名無しの24時 2016/10/26(水) 11:45:29.52 ID:rRTo3BjP0
対策されても手だてなかったからな
ザックは間違いなく無能だよ

23: 名無しの24時 2016/10/26(水) 11:52:09.83 ID:ge+9N+Eb0
ザックジャパン好きだった
大好きだったね

30: 名無しの24時 2016/10/26(水) 11:57:46.65 ID:c5FGwoko0
アギーレも結構面白いサッカーだと思ったけど
ハリルは今のところ面白く無い
日本はまだ素早い判断力に欠けてるんだよなぁ

34: 名無しの24時 2016/10/26(水) 11:59:19.40 ID:7zcmpeUN0
就任依頼ずっと180オーバーのFW使ってたのに、本番になったら大久保とか斉藤とか
連れてっちゃうし、ニの手・三の手がなさ過ぎた。
キャンプ地選定の失敗(キリン様)によるコンディション不良も大きいだろ

70: 名無しの24時 2016/10/26(水) 13:51:00.34 ID:HHLvc94c0
>>34
キャンプ地より、暑いフロリダで直前キャンプやったのがまずかった
欧州の連中は直前まで涼しい欧州にいたままだったのに

36: 名無しの24時 2016/10/26(水) 12:00:53.96 ID:0/gCijfL0
ハリルのサッカーよりは100倍まし

40: 名無しの24時 2016/10/26(水) 12:03:36.25 ID:5OMoZCXa0
1点差ってのは善戦じゃない完敗
イタリアやメキシコからすればいつでもザックから点は取れるぞと
GLだから追加点とって省エネ

43: 名無しの24時 2016/10/26(水) 12:08:20.94 ID:2PC1mc+O0
つーか、初戦は遠藤って長谷部に代わって投入だったはず。長谷部が怪我明け&左サイドのカバーでガス欠って理由でさ。

45: 名無しの24時 2016/10/26(水) 12:12:42.04 ID:0uD1niGX0
多少コンディションが悪くても変えるべきではなかったのかなと。
前田とか。

46: 名無しの24時 2016/10/26(水) 12:15:25.02 ID:BkJ5iq6p0
だいたい本田派閥のせい

50: 名無しの24時 2016/10/26(水) 12:24:29.51 ID:u+6dOxIc0
アギーレはどんな日程でも同じスタメンで突っ込むしかない間抜けだったがw

58: 名無しの24時 2016/10/26(水) 12:52:45.98 ID:N44IMTWD0
>>50
ザッケローニも同じ事やったぞ。
過密日程だとわかってるのにコンフェデ前の消化試合のアウェイのイラク戦に主力選手を連れて行って無駄に消耗させやがった上に、
コンフェデ初戦後、平然とした顔で「敗因はコンディションが悪かったから」とほざきやがった。

61: 名無しの24時 2016/10/26(水) 13:30:11.00 ID:XWRz3rye0
一大会ダメだったらあきらめて別の形を求めてしまう協会の姿勢がダメなのでは
スペインだって無敵艦隊を自称しながら真剣勝負の大会ではずっこけたりしてたし
同等以上の力量をもつ相手との真剣勝負をもっとこなしていかないとどうにもならないけど

64: 名無しの24時 2016/10/26(水) 13:45:08.76 ID:p+5ny0CA0
個で戦えてたのが内田と大久保だけ
あとは本田の得点くらい
大久保入れたのが間違いという奴は何も分かってない、もっと早い段階で入れるべきだった、なら同意

76: 名無しの24時 2016/10/26(水) 13:59:20.33 ID:gExfQ2mo0
岡田は名将だった.....

引用元 : http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477448587/0-



スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ