1: サムライ24時 2016/10/24(月) 20:01:27.41 ID:CAP_USER9
2016シーズンのJ1で際立った活躍を見せている齋藤学。以前にもましてドリブルのキレに凄味が出てきており、対戦相手に脅威を与え続けている。横浜F・マリノスのドリブラーは具体的に何が優れているのだろうか。対戦相手、チームメイトの言葉から、その秘訣を紐解く。(取材・文:舩木渉)

 今季の齋藤学は誰にも止められない。それくらいの勢いがある。ブラジルW杯以来、久々に日本代表復帰を果たしたのも納得のパフォーマンスで横浜F・マリノスをけん引している。

 リーグ戦2試合を残して自身初のJ1年間10得点に王手をかけている。しかし、最も危険なのは左サイドから仕掛けるドリブルの突破力だろう。中村俊輔が長期離脱中のチーム内で、齋藤の存在感はすでに大黒柱のそれだ。苦しい時は左サイドに展開し、局面の打開を“ハマのメッシ”の足に委ねる、そんな場面は90分の中で何度も見られる。

 それでは齋藤のドリブルは具体的に何が優れていているのか。スピード? キレ? テクニック? おそらくこんな単語だけでは表現できないだろうと考え、実際にピッチ上での姿を知る選手たちに尋ねてみた。

「齋藤学選手はいったいなぜ、あれほど輝けるのでしょうか?」

 最初に話しを聞いたのは昨年までチームメイトで、今季からガンバ大阪の一員として対戦相手になった藤本淳吾だ。22日の試合では同じサイドでプレーし、齋藤のドリブルを目の当たりにした。そして以前からの変化もよく知っているはずである。

「スピードに乗っている中で、もう一度ギアを上げられるから(マークに)つきづらい。あいつのリズムに持っていかれてしまう」

 たしかに齋藤のドリブルは細かいステップを踏みながら、体を左右に揺らして進んでいき、いきなり「グンッ」とスピードの上がる瞬間がある。フェイントに対応しようと足踏みしていたDFからしてみれば、後退しながら急なスピードアップについていくのは難しい。これが藤本のいう「あいつのリズム」に呑まれるということだろう。

ただ速い、上手いだけではない

 さらに藤本は齋藤の体の変化にも気づいていた。

「体が少し締まった感じがする」とその印象を語る。そして齋藤の現チームメイトである喜田拓也の証言が藤本の言葉を裏付ける。

「試合の終盤になっても落ちない体力というのは間違いなく武器だと思うし、相手が疲れてきている中でああやって違いを出せるというのは学くん自身の強みだと思う」

 自分の力を最大限チームに還元するために何をするか。ピッチ外での自己管理がピッチ内でのプレーに好影響を及ぼしているようだ。その証拠に先発出場して途中交代という試合の数は年々減っている。

 愛媛FCから横浜FMに復帰した2012年は25試合に先発し、そのうち10試合は途中でベンチに下がっている。2013年は23試合先発8試合途中交代、2014年は9試合に増えたが、同時に先発出場も25試合に増えていた。そして2015年は31試合に先発して4試合、今年にいたってはすでに30試合に先発して途中交代は3試合のみだ。

 主に左サイドハーフでプレーする齋藤のタフさは出場時間の増加だけでなく、ドリブルの破壊力につながっていた。徐々に足が動かなくなる終盤にスピードと技術を駆使した突破を止めるのは容易いことではない。

「サッカーに対する姿勢はすごい。プレーの中でいろいろ考えていますし、自分のドリブルがどうすれば生きるのかという術を知っていると思う。単純にスピードがある、パワーがある、技術がある選手はたくさんいるんでしょうけど、そういうところで差を出せるのが学くんの力だと思う」と喜田が語る通りだった。

 同じドリブラーの目線で見た齋藤はどんな選手なのか。横浜FMでチームメイトのマルティノスに聞いた。

「彼の場合はすごくスピードがある中で、リズムを変える、個人で相手を抜く、味方を使う、クロスを上げるといった、緩急がある。ゲームを変えられるいい選手だと思う」

 ここでも藤本と同じような点に触れていた。「緩急」、つまりスピードの変化を利用した突破が得意ということだ。齋藤のドリブルの魅力はただ速い、上手いだけでなく、変幻自在な足運びと周囲の状況を的確に捉える判断力にあった。

270
 


スポンサード リンク

2: サムライ24時 2016/10/24(月) 20:01:42.65 ID:CAP_USER9
「足がグンと伸びるんですよ」(金井)

 では、どうやったら止められるのか。日頃から練習で齋藤のドリブルに対峙している金井貢史にこの問いをぶつけてみた。彼は横浜FMの下部組織で齋藤の一つ上の学年にあたり、少年時代からその破壊力を知る身でもある。

「ドリブルしていて顔も上がっているし、相手を見ながらやっているから、体重移動とかでも相手の重心がちょっとずれた瞬間に抜ける」

 金井は後輩のドリブル中の姿勢を強みに挙げた。ボールを足もとに置くと、どうしてもそればかりに注意がいき周りが見えなくなりがちだが、齋藤は視線を上に向けながらも完璧にプレーできる力を身につけている。

 Jリーグで猛威を振るう突破力をいかにして消すか。金井の答えはこうだ。

「まずは(齋藤に)パスを入れさせない。あとは早めにサポートに来てもらって、1対1で勝てなかったら2対1で勝つ。誘い込む感じですね。前へ向かれてスピードを上げられるとキツいので、前を向かせないのが一番だと思います」

 もはやお手上げ状態である。1人では止められないから2人で、そもそもボールを持たれるのが危険だから齋藤にパスが渡る前に処理する。「足がグンと伸びるんですよ。ディフェンスとしては足を出すタイミングがなくなる。(足を出すと)ファウルだし、たぶん置いていかれます。ついていかなければいけないけど、ついていけない」と金井は話す。チームメイトも恐れる突破力、対戦相手が抱く恐怖は察するに余りある。

 いまJリーグに個人の力で完璧に齋藤を抑え込めるDFはいない。本人は22日のG大阪戦の後「今日はあまり良くなかったかな。取られる回数は今年で一番多かった」と自身の出来を悔やんだが、それでもシュート数は両チーム最多の4本で、積極的な守備からゴールも奪った。

「代表というよりも、まずマリノスで結果を残して経験を積まなくてはいけない」と、齋藤は個人として結果が出ていても一切満足していない。貪欲に前だけを向く“ハマのメッシ”は自慢の突破力でJリーグと日本代表の未来を先頭に立って切り開く。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161024-00010018-footballc-socc&p=3

3: サムライ24時 2016/10/24(月) 20:02:12.00 ID:0OAJtocQ0
海外からオファーなし

4: サムライ24時 2016/10/24(月) 20:02:16.18 ID:At9rCczx0
愛媛にいた頃がピーク

6: サムライ24時 2016/10/24(月) 20:03:07.13 ID:GFpC0Cc70
寄せられたらなんもできんよね

8: サムライ24時 2016/10/24(月) 20:04:36.14 ID:DR2F5J4e0
香川も軽いけどあのサイズのドリブラーって大男が削りに行くといじめにみえて
ユーロにいったらPKたくさんもらえるかもな。ロシアのオプションに連れてけ。

13: サムライ24時 2016/10/24(月) 20:07:39.77 ID:i78YfCqz0
日本はドリブラーが少なすぎる
見てて一番面白いのにな
パス野郎ばっか

23: サムライ24時 2016/10/24(月) 20:23:58.90 ID:WHUS4kMu0
Jの四大日本人ドリブラー
齋藤

伊東
泉澤

28: サムライ24時 2016/10/24(月) 20:31:09.15 ID:GxCY/36S0
>>23
伊東は速いだけ

73: サムライ24時 2016/10/24(月) 22:39:37.93 ID:kp2U1PEN0
>>28
速さもドリブルのうち
伊東は宮市とかと違ってドリブルテクニックあるしな
こういう事書くと宮市信者の残党が飛んで来たりするんだけど
あいつは加速前にシザーズしたりコネコネしてただけで
実際に抜きにかかる時はボールが足下から離れてるからね大体
長友や永井(ブサイク)もそう
その点伊東はちゃんと細かいタッチでボールを動かすドリブルも出来る
かつての永井(イケメン)もそうで
こういうタイプはスピードスター兼ドリブラーに分類していい

32: サムライ24時 2016/10/24(月) 20:41:46.04 ID:ljgtamgs0
同じようなタイプの選手が時代ごとにまとまって出てくるのは不思議だな
ちょっと前まではパサーばっかで仕掛けられる選手がいないって嘆いてたのに
今はこいつに加えて宇佐美、原口、乾と無駄に多い

35: サムライ24時 2016/10/24(月) 20:54:50.93 ID:IdZDRGOK0
まあ万に一つドリブルが外人に通用するとして

走れないと意味がないからな
Jリーグみたいにジョギングじゃなくてスプリント繰り返す上下動出来るか
小林何とかとかOG戦足つってたじゃん、あれがJリーガーの限界だよね、普段怠けてるから

40: サムライ24時 2016/10/24(月) 21:02:38.90 ID:11wFoE/10
世界のドリブラーってほとんどがゴリゴリ行くタイプだし綺麗に抜くタイプの斎藤は厳しいだろうな
本山みたくJで息の長い選手にはなりそうだな

41: サムライ24時 2016/10/24(月) 21:02:46.32 ID:GxCY/36S0
さっさと海外行けって。
評価はそれから

43: サムライ24時 2016/10/24(月) 21:05:37.47 ID:pnXE5KSK0
もう26歳だしマリノスでずっとやるでしょう

44: サムライ24時 2016/10/24(月) 21:07:41.44 ID:fkO7pEDR0
海外厨が海外いけいけ言うのはJリーグ見れないからだろ
ブンデスとセットでJ見れるから齋藤のプレーを見ろ

45: サムライ24時 2016/10/24(月) 21:08:59.58 ID:YdDXI/Qk0
あのタイプのドリブルは天性のものだよな

97: サムライ24時 2016/10/25(火) 00:41:06.41 ID:rw1CejeV0
>>45
「一人目とは駆け引きしない」ってスゴいよな

48: サムライ24時 2016/10/24(月) 21:14:35.38 ID:pnXE5KSK0
得意なポジションは原口が絶対的になっているからまあスーパーサブだな
宇佐美よりはサブの適性はありそうな気がする

50: サムライ24時 2016/10/24(月) 21:21:07.47 ID:MOTprLCF0
Jで調子のいい攻撃の選手を代表に呼んで実際に活躍したことなんてあるのか?
海外移籍が確実な有望な若手とかならともかくJのDF陣相手のプレーとか何の参考になるんだよ

91: サムライ24時 2016/10/24(月) 23:40:40.88 ID:5ddwB0ee0
>>50
前田。

51: サムライ24時 2016/10/24(月) 21:22:50.95 ID:zls4kMql0
今Jリーグで凄いドリブラー
マリノス 斎藤
大宮 泉澤
浦和 駒井
この3人

98: サムライ24時 2016/10/25(火) 00:41:56.42 ID:rw1CejeV0
>>51
駒井よりも関根の方が嫌なドリブルしてくる感じするわ。

54: サムライ24時 2016/10/24(月) 21:27:48.88 ID:9lyjYty50
井手口に潰されまくってたような

56: サムライ24時 2016/10/24(月) 21:34:14.38 ID:etE/vuGh0
この前注目してたらほとんど井手口のに負けてたけどね
でも多分井手口が凄すぎるんだと思う

57: サムライ24時 2016/10/24(月) 21:38:23.20 ID:4MtoCr1X0
代表はとりあえず海外行って無双してからでいいわ

58: サムライ24時 2016/10/24(月) 21:42:56.44 ID:Ehr8LLfEO
あとはシュートも磨こう
そうなれば日本代表レギュラーも間違いなし

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477306887/


スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ